草なぎ剛主演の『BALLAD 名もなき恋のうた』に感動の声が続出!



9月7日16時15分配信 @ぴあ

雑誌「ぴあ」調査による2009年8月4日、5日公開の映画の満足度ランキングは、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督がSMAPの草なぎ剛と新垣結衣を主演に迎えて描いた感動の戦国エンターテインメント『BALLAD 名もなき恋のうた』がトップに輝いた。2位に『コーラス』のクリストフ・バラティエ監督が手掛けた『幸せはシャンソニア劇場から』、3位にハワイ・ノースショアにスポットを当てたサーフィン映画『HIGH WATER』が入った。

上位3作品の写真

1位の『BALLAD 名もなき恋のうた』は、戦国時代を舞台に、小国の武将と彼が守り続ける国の姫とのはかない恋物語を描いた作品。「アニメ版と比べると下ネタがなくてアクションや人間ドラマがより重厚だった」「時代考証がしっかりとしていて、映像技術に関心した」「ラスト20分は感動で泣きっぱなしだった」と20代の若者を中心に好評だった。

2位の『幸せはシャンソニア劇場から』は、閉館してしまったシャンソニア劇場を復活させようと奔走する人々を描いた人間賛歌で、「大恐慌下を生き抜く人々の姿や、人間模様の描き方が素晴らしい」「パリの街並みと人々の情感をシャンソンなどの音楽で巧みに浮かび上がらせていた」など、年配の観客から注目を集めた。

詳しくは、上映スケジュールと映画チケットが購入できる映画満足度ランキングへ

(本ランキングは、2009年9月4日(金)と5日(土)に公開された新作映画12本(参考作品1本を含む)を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127659729

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。