あゆ&長瀬 米でラブラブ密会


 TOKIOの長瀬智也(27)と歌手・浜崎あゆみ(28)のビッグカップルが米国・ロサンゼルスで密会し、1日にツーショットで成田空港に帰国していたことが2日、分かった。
 長瀬は29日早朝まで国内でレコーディングを行い、1泊3日という強行日程で渡米。浜崎は9月上旬から約3週間、ロスに滞在し、雑誌の取材やレコーディングを行っており、長瀬が浜崎を“お迎え”に行った形だ。一時は破局説も流れたが、帰国時には手をつないで現れ、親密ぶりを見せつけた。
 2日は浜崎の、11月7日は長瀬の誕生日であることから「入籍間近」との見方もあったが双方の所属事務所は否定。長瀬は最近のインタビューで「まだ(結婚式の)タキシードを着る気はない」と答えてはいるが、大物カップルの動向が気になるところだ。
(デイリースポーツ)



TOKIO、ヒット曲ぞろいのニュー・アルバム緊急発売!


シングル「宙船 (そらふね) / do! do! do!」がまだまだヒット中のTOKIOが、『ACT II』以来約1年8ヶ月振りとなるニュー・アルバム『Harvest』を緊急発売することが決定しました!

10月18日にリリースされる今作は、初のDVDシングルとなったフジテレビ系『メントレG』エンディング・テーマ「僕の恋愛事情と台所事情」、進研ゼミキャンペーン・ソング「明日を目指して!」、松岡昌宏主演TBS系金曜ドラマ『夜王〜YAOH〜』主題歌「Mr. Traveling Man」、TBSサッカーW杯テーマ・ソング「Get Your Dream」、そして前述の長瀬智也主演日本テレビ系ドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』主題歌&Xbox 360TM CMソングの「宙船 (そらふね) / do! do! do!」という多くの大ヒット・シングルを含む大充実の1枚。
初回盤は、ジャケット撮影ドキュメント映像を収録したDVDが付属。通常盤初回プレスはボーナス・トラック2曲を収録したDISC 2付きです。その他の詳細は近日発表予定! レーベル公式サイトのチェックを忘れずに!




TOKIO新作リリース決定!ついに初のトップへ!?


 最新シングル「宙船(そらふね)/do!do!do!」が30万枚を突破する大ヒット!( TOKIOのシングル売上ランキングはこちら )長瀬主演のドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』の最終回が同クールに放映されたドラマの中で最高の 視聴率23.2%を記録 するなど、絶好調のTOKIOが10/18に1年8か月ぶりのアルバムを発売することがわかった。

 本作は、6曲もの大型タイアップ曲が含まれるなどコアファン以外でも十分に楽しめる内容になっている。また、番組の企画から誕生しながらも投票で選ばれず、商品化されることのなかったメンバー書下ろしの4曲についても、ファンからの強い要望に応え、収録される事が決定。

 タレントとしてだけでなくアーティストしても本格的な充実期を迎えており、初のオリジナルアルバムでの1位獲得も見えてきた。



仮面ライダーがヤクザの跡取りに!?


 オリコンが発表した、 『夏の新ドラマ満足度ランキング』で第2位 に選ばれた「マイ★ボス マイ★ヒーロー」。中でも、TOKIOの長瀬が演じるヤクザの若親分真喜男(まきお)の弟、秀才で病弱な美喜男(みきお)役の、黄川田将也に今熱い注目が集まっている。⇒ 黄川田将也の写真はこちら

 00年に映画『ホワイトアウト』でスクリーンデビュー。演技派俳優として、TV、映画への出演のみならず、ファッションショーや雑誌の表紙を飾るなど、人気急上昇中! また、元サッカーJリーグ選手の黄川田賢司を兄に持つ。

 『マイ★ボス マイ★ヒーロー』へのレギュラー出演以外にも、『ラブサイコ』『TANNKA』(11月11日公開予定)と主演映画が2本公開と絶好調の黄川田は、少年のようなさわやかであどけない笑顔と183cmのバランスの取れた容姿に、意思の強そうな瞳が印象的な26歳。特技はイラストと、芸術的な一面も。

 そんな彼が一躍注目された作品と言えば、2005年にフジテレビで放送された月9ドラマ『不機嫌なジーン』での白石健一役。ドラマ放送後、笑顔がかわいい! かっこいい! あの人は誰? と黄川田ファンが急増! その後、NHK『風のハルカ』、映画『仮面ライダーFIRST』では主演の本郷毅役に大抜擢され、同年のレッドカーペットで有名な東京国際映画祭に、高倉健、豊川悦司、小雪などに続いて仮面ライダーの衣装をまとって登場。今年も2年連続で招待されるなど、幅広い層から注目を集め、活動の場を広げている。

 また、仮面ライダーシリーズと言えば、過去に賀集利樹、要潤などが出演を機にブレイクするなど、ネクストブレイク間違いなしのイケメン俳優が出演してきた番組で、業界関係者の注目も熱いとか。

 そんな黄川田が出演する『マイ★ボス マイ★ヒーロー』。9月9日放送分では、長瀬演じる真喜男と、黄川田演じる美喜男を巡る組員の対立も激化の予感・・・。後継者争いにまきこまれていく美喜男はどうなっていくのか? 日本テレビ土曜9時『マイ★ボス マイ★ヒーロー』で、黄川田将也を要チェック!

■今、熱い注目が集まっている、黄川田将也の写真はこちら
(オリコン)



TOKIOが初のライブハウスツアー


 5人組グループ、TOKIOが1日、94年のデビュー以来初のライブハウス全国ツアーの東京公演をお台場・ZEPP TOKYOで行った。
 5人だけのシンプルなステージで、いつも以上に自由に躍動した。ドラムの松岡昌宏(29)は「何もしないのが演出。原点に返れた」。ボーカルの長瀬智也(27)は「つくづくバンドでよかったな」と話し、50万枚出荷と大ヒット中の新曲「宙船(そらふね)」など17曲を気持ちよさそうに歌い上げた。
 今年の春のツアーでベースの山口達也(34)が企画をぶち上げたのがきっかけ。1度だけのつもりだったが「終わるのはもったいない。20周年に向けて夏の恒例ツアーにしたい」(松岡)と話し、2700人のファンを喜ばせた。
(デイリースポーツ)



今週の話題作はコレ!注目チャート一覧


 シングルチャート1位は、TOKIOの通算35枚目のシングル「宙船(そらふね)/do! do! do!」(初登場赤丸付、12.1万枚)。4位には、ラルク アン シエルのギタリスト、Kenの1stソロシングル「Speed」(初登場赤丸付、1.8万枚)がランクインしている。

 アルバムチャートでは、aikoの7thアルバム『彼女』(初登場赤丸付、25.0万枚)が1位を獲得。そのほか注目は、大塚愛主演の映画『東京フレンズ』のサントラ『東京フレンズ The Movie music collection』(初登場赤丸付、3.2万枚)が4位に登場。邦画サントラとしては、『映画版「未来日記」オリジナル・サウンドトラック』(2000/9/18付 4位)以来、6年ぶりのTOP5入りとなった。10位には、タイのディーヴァ、タタ・ヤンの2nd英語アルバム『テンプレチャー・ライジング』(初登場赤丸付、1.2万枚)がランクイン。1st『アイ・ビリーヴ』に続き、2作連続のTOP10入りを果した。

(オリコン)



「マイボス マイヒーロー」絶好調!主題歌もダントツ!


 8月7日〜8月13日の週間視聴率ランキング(ビデオリサーチ調べ)で2位となる20.6%を記録。同週の今クールドラマのなかで、唯一、視聴率20%を突破するなど絶好調の日本テレビ系『マイボス マイヒーロー』だが、TOKIOが歌うその主題歌「宙船(そらふね)」(8月23日発売)も話題を集めており、 注目のシングルランキング でダントツのトップにランクインした。

 今年6月発売の「Get Your Dream」(最高2位、累積売上7.1万枚)に続くニューシングルとなる本作は、「宙船(そらふね)」に加えて、メンバー5人が揃って出演する『Xbox 360』のCMソング「do!do!do!」を収録した両A面シングルとなっている。

 発売2週前調査の楽曲視聴経験は全体で45.5%となり、ドラマが放送されてから1か月近く経つ現在、約半数の人が視聴済みであることがわった。一方、興味関心( グラフ参照 )については44.5%の人が“とても興味関心がある"“どちらかといえば興味関心がある"と回答しており、そのなかでも10代と40代の女性から好反応を得ている。

 『マイボス マイヒーロー』は口コミなどからじわじわと人気を拡大しており、その展開とともにこの先、主題歌にもさらなる注目が集まることが期待される。

(オリコン)



山口達也 自信の林家三平


 TOKIOの山口達也(35)が“昭和の爆笑王”林家三平さんを演じたテレビ東京・大阪系のドラマスペシャル「林家三平ものがたり おかしな夫婦でどーもスィマセーン!」(20日、後9・00)の完成会見が11日、都内で行われた。
 昨年の歌手・坂本九さんに続いて昭和を代表するエンターテイナーを演じた山口は「プレッシャーはあったけど、楽しい(撮影の)1カ月でした。近づけるように、ものまねにならないように、自分なりの役作りでやった」と自信の弁。妻・かよ子さん役には菊川怜、母・歌さん役で木の実ナナらが出演する。
(デイリースポーツ)



TOKIO松岡「コメディーやりたかった」


 TOKIOの松岡昌宏(29)が2年ぶりに主演する舞台「JAIL BREAKERS」(作・演出 G2)の製作発表が25日、都内で行われた。親友殺しの罪を着せられ服役中の主人公が、囚人仲間とロックバンドを結成し、脱獄を図るコメディー。松岡は「2年に1回は舞台をやりたいと思っていつも仕事してます。前回が重い芝居だったのでコメディーをやりたかった。楽しみだし、幸せ」と満面の笑み。出演のみならず企画段階から参加し、劇中で使用する音楽も作った。
 劇中で結成するバンドのボーカル役・篠原ともえ(27)は「松岡さんとは大親友。目指すはCDデビュー。紅白やシークレットライブなど新たな展開があったらうれしい」という。篠原に自ら吹き込んだデモテープを渡したという松岡も「長瀬には悪いけど、女性ボーカルのバンドをやるのが昔からの夢だった」とノリノリ。松岡は須藤理彩(30)をめぐり河原雅彦(37)と三角関係にもなるが、篠原は「何で私だけコメディー担当?ラブストーリーやりたい」と宣言したが、全員に却下された。10月6日〜23日が東京グローブ座、同28日〜29日が大阪・シアターBRAVA!
(デイリースポーツ)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。