SMAPのニセ上海公演にジャニーズ事務所が警告文



12月25日20時22分配信 オリコン


 人気グループ・SMAPが中国・上海でコンサートを行うと宣伝し、中国の複数の会社による大規模なチケット詐欺が行われていたことに対し、ジャニーズ事務所が25日(木)、公式サイト上に「中国におけるSMAPコンサートの予定および企画は、現在のところ、一切存在しません」と警告文を発表した。

 問題となっている上海公演は、11月ごろからファンの間でうわさになっており、SMAPが上海世界博のプレイベントとして、来年4月に8万人収容の中国・上海スタジアムで初の海外公演を行うというもの。

 実際に「予約受け付け」と称した中国語サイトが複数存在しており、高額の値段でチケットが取引されていたという。ジャニーズ事務所のホームページ上には「これらの企業は、所属事務所および所属レコード会社である当社らに一切連絡をとることもなく、SMAPの肖像をも無断で使用して、上記の営業を行っているものであり、当社とは何らの関係もありません」と説明。さらに「皆様におかれましては、このような架空の情報により、誤ってお問合せをされたり、チケット購入の申し込みやチケット代金の送金をされることのないよう、くれぐれもご注意くださいますようお願い申し上げます」とファンに注意を促している。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111890489

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。