KAT−TUN赤西仁、“ソロデビュー”



9月8日7時52分配信 サンケイスポーツ

 KAT−TUNの赤西仁(25)が、初主演映画「BANDAGE バンデイジ」(来年1月16日公開)の劇中で結成したバンド「LANDS」のボーカルとして、“ソロデビュー”することが7日、分かった。

 楽曲は、映画と同タイトルの主題歌(今秋発売)。同作で映画監督を務めた音楽プロデューサー、小林武史(50)がキーボードを担当。ダンスサウンドのKAT−TUNとは違い、80年代に活躍した英バンド、デュラン・デュランを彷彿させる甘いロックサウンドで、赤西のルックスと歌声にピタリとハマる。

 赤西は、5日に都内で行われた「東京ガールズコレクション」で一足早く同曲を披露。「まったく自分の音楽性と異なった曲なので、最初は戸惑いましたが、小林さんに身を任せて取り組みました」と自信を見せた。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。