赤西仁ロサンゼルスで留学?


 芸能活動の無期限休業を発表したKAT−TUNのメンバー赤西仁(22)が日本を離れていることが1日、分かった。語学留学を目的とした休業と説明していたが、混乱を避けるため、渡航時期や留学先などは明かしていなかった。関係者によると10月下旬に日本を離れ、留学先に向かったという。行き先は不明だが、米ロサンゼルスが有力。留学期間も年内としていたが早期復帰は視野に入れておらず、延長することになりそうだ。この日、赤西が所属するジャニーズ事務所は「渡航時期も留学先も期間も把握しておりません」とだけ話した。
(日刊スポーツ)



赤西仁すでに渡米 語学学校に入学か


 語学留学を理由に芸能活動を休止した人気グループ「KAT―TUN」の赤西仁(22)が、先月中に米国に向けて出発していたことが1日、関係者の話で分かった。滞在先はロサンゼルスとみられる。外国人が英語習得のために通う語学学校の短期コースを履修するとの情報もある。

 赤西は先月13日に行った会見で、学ぼうとしている語学や留学先について「ノーコメント」としていた。グループへの復帰や活動再開の時期についても明言せず、留学先として米国やスペインなどさまざまな情報が飛び交っていた。所属事務所は「いつ、どこへ留学するのかは本人から聞いておりません」とした。
(スポーツニッポン)



浅田真央ちゃん、久々のランキング上位登場!


 TV、新聞、雑誌という巨大メディア上で、画面や紙面・誌面をにぎわす著名人たち。そのメディア露出度から“今"を知ることができる『メディア登場数ランキング』。

 今週、ランキングで上位に返り咲いたのは競走馬のディープインパクト。出走したフランスの凱旋門賞でのドーピングが発覚したことで、皮肉にもテレビ(2時間18分50秒)、新聞(3713行)で1位となった。意外な再ランクインとなったが、今週の上位は意外性あふれる顔ぶれが名を連ねた( 10/27付ランキング表はこちら )。

 新聞2位(3404行)、テレビ7位(28分10秒)に入ったのは、ジャイアンツに所属する野球の小久保裕紀選手。今年FA権を獲得し、以前所属していたホークス(当時ダイエー、現ソフトバンク)への移籍が浮上したことで露出が増えた。他にも、久しぶりに登場のフィギュアスケート、浅田真央選手もグランプリ選手権直前という話題性も手伝ってテレビ3位(1時間13分35秒)、新聞13位(1204行)と上位進出を果たした。

 とりわけ意外な理由で上位進出を果たしたのが、KAT-TUNの赤西仁。「芸能活動休業」の衝撃が芸能界を走り、雑誌1位(19面)をはじめ、テレビ4位(1時間10分35秒)、新聞10位(1340行)となった。ランク外とはいえ、KAT-TUNの数字も合算するとさらなる上位進出となり、そのショックの大きさを伺わせた。ジャニーズの先輩に当たる木村拓哉も映画『武士の一分』、TBSドラマ『華麗なる一族』の主演が話題となり、新聞で7位(1919行)に。所属するSMAPもテレビで19位(12分38秒)に入るなど、ジャニーズ人気の底力を見せつけた。

 ただし、それ以上の意外性で上位に進出したベテランもいる。一組はテレビ12位(18分25秒)、新聞14位(1198秒)の林家木久三親子。親子揃ってのW襲名となり、初の上位進出を果たした。そして、テレビ画面ではあまりにも定番過ぎるあの人もイレギュラーな露出増で、上位進出を果たした。

 その名は、みのもんた。62歳にして、CD「夜の虫」で11月22日に初の歌手デビューをすることが話題となり、テレビで10位(24分45秒)、新聞で17位(1098行)にランクインした。

 意外な顔ぶれが、意外なタイミングで上位進出を果たす。こうしたサプライズが起きるのもニュース姓の高い、メディア登場数ランキングならではと言えそうだ。

(オリコン)



亀梨和也とえなりかずきが同順位!?○○○○と思う男優NO.1


 オリコンスタイルの調査で、総合、男女別、全年代でぶっちぎりのランキング1位に輝いたのはWaTの小池徹平。アンケートでは「キュン死にさせられた」(埼玉県/女性/中・高校生)という意見をはじめ、「弟に欲しい」(大分県/男性/専門・大学生)、などのコメントが並び、他を寄せ付けない勢い。そう、○○○○に入る文字の正解は【カワイイ】。( ■『カワイイと思う男優』ランキング表はこちら )。

 小池徹平は、「おっきな目と笑顔がキュート。歌番組の初登場で泣いちゃったことも、カワイさアップ」(東京都/女性/専門・大学生)など、ルックス、キャラクター両方の可愛さが認められ、「男から見ても可愛い」(山形県/男性/30代)と大絶賛を受けている。 

 2位の神木隆之介は、「女の子っぽい顔がカワイイ」(福岡県/男性/20代社会人)「すれていない、純粋な雰囲気」(東京都/女性/20代社会人)など、唯一の子役としてランクイン。3位は妻夫木聡で、「ひたむきな姿」(奈良県/女性/20代社会人)や「ハツラツとして茶目っ気がある」(大阪府/男性/専門・大学生)、「好青年で笑顔がいい」(東京都/女性/40代)と、男女ともに安定した人気を獲得。

 4位はナント、KAT-TUNの亀梨和也とえなりかずきが同点で並んだ。しかし、えなり君は男性票では2位だが女性票ではトップ10圏外。亀梨クンが「年下男を演じたらハマる!」(大分県/女性/20代社会人)、「母性本能をくすぐる」(女性/30代/愛知県)と、言われているのに比べ、えなり君へのコメントは「純朴そう」(埼玉県/男性/中・高校生)、「坊主頭が似合う」(岩手県/男性/30代)などで、支持の理由は大きく異なった。

 寄せられたコメントをまとめると、【カワイイ男優】の基準は、年齢的に若い、童顔、純粋さ、愛嬌がある、やんちゃっぽい、などにあるようだ。【カッコイイ女性】が人気なように、【カワイイ男性】は大人気!【カッコイイ男性】と違ってライバル心を持たれないのも大きな強みだ。しかも、【カワイイ男優】に選ばれているのは、なぜか演技の上手い俳優ばかり!意外にも彼らこそが、芸能界で生き残れる最強の存在かもしれない。(内山磨魅)

(オリコン)



テレビにおしどり首相夫婦とジャニーズの衝撃!?


 TV、新聞、雑誌という巨大メディア上で、画面や紙面・誌面をにぎわす著名人たち。そのメディア露出度から“今"を知ることができる『メディア登場数ランキング』。
 今週もやはり強かったのは、安倍晋三総理大臣。テレビ1位(5時間26分43秒)、雑誌1位(13面)、新聞7位(2187行)とやはり圧倒的な強さを見せつけた。今週は、3メディア横断で20位以内に入ったのは3人。それほど、各メディアでの露出度に差がついたにも関わらず、3メディアすべてで10位以内、しかもそのうち2ジャンルで1位となった

 では、残りの2人は誰か。1人はボクシングの世界タイトルマッチの予定を延期した亀田興毅。王者に就いた試合で微妙な判定となった相手との再戦だけに話題を呼んだが、露出となると新聞15位(1373行)、新聞17位(1240行)、雑誌4位と比較的地味な印象だ。

 そしてもう一人が、安倍新総理の妻、安倍昭恵。テレビで6位(52分35秒)新聞で20位(936行)、雑誌で17位(3面)に入った。01年から総理大臣をつとめた小泉純一郎議員は独身だったため、5年ぶりのファーストレディに。過去にラジオパーソナリティをつとめたキャリアなどを各メディアがこぞって取り上げただけでなく、訪中、訪韓が重なったことも露出が増えた理由のようだ。

 また、今週は男性の顔ぶれが目についた。芸能活動を休業することを決意し、世間に衝撃を与えたKAT-TUNの赤西仁がテレビ3位(1時間22分40秒)、新聞4位(2999行)。ジャニーズからは、他にも香取慎吾がテレビ16位(22分10秒)、雑誌17位(3面)と複数メディアでランクイン。

 シーズン大詰めのプロ野球からも複数メディアでの露出が目立った。中日ドラゴンズの落合博満監督が新聞で1位(7466行)、テレビで5位(1時間6分23秒)、同じく中日の中軸打者、福留孝介選手も新聞で13位(1694行)、テレビで18位(18分13秒)と上位に名を連ねた。

 去就が取りざたされる選手も複数メディアで話題となった。メジャーへの移籍が取りざたされる、西武ライオンズの松坂大輔投手は新聞で6位(2262行)、テレビで11位(27分45秒)。また、今年限りの引退を表明し、日本シリーズにのぞむ、北海道日本ハムファイターズの新庄剛志選手もテレビ7位(52分10秒)、新聞8位(2110行)に。

 たかがランキング、されどランキング。情報が画一化すれば視聴者・読者は飽きてしまう。上位の顔ぶれに変化があれば、ランキングはますます盛り上がるはずだ。

(オリコン)



ポロリ!のハプニングを期待?始球式をやって欲しいタレントは誰?


 新庄の引退、松坂の大リーグ移籍前最後(?)のプレーなど、今年も大いに盛り上がった日本のプロ野球。セ・パ両リーズともにそれぞれ熱いペナントレース、プレーオフを終え、いよいよ注目の日本シリーズが開幕する。そんななか、ORICON STYLEでは、試合開始前の恒例のイベントとなっている始球式に関してアンケート。「プロ野球の始球式をやって欲しいタレント」調査を実施した( 総合、性別のランキング表はこちら )。

 その結果は、総合1位 亀梨和也、2位 長澤まさみ、3位 中居正広、4位 ほしのあき、5位 倖田來未という順位になった。
 女性票では1位から4位までをジャニーズ事務所所属のタレントが独占。ジャニーズでは草野球チームを作っており、その実力もなかなかのもの。男性票では1位 長澤まさみ、2位 ほしのあき、3位 亀梨和也、4位 萩本欽一という順位。実際に9月7日の横浜−阪神戦で胸元が大きく開いた大胆コスチュームで登場したFカップのアイドル、ほしのあきが堂々の2位にランクインした。

 総合1位の亀梨和也はリトルリーグ出身で甲子園を目指していた実力派ということもあり、「ジャニーズ事務所でだけでなく芸能界で野球がうまい事が有名なのに、まだ始球式をやっていないから」(東京都/女性/中・高校生)と、男女共に登板を期待する声大。2位の長澤まさみには「『タッチ』でのキャッチボール姿が可愛かったので」(神奈川県/女性/中・高校生)ほか、映画でのイメージをあげるコメントが多く、3位 中居正広は「巨人ファンで、かつ野球を愛しているから」(東京都/男性/30代)と、野球ファンからの共感が集まった。

 総合4位のほしのあきには、「グラビアをやっているのでコスチュームで凝ったものを着てくれそう」(兵庫県/女性/専門・大学生)、「胸チラしてほしい」(岡山県/男性/20代社会人)、総合5位の倖田來未にも、「エロカッコイイ格好で投げてもらいたい」(神奈川県/男性/40代)、「ミニスカートで投げてほしい」(福岡県/女性/30代)などなど、男性のみならず女性からも、“セクシーな目の保養"を期待する声が多く聞かれた。確かに、「エロカッコイイ衣装で投げてくれると選手が元気になりそう(笑)」(滋賀県/男性/中・高校生)だ。

 また、「女性だけじゃなく男性にも始球式をやってほしいです」(東京都/女性/20代社会人)、「アイドルが始球式をすると、それだけで明るくなる気がするから」(北海道/男性/40代)など、厳しい勝負の世界にもアッと驚くハプニングや楽しさを求める意見が多くみられた。始球式を務めるタレントのみなさん、サービスのチラリ!はしても、球はポロリ…しないようお願いします。
(内山磨魅)

(オリコン)



KAT−TUN5人で始動…無期限休業・赤西に田口がエール


 メンバーの赤西仁(22)が語学留学のため芸能活動休止を発表し5人体制となった人気グループ、KAT−TUNが、12月7日に第3弾シングル「僕らの街で」をリリースすることが19日、所属レコード会社から発表された。5人での“活動第1弾”となり、新スタートを切る格好となった。

 同曲は亀梨和也(20)が主演する日本テレビ系「たったひとつの恋」(土曜後9・0)の主題歌。小田和正が作詞作曲を担当、9月下旬にレコーディングが行われた。同ドラマはすでに14日にスタートしたが、その時点でタイトルと発売日が未定だっただけに、リリース決定でファンは一安心といったところだ。

 一方、この日、ロッテのチョコレート菓子「コロガリータ」のCMキャラクターに起用されたメンバーの田口淳之介(20)が都内で行われた新作CM発表会に出席。終了後、赤西に改めてエールを送った。

 このほどジャニーズ事務所の先輩、近藤真彦(42)が赤西に対して「男として結果を残して帰ってこい。結果が出せなかったらミスチョイスになるから成功しろ!」とゲキを飛ばしたことを受け、田口は「マッチさんからお言葉をいただいたし、頑張ってほしい。戻ってきたら思い出話をたくさん聞きたいですね」と笑顔を見せ、グループとは別の道で自身を磨く決意の赤西を思いやった。新CMは23日からオンエアされる。
(サンケイスポーツ)



「KAT−TUN」新曲タイトル決定


 赤西仁(22)の活動休止で揺れる人気グループ「KAT―TUN」の新曲タイトルと発売日が19日、所属レコード会社から発表された。タイトルは「僕らの街で」で、12月7日に発売。赤西を欠いた5人が従来のイメージとは違う優しいラブソングで再スタートする。一方、メンバーの田口淳之介(20)はこの日、新CM発表会に登場し、心境を語った。

 「僕らの街で」は亀梨和也(20)が主演、田中聖(20)も共演する日本テレビ「たったひとつの恋」(土曜後9・00)の主題歌。KAT―TUNにとっては3枚目のシングルとなる。

 小田和正(59)作詞作曲のラブソングという戦略に打って出たものの、赤西騒動で発売日、タイトルともに未定のまま14日のドラマ初回を迎えた。エンドロールでは「主題歌KAT―TUN」とだけ表記される事態となっていた。

 ドラマの初回視聴率が12・8%(ビデオリサーチ調べ)と低迷したこともあり、ファンからは中核メンバーの赤西を欠いたグループの今後を懸念する声が浮上。メンバー自身の不安を打ち消すためにも発売日設定作業が急ピッチで進められ、ようやく発表に至った。

 9月末のレコーディングに赤西は参加しておらず、ジャケットも5人だけ。ミリオンを記録したデビュー曲「Real Face」に象徴されるワイルドなイメージから一転、小田の優しいトーンが色濃く出た楽曲。名実ともに心機一転で、ファンの反応が気になるところ。発売日以降、曲を聴かせられるドラマの放送が2回(9、16日)しかない環境。爆発的な人気を保てるか、今後を占う厳しい戦いになる。
(スポーツニッポン)



新入社員で来て欲しい男性有名人は多士済々


 就職戦線解禁! 中途採用が増えたとはいえ、来年の4月にはどんなヤツが入社してくるか、先輩・同僚としてのアナタも気になるのではないか? ORICON STYLEでは20代から40代の男女を対象に、新入社員で来て欲しいと思う男性有名人についてリサーチしてみた。⇒ ■『新入社員に欲しい男性有名人は?』ランキング表はこちら

 総合の『御三家』というべきか『四天王』というべきか、【小池徹平】【亀梨和也(KAT-TUN)】【斎藤佑樹】+【ウェンツ瑛士】が人気。女性では【赤西仁(KAT-TUN)】が3位に、【山下智久】が4位に入っている。KAT-TUNのコンビはすべてのグループに顔を出しており、勢いに乗っているのが分かる。

 男性グループでは【えなりかずき】が堂々の2位。女性と40代にはランクインしていないが、20代、30代が親しみを感じているのが見てとれる。【速水もこみち】【妻夫木聡】も男女を問わず全年代に登場している。女性に人気の高い【山下智久】は男性にとってはイマイチ人気は低いようだ。

 総合10位の【オダギリジョー】は男性に受けがいいものの、個性的すぎて(?)女性に敬遠されているのかもしれない。【木村拓哉】も男性と40代に受けている。2人とも新入社員にしては手ごわくて、入社早々『新人の割に大胆なヤツ』、『とっくに所帯持ちで子供までいるらしい』などとウワサが職場をかけめぐりそうだ。【木村拓哉】は渡哲也のような先輩がいたらいいコンビを組めそうだし、【オダギリジョー】は、ギターが得意なことが分かったら、取引先とかの女性たちが放っておかないかも。

 1つのグループにしか顔を出していない【堂本光一】が女性グループに、【小泉孝太郎】が男性グループに入っているのと、【瑛太】は20代だけ、【氷川きよし】が40代だけに入っているのは、なんとなく納得できる気がする。社内恋愛に火花が散りそうだが、特に女性にとっては毎日職場に行くのが楽しみになりそうな、納得の集計結果になった。

■『新入社員に欲しい男性有名人は?』ランキング表はこちら
(オリコン)



マッチ 赤西に「男として結果出せ」


 歌手の近藤真彦(42)が17日、語学留学のため、人気グループ・KAT-TUNとしての活動休止を表明した赤西仁(22)に“男気エール”を送った。この日、横浜市内でクラシックカーレースイベント「ラ フェスタ ミッレミリア」に参加した近藤は、同じ事務所の後輩が描く夢に理解を示した。男として成長し、結果を残すことが復帰を待つファンの声に応えることになると温かいゲキを飛ばした。
 赤西よ、大きくなって戻って来い-。海外での“武者修行”を宣言した後輩に対し、マッチが「“帰ってきて結果を出せ”だね。男としての結果を残せ!成功しろ!」と厳しくも温かいエールを送った。
 長年、芸能界のトップを走り続けてきた。レースビジネスを中心に活動した時期も経て、今は両立。表舞台から姿を消せば、ファンが離れる危険性があることを知っている。それだけに「本人も分かっていると思うけどリスクはある。できれば成功して帰ってきてもらいたい」とうなずいた。
 14日に赤西が開いた緊急会見では“留学理由など説明が不十分”との声も上がった。それでも「“充電します”とかあるじゃない。引退って言って戻ってくる人もいる」とフォロー。「(赤西は)“成長したい”っていう向上心の方が絶対強い」と理解を示した。
 後輩の姿は自分と重なる。人気絶頂だった18、19歳当時、海外留学の夢を描いた。「友達に止められてやめた。30歳になって“あの時とどまって正解だった”と思った。応援してくれる人がたくさんいたから」と告白。同じ思いを抱いた経験者として、「結果が出なかったらミスチョイスじゃないか」とゲキを飛ばす場面も。大先輩の言葉を赤西はどう受け止めるのだろうか。
(デイリースポーツ)



マッチは後輩赤西にあたたかなエール「僕も同じことを考えた」


 人気グループ、KAT−TUNの赤西仁(22)の活動休止宣言について、事務所の先輩に当たる歌手、近藤真彦(42)が17日、初めてコメントした。

 マッチは、語学留学したいという赤西について「若いうちはいろんな考え方があって勉強したいと思うのは自然なこと。僕も人気絶頂の時期に同じことを考えたことがあった」と理解を示し、「男として結果を残して帰ってこい。結果が出せなかったらミスチョイスになるから成功しろ!」とエールを送った。

 この日は4日間にわたるクラシックカーイベント「ラ・フェスタ・ミッレミリア2006」の最終日で、横浜市の元町商店街にゴールイン。見事完走を果たした。
(サンケイスポーツ)



赤西 国際的モデルと交際が休業一因?


 芸能活動休止を発表した人気グループ「KAT―TUN」の赤西仁(22)に交際中の恋人がいることが17日、分かった。相手はファッション誌など国内外で活躍するモデルのRina(26)。突然の休業宣言の背景には、海外生活への興味や仕事上の不満などさまざまな原因があったとされるが、国際的な女性との交際も一因だったようだ。

 Rinaは1メートル72の長身美女。日系ブラジル人で、日本では00年からファッション誌などで活躍。複数の関係者によると、赤西とは今年3月のKAT―TUNのCDデビューよりも前から交際していた。モデルとしてのキャリアも長いことから、4歳下の赤西が将来について相談することも多いようだ。

 赤西は13日の会見で、留学先や復帰時期についてあいまいな答えに終始したものの、女性問題だけは「ないです」ときっぱり否定していた。

 昨年11月にタレントの上原多香子(23)との交際が報じられて以降、赤西の周囲から仕事への無気力ぶりが指摘され始めた。KAT―TUNの他のメンバーと比べ、やる気のないような態度をあからさまに見せ、まゆをひそめるテレビ関係者もいた。

 これと前後して、Rinaとの交際がスタート。赤西はもともと外国人の友人が多く、海外での芸能活動や留学への希望を持っていたとされ「ブラジル育ちの彼女との交際で、さらに“海外志向”を強めた」(音楽業界関係者)との証言もある。

 ただ、CDデビュー間もない時期の熱愛発覚はアイドルにとって大きなマイナス。上原との熱愛が取りざたされた時期同様、Rinaとの交際には周囲も消極的だったため、赤西が反発していたとの指摘も。この間、KAT―TUNのツートップとして、ともにグループをけん引してきた年下の亀梨和也(20)にドラマ出演などで大きく差をつけられてもいた。さまざまな要因が重なった結果、常識では考えられない人気絶頂期の活動休止に至ったようだ。

 一方、Rinaは事実上、無期限の休止を決めてしまった年下の恋人を心配しているという。

 ◆Rina(リナ)1980年4月17日生まれ。日系ブラジル人。人気モデル、ブレンダらと同じモデル事務所に所属。00年ごろからファッション誌「JJ」「ef」「Style」などに登場。スラリとした手足とパッチリとした目が特長。エステティック大手「エルセーヌ」のCMでも知られる。1メートル72、B82・W59・H88。
(スポーツニッポン)



マッチ 赤西に意見「男は結果を出せ」


 赤西が所属するジャニーズ事務所の先輩、近藤真彦(42)が17日夕、横浜市内で報道陣に、赤西の活動休止について「(海外に)行く以上は結果を持って帰ってこい」と話した。出場したクラシックカーの公道ラリー「ラフェスタ・ミッレミリア2006」ゴール後、語った。

 近藤も芸能活動をセーブしてカーレースに没頭した時期があり「自分も悩んだ時があったけど、やっぱり男は結果を出さなければいけない」。昨年から再び、芸能活動を本格化させており「(所属事務所など)周囲やファンの支えは大きかった」と自身の経験を振り返った。
(スポーツニッポン)



KAT-TUN、赤西 仁が海外留学で活動休止。


今年3月にシングル「Real Face」・アルバム・DVDの同時リリースで鮮烈デビューを飾ったKAT-TUN。2ndシングル「SIGNAL」も大ヒットを記録し、今まさに人気絶頂というこの時、突然、メンバー・赤西 仁の芸能活動休止が突然発表されました。

理由は海外留学。以前から海外で勉強をしたいという希望があった彼は、

『心配かけてごめんなさい。
見たことのない物や、いろいろな物を吸収して成長してきます。
今までと変わらず、5人の事を応援して下さい。』





アッコ、KAT−TUN赤西の休業に「ものすごいショック」


 歌手の和田アキ子(56)が14日、ニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・0)に生出演し、海外留学を理由に芸能活動休止を発表した人気グループ、KAT−TUNの赤西仁(22)について言及した。

 和田は「ものすごいショック。第2のキムタクといわれるほどで、期待していたのに」と言いつつも、「(語学を勉強するなら)香取(慎吾)くんみたいに、ずっと英語の先生をつけることもできるはずなんだよね」と納得いかない様子。

 さらに「(人気絶頂の)いま、留学するのは勇気がいることだし、不可解だよね」と話したが、「後で電話しようと思うけど頑張ってほしい」と最後はエールを送っていた。
(サンケイスポーツ)



KAT―TUN新曲は発売未定


 人気グループ「KAT―TUN」の赤西仁(22)の活動休止会見から一夜明けた14日、亀梨和也(20)が主演し、グループが主題歌を担当する日本テレビの連続ドラマ「たったひとつの恋」(土曜後9・00)がスタートした。主題歌は赤西を除く5人で歌っているため注目されたが、タイトルは未定のまま放送。発売日も依然、決まっていない。

 「たったひとつの恋」の主題歌は小田和正(59)が作詞作曲したラブソング。13日の会見でも復帰を明言せず、事実上の無期限休業に入った赤西を除く5人のメンバーでの初シングルとなる予定だが、赤西との折衝が続いていた影響もあり、発売日未定のままドラマの初回を迎えた。お披露目されるのも、この放送が初めて。タイトルも最終決定には至らず、エンドロールでは「主題歌 KAT―TUN」とだけ表記された。

 発売日の発表からCDを店頭に並べるまでの作業を考えれば、発売は11月下旬以降にずれ込む可能性が大きい。一般的に主題歌はドラマの放送期間中に発売。最終話まで聴かせて売り上げ向上を図るが、11月下旬ならばドラマは既に終盤。印象が「去年の曲」となってしまう年明けまで1カ月しかない状況もあり、厳しい戦いを強いられる。

 デビュー曲「Real Face」はミリオン、2枚目も約60万枚を売り上げたKAT―TUN。歌唱力が高く、音楽的に重要な位置を占めていた赤西を欠いての再出発曲のヒットは至上命題。グループの今後を占う勝負となる。一方、赤西の騒動でドラマ、楽曲ともに注目度が高まったのも事実。騒動をプラスに転じられるか、KAT―TUNの正念場となる。
(スポーツニッポン)



赤西の会見にメンバーも駆けつけ・・・


 KAT-TUNの赤西仁が、一部スポーツ紙によるKAT-TUNでの活動休止報道を受け、13日都内の事務所で、急遽会見を開いた。やや緊張気味の表情で現れた赤西は、「まず、この騒ぎを起こしたことをお詫びいたします」とファン、関係者に謝罪し、会見はスタートした。

--いつ頃から留学を考えていたのか?

赤西 17,8才くらいから思っていまして、その時は具体的に何をするのかは考えていませんでしたが、まずは語学を勉強したいと思いました。

--メンバーにはいつ頃伝えたのか?

赤西 最近、ですね。「24時間テレビ」がひと段落着いてからきちんと話しました。今年CDデビューさせていただき、今年の仕事がひと段落してからと思いまして。

--どんな反応だった?

赤西 KAT-TUNは元々それぞれやりたいことがバラバラなグループなので、反応は人それぞれで、それほどビックリしていませんでした。

--事務所にはいつ報告を?

赤西 「24時間テレビ」の前に話をして、終わった後にきちんと話をしました。社会人として通らないことかもしれませんが、導いてくれました。自分のやりたいことを通して人として成長できればと思っています。

--留学の期間は?

赤西 半年の予定ではいますが、状況によってはわからないです。自分が思い描いていることを吸収できたら、導いてくださったことに関して恩返しになるかはわかりませんが、掴んで帰ってきたい。とにかく自分が見たことない、聞いたことないものを吸収したい。

--留学先は?

赤西 具体的には言えません。目的は語学留学ですが、具体的に何語を勉強するのかも言えない。

--引退、脱退という報道もあるが?

赤西 それは頭にないです。

--結婚という報道も一部あるが?

赤西 それもないです(キッパリ)。


ここで、メンバーの中丸雄一と田口淳之介が会見に合流

--最初赤西くんから話を聞いた時はどう思った?

中丸 ビックリしました。でも前々から海外に興味があるという話は聞いていましたので・・・。

田口 個々の活動が多いグループですので、みんなで快く送り出しました。自分で
決めたことだと思うので、後押ししたいです。


他のメンバーからもメッセージが届けられた。それを中丸が代読。

亀梨 昨日電話で話したとおり、頑張ってこいよ。俺もドラマとか色々頑張るから、お互いやりたいことをやって成長しよう。

田中 とにかくガムシャラに頑張って、ひと回りもふた回りも大きくなって帰ってこい!

上田 お前の意志で決めたことなんだから、何も言わないことにしました。KAT-TUNには絶対お前が必要だし、お前が帰ってくる場所はここしかないないんだから、待ってるよ。

赤西 いいこと言ってくれるなぁ。でも誘っても一緒にご飯行かないんですよ(笑)。

--最後にファンの方へメッセージをお願いします。

赤西 皆さんが背中を押してくれたことに関して、僕も応えられるようにがんばるので、他の5人のメンバーのことも、よろしくお願い致します。

約15分間の会見は、このメッセージで終了した。

 なお、この会見の模様は、10月20日(金)発売の「oricon style」10/30号で詳しくレポートいたします。

■KAT-TUN シングル、アルバム、DVD 各売上一覧表はこちら

(オリコン)



赤西「先のことは分からない」


 活動休止を発表した6人組人気アイドルグループ「KAT-TUN」の赤西仁(22)が13日午後9時、東京・港区のジャニーズ事務所で緊急会見を開いた。ファンには「申し訳ない」と謝罪したが、終始、淡々とした表情。脱退の2文字については否定したが、復帰については「先のことは分かりません」と答えを控えた。
 白いTシャツに黒いジャケット、迷彩柄のパンツで現れた赤西は、開口一番、「騒ぎを突然起こしたことに関しておわびを申し上げたいと思います。申し訳ありませんでした」とアタマを下げた。しかし、その表情はさっぱりとしたいつもの姿で涙もなかった。
 活動休止理由について「語学を勉強したい」と説明。「17、8歳ぐらいから留学したいと思っていた」としたが、留学場所や期間には「言えません」「申し上げられません」と繰り返した。
 現在の恋人はハーフのモデル。外国人の友達が多く、日常的に英語を使っている赤西にとって、実は留学しなくても、語学の勉強はいつでもできる環境。だからこそ「語学留学」という活動休止理由がいまひとつ、しっくりこないのも事実だ。
 脱退については「それは頭にないです」と否定したが、「状況次第なので、先のことは分かりません」とも。「戻る」「復帰」という具体的な言葉はついに出なかった。
 メンバーには「今年の大きな仕事『24時間テレビ』がひと段落したので」と1カ月前に事務所に集まってもらい活動休止を伝えたという。女性と一緒に海外へ行くのではないかという質問に、「それは絶対ない」ときっぱり。また、ソロ活動には「先のことは分からない」と言葉を濁した。
 会見開始から8分後には田口淳之介と中丸雄一がメンバーを代表して加わった。中丸は「びっくりしたが、前々から海外に興味があることは知っていたので」、田口は「僕らは後押しをしてあげるだけ」と語った。
 会見は約20分間。赤西は「大統領になって帰ってきます」と、最後はジョークで会場を後にした。
(デイリースポーツ)



KAT-TUN×小田和正 新曲レコーディング秘話


 10月14日からスタートする、KAT-TUN亀梨和也と綾瀬はるかの共演で話題を集めているドラマ『たったひとつの恋』(日テレ系 毎週土曜21時〜)の主題歌をKAT-TUNが歌うことになり(タイトル、発売日未定)、さらにその曲を手がけるのは小田和正という、なんとも豪華な組み合わせ、夢のような贅沢なコラボレーションが実現した。

 レコーディングはすでに終了しているとのことで、そのレコーディングの様子を亀梨と田中聖が語ってくれた。

 「今までKAT-TUNが歌ったことないようなバラードなんですが、最初小田さんが歌って下さっているデモテープを聴かせていただいた時は“うわぁ〜歌えるかな"と思いました。小田さんはすごく優しい歌い方をするかたですので、僕もブースに入った時どうしても“優しく歌おう"って思ってしまって、そうしたら小田さんが“らしく歌っていいよ"って言って下さって・・・」(亀梨)。

 「今回は癒し系のバラードなので、ラップを控えたんですが、小田さんから指示とか注意は特になく、逆にそれがプレッシャーでした(笑)。今回は4時間くらい歌ってたんですが、精神的も肉体的にも凄く疲れました(笑)」(田中)。

 二人とも大御所とのレコーディングはとても新鮮だったようで・・・。まだまだ続くこのレコーディング秘話、続きは10月13日(金)発売の「oricon style」10/23号で。

■KAT-TUN シングル、アルバム、DVD 各売上一覧表はこちら
(オリコン)



赤西仁が休業…KAT-TUN脱退濃厚


 デイリースポーツの既報通り、人気絶頂のアイドルグループ「KAT-TUN」の赤西仁(22)が芸能活動を休止することが12日、ジャニーズ事務所から正式発表された。休止の理由は語学留学とし、期間は当面、半年間。一方で休止期間の延長も示唆した上で再開を未定としており、このまま脱退の可能性が濃厚だ。KAT-TUNは今後、赤西抜きの5人で活動を続ける。
 超人気アイドルグループで亀梨和也(20)と人気を二分してきた赤西の突然の脱退の可能性が強まった。この日、本紙報道を受け、ジャニーズが「このたび半年間ではありますが、(海外)留学を認めることといたしました」と発表した。事務所のホームページでもファンに向けて発表した。
 しかし、期間については異例の“追記”付き。「留学期間が延長されることもございますので、芸能活動の再開は、今のところ未定とさせていただいております」としている。第一報は「半年間」とだけ発表するのが通例だけに「活動再開は未定」と発表せざるを得なかったところに、深刻な事情が垣間見える。このまま脱退の可能性も捨て切れない。
 活動休止の理由について「以前から赤西は海外で勉強したいという希望を持っていた」と説明。一方で「まだデビューして1年もたたない新人であり、ファンのみなさま、関係各位へのご迷惑を考えて、これまで延期しておりました」と説得を続けてきたことを示唆した。それでも大好きな英語を勉強したい、という赤西の強い決意が揺るがず、休止を認めた、としている。
 KAT-TUNは亀梨主演で14日からスタートする日本テレビ系ドラマ「たったひとつの恋」(日曜 後9・00)の主題歌を新曲として発売予定だが、9月末に行われたレコーディングに赤西だけが不参加。さらに11、12日にわたり都内で行われたとされるジャケット撮影にもその姿はなかった。“亀赤”コンビに代わり、田中聖と亀梨が最前列の“亀田”新コンビのパターンが撮影されたという情報もある。
 ファンの間では、ここ数カ月、赤西が「疲れているのでは」「元気がない」などと心配する声が上がっていた。ジャニーズの今年の顔として8月に「24時間テレビ」のメーンキャスターを務めたKAT-TUN。今後は赤西抜きの5人で活動していくが、甘いマスクと抜群の歌唱力、時折みせる寂しげな表情と照れ屋の笑顔の赤西は唯一無二の存在。多くのファンが活動再開を願っている。
(デイリースポーツ)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。