KAT-TUN赤西が活動休止へ


 人気絶頂のアイドルグループ「KAT-TUN」の赤西仁(22)が活動を休業することが11日までに明らかになった。休業期間は10月から年内いっぱいの3カ月間とされ、年内にも発売される通算3枚目のシングルからも姿を消していることが判明。場合によっては長期休業の可能性も否定できず、ファンの間に衝撃が走りそうだ。
 飛ぶ鳥を落とす勢いのジャニーズの超人気アイドルグループ、KAT-TUNで亀梨和也(20)と並び“亀赤コンビ”としてその人気をけん引してきた片翼、赤西。その突然の休業はファンだけでなく、音楽業界、CM業界、テレビ業界と各界に大きな波紋を広げそうだ。
 KAT-TUNは14日スタートの亀梨主演の日本テレビ系ドラマ「たったひとつの恋」(土曜 後9・00)の主題歌を通算3枚目のシングルとして発売するが、9月末に行われたレコーディングにも赤西の姿はなく、5人だけが参加。小田和正にとって初のジャニーズへの提供曲として話題となり、純愛にぴったりの美しいバラードに仕上がったが、14日からのオンエアでは赤西の透き通った歌声を聞くことはできないことになる。
 また今月に入って行われたジャケット撮影も赤西抜きで行われた。その影響なのか、連続ドラマの主題歌にしては珍しく、ドラマスタート時にCD発売日が未定という異例の事態。発売が12月にずれ込む説もある。
 赤西は昨年4月から放送された連続ドラマ「anego」に篠原涼子の後輩新入社員役で出演し、ジャニーズファン以外にも人気が急上昇。すらりとしたスタイルの良さと甘いルックスで次世代のスターとして期待の星でもあった。独学で覚えたという英語も堪能で、国際化するジャニーズの中で、国際派アイドルとしての資質も十分の逸材だ。
 それだけに人気絶頂時での休業の理由が気になるところだが、大好きな英語にさらに磨きをかけるため、語学留学などの説も浮上。本紙の正月インタビューでも「06年も自由に生きていきたいです。海外旅行に行きたいな。スペインとか」と発言。「KAT-TUNは自由な雰囲気のグループなので今年も勝手にどっか行っちゃうと思います」と笑っていたが、この休業期間に海外で鋭気を養い、一回り成長した姿で一刻も早く戻ってくることをファンは願っているに違いない。
(デイリースポーツ)



亀梨和也、初単独主演連ドラは“自然体"で勝負!!


 KAT-TUNの亀梨和也、綾瀬はるからが出演する日本テレビ系新ドラマ『たったひとつの恋』(10月14日(土)よる9時スタート)の記者会見が10月4日(水)、都内で行われた。
 『ビューティフルライフ』『オレンジデイズ』などでお馴染みの人気脚本家、北川悦吏子が日本テレビ系で初めてドラマを手がけた今作。傾きかけた町工場で働き、母親と病弱な弟との3人で暮らしている神崎弘人(亀梨和也)と、横浜の大手ジュエリーショップの娘、月岡菜緒(綾瀬はるか)という身分も住む世界も異なる2人が、様々な困難を乗り越えながら“たったひとつの"ラブストーリーを貫いていく姿を描いている。

 ほぼ24時間、ずっと撮影が続くなどハードなスケジュールをこなしている亀梨は「自信はあります!北川さんといい意味で闘争心を燃やして頑張りたいです」と笑顔。寒暖の差が激しい季節だが、プールでの撮影もあり「本番以外は、震えが止まらなかった」と苦笑いしながら振り返ったが、「自然な流れで演技についても、もっと良くなるように提案していますよ」と強い気持ちで臨んでいることを語っていた。

 また、綾瀬は「いい雰囲気を持ったチームで、撮影はとても楽しいです!」と挨拶。出会いのシーンでは、魚をぶつけられるなど“非日常"な場面も多いが「作品を通して、振れ幅の大きな経験をしたいです!」と気合い十分だった。

 そのほか、田中聖、平岡祐太、戸田恵梨香、要潤など話題の出演者が勢揃い。なお、主題歌はKAT-TUNが小田和正プロデュースによるバラード曲(CD化は未定)を歌う。こちらも「(KAT-TUNにとって)いいポイントになって欲しい。わくわくする部分が大きいですね!」(亀梨)と新たな気持ちでチャレンジすることを誓っていた。

(オリコン)



田口淳之介 フェデラーがテニス指導


 6人組グループ、KAT-TUNの田口淳之介(20)が3日、千葉市内で行われたTBS・MBS系ドラマ「Happy!2(仮)」(年末年始放送予定)の撮影に挑んだ。作品は今春放送された続編で、田口がプロテニスプレーヤーを目指す設定。2日には男子テニス界史上最強と呼ばれ、来日中のフェデラーからアドバイスを受けて撮影に臨んだが、観客300人が見守る中での収録に、「練習だとバンバン入っていたのにギャラリーの方たちを前にすると全然入らなくて困りました」と苦笑いを浮かべた。
(デイリースポーツ)



来春ジャニーズ新アイドルデビュー


 CDデビュー前のジャニーズアイドル軍団・ジャニーズJr.の単独コンサート「you達の音楽大運動会」が1日、東京・代々木第一体育館で総勢約100人が参加して行われた。単独でのコンサートは02年5月以来。若さあふれるパフォーマンスに会場は沸きに沸いたが、ジャニー喜多川社長は秋からJr.の新番組が2本誕生することを明らかにした上で、来春にKAT-TUNに続く新アイドルのCDデビューを“予告”した。
 平均年齢は14・5歳。下は11歳から上は21歳まで計100人。人気ユニット「Ya-Ya-yah」「A.B.C」、「Kis-My-Ft2」「J.J.Express」に中島裕翔(13)らが参加し、さらには特別ゲストでKAT-TUNの中丸雄一(23)も登場した。
 赤組と青組に分かれ、ダンス、歌、アクロバットなどで対決。グループ対抗リレーで「Ya-Ya-yah」の山下翔央(17)とJr.の弟・茉央(14)が対決するなど場内は大盛り上がり。また、パフォーマンスでも日舞・藤間流の藤間貴彦がプロ級の踊りを披露するなど、バトンやバイオリンでも華麗な演技を見せた。ジャニーズJr.単独としての公演は02年5月以来とあって、何と25万人の応募が殺到。2日間3回で3万6000人を集めた。
 8日からはKAT-TUN・中丸と田中聖の司会でJr.出演の日本テレビ系で「YOUたち!」(日曜、前11・45)が。さらに同17日からはフジテレビ系でJr.の知的バラエティー「百識」(火曜、深夜1・08、初回のみ1・23)がスタートする。ジャニー喜多川社長は「(YOUたち!は)『スター誕生』の放送された枠でバラエティーをやる。この番組を見ないと日曜に出かけられないような番組に」と気合十分。
 さらに、来年にかけJr.の活動を発展させ「4月くらいにかけてポンと打ち出さなきゃいけない」とCDデビューを“予告”。中丸も「KAT-TUNも先輩にいろいろ面倒見てもらって気持ちが芽生えた。僕らも後輩たちにそうやっていけたら」とバックアップを宣言した。
(デイリースポーツ)



楽天、8月度月間キーワードランキングを発表〜高校野球、亀田興毅、中江里香などが1位に


 楽天は、インフォシークにおける8月度の月間キーワードランキングを発表した。2006年8月1日〜31日の集計期間中のインフォシークでの全検索回数を基に、各キーワードの検索回数がどれだけの割合であるかを算出した「ポイント数」と、そのポイント数を基にカテゴリごとに1位を100として下位の割合を示した「%」で表している。

 時事は、1位「高校野球」(1111pt・100%)、2位「台風情報」(495pt・45%)、3位「プール」(399pt・36%)、4位「渋滞情報」(282pt・25%)、5位「靖国神社」(268pt・24%)と、いかにも夏らしい結果となった。

 スポーツは、やはり1位「高校野球」(1111pt・100%)だったが、2位「亀田興毅」(1033pt・93%)、3位「斎藤佑樹」(462pt・42%)と、フレッシュな2名が顔を揃えた。

 そして注目の男性有名人。やっぱりの1位「亀田興毅」(1033pt・100%)、2位「斎藤佑樹」(462pt・45%)がワンツーフィニッシュとなったほか、3位「山本圭一」(302pt・29%)、4位「SMAP」(242pt・23%)、5位「赤西仁」(225pt・22%)と、事件絡み・定番が票を分けた。9位「イビチャ・オシム」が目立つところだ。

 対照的に、注目の女性有名人は俳優・村田雄浩との結婚で急上昇した1位「中江里香」(584pt・100%)となった。2位「パリス・ヒルトン」(535pt・92%)、3位「沢尻エリカ」(410pt・70%)、4位「ほしのあき」(331pt・57%)、5位「鈴木杏奈」(314pt・54%)などは妥当な線か。中村獅童の飲酒運転で注目されてしまった7位「岡本綾」はマイナスを跳ね返せるか。TV番組“SRS”5代目レギュラーの10位「西山茉希」は藤原紀香、長谷川京子に続く存在になるか? 要注目だ。

 エンタメタイトルは、1位「あいのり」(293pt・100%)、2位「ゲド戦記」(289pt・99%)、3位「パイレーツ・オブ・カリビアン」(248pt・85%)、4位「24時間テレビ」(242pt・83%)、5位「仮面ライダーカブト」(221pt・75%)と手堅い印象。

 総合では1位「無料」(2145pt・ 100%)、2位「2ちゃんねる」(2115pt・99%)、3位「攻略」(1836pt・86%)とこれまた常連が顔を揃えた。8位「YouTube」が新顔といえる。

 そして季節ものの夏イベント。1位「高校野球」(1111pt・100%)、2位「全国高校総体」(147pt・13%)、3位「お台場冒険王」(88pt・8%)、4位「東京湾大華火祭」(77pt・7%)、5位「恐竜博」(63pt・6%)といったところが上位を占めた。花火大会は10位「神宮外苑花火大会」、14位「隅田川花火大会」などもランクイン。ちなみに人出は隅田川が95万人、東京湾大華火は61万人。近年の萌えブームも手伝って開催3日間で50万人のアニメファンが繰り出した同人誌即売会「コミックマーケット」は6位。夏の野外フェスからは、12位の「SUMMER SONIC」を皮切りに16位「FUJI ROCK FESTIVAL」、20位に「a-nation」が入った。
(RBB TODAY)



各界で活躍する“王子たち"がランキングを独占!


 TV、新聞、雑誌という巨大メディア上で、画面や紙面・誌面をにぎわす著名人たち。そのメディア露出度から“今"を知ることができる『メディア登場数ランキング』(各メディア別 ランキング表はこちら )。

 先週、テレビと新聞で2位以下を大きく引き離して第1位を獲得した“ハンカチ王子"こと、早稲田実業の斎藤佑樹選手。ニューヨークで大リーガー・松井秀喜外野手と対面を果たした今週も注目度はダントツで、テレビで12時間38分26秒、新聞で6448行、雑誌で28.5面と、トリプル首位の座に輝いた。甲子園で使っていた「青いハンカチ」と同じ商品が、ネットオークションで1万円近い値がつくほどの人気ぶり。8月29日の渡米時には、斎藤選手の姿を一目見ようと成田空港につめかけた、女性ファンで成田空港は大混雑。高校野球が生んだ、新アイドル登場というところか。

 さて、日本人女性のアイドルといえば、8月29日に34歳の誕生日を迎えたばかりのペ・ヨンジュンも雑誌で8位(7面)と、久々にランキング上位に顔を見せている。誕生日前夜には、日本のファンクラブ会員が集まり、パーティを開催。その頃、ペ・ヨンジュン本人は、朝鮮半島の神話時代を舞台とした歴史ドラマ『大王四紙記』ロケの真っ最中。肝心の本人が出席していないにも関わらず、400人ものファンが集まったという。

 そして、アイドルといえば、忘れてはいけないのがジャニーズ陣。山下智久(NEWS)とタイの兄弟デュオの期間限定国際ユニット「GYM」(テレビ16位・27分43秒)のデビュー曲がオリコンチャート初登場1位を獲得。NTV系列の『24時間テレビ』でメインパーソナリティを務めた「KAT−TUN」はテレビで17位(25分10秒)。さらに、目を引いたのは、新聞と雑誌の9位だ。新聞の9位(1128行)はジャニーズの「嵐」。9月22日に韓国で開催される「第3回アジア・ソング・フェスティバル」への出演決定が報じられた。また、11月には、初の韓国単独公演も控えている。
 一方、雑誌の8位(6面)は、非ジャニーズ系ユニットの「WaT」。新曲を含めた、シングル曲をモチーフとした映像作品にW主演することが発表され、話題になった。新しい挑戦を試みる2組が、揃って9位にランクイン。

 今週は、男性アイドルたちがランキングを席巻した形となったが、来週の顔ぶれはどうなるのか。まったく予想していなかった著名人が突如として上位に浮かび上がってくるハプニング性も、またランキングの楽しみといえるだろう。



亀梨&倖田がベストジーニスト受賞


 “最もジーンズが似合う有名人”を決める「ベストジーニスト2006」にKAT-TUNの亀梨和也(20)と歌手・倖田來未(23)が選ばれ、4日、都内で表彰式が行われた。
 一般のファン投票で選ばれた2人はともに初受賞。先輩の木村拓哉(33)、草なぎ剛(32)がともに5年連続で選ばれ殿堂入りしているだけに、亀梨は「がんばって(殿堂に)入りたいです」と連覇へ照準をピタリ。
 自ら穴をあけてリメークしたジーンズよりも背中の開いたベストの方が目を引く倖田は「“あたしでええのー”ってひっくり返りました」と目をぱちくりさせていた。
 なお、協議会選出部門ではフィギュアスケーターの荒川静香(24)、中田宏横浜市長、女優・釈由美子(28)が選ばれた。
(デイリースポーツ)



亀梨&倖田が大喜び!!『ベストジーニスト2006』発表!!


 過去に木村拓哉、草なぎ剛、浜崎あゆみらが選出され、今年で23回目を迎えた『ベストジーニスト2006』(日本ジーンズメーカー協議会主催)が9月4日(月)、都内で行われ一般投票で、KAT-TUNの亀梨和也と歌手の倖田來未が初受賞した( 笑顔で撮影に応じる倖田、釈、荒川ら受賞者の写真 )。

 得票数で、2位の氷川きよしとの“激戦"を制した亀梨は、ドラマの収録などで多忙ななか、自らコーディネートを手がけ、ダボっとしたジーンズに、女性モノの黒皮ジャケットを羽織って登場。「所属事務所の先輩方も受賞されていて、とても憧れていました。名誉あることですし、殿堂入りを目指して頑張りたいです」と喜びを爆発させていた。

 また、受賞の知らせを聞いた時「幸せ過ぎて、ひっくり返りました!」と興奮気味に気持ちを明かした倖田は、「この賞をもらって、皆さんに認められたという感じがします。いつか、デニムを着こなせる女性になりたいと思っていたので…」と笑顔で挨拶。また、彼女が目指す“エロカワセレブ"にもジーンズは必需品ということで、家には山積みになるほど所有していることを明かした上で「来年もぜひ、この場所に立っていたいですね!」と、セクシーでド派手な衣装同様、大きな夢を語った。

 そのほか、協議会による選出部門では、プロフィギュアスケーターの荒川静香、女優の釈由美子、中田宏横浜市長が名を連ねた。

  笑顔で撮影に応じる倖田、釈、荒川ら受賞者の写真や、釈由美子のワンショット写真 など詳細は、ORICON STYLEで。
(オリコン)



WaT、KAT-TUNが上位独占!〜高校3年生に聞いた、高校最後の夏休みを一緒に楽しみたい同世代の男優ランキング


 今週より、本格的に夏休みに突入!勉強、部活、遊びなど様々なことに挑戦する人が多いことだろう。そこでORICON STYLEでは、高校生として最後の夏を過ごす人へ 『高校3年生に聞いた、高校最後の夏休みを一緒に楽しみたい同世代の男優ランキング』 としてリサーチした。

 1位にランクインしたのは、現在公開中の映画『ラブ★コン』で好演技をみせ、さらにWaTとしてアーティストで活躍する小池徹平。「彼を見ているだけで癒されるから、一緒に過ごせたら幸せ!」(神奈川県/女子)や「一緒にいると本当に楽しく過ごせそう」(宮崎県)など、多彩な才能を持った彼と一緒に過ごしたいという風な意見が多数寄せられた。

 2位の市原隼人がランクインしたのに続き、3位には小池徹平と共に、WaTとして活動を行うウエンツ瑛二が登場した。「出演する番組でも、話が面白いから」(宮城県/女子)や「カッコいいだけでなく、トークも聴いていて楽しいから」(東京都/男子)といった彼の持ち味の一つである“トーク"に魅力を感じている人が多いようだ。

 そのほか、「隣にいてくれるなら、夏でも冬でもずっと一緒にいたい!」(埼玉県/女子)という声で亀梨和也が赤西仁と共に6位に、また「いろんなことで楽しませてくれそうだし、性格もよさそう」(東京都/女子)といった声で田中聖が10位にランクインするなど、今年3月にCDデビューしたばかりのKAT-TUN勢も続々と上位に入るなど、同世代の“イケメン"芸能人がトップ10にひしめき合う形となった。

■ORICON STYLE  『高校3年生に聞いた、高校最後の夏休みを一緒に楽しみたい同世代の男優ランキング』

■ORICON STYLE  『高校3年生に聞いた、夏期講習で教えて欲しい有名人ランキング』

■ORICON STYLE  『高校3年生に聞いた、高校最後の夏休みを一緒に楽しみたい同世代の女優ランキング』

(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】の高校3年生の男女各250人、計500人にインターネット調査したもの)
(オリコン)



亀梨 難病青年役に挑戦


 KAT-TUNの亀梨和也(20)が日本テレビ系「24時間テレビ29 愛は地球を救う」のスペシャルドラマ「ユウキ」に主演することが21日、分かった。今年の同番組のテーマ「絆」にちなみ、亀梨演じる頭蓋(ずがい)骨の一部が溶けていくという難病にとりつかれたユウキとその仲間の友情を描く。放送は26日午後9時15分ごろから。
 ドラマは、01年12月、23歳の若さでこの世を去った、三田雄基さんの半生を描いた「ユウキ 世界で8番目のたたかいに勝った男の物語」(岸川悦子作)を基に制作された。
 ユウキ(亀梨)は高校卒業後、ワーキングホリデーを利用し、豪州に渡った。現地ではヨシエ(優香)、ミユキ(吹石一恵)、ハマ(小栗旬)ら日本人の仲間ができ、一緒に労働に汗を流しながら友情を深めていく。しかし、ユウキの体は病気にむしばまれていた。それも過去130年間で世界でわずか7例しか確認されていない頭蓋骨の一部が溶けていくという難病だ。仲間に激励され、ユウキは23時間にも及ぶ手術を受ける。術後にはフルマラソンに挑戦、5時間を切るタイムで走り切るが…。
 亀梨は「こういう友情、いいなぁと思いました。ドキュメンタリーの人物を演じるのは初めてですが、その人を演じるということは、その人の人生に参加することだと思います。ユウキの自分の道を信じて、またさらに進もうという強さを伝えたい」とコメントを寄せた。
(デイリースポーツ)



KAT-TUN、前作に続くハイレベルスタート!


 KAT-TUNの第2弾シングル「SIGNAL」(『NTT DoCoMo new 9 series 』CMソング)がデイリーシングルランキング初登場1位に輝いた。売上も2位以下を大きく引き離すハイレベル動向で、デビュー作「Real Face」に続き、2作連続初登場首位が確定的になった。100万枚突破の「Real Face」にどこまで迫れるか注目される。



破格の3冠デビューから4か月、KAT-TUN 次作への注目度は!?


 シングル「Real Face」をはじめ、アルバム、DVDと3アイテムの同時発売で衝撃の3冠デビューを果したKAT-TUN。そんな彼らの待望のニューシングル「SIGNAL」がいよいよ7月19日に発売される。本作はNTT DoCoMo『new 9 series』のCMソングとして現在オンエア中。発売前にしてすでに大きな話題を集めており、 注目のシングル作品ランキング でもダントツの高ポイントを獲得し、トップに立っている。

 彼らのアーティスト認知度は、今作の発売2週間前の調査で女性層97.0%。全体でも89.8%と高い認知度を獲得している。楽曲の視聴経験では、10代女性が最高で70.0%、最低が40代男性の24.0%で、平均46.3%だった( グラフ )。CMのオンエアにより、各世代から平均的な楽曲の視聴経験が期待されたが、実際には10代女性への意識付けが最も成功していることがわかる。この10代女性層の反応からいかに波及していくか注目したい。
 一方、その他の調査でも10代女性が強いかといえば、必ずしもそうではない。興味関心では20代女性、CD購入意向では40代女性が最も強い反応を見せている。

 音楽シーンに一大旋風を巻き起こした破格のデビューから4か月。今作のリリースではより幅広い世代からの注目を集めることになるだろう。

(オリコン)



KAT-TUN、篠原涼子ら『24時間テレビ』で“絆"を訴える!


 今年で29回目を迎える夏恒例の日本テレビ『24時間テレビ29 愛は地球を救う』(8月26日(土)午後6時30分スタート)の記者会見が7月13日(木)、東京・汐留の日本テレビ本社で行われた( 会見の模様、出演者らの写真 )。

 今年のテーマは、昨今の凶悪事件などを背景に“今、人として大切にして欲しいものを思い出してもらう"ということで『絆〜今、私たちにできること〜』に設定。

 まずは、同局のバラエティ番組として人気を博した『天才たけしの元気が出るテレビ!』の名企画、『制服対抗ダンス甲子園』を復活。さらに、視覚障害者による社交ダンス選手権や、ハンディキャップを持った人がチャンレジする野球への情熱や想いをメインパーソナリティーのKAT-TUNらが、参加者と絆を深めながら全力で応援する。

 また、番組中に着用するTシャツは、中丸雄一がノート1冊分の原案を書き、スタジオジブリとコラボレーション。2種類(黄色、黄緑色)のインパクトのあるキャラクターがデザインされ完成した。

 会見で亀梨和也は「本番までは、メンバー個々でロケに行く機会が多いのですが、武道館の雰囲気を早く味わいたい。今、自ら貯金をしているので、当日は持っていきますよ!」と笑顔で挨拶。また、田中聖も「この番組を挑戦することによって、番組だけでなくグループとしても絆を深めて行きたいです」と抱負を語った。

 一方、チャリティパーソナリティーの篠原涼子は「自分が小さい頃から観ていて、感動させられた番組に出演できて嬉しいです。これを機会に、普段皆さんが忘れがちな“感謝"することや、周りがいて自分が存在しているということを思い出してもらえれば…」と自ら成長するきっかけとなった思い入れのある番組に、敬意を表しながら話した。

 また、番組パーソナリティーとして、くりぃむしちゅーと共に参加する久本雅美は、中丸がデザインしたTシャツを見ながら「彼に抱かれているような気分。さらに、メンバーとも深い絆を結んでいきたい!」とテーマと引っかけたトークで、会場を沸かせていた。

 なお、総合司会はこれまで全ての回で出演している徳光和夫と、日本テレビの西尾由佳理アナが担当。注目のマラソンランナーは今後発表される予定だ。

(オリコン)



KAT-TUN、CMでおなじみの2ndシングル!


3月22日にリリースしたシングル・アルバム・DVDのデビュー3アイテムが大ヒットを記録したKAT-TUN。彼らの待望の2ndシングル「SIGNAL」が7月19日にリリースされます。

今曲は、メンバー6人全員で出演している“NTT DoCoMo new 9 series”のCMソングとしてすでにおなじみのナンバー。ロック・テイストだったデビュー曲「Real Face」から一転、かっこいいダンス・チューンに仕上がりました。初回盤には約30分に及ぶDoCoMoのテレビCMメイキング映像を収録したDVD付き。通常盤には、初回盤には収録されない新曲「I'll be with you」が収められています。
その他詳細は公式サイトまで。テレビCMの詳細やこぼれ話はNTT Docomoサイトへどうぞ。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。