堂本光一、帝国劇場単独主演記録を626回に更新 森繁久彌を抜いて1位に



3月13日6時30分配信 オリコン


 人気デュオKinKi Kidsの堂本光一が主演する舞台『Endless SHOCK』が東京・帝国劇場で12日(木)、上演626回目を迎え同劇場での単独主演記録を更新した。上演前に報道陣のインタビューに応じた光一は、森繁久彌の持つ625回という記録を抜くにあたって「自分では全く実感がないです。いろいろ聞くと、すごいなぁって思うけど」と謙虚に喜びを語った。

 昨年行なわれた製作発表会見で、今回の公演中に森繁の持つ『屋根の上のヴァイオリン弾き』での625回という帝劇単独主演記録を23年ぶりに塗り替えることについて「記録を目標にしているわけではないので、自分が信じてやってきたことが間違いではなかったと考えさせられました」と話していた光一。この日の昼の部で、森繁が20年かけて積み重ねた記録に並び、夜の部でついに8年5か月という期間で単独1位に躍り出た。

 21歳(当時の帝劇史上最年少座長)から築いてきたキャリアについて光一は「ステージに立つときの想いは今も変わらない。1公演1公演大切にしていこうという気持ちが、結果としてこの回数になった」と感慨深げ。またこの偉業達成に、森光子から「あなたは私の夢ですから」という言葉をかけてもらうとともに「ほぼ毎日、差し入れしてくださるので体重があまり減らないでキープ出来ています」と精神面でも体力面でも支えてもらっていることを明かした。

 最近は、相方の堂本剛に全く会っていないという光一は、共演する少年隊の植草克秀が「東山(紀之)さんが来てくれたのを見て、『やりづらいなー。視線感じる』って言うから、見に来るだけいいじゃないですかって言っときました」と話し、剛について「今何してらっしゃるんですかね?」と、逆に報道陣に問いかけ笑いを誘った。また今後の舞台については「皆さんがまだまだ期待してくれるのであれば、できる限りやりたい」と展望を語って、さらなる活躍を誓っていた。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115988323

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。