【オリコン】SMAPがアルバム総売上1000万枚を突破!チャゲアス以来、史上2組目の快挙


9月30日6時30分配信 オリコン

 SMAPの2年2か月ぶりとなるニューアルバム『super.modern.artistic.performance』が、発売1週目で21.4万枚を売上げ、10/6付週間アルバムランキングで首位を獲得した。これにより、SMAPのアルバム総売上枚数は1000万枚を突破。ボーカルグループとしては、1993/10/18付のCHAGE and ASKA以来、15年ぶり史上2組目の快挙となった。

 SMAPによるアルバム首位は、2003年6月発売の『SMAP 016/MIJ』から4作連続、通算10作目。また、1991年のデビュー以来のアルバム総売上枚数は、今週の売上21.4万枚を加え、1015.1万枚に到達。アルバムの総売上1000万枚突破は、2006/6/12付のスピッツ以来、2年4か月ぶり史上27組目となり、ボーカルグループとしては、1993/10/18付のCHAGE and ASKA以来、15年ぶり史上2組目の快挙となった。なお、今回、アルバムで総売上1000万枚突破を果たしたSMAPだが、シングルでは、1997/4/14付に「ダイナマイト」で総売上1000万枚突破を果たしている。

 『super.modern.artistic.performance』(2枚組)は、SMAPにとって通算18作目のオリジナルアルバム。シングル首位を獲得したTBS系『北京オリンピック2008』テーマ曲の「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」、テレビ朝日系列スポーツテーマ曲の「弾丸ファイター」などのシングル曲に、Perfumeのプロデュースを手掛ける中田ヤスタカ、バート・バカラック、HIP HOPグループ、ブラック・アイド・ピーズのメンバー、ウィル・アイ・アムら国内外の有名プロデューサーからの提供曲を加えた全19曲を収録している。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。