キムタク4年ぶり大台 華麗なる最終回30・4%


3月20日8時1分配信 スポーツ報知


 SMAPの木村拓哉(34)が主演したTBS系ドラマ「華麗なる一族」の最終回(18日)の平均視聴率が、関東地区で30・4%を記録したことが19日、ビデオリサーチの調べで分かった。ドラマの舞台となった関西地区では、平均39・3%と同地区の昨年末のNHK紅白歌合戦の数字(37・6%)を超える人気ぶりだった。

 キムタクが主演する連ドラでは03年のTBS系「GOOD LUCK!!」の最終回(37・6%)で記録して以来の30%超えを達成。全10話の平均は24・4%だった。

 瞬間最高視聴率は、キムタク演じる鉄平の残した手紙が、遺影とともに鉄平自身の声で読まれるクライマックスシーンで35・5%。関西地区では44・9%と記録的な数字となった。

 木村は「ご覧になってくださった皆さんに感謝申し上げます。と同時に、鉄平が最後に言いたかった、『どんなことがあっても、明日の太陽を見てほしい』というメッセージを前向きにとらえていただければ」とコメント。

 また同局「花より男子2」の最終回(16日)も平均視聴率27・6%(関東地区)と高記録だった。



ホワイトデー、下着贈られるならキムタク&さんまから


3月14日17時2分配信 夕刊フジ


 下着メーカーのトリンプは、14日のホワイトデーにちなんで、下着を贈られたらうれしい有名人のアンケート結果を発表した。

 それによると、タレント部門ではSMAPの木村拓哉(34)が3年連続でトップだった福山雅治(38)を僅差で押さえトップに。ドラマ「華麗なる一族」や、映画「武士の一分」で注目を集める木村には、「実際に下着をプレゼントしていると聞いたことがある」という回答者の声も。

 お笑い部門では明石家さんま(51)がダントツ。3位には「今が旬だから」「藤原紀香と一緒でセンスがよさそう」などの理由で陣内智則(33)が名を連ねた。



キムタク WOWOW新キャラクターに


3月9日10時51分配信 デイリースポーツ


 SMAP・木村拓哉(34)が4月から有料放送・WOWOWの新ステーションキャラクターに就任することが8日、明らかになった。同局の定例社長会見で和崎信哉会長が「その方向で詰めている」と明らかにした。
 木村は、これまで同局で米「グラミー賞」「アカデミー賞」のメーンキャスターを務めており、「木村さんのパワーでこれまでのアカデミー、グラミーのファンが相当広がった」(WOWOW)と視聴者層の拡大に貢献し、高い評価を得ていた。
 和崎会長は「WOWOWのコンセプトに合致している。木村さんはCMでカッコイイ面と三枚目的な面を見せている」と木村の起用理由を説明。同局の新コンセプト「上質にこだわる」にピッタリなのだという。
 これまで同局のキャラクターは、俳優のハリソン・フォードや歌手のポーラ・アブドゥール、サッカー元イングランド代表のデービッド・ベッカムらそうそうたる面々が務めてきた。木村は05年4月からキャラクターを務めていた明石家さんまからのバトンタッチ。自身も張り切っているという。
 木村は4月から同局のCMに登場するほか、ポスターや看板などマルチにWOWOWをアピールする予定。



キムタク アドリブで魅力満載の新CM


2月23日10時55分配信 デイリースポーツ


 SMAP・木村拓哉(34)が24日から放送されるギャツビーの新商品「ナチュラルブリーチカラー」の新CMに登場することが22日、分かった。木村が登場した第1弾「ムービングラバー」は好感度調査で1位となるなど大反響。第2弾の今回も木村らしいゴージャスでスタイリッシュなCMは話題を独占すること間違いなし。木村の舌を出した胸キュン笑顔で、女性のハートもわしづかみにしそうだ。
 CM「コインを消す男編」の舞台は、シャンデリアがきらめくホテルの一室だ。
 キレイに染まり髪形もキマった黒いスーツ姿の木村が、髪をかきあげ、手の中のコインを消すマジックをしながら、さまざまな角度から鏡の中の自分を見つめる。ふと視線を感じ振り返ると、ドアのすき間に木村の姿にくぎ付けになっている少年が。照れた木村はペロっと舌を出し、照れ笑いを浮かべる…というストーリーだ。
 舌を出した木村の少年のような笑顔が印象的。「色々やっちゃって」のコピーに合わせた音楽は、もちろん第1弾同様に「I CAN GIVE YOU GATSBY」だ。
 撮影はほとんどがアドリブで、木村の素顔が満載。即興のダンスも披露し、数多くのアイデアを提案するなどノリノリだった木村。小道具として置かれていたコインを使ってアドリブで次々とマジックまで行い、これがCMにも採用されている。
 木村は「男性もオシャレを楽しんでほしい。好きな色を選んでヘアカラーをもっと自由に楽しんで」とメッセージを送った。木村の新CMの影響で、オシャレな髪の男性がさらに増えそうだ。



木村拓哉が日本アカデミー賞を辞退したもうひとつの理由


2月18日10時0分配信 日刊ゲンダイ


 キムタクはやっぱり逃げた――。こんな声がまたぞろ大きくなっている。
 昨年暮れ、木村拓哉(34)は映画「武士の一分」での日本アカデミー賞主演男優賞のノミネートを辞退した。ジャニーズ事務所が「所属タレント同士で争うのは本意ではない」との方針を打ち出しているからだ。
 だが、おかしいのは今月4日に草ナギ剛が読売演劇大賞の「杉村春子賞」を受賞したこと。そこで「キムタクは最優秀賞を逃したら名前に傷がつくから逃げた」との声が再び強まってきている。
 しかし木村の辞退には別の理由があるという。
「日本アカデミー賞中継の裏番組にジャニーズのタレントが出演しているからなんです。今年の授賞式は日テレが16日の夜9時から2時間放送する。その時間帯はTBSが9時から中居正広の『金曜日のスマたちへ』、10時からは嵐の松本潤が出演しているドラマ『花より男子2』が放送される。キムタクがアカデミー賞に出席すると、ジャニーズのタレント同士で視聴率争いをすることになる」(マスコミ関係者)
 一般的にはあまり知られていないが、ジャニーズ事務所は所属タレントの出演番組が同じ時間帯でかぶらないよう調整している。人数が増え、所属タレントが帯番組を任されるケースも出てきたため例外もあるが、基本的には“ガチンコ対決”を避けている。SMAPクラスの大物になればなおさらだ。
 今回の木村の辞退は、同じSMAPの中居の冠番組とカチ合うことを避けた結果ということになる。なるほどね。



「武士の一分」がベルリンで上映


2月11日10時58分配信 デイリースポーツ


 女優でモデルの土屋アンナ(22)の主演映画「さくらん」(日本公開24日)が日本時間10日、ドイツ・ベルリン国際映画祭のオープニング作品として公式上映され、土屋と蜷川実花監督がレッドカーペットで花魁(おいらん)道中を再現した。
 和服姿の2人は、劇中で使用した大傘を従えて歩き、各国メディアや映画関係者から熱い視線。土屋も「世界中の人が見るなんてハッピー。外国の人にもう一度日本を好きになってほしい」と上機嫌だった。
 また、SMAP木村拓哉主演の「武士の一分」(公開中)も招待作品として上映され、檀れい(35)と桃井かおり(55)が会見。檀は「長い拍手に感無量」とあいさつし、桃井は「ドイツ料理が大好きなんで、おいしい店教えて」と全編英語でスピーチした。



連続ドラのヒットでキムタクを脅かす松本潤


2月11日10時0分配信 日刊ゲンダイ


 冬ドラマでヒットしているのは木村拓哉の「華麗なる一族」(TBS)だけではない。もう一本、「華麗なる」に肉薄するほど好調な連続ドラマがある。
 人気グループ「嵐」の松本潤(23)が主演している「花より男子2(リターンズ)」(TBS)である。これまで5回放送されて平均視聴率は20%台をキープ。キムタクがウカウカできないほど勢いがあるのだ。
「学園ものの『花より』は松本と井上真央のダブル主演で05年秋にドラマ化され、予想外の大ヒットになった。中高生にとっては注目のドラマで、今回もヒットは約束されていたようなもの。『花より』の2連発で若くして代表作を手に入れた松本は前途洋々のラッキーボーイ。これから一気に出演依頼が増えると思います」(放送関係者)
 松本はすでに次回作が決まっている。4月スタートの連ドラ「バンビ〜ノ!」(日本テレビ)で主演する。これは「ビッグコミックスピリッツ」で連載されている漫画が原作。九州の田舎から出てきた若者がイタリア料理のシェフを目指すという内容だ。
 松本は発売中の「an・an」でオールヌードも披露するなど話題に事欠かない。
 それにしても、キムタクといい松本といい、最近のドラマはジャニーズだらけ。どうにかならないか。



檀れい「最高の反応」に感無量…第57回ベルリン国際映画祭


2月11日8時2分配信 スポーツ報知


 ドイツで開催されている「第57回ベルリン国際映画祭」パノラマ部門に出品されたSMAP木村拓哉(34)の主演映画「武士の一分」(山田洋次監督)が9日(日本時間10日未明)、オープニングで公式上映された。山田監督にとっては「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」(いずれもコンペ部門)に続いて3作連続のベルリン上映になった。

 仕事のため参加できなかったキムタクと山田監督に代わり、檀れい(35)と桃井かおり(54)がレッドカーペットに登場。黒地に金の花模様をあしらった着物姿の檀は、上映後のスタンディングオベーションに「作り手の1人として、最高の反応をいただいた」と感無量の様子。また初監督作「無花果の顔」と出演作「プルコギ」の計3本がベルリンに出品されている桃井は「時間があればぜひ、『無花果の顔』も見て」と呼びかけた。

 また「特別招待作品」に選ばれた「さくらん」(蜷川実花監督)もこの日上映。蜷川監督とともに、こちらもド派手な着物姿であいさつした主演の土屋アンナ(22)は、「日本だけでなく、世界中の方が見るのは本当にすごい! ハッピーです」と終始、ご機嫌だった。



キムタク効果で注文殺到 「華麗なる一族」サントラ盤


1月27日8時2分配信 スポーツ報知


 SMAP木村拓哉(34)が主演するTBS系ドラマ「華麗なる一族」のサウンドトラック盤(タイトル、曲数未定)が、通常の約8倍にあたる初回出荷1万6000枚で発売(2月21日)されることが26日、分かった。

 ドラマは1月スタートの全作品中、2週連続で視聴率トップ。その相乗効果がサントラにも表れ、発売元のビクターには小売店から注文が殺到。初回出荷2000枚が普通の分野で、異例のロケットスタートとなった。

 作曲家の服部隆之氏(41)が書き下ろした劇中歌を収録予定。視聴者から特に反響が大きいのは、服部氏がロンドンの名門オーケストラ・フィルハーモニア管弦楽団を指揮したメーンテーマ。木村が出演した「ロングバケーション」(96年)は100万枚を売り上げており、それに続くセールスが期待できそうだ。



キムタクとV6岡田は辞退申し入れ


1月25日11時5分配信 デイリースポーツ


 「第49回ブルーリボン賞」主演男優賞にノミネートされたSMAPの木村拓哉(34)とV6の岡田准一(26)は、ノミネート辞退を申し入れた。東京映画記者会は総会を開き検討した結果、当初の発表通り、木村・岡田を含めた5人から賞を選出。投票の結果、渡辺謙が最優秀賞に決まった。
 所属するジャニーズ事務所が辞退を申し入れたのは、ノミネート発表した今月4日。記者会にFAXで「お世話になった俳優との争いもさることながら、同じ事務所内のタレント同士で賞を争うのは本意ではない。日本国内の賞レースには今後も参加する可能性は極めて低い」と通達した。
 木村は昨年12月発表の日本アカデミー賞でも優秀主演男優賞を辞退している。



ギャツビーの曲、SMAPが歌います。


1月17日13時47分配信 オリコン


 スタイリスティックスの代表的な曲をSMAPの木村拓哉が「ア〜イ キャン・ギヴ・ギャ〜ッツビィ〜」という歌詞で歌っていることが話題を呼んでいたマンダム『ギャツビー』のCM。この度、そのオリジナル曲を歌うソウル界の大御所・スタイリスティックスが来日し、1月22日(月)にオンエアされるフジテレビ系番組『SMAP×SMAP』に出演、SMAPと共演することがわかった。

 番組では「リスペクト70's」と題し、「CAN’T GIVE YOU ANYTHING (愛がすべて)」をSMAPメンバーとコラボレーション。また、トーク・コーナーもあるという。木村拓哉本人による『ギャツビー』のCMで披露したダンスの再現も見所のひとつだ。

 今年で39周年を迎えるスタイリスティックスは、「CAN’T GIVE YOU ANYTHING (愛がすべて)」「YOU MAKE ME FEEL BRAND NEW (誓い)」「YOU ARE EVERYTHING (ユーアーエブリシング)」など数々のヒットを飛ばし、今でも根強いファンを持つ。

 昨年12月16日には、「CAN’T GIVE YOU ANYTHING (愛がすべて)」の他、ヒット曲を網羅し、また新メンバー2名が加わった新生スタイリスティックスによる新録曲も収録したベスト盤『愛がすべて〜ヴェリー・ベスト&モア』もリリースされている( ジャケット写真はこちら )。

■関連記事⇒ キムタクCM、高校生の高感度1位〜2位独占! (06年10月12日)



さすがキムタク!“華麗なる発進”


1月16日11時25分配信 デイリースポーツ


 SMAPの木村拓哉(34)が主演のTBS系ドラマ、日曜劇場「華麗なる一族」の初回視聴率(14日放送)が、関東地区で27・7%(関西地区30・5%)を記録したことが15日、分かった。木村は、これまでも出演したドラマで軒並み高い数字をたたき出し「視聴率男」の異名を持つが、今作品でもいかんなく発揮。まさに、華麗なる発進となった。(数字はビデオリサーチ社調べ)
 「視聴率男」の実力をあらためて見せつけた。05年4月開始の「エンジン」(フジ・関西系)以来、約1年半ぶりに連ドラ登場となった木村拓哉だが、その神通力は少しも衰えていなかった。
 初回の視聴率は27・7%(関東地区)で、ドラマの舞台である関西地区では30・5%と大台に乗せる好発進となった。今クールの連続ドラマの初回では、断トツの1位。また、日曜劇場の過去1年間の平均視聴率12・0%を2倍以上、上回る快挙だ。さらに、TBSのドラマとしても、初回の25%超は04年1月の「砂の器」以来3年ぶりという記録ラッシュの華麗なる幕開けとなった。
 ドラマは、金融再編の波にのまれる神戸の財閥一族を描いた山崎豊子さんのベストセラー小説が原作。木村は主人公の財閥の御曹司・万俵鉄平を演じているが、視聴率男と社会派大作の強力タッグとして注目されていた。
 瞬間最高は午後9時26、27分の30・5%。正月に訪れたホテルで、ベッドに眠る長男を見守るように、木村が妻役の長谷川京子に「愛してる」とささやいたシーン。
 上々の滑り出しに木村は「皆さんに見ていただけたということで、ありがとうございます。今回、自分自身でもやりがいを感じて鉄平を日々演じております。ぜひ、最後まで見ていただければと思う」とコメント。喜ぶと同時に、第2回以降の熱演を誓っていた。



キムタク主演「華麗なる一族」が初回視聴率27.7%で好発進


1月16日8時1分配信 サンケイスポーツ


 SMAPの木村拓哉(34)が主演し、14日にスタートしたTBS系「華麗なる一族」(日曜後9・0)の初回視聴率が27.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが15日、分かった。

 初回数字は今期1月クールではダントツ。関西地区では30.5%(同)となり、出れば高数字を叩き出す“視聴率男”キムタクにまたひとつ勲章が加わった格好だ。

 「華麗なる−」は、金融再編の波を乗り越えようとする神戸の財閥一族を描いた山崎豊子さん原作のドラマ化。木村は財閥の御曹司、万俵鉄平役。木村は「皆さんに見ていただけたという事で有難うございます。今回、自分自身も強いやりがいを感じて鉄平を日々演じております。是非最後まで見ていただければと思っています」とコメントした。

 ほかの主な連ドラ初回視聴率(関東地区)は、篠原涼子主演の日本テレビ系「ハケンの品格」(水曜後10・0)が18.2%。釈由美子主演のフジテレビ系「ヒミツの花園」(火曜後10・0)が14.7%、同局系の月9ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(月曜後9・0)は14.2%、天海祐希主演の日本テレビ系「演歌の女王」(土曜後9・0)は10.9%だった。



「視聴率&ぱん」で華麗なるスタート


1月16日6時5分配信 スポーツニッポン


 SMAPの木村拓哉(34)主演で、14日にスタートしたTBSの連続ドラマ「華麗なる一族」(日曜後9・00)の初回平均視聴率が27・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。関西地区では30・5%。また、番組とコラボレーションで山崎製パンから発売された「華麗(カレー)パン」の初日出荷数も、パン業界史上新記録となる105万個だったことが分かり、視聴率とともに“華麗なるスタート”を切った。

 初回の平均視聴率の25%超えは、TBSドラマでは同じSMAPの中居正広(34)が主演した「砂の器」(04年)以来。他局のドラマを含めると、00年以降は計12本あり、このうち7本が木村主演作品だ。

 「華麗なる…」は関東地区の瞬間最高視聴率が30・5%。木村が演じる万俵鉄平が、妻(長谷川京子)に「愛している」とささやいた場面でピークに達した。物語の舞台となっている関西地区では、平均視聴率が関東を上回る30・5%だった。



 木村は「今回、自分自身も強いやりがいを感じて鉄平を日々演じております。ぜひ、最後まで見ていただければと思っています」とコメント。原作の山崎豊子さんも「本格的なドラマを作るんだなという意気込みが、初回の放送から感じられました。このような大型ドラマが生まれるのは本当に何年かに一度のことなので、作品への思いが非常に膨らんでいます」。TBSは昨年末から、1日約1150万人の目に触れる量のポスターを街頭に掲げるなど、空前の広告展開をしてきた。

 番組から誕生した「華麗ぱん」も大ブレーク。当初は初日出荷数が40万個の予定だったが、番組のスタートが近づくにつれて全国のスーパーやコンビニから注文が殺到。初日(14日)の出荷数は105万個に達し、製造元の山崎製パンによると「通常は新製品の初日出荷は30万個で大ヒット」というパン業界で記録的な数字をはじき出したという。同社では、他の製品の製造ラインを止めて「華麗ぱん」の生産に踏み切っているほどだ。

 今後、ドラマは木村と北大路欣也(63)演じる父親との葛藤(かっとう)、愛憎劇へと展開。重厚な“山崎ワールド”と木村の新たな演技に、さらなる記録が期待される。



キムタクvs天海“電波ジャック合戦”


1月13日10時50分配信 デイリースポーツ


 SMAP・木村拓哉(34)と女優・天海祐希(39)が12日、それぞれの主演ドラマのPRのためにテレビ番組の生放送をはしごする“電波ジャック”を敢行した。木村が14日にスタートするTBS・MBS系ドラマ「華麗なる一族」(日曜午後9・00)を同局の生放送5番組でアピールすれば、天海は日本テレビ・読売系の6番組で「演歌の女王」(13日スタート、土曜午後9・00)をPR。両作ともに話題を集めている新ドラマが、放送前から激しい火花を散らした形だ。
 新年を飾るTBSと日本テレビ両局の看板ドラマの主役が、早朝から生放送で“激突”した。“視聴率男”木村は「朝ズバッ!」「2時っチャオ!」「ニュース23」など5本の生番組に登場。一方、“視聴率の女王”天海は、午前5時台の「ズームインSUPER」から「おもいっきりテレビ」、最後は午後5時台のニュース「リアルタイム」まで約12時間、計6番組に出ずっぱりで作品をPRした。
 大財閥の長男・万俵鉄平を演じる木村は、番組によって着替え、黒い革ジャンやスーツ姿を披露。「朝ズバッ!」では司会者・みのもんたとガッチリ握手を交わし、「原作にいい意味で振り回されてます。原作のすごさを感じてます」とドラマの魅力を訴えた。
 05年のフジテレビ系「エンジン」以来の連ドラ出演となる木村だが、5番組での主演ドラマPRは過去最高。所属事務所関係者も「それだけ気合が入っているということでしょう」と説明した。
 一方の天海も負けてはいない。「ズームイン-」では、演歌歌手役とあって“クイーンビール”と書かれたビール箱の上でポーズを取るパフォーマンス。“大先輩”の歌手・都はるみ、八代亜紀からVTRでアドバイスをもらうと大感激で頭を下げ、「元気になれるドラマです!」とアピールした。



キムタクWOWOWに初出演…アカデミー賞授賞式


1月12日17時0分配信 夕刊フジ


 SMAPの木村拓哉(34)がWOWOWに初出演することが12日までに明らかになった。日本時間2月26日のアカデミー賞と、同12日グラミー賞の両授賞式の生中継番組でメーンパーソナリティーを務める。

 授賞式はともに米ロサンゼルスで開催され、日本時間午前9時半からの放送。現地からの中継となるか、日本国内のスタジオで参加する形になるかは、調整中というが、「木村拓哉的視点」と題し、独自の映画観や音楽観などを語り、世界最高の祭典に花を添えるという。



キムタク、米アカデミー賞のメーンパーソナリティーに…日本アカデミー賞は辞退も


1月12日8時2分配信 スポーツ報知


 SMAPの木村拓哉(34)がWOWOWが独占生中継する「第79回アカデミー賞授賞式」(2月25日=日本時間同26日、米ロサンゼルス)のメーンパーソナリティーを務めることが11日、発表された。

 キムタクが同局に出演するのは初めて。具体的には未定だが、現地からの映像で受賞作品が発表され、その後に日本のスタジオに待機するキムタクが作品などについてのコメントをする模様だ。同局では「俳優として、アーティストとして最高峰の方に務めてもらいたい」という意向から白羽の矢を立てた。

 公開中の映画「武士の一分」で主演を務めるキムタクは、先月19日に発表された「第30回日本アカデミー賞」の優秀主演男優賞を辞退。所属するジャニーズ事務所の「ほかの優秀賞の人と競うことはしたくない」という方針が理由だった。また、キムタクは音楽の祭典「第49回グラミー賞授賞式」(2月11日、米ロサンゼルス)でも同局のパーソナリティーを務める。



キムタクが語る…アカデミー&グラミー賞の生中継番組に出演


1月12日8時1分配信 サンケイスポーツ


 SMAPの木村拓哉(34)がWOWOWのアカデミー賞(日本時間2月26日)とグラミー賞(同2月12日)授賞式の生中継番組でメーンパーソナリティーを務めることが11日、同局の定例社長会見で発表された。

 授賞式はともに米ロサンゼルスで開催され、日本時間午前9時半からの放送。WOWOW初出演となる木村が現地に乗り込んでの中継となるか、日本国内のスタジオで参加する形になるかは現在、調整中という。

 「木村拓哉的視点」と題し、独自の映画観や音楽観などを語り、世界最高の祭典に花を添えるとあって、同局の廣瀬敏雄社長は「どんな切り口になるか楽しみです」と期待していた。



ブルーリボン賞ノミネート キムタクまた辞退か?


1月4日8時2分配信 スポーツ報知


 第49回(2006年度)ブルーリボン賞ノミネートが3日、決まった。同賞は、スポーツ報知など在京スポーツ紙の映画担当記者で構成される東京映画記者会が選考する。

 主演男優賞・渡辺謙(47)、同女優賞・中谷美紀(30)など第31回報知映画賞の受賞者、受賞作品が全8部門で候補に。「フラガール」が邦画7部門中最多6部門でノミネート。同作は主演女優賞では松雪泰子(34)と蒼井優(21)の2人を、助演女優賞では富司純子(61)と蒼井の2人がそれぞれ候補に挙がった。

 なお主演男優賞ノミネートのSMAP木村拓哉(34)は日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を「競うことをしたくない」と所属事務所の意向ですでに辞退しており、今後の対応が注目される。



キムタクまた辞退?…「第49回ブルーリボン賞」各部門候補決定


1月4日8時0分配信 サンケイスポーツ


 東京映画記者会(サンケイスポーツなど在京スポーツ新聞7紙の映画担当記者で構成)が選ぶ「第49回ブルーリボン賞」の各部門候補が3日、決定した。

 各賞では、「フラガール」が邦画作品に与えられる7部門中、最多の6部門で、「雪に願うこと」が続く5部門でノミネート。ほかにも昨年の話題作、活躍した俳優たちがズラリと顔を並べているが、一番の注目は「武士の一分」で主演男優賞にノミネートされているSMAPの木村拓哉(34)だ。

 キムタクといえば、先月行われた「第30回日本アカデミー賞」の各賞発表会見で、主演男優賞の候補にあがりながらも異例の辞退。木村が所属するジャニーズ事務所は「事務所の意向として、ほかの優秀主演男優賞の方たちと最優秀賞を競う場に立たせたくない」と理由を述べた。ブルーリボン賞でも時代劇初主演で盲目の武士を好演した木村が評価されたが、今回も辞退となるのか?

 本選は今月中旬に行われ、同下旬に紙面で発表予定。2月13日に東京・内幸町のイイノホールで授賞式および日本映画作品賞の上映が行われる。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。