仲間由紀恵“クルクル”初体験に瞳キラキラ



8月25日15時15分配信 サンケイスポーツ



 世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が誕生して51年になる25日、タレントの仲間由紀恵(29)とTOKIOの国分太一(34)が、都内のホテルで行われた日清食品の「幼稚園おいしいしょくいくキャラバン」記者発表会にゲストとして出演し、チキンラーメンの麺作りに挑戦した。

【写真で見る】 仲間由紀恵、瞳キラキラの製麺機初体験

 2002年以来7年間チキンラーメンの「顔」としてCMに出演してきた国分は「チキンラーメンは約50cmの長さの麺が120本あるんです。“ヤホー”で調べました」とギャグを交えながらチキンラーメン愛を披露。仲間は「年始に着物を着て撮影したCMがとても印象深かった」と撮影エピソードを語った。

 チキンラーメン作りでは、国分が生地を延ばし、仲間が製麺機に入れ“クルクル”。立派な麺が出来上がり、2人は童心に返ったように目を輝かせていた。

 最後は2人揃って卵を割りお湯を注ぎ入れ「チキンラーメン」を完成。「子供の頃に食べておいしいと感じたものはずっと覚えている。楽しいラーメン作りを体験して欲しい」とPRした。

 キャラバンは、「食育」をテーマに、チキンラーメン作りのデモンストレーションや、幼稚園児らによるチキンラーメン体操、ラーメンの試食会を、来年3月まで各地で開催する。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。