KAT−TUN赤西 役柄そのままソロCD



9月8日7時3分配信 スポニチアネックス

 男性6人組「KAT−TUN」の赤西仁(25)がソロCDデビューする。初主演映画「BANDAGE バンデイジ」(来年1月16日公開)でロックバンド「LANDS(ランズ)」のボーカルを演じており、役どころのまま主題歌を歌う。

 曲名は、映画と同名の「BANDAGE」。Mr.Childrenなどのプロデュースで知られ、今回の映画ではメガホンも取った小林武史氏(50)が作詞、作曲。劇中のバンド「LANDS」の名義で年内にもリリースされる。

 赤西のソロ活動は、05年に日本テレビドラマ「ごくせん」第2シリーズに同じKAT―TUNの亀梨和也(23)らと出演。07年には同局ドラマ「有閑倶楽部」で主演したが、歌手としてはKAT―TUNを離れて活動するのは初めてとなる。

 このほど、東京・代々木体育館で行われたファッションイベント「東京ガールズコレクション」で初ライブも経験した。小林氏がギターを担当したバックバンドを率いて、ソフトな歌い出しでしっとりと聞かせたかと思うと、サビ部分ではパワフルな歌声を披露。軽快に歌い踊るKAT―TUNの時とは違う一面をアピールした。

 小林氏は「(観客のほとんどが女性だったので)少しアウェーな状況での参加ではあるので、演奏中に赤西と目が合って思わず笑ってしまった」と苦笑しながら感想。赤西の歌唱については「ダイナミックな歌い方をしてくれるので、とても満足している」と話した。

 劇中では女優の柴本幸(25)らとバンドを組み、赤西はリーダー兼ボーカルのナツを演じている。「BANDAGE」以外にも小林氏作の曲が登場するが、こちらのCD化などは決まっていない。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。