光一SHOCK 年間100公演挑戦



10月31日9時27分配信 デイリースポーツ

 KinKi Kidsの堂本光一(30)が30日、都内で、初演から10周年を迎える主演舞台「Endless SHOCK」の製作発表を行った。東京・帝国劇場で来年2月14日〜3月30日と7月4〜31日の3カ月間に計100公演をこなす。帝劇での単独主演回数記録を更新中の“光一SHOCK”が、同劇場を1年のうち3カ月占拠。さらなる進化を見せつける。
  ◇  ◇
 2000年11月に帝劇で幕を開けた「SHOCK」。今年3月には、俳優・森繁久彌(96)が「屋根の上のヴァイオリン弾き」で樹立した帝劇での単独主演公演回数(625回)記録を23年ぶりに更新し、その数を651回まで伸ばした。記念すべき10年目を迎える来年は、光一が3カ月間も帝劇を独占。年間100公演の“離れ業”に挑戦する。
 帝劇での単独主演で、年間100公演を超えているのは森繁の「屋根の-」(80年=102回、82年=168回)、一路真輝(44)の「エリザベート」(00年=117回、04年=115回)のみ。光一は最年少で史上3人目。「経験がないところに入っていきますが、体のどっかが壊れようともステージに立つ気持ちが大事。ちょっとやそっとじゃへこたれない自信がある」と断言。毎回体重が激減するハードさも「疲れを引きずってもメンタル面でカバーできます。10年前とは比べものにならないくらいメンタル面は強くなってます」と問題なしをアピールした。
 この日は“ロングランの大先輩”である森光子(89)からビデオメッセージが届けられた。「先を見て下さいよ。振り返らないで」と激励された光一は、「お客さまの期待以上のものを返したい。難しいですが、走り続けなくちゃいけない」とキリリ。自身と通じる舞台のテーマ「Show must go on」をあらためて胸に刻んでいた。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131763061

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。