たけしは国分の敵!?制作発表で暴言連発!…新番組「たけしのニッポンのミカタ!」



4月4日8時0分配信 スポーツ報知


 タレントのビートたけし(62)とTOKIO国分太一(34)が3日、都内のスタジオで10日スタートのテレ東系新番組「たけしのニッポンのミカタ!」(金曜・後8時54分)の制作発表に出席。週刊誌で3歳年下の恋人を明らかにした国分に、たけしは「なんか女に養ってもらってるらしいな」と“口撃”。暴走するたけしに、国分もたじたじだった。

 女性誌で年下OLとの真剣交際を告白したばかりの国分の発言に注目が集まる中、口火を切ったのはたけしだった。記者の質問タイムが始まる前、司会が「プライベートに関する質問はご遠慮下さい」とアナウンスするやいなや「プライベートあったっけ?」。さらに「なんか女がいて養ってもらってるとか言ってたな」とたたみかけると、国分は焦りの笑みを浮かべながら下を向いてしまった。

 恋人とは4月で交際11か月目。女性誌では「いつかは家庭を築いて父親になりたいと思っています」とも語っていたが、会見後、報道陣から「結婚は?」と聞かれると、「いやいやいや…」と受け流しながらスタジオを後にした。

 番組は「日本人が幸せになる○○の話」をコンセプトに、様々な社会現象を検証するというバラエティー。初回は人間の生死がテーマで、この日は祭壇のセットの前でたけしの「生前葬」という形式で行われたが、たけしは「このセット、森繁(久彌)さんに貸してあげたいな」。

 さらに初共演の国分に対しても「昔ブルドッグ歌ったりしてた人でしょ」(フォーリーブス)、「他局で怪しい番組やってるよね。霊感商法みたいな。円天と変わらないじゃないか」(オーラの泉)などと暴言を連発。それでも国分は「こんなに近くで話が聞けるのは人生の宝。盗める所は盗んで、軍団に入って、最終的には都知事を目指したい」と弟子入りを志願するほど心酔している様子だった。





ド直球!熱愛国分にたけし節全開


4月4日9時16分配信 デイリースポーツ


 TOKIOの国分太一(34)が3日、都内で司会を務めるテレビ東京・大阪系知的教養バラエティー「たけしのニッポンのミカタ!」(10日スタート。金曜、後10・00、初回は後8・54〜)の制作発表に出席。初めてコンビを組むビートたけし(62)の“突撃取材”にタジタジとなった。
 国分は、3月に女性週刊誌上で31歳の一般の女性との交際を告白。質疑応答では司会者から「私生活の質問はお控え下さい」と注意があったが、それを聞いたたけしが「あれか、女がいて…ってやつか。養ってもらってるんじゃないだろうな?」とド直球の質問。
 これには国分も目を丸くして「こんな間近な人に質問されると思わなかった!」と赤面するハプニングに。結婚の予定については「いやいやいや!」と、否定した。
 2人はレギュラー初共演となる。たけしが「ツッコミボケのうまい人。この人と『ツービート』やればよかった」と国分をベタ褒めすれば、国分も「盗めるところを盗んで“軍団”の一人として都知事を目指します」とお返し。早速、息のあったところを見せていた。




国分太一 3歳年下“普通の女性”と交際中



3月24日7時4分配信 スポーツニッポン


 TOKIOの国分太一(34)が、24日発売の女性週刊誌「女性自身」のインタビューで、交際している女性の存在を明かしている。交際を始めたのは昨年5月ごろで「普通の仕事をしている31歳の女性。普通の心を持っているというか、そういう部分にひかれました」と説明。「朝食を作ってくれる人」「いつかは家庭を築いて父親になりたい」などとも話しており、ゴールインする可能性もありそうだ。所属事務所は「(事実関係については)インタビューの通りです」としている。



国分太一が31歳OLとの交際を告白



3月24日10時6分配信 日刊スポーツ


 TOKIO国分太一(34)がOL(31)と交際していると、24日発売の「女性自身」のインタビューで明かしている。友人の1人で昨年5月ごろから交際に発展したという。彼女については「普通のお仕事をしている31歳の女性」とし、「頭がいいですし、普通の心を持っている部分にひかれました。彼女といると普通の気持ち、普通の男になれる。『調子に乗るなよ』と言ってくれるのが大きい」と説明。ただ、結婚については「大切に思う存在だから、慎重に考えていきたい」としている。



長瀬智也&福田麻由子主演作『ヘブンズ・ドア』オフィシャルブック売れ行き好調



2月2日15時46分配信 @ぴあ


天国を目指して疾走する余命わずかなふたりを、TOKIOの長瀬智也と福田麻由子が演じることで話題の映画『ヘブンズ・ドア』。監督は『鉄コン筋クリート』のマイケル・アリアス、主題歌はアンジェラ・アキと、ビッグネームが揃った本作のオフィシャルブックが発売され、こちらも映画同様に話題を呼んでいる。

映画の写真

今回発売されたオフィシャルブックは、長瀬、福田のロングインタビューに加え、三浦友和、田中泯、長塚圭史ら、個性的な共演者のインタビュー、さらに、長瀬と福田、監督の3人によるトークセッションも掲載している。

長瀬智也は『真夜中の弥次さん喜多さん』以来4年ぶりの主演。完成披露試写会で行われた舞台あいさつで長瀬は「今回の作品は自分の集大成」と語り、「ひと味違う表現の仕方で演じ、レベルアップした確信がある」と自信を見せた。本作の裏側が見えるオフィシャルブック、ファンにとっては買い逃せない一冊だろう。

『ヘブンズ・ドア』
2月7日(土)より、全国ロードショー

「HEAVEN’S DOOR」 OFFICIAL BOOK
発売中 \1,700(税込) ぴあ





TOKIO長瀬智也が下ネタ連発!?



2月8日9時28分配信 デイリースポーツ


 TOKIOの長瀬智也(30)が7日、都内で主演映画「ヘブンズ・ドア」の初日舞台あいさつに登場した。
 余命3日と宣告された男と少女(福田麻由子)が、天国めざして疾走する青春ロードムービー。長瀬は別の会場での舞台あいさつで登壇直前までズボンのファスナーが開いていたことを明かし「オレの“ヘブンズ・ドア”はノックしなくても開いているんだなと思いました」と下ネタトーク。共演の三浦友和(57)から「10年、20年後もずっとアイドルでいてくれ」とエールを送られた直後だったが、アイドルらしからぬ発言で客席の笑いを誘っていた。




長瀬智也、三浦友和が新旧アイドルトーク。「ヘブンズ・ドア」初日



2月9日12時4分配信 eiga.com


 [eiga.com 映画ニュース] TOKIOの長瀬智也と「Little DJ/小さな恋の物語」の福田麻由子が主演する話題作「ヘブンズ・ドア」の初日舞台挨拶が、2月7日、東京・渋谷のシネマライズにて行われ、長瀬と福田をはじめ、共演の三浦友和、マイケル・アリアス監督(「鉄コン筋クリート」)が登場した。

「ヘブンズ・ドア」フォトギャラリー

 本作は、97年のドイツ映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」(トーマス・ヤーン監督・脚本)を原案とし、余命3日と宣告された28歳の青年・青山勝人(長瀬)と、病院で出会った余命わずかな14歳の少女・白石春海(福田)が、海を目指して無軌道な逃避行を繰り広げるというロードムービー。

 ストーリーにちなんで、「もし余命3日と知らされた時、これだけは言っておきたいこと」を問われた主演の2人は、「親にキャッシュカードの暗証番号を言っておきたい」(長瀬)、「両親に仲良くしてほしいと言いたい」(福田)とそれぞれ答えた。

 一方、若い女性で埋めつくされた客席を見て「今日はやっぱり長瀬くんのファンが多いかな(笑)」と寂しげにつぶやいた三浦が“言っておきたいこと”は、長瀬に対し「ずっとアイドルでいてくれ」とのこと。かつてアイドル俳優として絶大な人気を誇った三浦は、タバコのCMへの出演が問題となって国会でも議論され、「三浦友和は結婚したので、もうアイドルではない」という結論になったそうで、「僕は国会でアイドルじゃないって決められてしまったので、長瀬くんにはこれからもずっとアイドルでいてほしい」と、自分が叶えられなかった“永遠のアイドル”への道を長瀬に託した。

 長瀬は「尊敬する大先輩。国会を揺るがすだけの人間だなっていうオーラを感じた」と先輩アイドル・三浦に恐縮しながらも、「奥さん(山口百恵さん)と仲良くされていますか?」と鋭いツッコミを入れたが、「けんかしたことないです」とかわされて、貫禄負け。すると、長瀬は突然、別会場での舞台挨拶直前にパンツのチャックが開いていたというエピソードを披露しはじめ、「俺の“ヘブンズ・ドア”はノックしなくても開いていた(笑)」と下ネタを披露し、アイドルのイメージを台無しにしていた。





長瀬の“逆チョコ”にファン狂乱



2月15日10時47分配信 デイリースポーツ


 TOKIOの長瀬智也(30)が14日、大阪市内で主演映画「ヘブンズ・ドア」(公開中、マイケル・アリアス監督)の「バレンタイン舞台あいさつ」に、共演した女優の福田麻由子(14)とともに出席。バレンタインデーとあり、長瀬が観客の1人に“逆チョコ”プレゼントすると全員が色めき立った。
 長瀬が「ハッピーバレンタイン」とあいさつすると、会場に詰めかけた200人のファンは絶叫。司会者からどのように渡しますかと問われ、抱きしめるポーズを見せると会場のテンションは最高潮に。抽選で選ばれた女性は「かっこいい」と大興奮だった。
 また、長瀬が羽織った黒ジャケットの左胸にはトラのワッペンがチラリ。関西を意識しての粋な演出!?もあり、会場は長瀬にウットリだった。



国分興奮!たけしとの“夢タッグ”結成



3月6日9時19分配信 デイリースポーツ


 ビートたけし(62)とTOKIOの国分太一(34)が、テレビ東京・大阪系の新番組「たけしのニッポンのミカタ!」(4月10日スタート。金曜、後10・00)で、レギュラー初共演することが5日、分かった。伝説的バラエティー「オレたちひょうきん族」を見て育った国分は、たけしとの“夢のタッグ”に「もう信じられないですね」と興奮を隠せない様子だ。
  ◇  ◇
 天才・たけしの新パートナーとして白羽の矢が立ったのは、歌、トーク、芝居、バラエティーとマルチな活躍を見せる才人・国分だった。これまで国分がホスト役のトーク番組にたけしがゲスト出演したことはあったが、レギュラー番組でがっぷり四つに組むのは初めてだ。ともに現在、テレビのレギュラーを8番組(CS含む)ずつ抱えており、人気者同士の超強力タッグが実現する。
 34歳の国分は、まさに“ひょうきん族世代”。放送当時は小・中学生で「たけしさんの『ひょうきん族』や『元気が出るテレビ』を普通に見て、笑っていて。その人と一緒に仕事するんですよねぇ」と感慨深げ。
 一方のたけしも「国分くんとは違和感ないし、問題ないよ」と大歓迎だ。「向こうがツッコミになって、オレがぼけて。基本的には『下町の職人』がオレで、国分くんがちゃんとした『サラリーマン』の役回りになって」と構想を練る。
 新番組「-ニッポンのミカタ!」は知的情報バラエティー。「教育」「携帯電話」「死」など、身近に存在するテーマを毎週一つ取り上げて、数人のゲストと掘り下げていく。たけしは「(既存と)同じような番組は作らないし、見て損はない番組だと思う」と自信を見せている。
 関係者によると、以前からたけしは、国分の番組を見て手腕を高く評価。映画監督・北野武としても、国分の主演作「しゃべれども しゃべれども」をチェックしていたといい、実は“相思相愛”だった。才能あふれるコンビの相乗効果で、新番組を盛り上げる。





国分、たけしとの初共演に「考えられない…」



3月7日8時2分配信 サンケイスポーツ


 ビートたけし(62)とTOKIOの国分太一(34)が、テレビ東京系で4月10日スタートの新番組「たけしのニッポンのミカタ!」(金曜後10・0)で司会を務めることが6日までに発表された。

 さまざまな社会現象をテーマにトークを中心に構成する知的エンターテインメント番組。たけしは「国分くんとは違和感ない。下町の職人が俺で、国分くんがちゃんとしたサラリーマンの役回り」とコメント。国分は「たけしさんと同じ番組をやるなんて考えられない…」と“巨匠”との初共演に興奮気味のようだ。




国分太一「土曜すぽると!」編集長に抜てき




3月18日7時2分配信 スポーツニッポン


 フジテレビのスポーツ情報番組「土曜すぽると!」(土曜深夜0・15)の新キャスターを、TOKIOの国分太一(34)が務めることになった。「すぽると編集長」として4月4日から登場する。「自分のスポーツの情報源は“すぽると!”だったので感激していますし夢のようです!」と大喜び。同番組では「手に汗握る土曜日」と名付けプロ野球やJリーグなど国内外のさまざまなスポーツの結果や詳細を伝える予定で「求められているのは、自分の目線で、自分の言葉で伝えること。結果だけでなく、舞台裏や注目されにくい細かな部分も伝えたい」と意気込んでいる。




「すぽると!」はお任せ!国分編集長が誕生



3月18日7時52分配信 サンケイスポーツ


 TOKIOの国分太一(34)が、4月からフジテレビ系スポーツ番組「すぽると!」土曜日(深夜0・15)のキャスターを務めることが17日、分かった。司会業が多い国分だがスポーツ番組キャスターは初めて。肩書は「編集長」で現場取材用の名刺も作成し、「夢のようです!」と大感激。国分は単独でNHKを含む各キー局レギュラーを制覇した形だ。

 「スポーツが本当に大好きで、自分のスポーツの情報源は『すぽると!』だったので、感激しています」と興奮気味の国分。念願のスポーツ番組を仕切る。

 国外を含めて週末に大きな大会、試合が開催されることが多いスポーツ界。番組制作側は4月からのリニューアルにあたり、土曜日を「手に汗握る土曜日」と銘打って重視。スポーツ好きで知られる国分に、白羽の矢を立てた。

 レギュラースポーツ番組では初めてのキャスター就任だが、肩書は「編集長」。同局の岡泰二プロデューサーは「単なるキャスターではなく制作スタッフと共に今何が面白いか、視聴者が一番見たいものは何かなど、番組構成にも加わっていただく」と期待を寄せる。

 国分も「求められているのは自分の目線で自分の言葉で伝えること。試合結果だけでなく、その舞台裏や注目されにくい細かな部分もお伝えできたら」とパワー全開。

 「編集長」の名刺も作成。国分編集長自ら現場も飛び回る意向だ。番組での初登場は4月4日になるが、ちょうど4月3日にプロ野球のセ・パ両リーグが開幕する。最初の取材現場はプロ野球開幕の様子となりそう。

 現時点で国分編集長が特に注目しているのは「冬季五輪の日本代表のし烈な争い」。同局系のフィギュアスケート中継にも04年から出演している国分は、今月23日から米ロサンゼルスで開催される世界フィギュアスケート選手権を現地で取材予定。浅田真央(18)や安藤美姫(21)らの世界挑戦の姿を追い、番組でも伝えていくという。

 「毎週土曜は大好きなスポーツに囲まれ、すごくテンションが上がると思う」と国分。テンションアゲアゲのキャスターぶりに注目だ。





国分太一 夢のスポーツキャスターに



3月18日9時38分配信 デイリースポーツ


 TOKIOの国分太一(34)がフジテレビ・関西系のスポーツニュース「土曜すぽると!」(土曜、深0・15)の新キャスターを務めることが17日、分かった。4月4日から「すぽると!編集長」として登場する。これまでフィギュアの大会など期間限定でのキャスター経験はあるが、レギュラー番組のキャスターは初。ジャニーズきってのスポーツ好きの夢が、ついに実現した。
  ◇  ◇
 「スポーツが本当に大好きで、感激していますし、夢のようです!」。ずっとあこがれ続けた“夢の席”に、国分は喜びを爆発させた。
 現在テレビ8本・ラジオ2本のレギュラー番組を抱え、その顔を見ない日はない人気者の国分だが、スポーツのレギュラー番組を持つのは初めて。それも「すぽると!編集長」という“役職”は、単なるキャスターでなく、番組構成にもかかわる、「番組の顔」だ。
 9本目のレギュラーに加え、編集長という立場。プレッシャーがあるかと思いきや「毎週土曜は大好きなスポーツに囲まれてすごくテンションがあがると思います」と気負いは全くない。それもそのはず、国分は「ジャニーズきってのスポーツ好き」として知られ、サッカーや野球などスポーツ全般に明るい。これまでサッカーW杯やフィギュアスケートなど大きな大会でキャスターを務め、その博識は高い評価を得ている。「すぽると!」のキャスターはまさに適任だ。
 国分は「求められているのは自分の目線、言葉で伝えることだと思う。結果だけでなく舞台裏や細かな部分も伝えていけたら」と決意表明。初仕事はプロ野球開幕シリーズの取材だが、「ぜひ見てください」と今から気合まんまん。熱血キャスターの“開幕戦”からも、目が離せそうにない。





国分太一は引っ張りだこ!レギュラー11本



3月18日9時52分配信 サンケイスポーツ


 TOKIOの国分太一(34)が、4月からフジテレビ系スポーツ番組「すぽると!」土曜日(深夜0・15)のキャスターを務めることが17日、分かった。

 司会、番組進行役として今最も“引っ張りだこ”といえる国分。テレビ東京系でもビートたけし(62)とタッグで司会する知的トークバラエティー「たけしのニッポンのミカタ!」(金曜後10・0)が4月10日からスタートする。

 TOKIOとしての出演も含めて、テレビ・ラジオのレギュラー番組は計11本に。国分単独では9本でテレビキー局すべてに出演。所属のジャニーズ事務所も「単独でレギュラー番組がここまで多いのは他にいない」と認めるほどだ。




国分太一が「土曜すぽると!」キャスター



3月18日10時4分配信 日刊スポーツ


 TOKIO国分太一(34)がフジテレビ系スポーツ番組「土曜すぽると!」(土曜深夜0時15分)でキャスターを務める。レギュラースポーツ番組のキャスターは初めて。昔はサッカー少年で芸能界では有名なスポーツ好き。スポーツの知識や意欲を買われ、サッカーW杯中継キャスターなどこれまでもスポーツ関連の仕事は多かった。
 番組での肩書は「編集長」。編集長としての名刺も用意し、取材も積極的に行うつもり。4月からは準レギュラーも含めレギュラー番組はテレビが9本、ラジオは2本。NHKを含むキー局すべてで同時期レギュラーをもつことになる。
 ソフトな人柄やしゃべりのうまさに加え、勉強熱心。時間があればニュースやスポーツ番組を視聴している。移動中にスポーツ紙を愛読するなど、常に情報収集を行い、スタッフには積極的にアイデアも出す。どんな切り口にも対応できる感度の高さが、幅広い分野での活躍につながっているようだ。
 国分は「スポーツの情報源は『すぽると!』だったので感激してますし、夢のようです! 自分に求められているのは、自分目線と自分の言葉だと思います。結果だけでなくその舞台裏や、細かな部分もお伝えできたらと思っています」と話した。4月4日から出演予定。




長瀬智也、あゆのけが「知りませんでした」



12月31日8時1分配信 サンケイスポーツ


 華やかなムードに包まれた30日の「第59回NHK紅白歌合戦」のリハーサルでTOKIOの長瀬智也(30)は、昨年7月に破局が発覚し、今回の紅白で“競演”する浜崎あゆみ(30)が、右手を負傷しながらも強行出場することについて報道陣に尋ねられると、「そうですか。(けがは)知りませんでした」と他人事のように答えた。

 今年を「充実の1年でした」と笑顔で振り返る長瀬。昨年末、女優の相武紗季(23)と六本木でのデート現場が目撃されるなどアツアツだが、結婚の予定には「全然ありません」と淡々としていた。




TOKIO・長瀬、あゆの元気な姿に「そりゃ良かったっす」



1月1日2時57分配信 オリコン


 5人組バンド・TOKIOが昨年大みそかに、東京・渋谷のNHKホールで行われた『第59回NHK紅白歌合戦』に出演し、椎名林檎が詞と曲を担当した「雨傘」を披露した。浜崎あゆみと一昨年7月の破局が報じられたボーカルの長瀬智也はパフォーマンス後、控室に戻る途中で報道陣の取材に応じ「浜崎さんが元気な姿を見せていましたが?」との問いかけに「そりゃ良かったっす」とだけ答え、足早に去った。

 右手を負傷して緊急手術を受けていた浜崎は前日に医師の条件付きでカウントダウンライブ2daysの初日を行い、当日も報道陣をシャットアウトした状態でリハーサルを敢行。本番前日のリハーサル後には、浜崎の怪我を「知らなかった……」。テーピング姿で紅組トップバッターを務めた浜崎の本番も「観てないっす」と話した。

 『第59回NHK紅白合戦』は白組が4年連続で勝利し、対戦成績は紅組28勝、白組31勝。また浜崎は紅白出場後、前日に引き続き会場隣の東京・代々木第一体育館でカウントダウンライブを行った。




東山、松岡、大倉の3人が悪を斬る!「必殺仕事人2009」記者会見



12月26日18時52分配信 サンケイスポーツ


 少年隊の東山紀之(42)、TOKIOの松岡昌宏(31)、関ジャニ∞の大倉忠義(23)が26日、都内で行われたテレビ朝日系「必殺仕事人2009」(新春スペシャルは来年1月4日後9・0、連続ドラマは1月9日スタート、金曜後9・0)の記者会見に出席した。

 世間にはびこる悪を断つ仕事人を演じる3人。主演の東山は「先輩達が築きあげてきた世界観を壊さずに、頑張っていきたい」と気合満点。仕事人はプロの殺し屋という“裏稼業”をもつが、実際の表と裏の顔のギャップを尋ねられ、東山は「松岡は普段よりすごく明るくなる。大倉は何考えてるかよく分からない。これから探っていきたい」と明かす。

 以前東山と同居していたことがある松岡は東山の“裏の顔”について「台本をチェックしている姿とか、トレーニングしている姿とか、マイケル・ジャクソン(の音楽を)をかける時の顔」と暴露。すると東山は「(マイケルの曲を聴き)血が騒ぐ(笑)」と話していた。

 また、イザという時の自身の“必殺技”についての質問に、東山が「逃げ足が早いこと(笑)」と言えば、松岡は「(TOKIOのリーダーの)城島茂のボケに突っ込める」、大倉は「ブリッ子をする位」と笑わせた。

 3人は新ユニット「The SHIGOTONIN」として主題歌「鏡花水月」も担当する。





『ヘブンズ・ドア』M・アリアス監督が秘蔵映像を公開



12月25日22時45分配信 VARIETY
 「TOKIO」の長瀬智也、福田麻由子が主演する『ヘブンズ・ドア』のマイケル・アリアス監督が25日(木)、東京・アップルストア銀座で特別セミナーを行った。

マイケル・アリアス監督、その他の写真はこちら

 『鉄コン筋クリート』で知られるアリアス監督にとって、初の実写映画。1997年のドイツ映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』を原案に、余命わずかと突然宣告された男と少女が残された時間をいかに生きるかを描く。

 撮影終了後の編集過程で、Macのソフトウェア「ファイナルカット」を使用。素材映像をそのままの解像度で編集する手法は初挑戦で、カットせざるをえなかった未公開映像が初公開された。

 映画の後半部分に登場するカー・アクションの場面では、軽トラックががけから落ちるシーンや、ダンプカーが横転するシーンを上映。予期せぬ横転もあったそうで、「あのときは笑えなかった」と苦笑いを浮かべた。また、撮影期間が42日と限られていたため、「雨と晴れでは道路の乾き具合が違っていたので、編集ソフトを使って黒く塗りつぶした」と製作秘話を明かした。

 前作『鉄コン〜』を撮り終えたときは、達成感から「この作品さえ撮れれば、もう監督はやめようかと考えていた」と吐露。それでも、「映画を通して素晴らしい出会いがあったのも事実。もっともっと撮りたい、とあらためて気づかされた」と晴れやかな表情で語った。

 2009年2月7日(土)から、東京・渋谷のシネマライズほかで全国公開。





TOKIO・長瀬、あゆの“負傷”は「知らなかった…」



12月30日12時45分配信 オリコン


 人気グループ・TOKIOが30日(火)、東京・渋谷のNHKホールで行われた『第59回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに登場。終了後に取材に応じたメンバーの長瀬智也は、24日に過労による貧血で転倒、右手を負傷した歌手・浜崎あゆみについて話題を振られると「あ〜そうですか。知らなかった…」とコメントした。

 歌唱曲「雨傘」のリハーサル後に取材陣の前に姿をみせた長瀬は「(ここにくると)新鮮な気持ちになりますね」と笑顔で語り「音楽活動や映画もやれて充実した1年でしたね」と手ごたえのある1年だったことを強調。また、来年の結婚の可能性については「考えておりません」と苦笑いだった。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。