元ジャニーズJr.の冠は…大坂俊介が本気で魅せた!



8月5日16時57分配信 夕刊フジ

 新宿・歌舞伎町、新宿二丁目を舞台に、世の中の不条理と金の威力を描いたミステリー小説を舞台化した「新宿ミッドナイトベイビー」(新宿シアターサンモール、夕刊フジほか後援)がこのほど、連日大盛況のうちに終わった。

 この舞台で、語り部として、また探偵役として存在感を発揮したのが大坂俊介(27)だ。冒頭から登場する大坂は、観客を物語の中へ誘う大切な役。ジャケットの前後には、この舞台のスポンサーでもある探偵社「MR」の文字が光っていた。

 同舞台は映像、音、ダンサーと役者が一緒になったエンターテインメントショーであるが、大坂は要所要所で登場しては、物語の案内人として語り、途中、女優、浅野温子(48)と話をするシーン以外は一人語り。

 豊かな表情、落ち着いた言い回し、軽快な身のこなし、客席の後ろまでよく通る声など、大坂の演技はベテランの域に達している。

 今年になってからブログを開始し、バレンタインイベント、探偵白書DVD、誕生日イベント、舞台「新宿ミッドナイトベイビー」、映画「白日夢」(9月5日初日舞台挨拶予定)と、勢いのある活動を続けているが、次の映画「Re:Play−Girls 〜死にたい美少女達は生きるために戦った〜」(2010年春公開)も決まっており、8月の撮影に向けて休む暇もなく役作りを始めているという。

 舞台では「出待ち」のファンも多く、集客力も健在。大坂を語るのに、もう「元ジャニーズJr.」という冠詞は要らないかもしれない。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125068252

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。