キムタク「怒ってません」ラジオで草ナギ事件に初コメント



5月2日8時0分配信 スポーツ報知

 SMAPの木村拓哉(36)が1日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉のWhat’s up SMAP」で、草ナギ剛(34)が公然わいせつで逮捕、釈放されたことについて初めてコメントした。

 番組は収録だったが、木村は番組の後半、リスナーからの悩み相談コーナーの中で出た「失敗」というキーワードを今回の草ナギの事件に結びつけ「メンバーの一人として申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 木村は、一部で草ナギの酒グセの悪さをかねてから指摘し、今回の件でも怒りをあらわにした、と一部で報じられたが、「はっきり言って怒ってません」とキッパリ。「怒るタイミングじゃないでしょ。(事件があって)次にすることは怒ることじゃない。各方面のおわびやフォローすることが絶対的に最優先ですよ」と、影響が及んだ先に気遣いを見せた。

 「元のSMAPに戻るために、今はそれぞれが、それぞれのことを…。今しばらく待っていてほしい」と、支えていく意向を明らかにした。

 先月25日には香取慎吾(32)が、司会を務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!!」の番組内で謝罪している。




キムタク謝罪…おわびとフォロー最優先



5月2日9時29分配信 デイリースポーツ

 SMAP・木村拓哉(36)が1日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「WHAT’S UP SMAP」の番組内で、草なぎ剛が公然わいせつで逮捕(不起訴処分)された件を謝罪した。番組の途中「誰もが剛の先日の件はご存じと思います。僕の口からもひと言おわびしておきます」と切り出し「ウチのメンバーがお騒がせして、申し訳ありませんでした」と続けた。
 同番組にはリスナーから「怒ってますよね?」というメッセージが寄せられたというが「はっきり言わしてもらうと怒ってません。グループのメンバーが失敗して、次にすることは迷惑かけた各方面へのおわびとフォローが最優先。(5人がそろった)SMAPを待ってくれてる人のためにも、自分らに今できるのはそういうこと」とファンに訴えた。最後は草なぎへのメッセージとばかりに、SMAPの名曲「BEST FRIEND」を流した。




仏映画に衝撃!傷だらけで裸のキムタクが…



4月12日7時1分配信 スポーツニッポン


 SMAPの木村拓哉(36)が出演するフランス映画「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」が、世界に先駆けて6月6日に日本公開されることが決まった。セリフは全編英語で、米国のジョシュ・ハートネット(30)、韓国のイ・ビョンホン(38)、香港のショーン・ユー(27)らと共演した話題作。07年8〜10月に米ロサンゼルス、フィリピン、香港で撮影された。

 配給のギャガ・コミュニケーションズは出演陣に来日をオファー。世界プレミアが日本で開かれる可能性もある。カンヌ国際映画祭への出品も見据えている。

 他人の傷や痛みを引き受ける不思議な能力を持つ青年シタオ(木村)が行方不明となり、ハートネット演じる私立探偵が追跡する物語。劇中写真が公開され、木村が裸で傷だらけのショッキングな姿を披露。ベトナム出身のトラン・アン・ユン監督(46)は木村について「この映画で新たなる美しさを表現している。かつてない拓哉を見ることができる」とコメントしている。



キムタク×ビョンホン共演映画、世界へ



4月12日7時52分配信 サンケイスポーツ


 SMAPの木村拓哉(36)が出演するフランス映画「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」(トラン・アン・ユン監督)が、世界に先駆けて6月6日に日本で公開されることが11日、分かった。傷だらけのキムタクや、韓流スターのイ・ビョンホン(38)との共演シーン写真も初公開。国際派監督×ハリウッド俳優×韓流スターとの超豪華多国籍コラボが、ついにお目見えだ!

 木村にとって04年の香港映画「2046」(ウォン・カーウァイ監督)以来、海外進出第2弾。やはり日本での期待度は高く、米仏よりも先に日本で劇場公開が決定した。

 「アイ・カム−」は仏映画だが、全編英語の作品。木村は「2046」では日本語セリフだったが、今回はもちろんすべて英語だ。

 サスペンス作品で、木村はアジア系大富豪の息子で、行方不明となっている謎の男シタオ役。彼の行方を元刑事の米国人探偵と香港マフィアのボスがそれぞれ探し、壮絶な逃走劇に…。作品のカギを握る重要な役どころといえる。

 木村は07年8〜10月にかけて香港とフィリピンでの撮影に参加。トラン監督は、木村について「役柄に心身ともにコミット(深く関与)してくれて、素晴らしかった」と大絶賛のコメントを、日本配給元のギャガ・コミュニケーションズに寄せた。

 木村演じるシタオは、他人の痛みを自らの肉体で身代わりとなって引き受けるという不思議な力を持つ設定。そのため、体中傷だらけで、血だらけのシーンもある。トラン監督は「彼はハンサムだが、この映画では彼の新たな美しさを表現している。いまだかつてない拓哉を観ることができる」と太鼓判を押す。

 主演の探偵役は「パール・ハーバー」などで人気の米俳優、ジョシュ・ハートネット(30)。香港マフィアのボス役は日本でも人気の韓流スター、ビョンホン。木村とは07年の映画「HERO」以来の顔合わせだ。

 木村もビョンホンも、アジア圏を越えた映画への出演は初。本格的な世界進出を果たした日韓トップスターの演技合戦はいかに−。18日からは、本邦初公開となる特報予告映像も各劇場で放映される。




イ・ビョンホン共演!キムタク映画6・6日本先行公開



4月12日8時0分配信 スポーツ報知


 SMAP・木村拓哉(36)の5年ぶりの外国映画出演作「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」が世界に先駆け6月6日に日本で公開されることになった。米俳優ジョシュ・ハートネット(30)、韓国俳優イ・ビョンホン(38)と共演する全編英語のサスペンス。木村は他人の傷を自分の体に移せる特殊能力者で、探偵やマフィアから行方を追われる物語のキーマンを演じている。トラン・アン・ユン監督(46)は「いまだかつてない拓哉が見られる」と自信をみせている。

 木村の新作が世界のどこよりも早く6月6日に日本公開される。仏映画「アイ・カム−」は木村にとって「2046」(ウォン・カーウァイ監督)以来、5年ぶりの外国作品。巨匠トラン・アン・ユン監督とのタッグ、海外人気俳優との共演。話題作が日本でベールを脱ぎ、世界中の注目を集めそうだ。

 木村は5月23日スタートのTBS系ドラマ「MR.BRAIN」では天才脳科学者役だが、今作は負傷者に触れて自分に傷を移し、痛みを癒やす男を演じている。探偵やマフィアらによる木村の行方捜しがストーリーの核になっている。

 トラン・アン・ユン監督が木村の主演ドラマ「華麗なる一族」を見て「才能に感銘を受けた」と迷わず起用。2007年8〜10月にフィリピンと香港の撮影に参加した。すべてのシーンを把握したがり、監督と話し合いを重ねたビョンホンに対し、「拓哉とは撮影前の2時間、話し合っただけ。シーンの大枠だけを知りたがった」と監督。

 そこから監督の要求をくみ取った木村は「ここに傷口を足そう」「口に血を含んで吐き出せるようにしたい」とスタッフに指示。監督は「時に私と違う考えだったが、大概それが素晴らしい映像を生み出した。即興で演じることを何よりも楽しんでいた」とたたえた。

 ベトナム出身で仏在住のトラン・アン・ユン監督はデビュー作「青いパパイヤの香り」でカンヌ国際映画祭新人賞(93年)。2作目「シクロ」はベネチア国際映画祭グランプリ(95年)。3作目「夏至」もカンヌ映画祭(00年)に出品した。9年ぶりの今作は、世界中が注目している。

 「拓哉は役柄に心身共にコミットしてくれ素晴らしかった。大変ハンサムだが、この映画では彼の新たな美しさを表現している」と監督。公開前に木村、ハートネット、ビョンホンが参加し、ワールドプレミアも日本で計画されている。

 ◆映画「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」 シタオ(木村)が失踪(そう)し、探偵(ハートネット)はシタオの父親に捜索を依頼されてロス、フィリピン、香港と各地を巡る。シタオはリリ(トラン・ヌー・イェン・ケー)と一緒で、リリをでき愛する香港マフィアのボス(ビョンホン)もまたシタオを捜していた。探偵はシタオを捜し出すが、シタオは全身を負傷し身動きも取れない状態だった。





キムタク夢映画 日本で世界最速公開



4月12日9時28分配信 デイリースポーツ


 SMAPの木村拓哉(36)がメーンキャストで出演し、ハリウッド俳優のジョシュ・ハートネット(30)、韓流スターのイ・ビョンホン(38)と共演したフランス映画「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」が、6月6日に日本で世界最速公開されることが11日、分かった。フランス、アメリカ、韓国など世界各国でも公開されるワールドワイドな作品だが、まずは日本から夢の共演がお披露目される。
  ◇  ◇
 「パール・ハーバー」「ブラック・ダリア」などで知られる米俳優のジョシュ・ハートネットが主演で、日本でも人気のイ・ビョンホンに、木村拓哉という各国スターが夢の共演した大作が、6月6日に、世界で最初に日本で封切りを迎える。フランス映画の俊英、トラン・アン・ユン監督の作品だが、監督の“本拠地”フランスにも先駆けての公開となる。
 ワールドワイドな作品でセリフは全編英語。厳しい条件の中でも、木村は他国のスターとの共演を楽しむかのように熱演した。他人の痛みを自らの肉体に引き受けることができる、不思議な能力の持ち主・シタオを演じたが、トラン・アン・ユン監督は、木村を「役柄に心身共にコミットしてくれ、素晴らしかった。間違いなく、いまだかつてない拓哉を見ることができるよ」と絶賛。そんな姿も、まず日本から発信することになる。
 物語は、失跡中のシタオ(木村)を元刑事で探偵のクライン(ハートネット)と、香港マフィアのボスのス・ドンポ(ビョンホン)が、ロサンゼルス、フィリピン、香港の3カ国にわたって捜索する壮大なサスペンス。
 世界的な大作とあって23日に発表予定の本年度カンヌ映画祭のコンペティション作品に選ばれる可能性も。今後に注目だ。





木村拓哉が仏映画でイ・ビョンホンと共演 6月日本先行公開



4月12日12時11分配信 オリコン



 SMAPの木村拓哉が、トラン・アン・ユンが監督・脚本を手がけるフランス映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』にイ・ビョンホン、ジョシュ・ハートネット、ショーン・ユーらと共演していることが11日(土)、わかった。木村が演じるのは、人の痛みを自らの肉体に引き受ける不思議な力をもつ男で、関係者によると物語のキーパーソン的な人物になるという。木村の外国映画出演は5年ぶり。日本公開は6月6日。

 ユン監督は、『青いパパイヤの香り』(1993年)、『シクロ』(1995年)で、カンヌ国際映画祭やヴェネチア国際映画祭など数々の映画賞を受賞し、世界的な評価を集めたフランスの俊英。次回作には村上春樹の大ベストセラー小説を映画化する『ノルウェイの森』(2010年公開予定)が控える。

 『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』は、他人の痛みを身代わりとなって引き受ける不思議な力をもつ男(木村)が失踪し、その父の依頼により元刑事の探偵(ジョシュ)が捜索の旅にでる物語。そのなかで、マフィアのボス(イ)も彼を探していることがわかるが、男は全身に致命的な傷を負い身動きできない姿でいる……。撮影は、アメリカ、フィリピン、香港で行われ、ユン監督が世界中の豪華キャストを迎えて放つ壮大なサスペンス大作に仕上がっている。

 撮影にあたり、演出についての木村との話合いは2時間だけだったとするユン監督は「現場で拓哉は大枠だけを知りたがり、即興で演じることを何より楽しんでいた」と現場の様子を明かす。しかし、木村は、監督が求める要素を作り上げていくために、メークや特殊効果、大道具のそれぞれの担当者と話合い、直接指示を出してシーンを完成させていたという。ユン監督は「ときに私が考えていたものと違うものが返ってきたが、大概それがすばらしい映像を産み出した」と木村を高く評価している。

 映画は、クランクインから完成までに1年半かけている。ユン監督は、製作の過程ではキャスティングに大変な困難があったことをもらしながら、今回の配役を「役者に求めているのは、才能に加えて役に適した人間性が外見からにじみ出ていること。彼らの過去の出演作を観て才能に感銘を受けた」と語っている。

 そして、物語のキーパーソンを演じる木村については「大変ハンサムだけど、この映画では彼の新たな美しさを表現している。間違いなくいまだかつてない拓哉を観ることができるよ」とコメントしている。





SMAP木村拓哉の新ドラマ? 出演者がブログで暴露



3月31日20時45分配信 J-CASTニュース


 SMAPの木村拓哉さんが今春、新ドラマに主演するとの噂が出ている中で、ドラマの出演者が自身のブログで撮影が進行していることを暴露してしまった。その後本人が「問題があった」として、このブログや本人のホームページを閉鎖する騒ぎとなっている。

 木村さんが出演するドラマを暴露してしまったのは演劇集団「笹倉組」で活動する俳優、酒居明弘さん。2009年3月28日に更新した「新ドラマ!」と題した記事によると、「ブログに書いて良いのかな〜!なんて思っていましたが」と前置きし、次のように書いた。

■キムタク主演のドラマは「ミスターブレイン」?

  「ネットで調べたらもう発表されてるので大丈夫みたいです」
  「ミスターブレインというドラマで、木村拓哉さん主演ですね!! 」

 つづけて、酒居さんは「市川海老蔵さんと絡むやくざの幹部役」として撮影に挑んだことも告白。また、現場には「私の好きな香川照之さんも居ましたよ」とも書いている。いずれにしろ、木村さん主演のドラマの準備が進行し、酒居さんは出演者というわけだ。

 その後、酒居さんは3月31日0時頃、「申し訳ありません。」と題した記事を更新した。「問題がありそうなので削除しました」とのコメントともに、該当記事を削除した。さらに、同日3時頃、「ブログを休止!」を宣言。「休止の要望が有ったので一端(原文のまま)休止します。再会(原文のまま)したらまた見てくださいね!! 」」と書き残して、現在、ブログは休止。ホームページにもアクセスできなくなってしまった。

 これを受けて、コメント欄では、「失敗してしまったことは仕方ないです!むしろ好感を持ちました!」「めげずに、お仕事がんばって下さいね」「失敗は誰にでもあるから、しっかり謝ってまた頑張ってください」「これからはネットの情報を鵜呑みにされないようにしないとね」などとフォローする書き込みがあった。

 木村拓哉さんが今春、新ドラマに内定しているとの情報がネット上に出回ったのは、夕刊紙「日刊ゲンダイ」(2009年3月25日)の記事のせいらしい。それによると、木村さんはTBS「土8ドラマ枠」に出演、ドラマは「『警部補 古畑任三郎』と『ガリレオ』(ともにフジ)を足して2で割ったようなミステリーになるようだ」と書かれている。この情報がどこまで正確か不明だが、キムタクをめぐって新たな動きがなんらかあるのは確かなようだ。






変人度数ナンバー1!キムタクが脳科学者



4月1日7時4分配信 スポーツニッポン


 「SMAP」の木村拓哉(36)が、5月23日にスタートするTBSの連続ドラマ「MR・BRAIN」(土曜後7・56)で変人の脳科学者を演じる。警察庁科学警察研究所(通称・科警研)に勤務する脳科学者が、独自の視点と発想で難事件を解決していく物語。「今まで経験してきた中で変人度数が一番高い」という役どころをどう演じるか注目を集める。

 木村演じる九十九龍介は元ホスト。ある日、事故に遭い脳の一部だけが発達。人並み外れた発想力や思考力を持ったことをきっかけに、脳科学の研究をスタート。その後、科警研に引き抜かれ、テロや誘拐などの難事件を担当。犯人との虚々実々の駆け引きを通じて事件を解決していく。

 脳科学と謎解きを結びつけた新タイプのミステリーで、ドラマはコミカルに展開。

 九十九は普通の人と物の見方が違ったり突拍子もないことを話すなど、かなりの変わり者で、空気が読めない(KY)性格。演じる木村も「月イチならメシ食いに行ってもいいかな」と友人付き合いを“敬遠”するほどで、木村のドラマでは必ず注目されるファッションも「悪い意味で気になる衣装」になるという。

 木村は劇中で人と話す際、相手に数センチまで顔を近づけることで“変人ぶり”を演出。「相手のことを深く知りたい脳科学者ならではの距離感」と説明する。

 これまで木村が演じた職業は、内閣総理大臣やパイロットなど一般的に知られたものが多かった。今回は脳科学者というイメージがつかみにくい役どころで、木村も「相当なプレッシャーがあった」と振り返る。脳科学者や専門家からアドバイスを受けながら、直接会った個性的な脳科学者を参考に役作りを進めた。

 木村がTBSの連ドラに出演するのは、日曜9時枠だった「華麗なる一族」(07年)以来。初登場となる土曜8時枠については「年齢層を含め、いろんな視線があると思う。そうした視線に応えられるようなことをしたい」と抱負を述べた。

 共演は九十九の助手役で綾瀬はるか(24)、刑事役で水嶋ヒロ(24)ら。「華麗…」でコンビを組んだ福澤克雄氏が演出を務める。




キムタク「土8」1話完結型“脳トレドラマ”



4月1日7時52分配信 サンケイスポーツ


 SMAPの木村拓哉(36)が、TBS系で5月23日スタートの連続ドラマ「MR.BRAIN」(土曜後7・56)に主演することが3月31日、分かった。脳科学者という役どころ、空気が読めない人物設定、夜8時台ドラマ…。木村には異例ずくめだが、「WBCのイチローさんのようにいろいろな目線に応えたい」とキッパリ。異色“脳トレドラマ”で感動の一打を放つ。

 「脳科学で解くミステリードラマで、脳科学のちょっとした知識も分かる。脳トレドラマです」と同局の石丸彰彦プロデューサー。原則1話完結型で犯人が各話の最後まで分からない謎解きも楽しめるほか、木村演じる脳科学者の風変わりなキャラクターもコメディータッチで描かれる。

 共演に木村の助手役で綾瀬はるか(24)、警視庁若手刑事に水嶋ヒロ(24)、科警研部長に大地真央(53)、警視庁刑事に香川照之(43)。科警研の研究員には爆笑問題の田中裕二(44)やトータス松本(42)らバラエティーに富んだ共演陣だ。





キムタク今度は脳科学者!TBS系「土8」



4月1日7時52分配信 サンケイスポーツ


 SMAPの木村拓哉(36)が、TBS系で5月23日スタートの連続ドラマ「MR.BRAIN」(土曜後7・56)に主演することが3月31日、分かった。脳科学者という役どころ、空気が読めない人物設定、夜8時台ドラマ…。木村には異例ずくめだが、「WBCのイチローさんのようにいろいろな目線に応えたい」とキッパリ。異色“脳トレドラマ”で感動の一打を放つ。

 連ドラで多様な“職種”に挑んできた木村。今回は連ドラ主人公としては異例の脳科学者だ。

 犯罪捜査の科学的鑑定・検査・研究の役割を担う警察庁科学警察研究所(通称・科警研)に所属する研究員・九十九龍介役。脳科学者としての類いまれな才能で難事件・大事件を解決していく本格ミステリーという。

 先月27日からクランクイン。このほど都内でスポーツ各紙の取材に応じたが、いきなり「皆さんにオススメですが、異性とか相手に好かれたい場合はその人の左側の視界にいた方がいいですよ」。

 人は左側の視界の物を感性をつかさどる右脳で処理するから、だとか。すっかり脳科学者の雰囲気を醸し出している。

 「脳科学者も科警研もあまり表舞台に出ないし実体験しづらい。専門用語も多い」。そんなカベも「挑戦して向き合ってみると、わりと楽しい。役作りの方程式に乗るのではなく、現場で肉付けしたい」とサラリ。

 ファッション、女性の好み、人との距離の取り方など人物像も型破りのようだ。「空気を読めない感がある。KYというか、人と温度差がある」。これまでの役柄の中でも「“変人度数”は…高いかも」と笑った。

 木村は主演連ドラの大半がTBS系の日曜劇場、フジ系の月9と夜9時台。“夜9時の男”が土曜夜8時に乗り込む形だ。TBSの同枠は昨春の「ROOKIES」から連ドラ枠となったばかりの新興枠でもある。

 「9時だと親に『もう寝なさい』と言われる人たちも8時なら見る。いろいろな視線がきっとある」。そして例に挙げたのが、WBC決勝の韓国戦の延長で決勝打を放ったイチロー。「イチローさんじゃないけど、いろいろな高さの目線に応えられるようにしたい」。

 イチローと同様、高打率ならぬ高視聴率を残し続けてきた木村。新たな挑戦といえる打席でどんな天才技をみせるのか?





キムタク 1年ぶり連ドラはKY脳科学者



4月1日9時25分配信 デイリースポーツ


 SMAP・木村拓哉(36)が、5月23日スタートのTBS・MBS系連続ドラマ「MR.BRAIN」(土曜、後7・56)に主演することが31日、分かった。木村の連ドラ登場は、昨年5〜7月の総理大臣にふんしたフジテレビ系「CHANGE」以来、1年ぶり。今作では脳科学者を演じることになり「設定上でのウソはあっても、医学的なウソはつけない」と専門家からアドバイスを受け、“新たな職業”に全力で挑む。
  ◇  ◇
 美容師、パイロット、検事、財閥御曹司、総理大臣…。主演ドラマでさまざまな職種をこなしてきた木村の、次なる職業が脳科学者に決まった。
 ゲームソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」が大ヒットするなど、世間の“脳”に対する関心が高まっている。とはいえ、脳科学者がまだ一般的になじみが薄いのも事実。木村にとっても「脳トレとかを、かじったことがある程度。制作する側のスタンスに置かれたとき『ん?』とクエスチョンはありました」と、未知なる職業への挑戦となる。
 「MR.-」は、警視庁科学警察研究所(科警研)を舞台にしたオリジナルの本格ミステリー。元ホストの九十九龍介(木村)は、不慮の事故により脳を損傷したことがきっかけで、右脳が目覚ましく発達。脳科学の研究者となり、科警研に勤務することに。そこで、同僚の由里和音(綾瀬はるか)や捜査一課の林田虎之助(水嶋ヒロ)らと、難事件の解明に取り組む-。
 木村演じる九十九は、空気が読めない変わり者で、いわゆる“KY”の設定。「(台本読んで)空気読めない感はあったかも。空気が読めないというより、物事に対する温度が人とちょっと違う」と解説する。
 TBS系の“土8ドラマ枠”は昨年4月に新設されたばかりで、もちろん木村は初登場。自身初めての午後7時56分スタートの連ドラに「『もう、寝なさい』と言われる人も、その前の時間。WBC決勝で延長の打席に入るイチローさんじゃないですが、いろんな視線がありそう。いろんな高さからの目線にも、応えられるようにしたい」と抱負。老若男女、幅広い世代に“KY脳科学者”を届けてみせる。





<木村拓哉>「土8」ドラマ初主演、KYな脳科学者に「MR.BRAIN」



4月3日17時59分配信 毎日新聞



 「SMAP」の木村拓哉さん(36)がTBS系の連続ドラマ「MR.BRAIN」に主演する。5月23日から毎週土曜日午後7時56分に放送。

 木村さんは、周囲から尊敬を集めているが、空気の読めない変わり者の警察庁科学警察研究所の脳科学者役で、テロや暗殺などの難事件を解決するコメディータッチのサスペンス。木村さんは「土曜8時の枠に出演させていただくのは初めてですが、より多くの年齢層の方に楽しんでいただけるような作品になればと思っていますし、いろいろな視線にも応えられるようにしたいです」と意気込んでいる。ほかに綾瀬はるかさん(24)や水嶋ヒロさん(24)、トータス松本さん(42)らが出演する。【松村果奈】



<弁当を作ってほしい人>長澤まさみ、上戸彩が1位 男性はキムタク 弁当男子に好感



4月7日18時8分配信 毎日新聞


お弁当を作って欲しいタレント1位に選ばれた長澤まさみさん

 「弁当を作ってもらいたい異性タレント」は、女性が上戸彩さんと女優の長澤まさみさん、男性は「SMAP」の木村拓哉さんだったことが分かった。

 調査は、結婚相手紹介サービスの「パートナーエージェント」(東京都新宿区)が3月31日〜4月1日にインターネットで実施。30代の未婚男女461人が回答した。また、男性が自分用に弁当を作る「弁当男子」について88%の女性が「すごいと思う」などと支持。男性の75%も好感を持っている。【西村綾乃】





キムタク「サマンサタバサ」CMに出演



3月26日7時52分配信 サンケイスポーツ


 SMAPのメンバー・木村拓哉が出演する「サマンサタバサ」のテレビCMが、27日からオンエア。ホテルマン役、ビジネスマン役、カップルの男性役と1人3役に挑戦し、「キレイな女の子がたくさん出てきますので、そちらも必見です」とPR。





SMAPが赤坂サカスに期間限定ショップ



12月13日10時5分配信 日刊スポーツ


 SMAPが期間限定ショップ「MERRY HAPPY SMAP」(16日〜来年1月12日)を東京・赤坂サカスで開く。数々のグッズのほか、先日終了した全国ツアー「super.modern.artistic.performance tour」フォトブック(1500円)をショップ限定で発売する。SMAP期間限定ショップは3年連続で開催され、過去2年間で10万人を動員する人気を誇る。木村拓哉(36)は「限られた時間とスペースですが、来てくれた人にはそれ以上に楽しんでいってもらえると思います」とコメント。




石田純一、キムタク抑え堂々1位


11月10日8時1分配信 スポーツ報知

 俳優の石田純一(54)が9日、都内で「アンチエイジング賞」を受賞した。

 「褒め上手な男性有名人」として一般投票で、2位のSMAP・木村拓哉(35)らを抑えて堂々の1位。「とんでもないですね。本当にもてるのは2位以下のみなさん」と恐縮しきりだった。

 毎朝5キロ以上走って汗を流しているという石田は「ベッドでも汗をかいている? それは暫時。時々ですね。しょっちゅうだとダメですよ」と持論を展開。

 女性に言われてうれしい言葉は「すごいね」だと明かしたが、「ベッドの中で『すごいね』と言われたこと? まだないです」と、報道陣の容赦ない質問にタジタジになっていた。



キムタク、ミスターと“夢共演”セコムCM


9月30日8時0分配信 サンケイスポーツ

 SMAPの木村拓哉(35)が家庭用安全システム「セコム・ホームセキュリティ」のイメージキャラクターに起用され、同CMに出演していた長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(72)と“共演”を果たす。

 新CMは、長嶋さんの巨人監督時代の録画映像をキムタクが鑑賞しながら、長嶋さんの名セリフ「セコムしてますか?」を長嶋さんや審判、選手にモノマネでつぶやくコミカルな内容。

 木村は「この世界観に参加できたことを、とてもうれしく思います。ちなみに、セコムしています」、長嶋さんも「ユニークな企画ですね。木村さんと共演できて、うれしいです」とコメント。10月1日から全国でオンエアされる。



キムタク宅に侵入者“セコム”で金品被害なし


10月31日7時2分配信 スポーツニッポン

 東京都目黒区にあるSMAPの木村拓哉(35)の自宅に、何者かが侵入しようとして警報装置が作動、警視庁目黒署員が出動していた。

 目黒署によると、19日午後7時半ごろ、木村方で警報装置が作動し、20日未明に関係者が通報。当時、木村方は留守だった。被害金品はなく、同署が窃盗未遂事件として調べている。

 木村が所属するジャニーズ事務所によると、19日はオフ。妻で歌手の工藤静香(38)は長女・心美ちゃん(ここみ、7)、次女・光希ちゃん(みつき、5)とともに外出していたという。同事務所は「現在、捜査中のことですので、コメントは差し控えさせていただきます」としている。

 木村は家庭用安全システム「セコム・ホームセキュリティー」のイメージキャラクターを務めている。1日から始まったCMは、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(72)が登場する野球の試合の映像を見て「“セコムしてますか”って言ってるよ」などと突っ込む内容が話題に。CM発表の際には「自分がこの世界観に参加できたことを、とてもうれしく思います。ちなみに、セコムしてます」とコメントしていた。セコムのコーポレート広報部は、事件について「個別の方についてのコメントは控えさせていただきます」としている。



キムタクが長嶋さんとCM“初共演”


9月30日9時17分配信 デイリースポーツ

 SMAP・木村拓哉(35)と長嶋茂雄元巨人監督(72)という国民的スター2人がCMで夢の“初共演”を果たした。長嶋氏が1990年からイメージキャラクターを務めている「セコム・ホームセキュリティー」CMに、木村が新キャラクターとして加わったもの。おなじみ「セコムしてますか?」のフレーズさく裂のコミカルで明るい仕上がりのCMはお茶の間の話題をさらいそうだ。
  ◇  ◇
 2人が“共演”する新CMは「セコムしてますか?篇」(10月1日から放送)と「セコムしてますか?球場篇」(来年放送)の2本。
 録画した野球の試合をリビングで見ている木村は、長嶋監督が審判に話しかけている場面で、長嶋さんが「セコムしてますか?」と何度も言っていることに気付く。さらに、試合終了後、選手を出迎える長嶋監督が「セコムしてますか?」「してますか」「してないんですか?」と矢継ぎ早に声をかけていることに驚き、「言い過ぎじゃないかなぁ」とつぶやくという内容だ。
 続く「球場篇」では、興味津々の木村がテレビ前から球場にワープして、審判と協議中の長嶋さんの「セコムしてますか?」というセリフを直接、確認。最後は「家戻れないじゃん。まいっか、セコムしてるし」というオチになっている。
 撮影は、長嶋氏の巨人監督時代の過去のVTRに木村が合成で加わっている。対面することはなかったが、2人がCMで“共演”するのは初めて。長嶋氏も「ユニークな企画ですね。木村拓哉さんと共演できて、うれしいです」とコメントした。
 撮影では、長嶋口調で「セコムしてますか?」と言う木村のあまりのそっくりぶりにスタッフもビックリ。長嶋さんと同じCMに出演することに「光栄です」と大感激の木村は「(口まねを)言い過ぎじゃないかなあ」とジョークをとばしながら和やかな雰囲気。「自分がこの世界観に参加できたことを、とてもうれしく思います。ちなみに、セコムしてます」と自身もセコムを利用していることも明かしている。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。