タッキーは対決姿勢、森光子は「やけくそ」



9月9日7時4分配信 スポニチアネックス

 森光子(89)と「タッキー&翼」の滝沢秀明(27)が来年1月の帝国劇場(東京都千代田区)公演「新春 人生革命」で共演する。共演は00年公開の映画「川の流れのように」以来で、1カ月公演の舞台では初めて。

 8日、都内で会見した森は、黒いスーツの滝沢にエスコートされ登壇。来年5、6月の「放浪記」公演を前に新作への挑戦となるが「もうやけくそなの。何とかなるだろうという気持ちです」と笑顔で話した。

 滝沢の所属事務所社長のジャニー喜多川氏が作・構成・演出。京都を舞台に劇団の大女優(森)と弟子(滝沢)の交流が、アクションを交えて描かれる。喜多川氏は「フライング」演出を得意としており、森は「私も興味ありますねえ。やる気も十分あります。高いところ、全然大丈夫ですから」と仰天発言。実現すれば史上最高齢のフライングは確実だが、滝沢は「個人的には拝見したいですが、止めます!」と慌てて話した。

 滝沢が「“森VS(バーサス)滝沢”というくらいの気持ちで挑みたい」と発言すると、「いま“ばあさん”って言いました?」と森。すでに息はぴったりだ。

 1月8日開幕。元日からは滝沢主演の「新春 滝沢革命」が同劇場で上演される。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127657742

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。