やっぱり親子不仲? キムタク母が朝日新聞に登場のナゼ



10月6日16時57分配信 夕刊フジ

 6日付の朝日新聞朝刊の「ひと」欄に、「SMAP」木村拓哉(36)の母、方子(まさこ)さん(59)の近況が掲載された。実は、人気タレントの母としての顔だけでなく、食や子育ての講演活動で広く知られる人物。なぜこのタイミングで紙面に登場したのか?

 「ことのは語り」という肩書きで紹介されている方子さんは、神奈川県川崎市でイタリア料理店を開くかたわら、月の半分は講演で全国を飛び回ってきた。関係者によると、4月には東京都大田区内でスピリチュアル・アーティストらと合同コンサートを開くなど精力的に活動中だ。

 また、「木村まさ子」のペンネームで、『育みはぐくまれ』『イタリア薬膳を召し上がれ』などの著書もあるが、マスコミのインタビューに写真とともに登場するのは極めて異例。朝日の記事では、方子さんが子育てを語れるようになるまでの経緯を紹介している。

 《長男は人気タレントの拓哉さん、次男の俊作さんはクラブチームのアメフット選手として活躍した》と子供の成長に触れている。その一方で、いい母親像を目指すあまり心身のバランスを崩し、睡眠薬や安定剤が手放せなくなったことも包み隠さず明かしている。

 目を引くのは、《「良妻賢母やーめた。息子たちは息子たち」》という方子さんの記述。というのも、木村が歌手、工藤静香(39)と結婚後、女性誌など複数のメディアが、木村と方子さんの疎遠ぶりを伝えていたからだ。

 方子さんは打ち込んできた料理店を20日で閉店するといい、今後は講演活動に力を入れるようだ。母の新たな決意表明を息子はどう受け取るか−。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129694160

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。