<草なぎ剛>「人を大切に思う気持ち学んだ」 映画「バラッド」初日舞台あいさつ



9月5日14時15分配信 毎日新聞

 映画「バラッド 名もなき恋の歌」(山崎貴監督)が5日封切られ、出演したSMAPの草なぎ剛さん(35)と女優の新垣結衣さん(21)が初日舞台あいさつに登場。「男らしくて気持ちが真っすぐ」な戦国武将の又兵衛を演じた草なぎさんは「人を大切に思うってこういうことなんだなあって、自分自身も勉強になりました」と撮影を振り返った。

 「バラッド」は、アニメ「クレヨンしんちゃん」の10作目の劇場版「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」(02年)を基にした実写映画。小学生の真一(武井証さん)が突然、戦国時代にタイムスリップし、身分の違いを越えてひかれ合う戦国時代の武将、又兵衛(草なぎさん)と廉姫(新垣さん)の恋にからんでいく。新垣さんは「廉姫はあこがれる女性像にすごく近いものがあって、演じてみて自分が目指すところがはっきりした感じがする」と手応えを感じていた。東宝系で公開中。

 舞台あいさつでは映画のシーンにちなんで、草なぎさんが新垣さんの持つ「大ヒット」と書かれた的に向かって、吸盤のついた矢を投げるヒット祈願も行われたが、なかなか矢が的にくっつかずに焦る一幕も。やっと成功させた草なぎさんは「くっついてよかったあ」と胸をなでおろした。【内田剛樹】



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127660747

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。