堂本光一、「SHOCK」来年100回公演



10月31日7時52分配信 サンケイスポーツ

 KinKi Kidsの堂本光一(30)が30日、都内で会見し、2000年から東京・帝国劇場で毎年続けている主演舞台「Endless SHOCK」(作・構成・演出=ジャニー喜多川)を、来年は10周年記念で年間100回公演を行うと発表した。

 例年は原則2カ月公演だが、来年は3カ月で「SHOCK」シリーズ史上最長。ジャニーズ事務所社長でもあるジャニー喜多川氏から突然電話で告げられ「ビックリした」と“ショック”だったようだが、「ちょっとやそっとではヘコたれない自信はある。心配はない」と新たな挑戦にキッパリ。「前年より良かったというものを目指したい」と意気込んだ。公演は2月14〜3月30日と7月4〜31日。




光一SHOCK 年間100公演挑戦



10月31日9時27分配信 デイリースポーツ

 KinKi Kidsの堂本光一(30)が30日、都内で、初演から10周年を迎える主演舞台「Endless SHOCK」の製作発表を行った。東京・帝国劇場で来年2月14日〜3月30日と7月4〜31日の3カ月間に計100公演をこなす。帝劇での単独主演回数記録を更新中の“光一SHOCK”が、同劇場を1年のうち3カ月占拠。さらなる進化を見せつける。
  ◇  ◇
 2000年11月に帝劇で幕を開けた「SHOCK」。今年3月には、俳優・森繁久彌(96)が「屋根の上のヴァイオリン弾き」で樹立した帝劇での単独主演公演回数(625回)記録を23年ぶりに更新し、その数を651回まで伸ばした。記念すべき10年目を迎える来年は、光一が3カ月間も帝劇を独占。年間100公演の“離れ業”に挑戦する。
 帝劇での単独主演で、年間100公演を超えているのは森繁の「屋根の-」(80年=102回、82年=168回)、一路真輝(44)の「エリザベート」(00年=117回、04年=115回)のみ。光一は最年少で史上3人目。「経験がないところに入っていきますが、体のどっかが壊れようともステージに立つ気持ちが大事。ちょっとやそっとじゃへこたれない自信がある」と断言。毎回体重が激減するハードさも「疲れを引きずってもメンタル面でカバーできます。10年前とは比べものにならないくらいメンタル面は強くなってます」と問題なしをアピールした。
 この日は“ロングランの大先輩”である森光子(89)からビデオメッセージが届けられた。「先を見て下さいよ。振り返らないで」と激励された光一は、「お客さまの期待以上のものを返したい。難しいですが、走り続けなくちゃいけない」とキリリ。自身と通じる舞台のテーマ「Show must go on」をあらためて胸に刻んでいた。




ジャニーズJr.森本慎太郎率いる「スノープリンス」合唱団お披露目



11月1日15時53分配信 eiga.com

 [eiga.com 映画ニュース] ジャニーズJr.の森本慎太郎が主演の映画「スノープリンス/禁じられた恋のメロディ」のチャリティイベントが11月1日、東京・六本木のオリベホールで行われ、森本とジャニーズJr.メンバー10人で構成された「スノープリンス合唱団」が映画の主題歌を披露した。

 「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司監督、「おくりびと」の脚本を手がけた小山薫堂がタッグを組んだ「スノープリンス」。昭和初期の山形県の寒村を舞台に、貧しくも幸せに暮らす少年と幼なじみの少女、1匹の犬の交流を描いたせつない初恋物語だ。

 イベントは、捨てられた動物の里親を探す活動をするNPO団体「ライフボート」の協力により行われた。子犬を抱きかかえてファンの前に登場した森本は、「犬が大好きです」と犬派を主張。そして、「撮影中はチビ(劇中で使われた犬)と空いた時間によく遊んでいたけれど、本番中に逃げ出したことがあって驚きました」と裏話を披露した。犬好きが高じたのか、撮影終了後には共演したチビを実際に飼い始めたそうで、名前は「チビじゃおかしいので、チイにしました」と明かした。

 またイベント後半には、ジャニーズ史上最年少となる平均年齢10.5歳のユニット「スノープリンス合唱団」が、野島伸司作詞の主題歌「スノープリンス」を熱唱。映画公開に合わせて2010年1月末までの期間限定ユニットだが、森本は「それぞれ磨きをかけて10年後に再会したい」と語った。

 「スノープリンス/禁じられた恋のメロディ」は松竹配給で、12月12日から全国で公開。




櫻井翔がカメラマン役…フジ系ドキュメンタリードラマ



10月16日8時0分配信 スポーツ報知

 人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔(27)がフジテレビ系ドキュメンタリードラマ「阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間〜被災地に生きた記者達の闘い〜(仮)」(来年1月放送)に主演することが15日、同局から発表された。1995年1月17日に起こった阪神大震災を取材した地元紙写真部記者を演じる。

 櫻井演じる入社4年目のカメラマンは社屋が崩壊する中、被災者の感情に悩みながらも、被災地の写真を撮り続けた。当時、中学1年生だった櫻井は「わずか15年前に見た震災の映像を鮮明に覚えています。ですが、その時、神戸新聞でこのようなことが起こっていたとは知りませんでした。『伝える』とは何か。そして、『前を向く』とは、どういうことか。そんなことを、今もたくさんの方の心に大きな爪跡を残す阪神・淡路大震災を見つめることで感じていただきたい」と話している。

 内藤剛志が編集局長役、高嶋政宏がレイアウトを担当する整理部長役、萩原聖人が先輩の写真部記者役で共演する。




V6長野「よそ見してた」首都高で追突事故



10月16日8時0分配信 スポーツ報知

 人気アイドルグループ「V6」の長野博(37)が、12日に埼玉県八潮市の首都高速で乗用車を運転中、追突事故を起こしていたことが15日、埼玉県警への取材で分かった。けが人はいなかった。

 県警高速隊によると、長野は12日午後6時20分ごろ、首都高速三郷線の上り車線で、渋滞のため停車していた女性会社員(62)の乗用車に追突。双方の車のバンパーがへこんだ。長野は自ら110番通報。「よそ見をして、前の車が止まったのに気付くのが遅れた」と話したという。県警高速隊は長野の前方不注視が原因とみている。

 ジャニーズ事務所によると事故当日、長野はオフで、車に同乗者はいなかった。V6は11月14日から韓国、台湾でアジアツアーを行うが、今後の活動は予定通り進めるという。同事務所は「本人の不注意で事故を起こしてしまい、大変申し訳ございません。お相手の方には誠意を持って対応させていただきます」とコメントしている。



<不毛地帯>初回視聴率14.4% 関ジャニ・大倉の「ROMES」は6.0%



10月16日10時1分配信 毎日新聞


 15日に放送がスタートした唐沢寿明さん主演のドラマ「不毛地帯」の初回視聴率が、平均14.4%(関東地区)を記録したことが16日、ビデオリサーチの調べで分かった。

【写真特集】唐沢寿明さんが「全力で最後までやり切る」と宣言したドラマ「不毛地帯」制作発表の模様

 「不毛地帯」は、山崎豊子さんのベストセラー小説をフジテレビ開局50周年記念でドラマ化した。戦後11年間シベリアに抑留されていた壹岐正(いき・ただし=唐沢さん)が、帰国して総合商社に入社。高度成長期の日本を舞台に、ビジネスという“戦場”で世界と戦う男の姿を描いた。唐沢さんは「白い巨塔」に続き6年ぶり2作目の山崎作品出演となる。共演は和久井映見さん、小雪さん、柳葉敏郎さん、竹野内豊さんら。

 新ドラマでは、 関ジャニエイトの大倉忠義さんが主演、世界最先端の施設警備システムを駆使して空港を守る警備チームと犯罪者との攻防を描くサスペンス「ROMES/空港制御システム」(NHK)が6.0%だった。【松村果奈】




TOKIO長瀬がキアヌ・リーブス世界応援団長映画を熱く応援



10月16日18時56分配信 サーチナ


10月24日(土)よりロードショーとなる、30年間ロックスターになる夢見て活動するバンドの姿を描いた映画『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』。世界応援団長としてキアヌ・リーブスが就任して話題を集めた今作の日本での公開を記念して、TOKIOのボーカリストであり、日本を代表する俳優の長瀬智也が今作に熱いコメントを寄せている。
 10月24日(土)よりロードショーとなる、30年間ロックスターになる夢見て活動するバンドの姿を描いた映画『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』。世界応援団長としてキアヌ・リーブスが就任して話題を集めた今作の日本での公開を記念して、TOKIOのボーカリストであり、日本を代表する俳優の長瀬智也が今作に熱いコメントを寄せている。

 長瀬は「よくわからないが、このドキュメンタリー映画を見て目から透明の液体が溢れ出た。自分にも、バンドの人間として、男として共感できるモノが少なからずあったからだと思う」「大事な物がたくさん詰まっている作品」と、ひとりの表現者として、30年間自らの夢を諦めずバンド活動を続けてきた映画の主人公・アンヴィルに対し賛辞を寄せている。

 さらに、愚直なまでに自らを貫き通す彼らを「レジェンドです!」と絶賛しながら「笑えました!」ともコメント。「自分も彼らに負けないような人生を描くつもりでやって行きます」とアンヴィルの生き方に自身を重ね合わせるなど、スターへの志を持ち続ける50代のバンドマンの姿は、アーティスト長瀬智也の琴線に触れたようだ。コメントの全文は映画『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』公式サイトに掲載されている。

 笑って泣ける音楽ドキュメンタリー『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』は10月24日TOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて公開。[写真=(c)Brent J. Craig/ANVIL! THE STORY OF ANVIL](編集担当:駒井憲嗣)




キムタク、釜山映画祭でビョン様と友情再会 熱烈歓迎に「ちょっと照れくさい」



10月10日7時40分配信 オリコン


 SMAPの木村拓哉が9日、韓国・釜山で開催中の第14回釜山国際映画祭のため韓国を訪問。、金海空港に到着するや熱烈な歓迎を受け「すごく嬉しいのですが、ちょっと照れくさいですね」と感激。映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』で共演した韓国俳優イ・ビョンホン、米俳優ジョシュ・ハートネットとレッドカーペットを歩き「友人のビョンホンが『ぜひ来てくれ』と自分を誘ってくれた。本当にビョンホンには感謝しています」と友情を深めた。

【写真】笑顔でレッドカーペットを歩いたジョシュ・ハーネット

 木村は釜山・金海空港に到着するやいなや、熱烈な歓迎を受けた。現地のファン300人以上がバラの花束を手に出迎え、到着ロビーに木村が現れると「タクヤ、サランへヨ(愛している)」と悲鳴にも似た大歓声。花を掲げながらSMAPのヒット曲「世界に一つだけの花」を大合唱という熱烈な歓迎ぶりだ。

 同映画祭に木村が参加するのは、主演映画『HERO』以来、2年ぶり2度目。同日夜には、ガラ・プレゼンテーション部門に招待された映画『アイ・カム〜』で共演した2人とともにレッドカーペットに登場した。キャスト3人と、トラン・アン・ユン監督、監督の妻で同映画にも出演している女優トラン・ヌー・イェン・ケーは、5月末に日本で行われたワールドプレミア以来の再会となった。

 レッドカーペットの後、センタムシティ文化ホールで行われた公式記者会見にはムービー35台、スチール90台、総勢370人を超える報道陣が詰めかけた。ビョンホンは「今回は友達が来たので、ホストの気持ちで楽しませたいと思う。2人はビッグスターなので、ホストは大変ですが、できるだけ頑張ります」と木村とジョシュの訪韓を歓迎。

 木村は「今回、2度目の釜山映画祭ということで、すごくこの映画祭の盛り上がりを感じてびっくりしています」と感想を述べ、「友人のビョンホンが『ぜひ来てくれ』と自分を誘ってくれた。その気持ちが有難くて、こうやって参加しています。本当にビョンホンには感謝しています」と応えていた。

 同作は日本で来年1月13日にDVD&BDが発売されることも決定した。




関ジャニ∞・安田&横山が仕事復帰



10月10日7時51分配信 サンケイスポーツ

 インフルエンザA型を発症し、自宅療養していた関ジャニ∞の安田章大(25)と横山裕(28)が9日、東京・六本木のテレビ朝日で同局系「関パニ」(水曜深夜1・36)の収録に参加、元気に仕事復帰した。大倉忠義(24)は8日にA型陽性と診断され、自宅療養中。



V6坂本昌行の華麗な腰使いに共演者メロメロ



10月10日7時52分配信 サンケイスポーツ

 V6の坂本昌行(38)が9日、東京・青山劇場で、主演ミュージカル「ALL SHOOK UP」(デビッド・スワン演出、17日まで)の初日を迎えた。07年の舞台の再演で、エルビス・プレスリーの名曲で送るラブコメディー。坂本がダンスで見せるキレのいい腰使いに、共演の玉置成実(21)らは「セクシーですね」とメロメロ。

 所属事務所の後輩が次々とインフルエンザでダウンしているが、坂本は「早く良くなって僕の作品を見にきて」と心配しつつ、PRしていた。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。