やせた克ちゃん シャープに舞った


 毎夏恒例で21回目を迎えた少年隊ミュージカル「PLAYZONE2006『Change〜』」の会見が11日、青山劇場で行われ、植草克秀(39)が12キロやせてシャープになった体を披露した。
 昼公演後の会見では、客席で見ていた先輩・近藤真彦(41)が舞台に登場し、司会を買って出るサプライズ。デビュー当時の54キロに戻った植草は「ドラマをやったときに、マッチさんの体を見て『カッコいいな』と思った。『俺たちの仕事はいつでもかっこよくなきゃいけないんだ』と言われて、本気でやせる気になった」と告白。軽やかなダンスにマッチも「すごくよくなった」と太鼓判。
 「Change」は愛や信頼がテーマの物語。振り付けにマイケル・ジャクソンやマドンナを手がけたヴィンセント・パターソン氏(56)を招き、独特の世界観を表現している。錦織一清(41)は「ヴィンセントの振り付けはやればやるほど深い」と心酔。東山紀之(39)も「とってもエネルギーを要求されるダンス」と汗だく。この日まで836回の公演で122万4690人を動員した3人は「一緒に千回、2千回と記録を更新しましょう」とファンに感謝した。
 9日には5年半ぶりの新曲「想 SOH」も発売され、植草は「これをきっかけにコンサートができれば」と語り、マッチから「当面の敵はKAT-TUNと思ってたけど、少年隊も強敵」とエールを送られた。8月5日までで4万8千人、21年計872回、126万7890人を動員予定。
(デイリースポーツ) -


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。