亀梨和也「『神の雫』に恋してます」



1月9日9時21分配信 デイリースポーツ


 KAT-TUNの亀梨和也(22)が8日、東京・東新橋の日本テレビで行われた同局系の主演ドラマ「神の雫」(13日スタート 火曜 後10・00)の制作発表に出席し、「『神の雫』に恋してます。恋しないとセリフが頭に入ってこない」と熱演を宣言した。
 作品は220万部ヒットの同名コミックを原作に、世界的ワイン評論家の息子(亀梨)と新進ワイン評論家(田辺誠一)の対決などワインに魅せられた人々の姿を描く。
 亀梨は撮影に入り数十本のワインを飲み、「ワインの深さのとりこになった。お金がかかりそう」と笑顔。私生活でも「クリスマス明けにも友人と『オレら寂しいな』と言いながら(ワインを)飲んで楽しかった」とエピソードを披露した。
 「お酒は強いのか?」という質問も飛んだが、亀梨は「強いってほどでも…たしなむ程度です」と苦笑い。昨年10月に飲みすぎてタクシーでトラブルを起こしたことには触れなかった。
 なお、主題歌はKAT-TUN「ONE DROP」(2月11日発売)。共演は田辺誠一、仲里依紗、竹中直人ら。




亀梨ワインではなく美女に酔う?



1月9日9時50分配信 日刊スポーツ


 KAT−TUN亀梨和也(22)が主演する日本テレビ系連続ドラマ「神の雫」(13日スタート、火曜午後10時)の会見が8日、都内の同局で行われた。ワインをテーマに人間模様を描く。「お酒は強いというわけではないし、たしなむ程度」という亀梨。「ワインの深さを感じ始めてとりこになってしまい、お金がたくさんかかります。流れで資格も取れたらカッコいいですけど」と苦笑い。一方、共演は仲里依紗、内田有紀、戸田菜穂、佐々木希ら美女が勢ぞろい。美女に酔うのでは? との問いには「ハイっ!」と即答した。



<神の雫>主演・亀梨がワインにはまる 「お金かかるかな」



1月9日18時52分配信 毎日新聞


 ワインを題材にしたテレビドラマ「神の雫」(日本テレビ系)の制作発表会見が8日、東京・汐留の同局で開かれ、主演の亀梨和也さんや、仲里依紗さんら共演者が登場した。亀梨さんは、「(ワインの)深さを感じてとりこになってしまった」とワインに心を奪われたことを明かし、「(これから)お金がたくさんかかるかなぁ」とぼやいていた。

【写真特集】出演陣が登場した「神の雫」会見の様子

 「神の雫」は、マンガ誌「週刊モーニング」(講談社)で連載中の同名マンガ(亜樹直原作、オキモト・シュウ画)が原作。世界的なワイン評論家・神咲豊多香の血を受け継いだ神咲雫(亀梨さん)と、若手ワイン評論家の遠峰一青(田辺さん)の2人の男性が、豊多香の莫大な遺産をめぐり、「神の雫」と呼ばれる幻のワインと、豊多香が選んだ6本のワインの計7本の銘柄と造られた年を当てる対決を繰り広げる。韓国ではワインブームのきっかけになったともいわれ、ペ・ヨンジュンさん主演でドラマ化されることがすでに発表されている。【内田剛樹】





KAT−TUN・中丸雄一がレスキュー出動



1月11日8時1分配信 サンケイスポーツ


 KAT−TUNの中丸雄一(25)が10日、横浜市の赤レンガ倉庫イベント広場で開かれた同市特別高度救助隊(スーパーレンジャー)の出初め式に参加。隊員姿で要救助者を保護するデモンストレーションを行った。

 24日スタートのTBS系「RESCUE〜特別高度救助隊」(土曜後7・56)で、主演の中丸は救助隊候補生を演じる。同市の全面協力で救助隊の訓練を受けながら撮影している縁で実現。共演の石黒賢(42)、要潤(27)らと訓練の成果を披露した。中丸は「参加できて光栄。レスキューの責任の重さを感じながらドラマ撮影に臨みたい」と表情を引き締めた。




中丸雄一 脱いだらスゴイ!?



1月11日9時40分配信 デイリースポーツ


 TBS・MBS系ドラマ「RESCUE 特別高度救助隊」(24日スタート 土曜 後7・56 初回のみ後7・00)で連ドラ初主演するKAT-TUNの中丸雄一(25)が10日、横浜市で行われた「開港150周年記念新春安全・安心フェスティバル」に参加した。
 同市の特別高度救助隊(スーパーレンジャー)がドラマに全面協力。中丸も同隊で1カ月間、訓練を受けた。その縁で、この日は発隊式と救助訓練にも参加。けが人を担架で運ぶなど、きびきびした動きを見せ、同隊隊長からもほめられた。
 中丸は「デモンストレーションに参加でき光栄。訓練を受けて筋肉がついてきたので、入浴シーンも楽しみにしてください」と笑わせていた。




中丸救助隊員は誰よりも速くレスキュー!



1月11日10時9分配信 日刊スポーツ


 KAT−TUN中丸雄一(25)初主演のTBS系テレビドラマ「RESCUE(レスキュー)〜特別高度救助隊」(24日スタート)の出演者6人が10日、横浜・赤レンガ倉庫周辺で行われた防災イベントに参加した。横浜市の特別高度救助隊と一緒に、救助者の搬送や消火作業のデモンストレーションを行った。ドラマ収録では、同救助隊から演技指導を受けている。中丸は「酸素マスクの使い方が得意になりました。つけ外しの速さは誰にも負けない」と胸を張った。



亀梨ワインではなく美女に酔う?



1月9日9時50分配信 日刊スポーツ


 KAT−TUN亀梨和也(22)が主演する日本テレビ系連続ドラマ「神の雫」(13日スタート、火曜午後10時)の会見が8日、都内の同局で行われた。ワインをテーマに人間模様を描く。「お酒は強いというわけではないし、たしなむ程度」という亀梨。「ワインの深さを感じ始めてとりこになってしまい、お金がたくさんかかります。流れで資格も取れたらカッコいいですけど」と苦笑い。一方、共演は仲里依紗、内田有紀、戸田菜穂、佐々木希ら美女が勢ぞろい。美女に酔うのでは? との問いには「ハイっ!」と即答した。



佐々木希初ドラマ「神の雫」で亀梨と共演



12月21日10時16分配信 日刊スポーツ


 雑誌「PINKY」専属モデルの女優佐々木希(のぞみ=20)が、日本テレビ系連続ドラマ「神の雫」(09年1月スタート、火曜午後10時)でドラマに初出演することが20日、明らかになった。亀梨和也(22)主演でワインをテーマに人間模様を描く作品で、トップモデルのセーラ役に挑戦する。
 11月公開の映画「ハンサム★スーツ」で女優デビューしたばかりの佐々木は「お話をいただいた時は、うれしい半面ちゃんとできるか不安でした。映画は時間がたくさんありましたが、連続ドラマは放送が迫ったところで撮り続けていくので、皆さんにご迷惑かけないようにしっかり頑張ります」。桑原丈弥プロデューサーは「ティーンに絶大な人気があって、セーラ役は佐々木さんしかいない。ドラマ初出演、とにかくフレッシュに演じてほしい」と話している。




08/12/15付オリコンランキングトピックス:KAT-TUNの通算8枚目のシングル「White X'mas」が25万枚を売上げ、首位獲得!



12月10日17時50分配信 オリコン


08/12/15付オリコンシングルランキング、今週の注目は、KAT-TUNの通算8枚目のシングル「White X’mas」が発売1週目で25.0万枚を売上げ、首位獲得。デビューからのシングル連続首位を8作に更新した。2位は、4.2万枚を売り上げ、GReeeeNの「扉」がランクイン。6位には、秋元順子の「愛のままで…」。本作が初ランクインしたのは2/4付の40位で、その後、100位近辺でのランクインを続けており、今週、自己最高位を更新した。

その他、08/12/15付オリコンシングルランキング(集計期間:12/8〜12/14)の主なトピックスは以下のとおり。

アルバム&DVDランキングトピックス

首位は、KAT-TUNの8thシングル「White X'mas」(初登場赤丸付、25.0万枚)。    

2位は、GReeeeNの「扉」(初登場赤丸付、4.2万枚)。TOP10入りは6作連続、通算6作目。

3位は、TVアニメ『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)セカンドシーズン』のエンディングテーマに起用されている、石川智晶の「Prototype」(初登場赤丸付、2.9万枚)。5作目のランクインで初のTOP10入り。

4位は、いきものがかりの「気まぐれロマンティック」(初登場赤丸付、2.4万枚)。TOP10入りは7作連続通算8作目。

5位は、ナイトメアの「NAKED LOVE」(初登場赤丸付、2.2万枚)。TOP10入りは6作連続、通算6作目。

6位は、先週、45週目で初のTOP10入りを果たした、秋元順子の「愛のままで…」(赤丸付、累積16.1万枚)。自己最高位を更新。

7位は、Gacktの「Jesus」(初登場赤丸付、1.8万枚)。TOP10入りは28作目。

10位は、Dragon Ashの「繋がりSUNSET」(初登場赤丸付、1.2万枚)。TOP10入りは、17作連続、通算17作目(再発盤は除く)。





KAT-TUN、初の本格的なラブ・バラードをリリース! ライブDVD元旦発売決定!!



12月2日0時28分配信 Musicnet


KAT-TUNが、8thシングル 「White X'mas」を12月3日にリリースします。今作は彼らのシングル作品では初の本格的なラブ・バラード。

初回限定盤はタイトル曲を収めたCDに、同曲のビデオ・クリップ&メイキング映像を収録したDVD、メンバーの最新フォトを使用した20ページのプレミアム・ブックレットを封入。期間限定盤はタイトル曲に同曲のオリジナル・カラオケを加えた全2曲を収めたCDのみで販売されます。

さらに、3rdアルバム『KAT-TUN III-QUEEN OF PIRATES-』発表後に敢行され、約50万人の動員を記録した今夏の全国ツアーから、日本人アーティスト初の4日間連続東京ドーム公演の最終日のライブ・パフォーマンスを収めたDVD「KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES」 を2009年1月1日に発売することも決定しました。





22年モノ!大人の亀梨を召し上がれ…人気漫画「神の雫」ドラマ化


11月13日8時0分配信 スポーツ報知

 人気グループ「KAT−TUN」の亀梨和也(22)が、来年1月スタートの日テレ系ドラマ「神の雫」(火曜・後10時)に主演することが12日、分かった。ワインをテーマに人間模様を描く物語で、亀梨は初のサラリーマン役に挑戦。父の遺書をきっかけにワインに目覚め、宿命のライバルと対決を繰り広げる役どころで「今までより大人な自分を楽しんで演じたい」と意気込んでいる。

 スーツにネクタイの亀梨がグラスを手に、芳醇(ほうじゅん)なワインの香りを漂わせる。

 本作は週刊「モーニング」に連載中で、累計220万部を売り上げる亜樹直さん原作の同名人気コミックのドラマ化。世界的ワイン評論家の父が急死し、遺産である時価20億円超のワインコレクションをめぐり、2人の息子が遺書に記された究極のワイン「神の雫」を求めて対決する。

 亀梨演じる主人公は、ビール会社のワイン事業部に勤めるサラリーマン。幼少時から父の英才教育に反発し、ワインとは無縁の生活を送っていたが、気鋭のワイン評論家で父の養子である義兄と宿命の勝負に臨むことに。父の残した謎を解決するため、嗅覚(きゅうかく)や表現能力など天才的な才能を発揮していく。

 日テレの桑原丈弥プロデューサーは「亀梨君はまさに今、少年から大人の男に成長しているところ。真っすぐさを失わずに大人になろうとする主人公にぴったり」と起用理由を説明。「少年役やハングリーな役どころが多かったが、新しい亀梨君を見たい」と新境地の役柄に合わせ、髪形などイメージチェンジも検討するという。

 ワインの味をポエムのように表現する場面が見どころのひとつ。「普段からワインは飲みますが、詳しくはない」という亀梨が、役と同じようにワインに染まり成長していく様子も見られそうだ。

 12月中旬のクランクインを控え「ワインと同様に、深く魅力あるキャラクターを演じていければ」と亀梨。「今までより少し大人な自分、そして共演者、スタッフ、視聴者の方々とさまざまなマリアージュ(ワインと料理のおいしい組み合わせ)が生まれるよう楽しんで演じていきたい」と話している。

 ◆原作仏韓で200万部   ○…原作コミックは、ワインの本場・フランスのほか、韓国でも200万部を売り上げる人気ぶりで、韓国国内のワインブームの火つけ役ともされている。来年の秋冬には、日本に続いて韓国でもドラマ化が予定されている。



亀梨和也 人気ワイン漫画に挑戦


11月13日9時35分配信 デイリースポーツ

 KAT-TUNの亀梨和也(22)が、週刊モーニングに連載中の人気コミックスを原作とした日本テレビ・読売系の新連続ドラマ「神の雫」(来年1月スタート、火曜、後10・00)に主演することが12日、分かった。1本のワインをめぐり繰り広げられる人間模様を描き220万部の売り上げを記録、本場フランスでもニュースとして取り上げられたほどの話題作で、新境地に挑む。
 亀梨演じるのは、主人公のビール会社勤務の神咲雫。世界的ワイン評論家の父の遺言に記された究極のワインを求めライバルとの対決を繰り返すうち、ワインの天才的な才能に目覚めていく。亀梨にとっては、サラリーマン役初挑戦となる。
 これまでドラマでは、学生やボクサーなど“少年ぽさ”を残した役柄が多かったが、スーツ姿でワイン探しに奮闘するというイメージチェンジに、桑原丈弥プロデューサーも「少年から大人へ成長している今、その年齢のままを演じてほしい」と期待を寄せる。
 亀梨も「今までより少し大人な自分、そして共演者の皆さん、スタッフ、視聴者の方々とともにさまざまな“マリアージュ”が生まれるよう楽しんで演じていきたいと思います」と、相性や組み合わせという意味を持つワイン用語を使って抱負。深みのかかった大人の魅力で視聴者を酔わせる。



<神の雫>亀梨主演でドラマ化 ヨン様の韓国版と対決? 人気ワインマンガ


11月13日12時10分配信 毎日新聞

<神の雫>亀梨主演でドラマ化 ヨン様の韓国版と対決? 人気ワインマンガ

亀梨和也さん主演でドラマ化されるマンガ「神の雫」

 週刊マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中のワインがテーマのマンガ「神の雫」(亜樹直原作、オキモト・シュウ画)が連続テレビドラマ化されることが決まり、アイドルグループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演することが分かった。同作は韓国でも、ペ・ヨンジュンさん主演でドラマ化されることが既に発表されている。

 「神の雫」は、世界的なワイン評論家・神咲の血を受け継いだ神咲雫と、若手ワイン評論家の遠峰一青の2人の男性が、神咲の残したとされる「十二使徒」と呼ばれる12本の幻のワインを求めて対決する物語。コミックスは17巻までで220万部を発行している。

 ドラマでは亀梨さんが雫を演じるという。09年1月から日本テレビ系で放送される。【渡辺圭】



人気マンガ『神の雫』が亀梨和也主演でドラマ化! 大人の魅力で“酔わせる”


11月13日12時32分配信 オリコン

人気マンガ『神の雫』が亀梨和也主演でドラマ化! 大人の魅力で“酔わせる”

亀梨和也主演でドラマ化が決定した『神の雫』(講談社)

 人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が、『週刊モーニング』(講談社)で連載中の人気マンガを原作とした新ドラマ『神の雫』(日本テレビ系)で主演を演じることが12日(水)わかった。同作では、ワインをめぐり繰り広げられるさまざまな人間模様のなかで、主演の亀梨はワインの天才的な才能に目覚めていく。初のサラリーマン役に挑む亀梨は、同作で幅広いワインの知識を披露しながら、大人の魅力で視聴者を酔わせてくれそうだ。

 亀梨演じる主人公・神咲雫は、ビール会社勤務に務めるサラリーマン。世界的ワイン評論家の父親が、時価20億円を超えるワインコレクションを残したまま急死。遺言には、父が選んだ究極のワイン12本と、さらに頂点を極めた「神の雫」というワインを探し当てたものに遺産が相続されると記されていた。主人公・は究極のワインを求めライバルとの対決を繰り返すうち、ワインの天才的な才能に目覚めていく。

 ワインを題材にしての対決のスリリングな展開、問題解決のサスペンス、それを巡る人間模様など、テレビドラマに欠かせない面白さを内包した同作で、これまでにない“大人の魅力”を前面に出した亀梨の演技に期待が高まる。

 ドラマ『神の雫』は、2009年1月より毎週火曜・後10時より放送開始。



KAT-TUNの亀梨 酔ってトラブル


11月18日9時32分配信 デイリースポーツ

 KAT-TUNの亀梨和也(22)が、酔ってタクシー運転手と口論になり警察に事情を聴かれるトラブルがあったことが17日、分かった。
 トラブルが起きたのは10月23日の未明。亀梨が自宅に帰宅しようとタクシーに乗った際、ドライバーの選んだ道が間違っていると勘違い。運転手に「道が違う」と声をかけたところ、運転手も車外に出て激しい口論となった。
 暴行などはなかったが、驚いた通行人が110番通報。警察が駆けつけ2人に事情を聴いた。その日はスタッフが警察に亀梨を迎えに行き、自宅まで送り届けた。後日ルートが正しかったことが判明し、亀梨は運転手に謝罪。運転手も受け入れたという。
 亀梨の担当弁護士は「事件性はなく示談書などもない。相手の方にもわかっていただいた」と説明。亀梨自身も猛省している。来年1月スタートの日本テレビ系主演ドラマ「神の雫」ではビール会社の社員役を演じるため、酒がらみのトラブルはご法度。今回の騒動で、改めて自分が酔わず、視聴者を酔わせる熱演を誓っているようだ。



赤西仁、小林武史氏の初監督作で映画初主演!


10月29日8時2分配信 スポーツ報知

 人気グループ「KAT−TUN」の赤西仁(24)が映画初出演で初主演することが28日、発表された。1990年代の日本のバンドブームを駆ける若者を描く音楽映画「BANDAGE バンデイジ」(2010年公開)で、音楽プロデューサーの小林武史氏(49)が劇映画初監督。脚本の岩井俊二氏(45)とプロデュースも担う。

 赤西は人気上昇中のバンド「LANDS(ランズ)」のリーダー兼ボーカル役。仲間との結束や確執、周囲の欲望が渦巻く中で、道を切り開こうと声を響かせる。

 岩井氏が06年夏、監督作「スワロウテイル」(96年)などで手を組んだ小林氏に映画音楽を依頼。映画と同名の楽曲「BANDAGE」を書き下ろした小林氏が、監督を務めることに。熱気と繊細さを併せ持つ主役について、岩井氏と考えが一致したといい「感覚的に、赤西仁がいいと思った。僕との音楽的な距離や経験の違いなども含めて」と小林監督。95年の「Mr.Children」のドキュメンタリー「es」以来、劇映画では初メガホンとなる。

 11月上旬にクランクイン。赤西は「(音楽、映画界を代表する)小林さん、岩井さんとの作品で、映画初主演できることをうれしく思います。KAT−TUNではできない形のアーティストとして演じることが楽しみ。今までにない日本映画になると思います」。新バンドを率いて、銀幕に殴り込む。



莎よタ篁�絨��ž—罩��~�����ˆ�›gd�œ�ф˜��”糸ˆ筝紙�”鐚


10�œˆ29�—�8�™‚2�ˆ†�…篆� �‚鴻ƒ�ƒ若ƒ„��援Ÿ�

�篋堺�—�‚違ƒ��ƒ若ƒ—�Œ鐚�鐚¥軸鐚鐚器宍鐚����莎よタ篁鐚ˆ鐚’鐚”鐚‰�Œ�˜��”糸ˆ�‡堺�”�уˆ筝紙�”�™�‚‹�“���Œ鐚’鐚˜�—ャ�™肴;�•�‚Œ�Ÿ�‚鐚‘鐚™鐚™鐚綛岩撮���—ユœ����ƒ�ƒ潟ƒ‰�ƒ–�ƒ若ƒ��‚’薈†�‘�‚‹�‹ヨ…�‚’������Ÿ恰ソ�˜��”祉Œ鐚�鐚¥汐鐚わ次鐚э璽��ƒ�ƒ潟ƒ‡�‚ゃ‚吾鐚ˆ鐚’鐚鐚‘鐚綛翫…��–‹鐚‰�с�Ÿ恰ソ�ƒ—�ƒƒ‡�ƒャƒ若‚泣ƒ若�絨��ž—罩��~��鐚ˆ鐚”鐚™鐚‰�Œ�Š‡�˜��”糸ˆ�›gc‚�„š�œ���絏�篋•篆Š篋Œ羂�鐚ˆ鐚”鐚•鐚‰���ƒ—�ƒƒ‡�ƒャƒ若‚鴻‚‚�‹…�†�‚

�莎よタ��篋堺�—筝Š�˜‡筝��ƒ�ƒ潟ƒ‰�Œ鐚�鐚¥汐鐚わ竺鐚ˆ�ƒ��ƒ潟‚削�‰����ƒ��ƒ若ƒ�ƒ弱…若ƒœ�ƒ若‚��ƒ�綵鴻‚篁臥–“����腟�Ÿ�‚„腆阪Ÿ激�‘��›蚊�罨我œ›�Œ羝�綏祉鋇с�“�‚’�ˆ‡�‚Š�–‹�“�†��紕違‚’�Ÿ帥‹�›�‚‹�‚

�絏�篋•羂��Œ鐚鐚–綛翫����›gd�œ�Œ�‚鴻ƒ��ƒ‚��ƒ†�‚ゃƒ��鐚ˆ鐚™鐚–綛器�‰�����ф‰‹�‚’腟„�‚“��絨��ž—羂����˜��”脂Ÿ恰ソ�‚’箴��若‚�˜��”祉��Œ���罐醇›蚊Œ鐚�鐚¥汐鐚わ次鐚э璽��‚’�›吾筝‹�‚�—�Ÿ絨��ž—羂��Œ��›gc‚’�‹™�‚�‚‹�“�����‚�†掩�—��膵Š膣違•�‚’篏泣›�Œ�や源綵鴻��ゃ„���絏�篋•羂����ƒ�ˆ�Œ筝�‡眼—�Ÿ���„�„�Œ�„Ÿ荀š�š„���莎よタ篁�Œ�„�„����cŸ�‚�ƒ•�����Ÿ恰ソ�š„��莊�›≪‚„腟Œ薑“���•�„�����‚‚���‚�����絨��ž—�›gc‚鐚™鐚•綛眼��Œ鐚�’鐚�鐚o�ˆ鐔‰鐔Œ鐔„鐔’鐔…鐔�����ƒ‰�‚ƒャƒ<ƒ潟‚帥ƒ��ƒ若Œ鐔…鐔“�篁ユャ�Š‡�˜��”祉с��ˆ�ƒ<‚��ƒ›�ƒ潟����‚‹�‚

�鐚‘鐚‘�œˆ筝Š�—����‚��ƒ��ƒ潟‚��‚ゃƒ潟‚莎よタ���Œ鐚ˆ�Ÿ恰ソ��˜��”紫•Œ�‚’篁h;�™�‚‹鐚‰絨��ž—�•�‚“�絏�篋•�•�‚“����篏œ�“�с�˜��”糸ˆ筝紙�”�с�‚‹�“���‚’�†�‚Œ�—����„�障™�‚鐚�鐚¥軸鐚鐚器宍鐚��с��с���„綵≪��‚≪ƒ若ƒ†�‚c‚鴻ƒˆ���—��羲”�˜�‚‹�“���Œ罐純—�帥‚篁Š�障с����„�—ユœ��˜��”祉����‚‹����„�障™��‚�–違ƒ�ƒ潟ƒ‰�‚’��‡�„����Š綛•��罧眼‚Š莨若‚�‚



KAT−TUN赤西、主演で銀幕デビュー


10月29日8時3分配信 サンケイスポーツ

 KAT−TUNの赤西仁(24)が、いきなり主演で銀幕デビューすることが28日、発表された。平成22年公開の「BANDAGE」で、舞台はバンドブームが吹き荒れた平成の世が始まって間もない時代。音楽に青春をぶつけたバンドのリーダー兼ボーカルの光と影を、赤西が力強くかつ繊細に演じる。甘いルックスに加え、彼の武器でもある伸びやかな歌声とセクシーなダンスを、思う存分スクリーンで発揮させることになりそう。

 監督は音楽プロデューサーの小林武史氏(49)、脚本は映画監督の岩井俊二氏(45)が務める。同作は岩井氏が、あるアマチュアライターが書いた小説からヒントを得て映画化の構想を温めてきた。岩井氏は8年の監督作品「スワロウテイル」の音楽を手掛けた小林氏に監督と劇中音楽を依頼した。

 小林氏はかつてMr.Childrenのドキュメンタリー映画「es」で監督を務めたが、役者を演出するのは初めて。内に秘めた熱気と繊細さを表現できるとして、小林氏が「感覚的に主演は赤西仁がいいと思った」と指名した。

 赤西は「KAT−TUNではできない形のアーティストとして演じることを楽しみにしています。いままでにない日本映画になると思います」と、自信たっぷりに11月3日のクランクインを心待ちにしている。



鐚�鐚¥軸鐚鐚器宍鐚�莎よタ�筝紙�”�чŠ綛•�ƒ‡�ƒ“�ƒャƒ


10�œˆ29�—�8�™‚3�ˆ†�…篆� �‚泣ƒ潟‚宴‚ゃ‚鴻ƒ�ƒ若ƒ„

�鐚�鐚¥軸鐚鐚器宍鐚���莎よタ篁鐚ˆ鐚’鐚”鐚‰�Œ��„����‚Š筝紙�”�чŠ綛•�ƒ‡�ƒ“�ƒャƒ若™�‚‹�“���Œ鐚’鐚˜�—ャ�™肴;�•�‚Œ�Ÿ�‚綛恰ˆ鐚’鐚’綛翫…��–‹���Œ鐚�鐚¥汐鐚わ次鐚э璽��с�ˆž�m��ƒ�ƒ潟ƒ‰�ƒ–�ƒ若ƒ��Œ�鴻�’�‚Œ�Ÿ綛恰ˆ��筝–�Œ紮‹�障c��–“�‚‚���„�™‚篁c‚�Ÿ恰ソ���’�˜ャ‚’�吟ゃ‘�Ÿ�ƒ�ƒ潟ƒ‰���ƒ��ƒ若ƒ�ƒ弱…若ƒœ�ƒ若‚��ƒ����…‰��綵宴‚’�莎よタ�Œ�Š›綣激��‹�ょ�Š膣違�羲”�˜�‚‹�‚�”˜�„�ƒ��ƒƒ�‚��‚鴻��Š��ˆ�綵若�罩��™��с‚‚�‚�‚‹篌吾潟‚„�‹��罩Œ紕違��‚祉‚��‚激ƒ若��ƒ�ƒ潟‚鴻‚’���†絖˜�ˆ†�‚鴻‚��ƒ��ƒ若ƒ潟х™堺���•�›�‚‹�“�������‚Š��†�‚

��›gc��Ÿ恰ソ�ƒ—�ƒƒ‡�ƒャƒ若‚泣ƒ若�絨��ž—罩��~��鐚ˆ鐚”鐚™鐚‰��„š�œ����˜��”紫›gc�絏�篋•篆Š篋Œ羂�鐚ˆ鐚”鐚•鐚‰�Œ�‹™�‚�‚‹�‚�Œ篏œ��絏�篋•羂��Œ��‚�‚‹�‚≪ƒž�ƒ�ƒャ‚≪ƒ��‚ゃ‚帥ƒ若Œ�›吾„�Ÿ絨顄��‹�‚‰�ƒ’�ƒ潟ƒˆ�‚’緇—���˜��”糸Œ–��罕‹�ƒ潟‚’羝��‚����Ÿ�‚絏�篋•羂���鐚˜綛眼��›gd�œ�“�Œ�‚鴻ƒ��ƒ‚��ƒ†�‚ゃƒ�����Ÿ恰ソ�‚’�‰‹��›�‘�Ÿ絨��ž—羂����›gc��Š‡筝Ÿ恰ソ�‚’箴��若—�Ÿ�‚

�絨��ž—羂����‹�ゃ�鐚�’鐚�鐚o�ˆ鐔‰鐔Œ鐔„鐔’鐔…鐔����ƒ‰�‚ƒャƒ<ƒ潟‚帥ƒ��ƒ惹˜��”祉Œ鐔…鐔“��х›gc‚’�‹™�‚�Ÿ�Œ�綵壕…�‚’羲”�‡冴™�‚‹�����ˆ�‚���‚�†…��腱˜�‚�Ÿ�†掩�—��膵Š膣違•�‚’茵��憗с�‚‹���—���絨��ž—羂��Œ�Œ�„Ÿ荀š�š„��筝紙�”��莎よタ篁�Œ�„�„����cŸ����Œ‡��—�Ÿ�‚

�莎よタ���Œ鐚�鐚¥軸鐚鐚器宍鐚��с��с���„綵≪��‚≪ƒ若ƒ†�‚c‚鴻ƒˆ���—��羲”�˜�‚‹�“���‚’罐純—�帥��—���„�障™�‚�„�障障с����„�—ユœ��˜��”祉����‚‹����„�障™�����‡�篆<Ÿ�c激‚Š��鐚‘鐚‘�œˆ鐚“�—ャ��‚��ƒ��ƒ潟‚��‚ゃƒ潟‚’綽ƒ緇…�<��—���„�‚‹�‚



2010年公開!赤西銀幕主演デビュー


10月29日9時25分配信 デイリースポーツ

 KAT-TUNの赤西仁(24)が、2010年に公開される映画「BANDAGE」で映画初出演し初主演を果たすことが28日、明らかになった。監督は「Mr.Children」らの音楽プロデューサー・小林武史氏(49)、脚本は「Love letter」などで知られる映像作家・岩井俊二氏(45)と豪華スタッフが名を連ねる作品で、赤西も来月3日に迫ったクランクインを前に熱演を誓っている。
  ◇  ◇
 音楽と映像を融合させた映画「スワロウテイル」(96年)で日本映画界に新風を吹き込んだ岩井&小林の天才コンビのプロデュースで、赤西が映画初出演で初主演を務めることになった。
 作品の「BANDAGE バンデイジ」は、バンドブームに沸く90年代が舞台。ロックバンド「LANDS(ランズ)」で活動する若者たちの夢、友情、崩壊、成長などの光と影を描く青春音楽映画だ。赤西はバンドのリーダーでリードボーカル・高杉ナツを演じる。
 今作は、5年前に岩井氏が菅智香氏の小説を読み映画化の構想を温めていた作品。自らシナリオを執筆し、06年に音楽と監督を小林氏に依頼していた。その際、2人が主演に思い描いたのは偶然にも赤西だった。小林監督は「感覚的に、主演は赤西仁がいいと思った。僕との音楽的な距離や経験の違いなども含めて」と熱演を期待する。
 ハリウッド映画で声の吹き替えの経験はあるが、念願の映画初主演となる赤西。「素晴らしい方々の作品で映画初主演できることをうれしく思います。KAT-TUNではできない形のアーティストとして演じることを楽しみにしています。今までにない日本映画になる」と大張り切り。自ら演技プランを出すなど意欲的に取り組んでいる。
 また小林監督は95年に「『es』 Mr.Children in FILM」でドキュメンタリー映画の監督を務めたが、ストーリーのある映画の監督は初となる。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。