<相葉雅紀>初主演ドラマ「マイガール」試写に21万通 優香「癒やしオーラがある」と絶賛



10月1日12時57分配信 毎日新聞

 アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀さん(26)が1日、東京都内の映画館で行われた主演ドラマ「マイガール」(テレビ朝日系)の「4大都市同時プレミア試写会」の舞台あいさつに出席、「こんなでっかいスクリーンで見て正直恥ずかしい。切ないことが起こっているのに温かくて前向きな話。嵐の10周年の年に新しいことにチャレンジできるのはすごくうれしい」と話した。 

【関連写真特集】出演者らが登場したドラマ「マイガール」の会見の模様

 「マイガール」は佐原ミズさんが「週刊コミックバンチ」(新潮社)で連載している同名のマンガが原作。6年前に自分の前から姿を消した恋人の陽子(優香さん)を忘れられない正宗(相葉さん)の元へ、陽子の訃報(ふほう)が届く。同時に陽子が黙って産んでいた正宗との子供、コハル(石井萌々果さん)が現れ、正宗はコハルと一緒に住むことを決意する……という物語。正宗の成長やコハルとの心の交流を描く。主題歌は嵐の「マイガール」。

 高校生姿を披露している相葉さんは「制服を着たら、タクシーの運転手さんみたいになっちゃって、メガネをかけたり、髪形を変えたりしてみた。僕的には120点」と振りかえり、「嵐のみなさんに見てもらうのは怖いけど、家に送りつけて見てもらいます」と笑顔で話し、役柄との共通点を「優柔不断なところ。(ピュアなところは)そっくりです!」と話した。優香さん(29)は「原作を読んで涙が止まらなくなるぐらいすてきな話」と物語を紹介。ドラマ初主演となる相葉さんについて「初主演とは思えない。癒やしオーラがあってこっちに緊張をさせない人。すごく自然な方で(役の)正宗くんそのもの」と絶賛していた。

 また、ドラマになぞらえて「理想の女性像」を聞かれた相葉さんは「嵐のコンサートに来てくれる子です!」ときっぱり。会場からは大きな歓声があがり、優香さんも「こっちが照れちゃうようなことをさらっと言ってくれる男性はすてき」と相葉さんにメロメロの様子だった。

 試写会は同ドラマ放送枠初の4都市同時開催で大阪、名古屋、福岡でも行われ、東京の模様を各地に中継。全国から21万通の応募があり、1100人が来場した。室井滋さん(50)、村上信五さん(27)も出席した。9日午後11時15分スタート。毎週金曜放送。【服部美央】



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。