ガッキー、“憧れの女性”演じ感慨深げ 〜映画『BALLAD 名もなき恋のうた』初日舞台あいさつ〜



9月5日13時25分配信 オリコン

 SMAPの草なぎ剛、女優の新垣結衣らが5日、都内で行われた映画『BALLAD 名もなき恋のうた』の公開初日舞台あいさつに出席した。時代劇モノ初挑戦で、草なぎ演じる武将・井尻又兵衛の幼馴染み・廉姫役を演じた新垣は「(廉姫からは)日本の女性らしさを学べ、私も憧れる女性。一瞬一瞬を大事にしようと思いました」と感慨深げにあいさつ。一方、草なぎは「初日ですし、皆に(映画が)面白い! とメールしてください」とアピールし笑いを誘っていた。

撮影での苦労や最近のプライベートを語った新垣結衣

 また、草なぎは「(又兵衛は)男らしく、気持ちがまっすぐな男性。人を大切に思う気持ちとは…と自問自答したこともありましたね」と語るとともに、敵役を務めた大沢たかおとの一騎打ちのシーンを振り返り「前の日に体育館で大沢さんと合わせたけど…無理を承知で『やるしかない!』と思った。けど…痛かったんですよね」と苦笑。最後には、新垣が持つ的に、矢を投げヒットを祈願していた。

 そのほか舞台あいさつには夏川結衣、筒井道隆、武井証、波岡一喜、山崎貴監督も出席した。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127660941

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。