SMAP 国立で飛んだ!


 国民的人気グループ・SMAPがデビュー記念日にあたる9日、東京・国立霞ケ丘競技場でコンサートを行った。同所では、史上初の単独アーティスト公演となった昨年に続き2度目の公演。中居正広(34)が左足ふくらはぎ肉離れのため、ソロ曲とダンスパートに出演できないハプニングもあったが、6万人のファンが3時間半以上にわたったSMAPの世界に酔いしれた。
2年連続ライブ 91年9月9日、シングル「Can,t Stop!!-LOVING-」でデビューしてからの15年をともに歩んできた5人は、国立に駆けつけた6万人のファンと一緒にケーキとシャンパンで“誕生日”を祝った。
 中居は「ここ国立で15年を迎えることができました。ありがとう」とあいさつ。木村拓哉(33)は「こういう場所でこういう時間を過ごせるって特別。感謝でいっぱい」、香取慎吾(29)からは「20周年でまたみんなとここで会いたいな。50周年ではメンバー何人か減ってるかもしれないけど、僕1人になってもSMAPを続けます」と生涯SMAP宣言も飛び出した。
 SMAPとしてこれまでコンサートで833万9400人を動員した。この日の467回目のステージでも、歌とダンス、ド派手な演出でファンを魅了。ステージ上段18メートルに登場したメンバーが、30メートルのワイヤーを使って花道に降下するオープニングでは、6万人のファンの絶叫が地鳴りとなって響き渡った。
 また、肉離れを起こしたことを報告した中居は、心配の声に「踊ることはできないんですけど、歌うことはできまーす」と明るく回答。テーピングをして最後までステージを務め上げた。
 今後は、10月11日に40枚目のシングルで、草なぎ剛主演のフジテレビ・関西系ドラマ「僕の歩く道」(10月10日スタート)の主題歌「ありがとう」を発売することも決定した。
(デイリースポーツ)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。