関ジャニエイトピンチ!横山&大倉もダウン



10月7日9時32分配信 デイリースポーツ

 人気7人組グループ、関ジャニエイトの横山裕(28)と大倉忠義(24)が、ダウンしたことが6日、わかった。横山がインフルエンザA型に感染。大倉はインフルエンザ簡易検査では陰性だったものの、38・2度の発熱がみられたもの。関ジャニエイトは、A型インフルエンザで休養中の安田章大(25)に続き、7人中3人がダウンした。この日、大倉は予定していたNHK連続ドラマ「ROMES 空港防御システム」(15日スタート、木曜、後8・00)の会見を、安田とともに欠席。横山も仕事をキャンセル。それぞれ自宅療養した。
  ◇  ◇
 関ジャニエイトが緊急事態に陥った。4日にインフルエンザでダウンした安田に続き、この日横山と大倉がダウン。現在メンバー7人中、3人が発熱とインフルエンザでダウンした。
 横山はこの日午後4時ごろ、発熱を訴え、病院で診察を受けたところ、38度の発熱とへんとうの腫れがあり、検査の結果、A型インフルエンザに罹患(りかん)していることが分かった。夜に予定されていたフジテレビ系の新番組「0号室の客」(23日スタート)の収録などを急きょキャンセル。自宅で療養した。
 また、大倉は東京・渋谷のNHKでの主演連続ドラマ「ROMES 空港防御システム」(木曜後8・00)の制作発表会見を欠席した。起床時、寒けがしたことから体温を測ったところ38・2度の熱があり病院へ。インフルエンザの簡易検査では陰性だったが、大事を取った。「せっかくの場に出席できず申し訳ありません」と肩を落とした。7日に詳しい検査を受けるという。
 この会見には、共演の安田も欠席。安田も4日にインフルエンザへの感染が発覚したが、すでに発熱、せき、はなも落ち着き、9日から再開される同作ロケで復帰する。
 関ジャニエイトでは、8月31日に錦戸亮(24)が、A型インフルエンザにかかりダウン。また同じジャニーズ内では、NEWS・山下智久(24)も同時期に罹患した。それから1カ月後、再びジャニーズを襲ったインフル渦。錦戸はすでに復帰しているため、7日の関西テレビ系のレギュラー番組「関ジャニエイトのジャニ勉」は、関係者の協議の結果、この3人を除く4人のメンバーで臨むという。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129693653

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。