キムタク、釜山映画祭でビョン様と友情再会 熱烈歓迎に「ちょっと照れくさい」



10月10日7時40分配信 オリコン


 SMAPの木村拓哉が9日、韓国・釜山で開催中の第14回釜山国際映画祭のため韓国を訪問。、金海空港に到着するや熱烈な歓迎を受け「すごく嬉しいのですが、ちょっと照れくさいですね」と感激。映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』で共演した韓国俳優イ・ビョンホン、米俳優ジョシュ・ハートネットとレッドカーペットを歩き「友人のビョンホンが『ぜひ来てくれ』と自分を誘ってくれた。本当にビョンホンには感謝しています」と友情を深めた。

【写真】笑顔でレッドカーペットを歩いたジョシュ・ハーネット

 木村は釜山・金海空港に到着するやいなや、熱烈な歓迎を受けた。現地のファン300人以上がバラの花束を手に出迎え、到着ロビーに木村が現れると「タクヤ、サランへヨ(愛している)」と悲鳴にも似た大歓声。花を掲げながらSMAPのヒット曲「世界に一つだけの花」を大合唱という熱烈な歓迎ぶりだ。

 同映画祭に木村が参加するのは、主演映画『HERO』以来、2年ぶり2度目。同日夜には、ガラ・プレゼンテーション部門に招待された映画『アイ・カム〜』で共演した2人とともにレッドカーペットに登場した。キャスト3人と、トラン・アン・ユン監督、監督の妻で同映画にも出演している女優トラン・ヌー・イェン・ケーは、5月末に日本で行われたワールドプレミア以来の再会となった。

 レッドカーペットの後、センタムシティ文化ホールで行われた公式記者会見にはムービー35台、スチール90台、総勢370人を超える報道陣が詰めかけた。ビョンホンは「今回は友達が来たので、ホストの気持ちで楽しませたいと思う。2人はビッグスターなので、ホストは大変ですが、できるだけ頑張ります」と木村とジョシュの訪韓を歓迎。

 木村は「今回、2度目の釜山映画祭ということで、すごくこの映画祭の盛り上がりを感じてびっくりしています」と感想を述べ、「友人のビョンホンが『ぜひ来てくれ』と自分を誘ってくれた。その気持ちが有難くて、こうやって参加しています。本当にビョンホンには感謝しています」と応えていた。

 同作は日本で来年1月13日にDVD&BDが発売されることも決定した。



この記事へのコメント

→→→ 親が金持ちで有名女子大に通ってるプライド高いお嬢様 ←←←

こういう子って意外とMなんだよねwww
まんぐり返しして上からジュポジュポ入れてやったらめっちゃ喜んでたしな!!(笑)
お高くとまってても所詮は女ってことだなwww(* ̄ー ̄)ニヤリ

まぁ12 マ ソをポイっと現ナマで渡す所はやっぱお嬢様だったけどwwwww

http://EST.F-FORWARD.net/9b07rl9/
Posted by じゃんかじゃかじゃんwww at 2009年10月12日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130018393

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。