森光子さん、来春はタッキーと「人生革命」



9月8日18時48分配信 読売新聞

 女優の森光子さん(89)が来年1月、帝国劇場(東京・丸の内)で新作舞台「新春 人生革命」に主演することが決まり、8日、都内で記者会見した。

 大物女優(森)と、彼女を慕う薄幸の青年(滝沢秀明さん)の心のふれあいの物語。

 森さんは「いい正月を迎えられるよう頑張る」とあいさつ。「(空中を飛ぶ)フライングもやりたい」と冗談も飛び出した。

 森さんは1月8〜28日の14公演に出演する。



森光子と滝沢秀明が舞台でフライング共演!?



9月9日6時30分配信 オリコン

 女優の森光子と人気グループ・タッキー&翼の滝沢秀明が、2010年帝劇新春特別公演『新春 人生革命』(来年1月8日〜28日)で10年ぶりに共演する。8日、都内で行われた会見で、滝沢の帝劇公演の見どころのひとつ“フライング”について聞かれた森は「その質問待ってました。大いに興味あります」と意欲満々。この発言に不安を募らせた滝沢は「個人的には見たいですが、止めたいと思います」と消極的。すかさず森は「大丈夫。高いところが好きだから」と切り返すなど絶妙な掛け合いで、息のあったところをうかがわせた。

 森と滝沢の共演は映画『川の流れのように』以来10年ぶり。「今でもすれ違っただけでドキドキする。成長しているのに老けないその秘密を教えて欲しい」と森が言うと、滝沢は「大女優、大先輩と共演できるのは自分にとってもいいチャンス。老けないのは、みなさんもそう思っていると思いますが、森さんの方でしょう。こちらがその秘密を教えていただきたいです」と恐縮した。

 報道陣からの「2人の共演ではどんな“革命”が起きるのか」という質問に森は、「起きたあとの何かが変わるということ。その結果を待たせていただきたい」。これに対して、滝沢は「もうこの時点で革命は起きている。森さんと共演するということが革命です」と応じた。

 来年女優生活75周年を迎える森だが、そのエネルギーの源は「早い話がヤケクソです」と意外な回答。そして「植木等さんが言っていたように、なんとかなるだろうと思うようにしています。そして努力していって、一歩でも、いや半歩でも前に進むことができればいいなと思います」と語り、今後の活動についてさらなる意欲を示していた。

 同舞台は、作・構成・演出を手がけるジャニー喜多川氏が、今年4月に出版された森の初自叙伝『人生はロングラン』(日本経済新聞出版社)を読み、その女優人生、幼い頃や戦中、戦後の体験にインスパイアされ、そして彼女がジャニー氏に語った言葉からアイディアを得て生まれたオリジナル作品。

 滝沢は同舞台と並行して、夜の部では2年目を迎える『新春 滝沢革命』(来年1月1日〜27日)にも出演するというハードなスケジュールで“1月の帝劇”に臨む。『新春 人生革命』には錦織一清(少年隊)が特別出演し、ジャニーズJr.のKis-My-FtIIとA.B.C-Zが両舞台に出演予定。




タッキーは対決姿勢、森光子は「やけくそ」



9月9日7時4分配信 スポニチアネックス

 森光子(89)と「タッキー&翼」の滝沢秀明(27)が来年1月の帝国劇場(東京都千代田区)公演「新春 人生革命」で共演する。共演は00年公開の映画「川の流れのように」以来で、1カ月公演の舞台では初めて。

 8日、都内で会見した森は、黒いスーツの滝沢にエスコートされ登壇。来年5、6月の「放浪記」公演を前に新作への挑戦となるが「もうやけくそなの。何とかなるだろうという気持ちです」と笑顔で話した。

 滝沢の所属事務所社長のジャニー喜多川氏が作・構成・演出。京都を舞台に劇団の大女優(森)と弟子(滝沢)の交流が、アクションを交えて描かれる。喜多川氏は「フライング」演出を得意としており、森は「私も興味ありますねえ。やる気も十分あります。高いところ、全然大丈夫ですから」と仰天発言。実現すれば史上最高齢のフライングは確実だが、滝沢は「個人的には拝見したいですが、止めます!」と慌てて話した。

 滝沢が「“森VS(バーサス)滝沢”というくらいの気持ちで挑みたい」と発言すると、「いま“ばあさん”って言いました?」と森。すでに息はぴったりだ。

 1月8日開幕。元日からは滝沢主演の「新春 滝沢革命」が同劇場で上演される。




タッキー、元日「新春 滝沢革命」スタート



9月9日7時52分配信 サンケイスポーツ

 女優、森光子(89)が2010年1月8日に開幕する新作主演舞台「新春 人生革命」(東京・丸の内の帝国劇場)で、“フライング”に初挑戦することが8日、分かった。都内で行われた製作発表で、相手役に決まったタッキー&翼の滝沢秀明(27)を前に、「高所が大好き。ご一緒にやらせて頂きたいと思います」と志願。その身を案じるタッキーは「ぼくが止めます」と慌てたが…。

 また、滝沢は元日スタートの「新春 滝沢革命」(東京・帝国劇場)に主演。同作は6日までが昼夜公演で、8日から夜の部のみとなる(昼の部は『人生革命』)。「滝沢革命」「人生革命」とも同1月28日まで。




森光子、主演舞台で89歳“フライング”初挑戦



9月9日7時52分配信 サンケイスポーツ

 女優、森光子(89)が来年1月8日に開幕する新作主演舞台「新春 人生革命」(東京・丸の内の帝国劇場)で、“フライング”に初挑戦することが8日、分かった。都内で行われた製作発表で、相手役に決まったタッキー&翼の滝沢秀明(27)を前に、「高所が大好き。ご一緒にやらせて頂きたいと思います」と志願。その身を案じるタッキーは「ぼくが止めます」と慌てたが…。

 ミュージカル「ピーターパン」や、ジャニーズ事務所のタレントが舞台、コンサートで見せる華麗なフライング。「私も飛んでみたい」。観劇に訪れる度、滝沢たちの勇姿を見上げながら、森みっちゃんは、密かに夢を抱いていた。

 同作は森の故郷、京都を舞台に、森扮する大女優とその女性を慕う弟子(滝沢)の数奇な物語。フライングを十八番とする滝沢との共演に、記者から「フライングは?」と質問が飛ぶと、「よく聞いてくださいました」と森の表情が一変。「大いに興味があります。興味どころではありません。好きです」と勢い込み、滝沢に“フライング共演”を持ちかけた。

 製作の東宝によると、タッキーが帝国劇場でフライングする際の高さは約15メートル。森は「ディズニーランドの3つのジェットコースターを制覇してますから」と妙な!?自信。

 さらに、仕事でヘリコプターに乗り、上空で撮影のためにスタッフが扉を開けた際も、「大きな男の方は震えてましたが、私は全然平気でした」とケロリ。13歳で森と初共演以来、弁当を差し入れてもらう間柄の滝沢も「まさか、ここまで本気とは」と仰天した。

 実際は、安全のため体につけるベルトは股を痛める可能性があるほか、舞台上での装着は素早く、慣れるのに時間がかかる。滝沢や「ピーターパン」のようなフライングは難しいが、作、構成、演出を手がけるジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏は、「2人で飛行機に乗ります」と“秘策”の一端をポロリ。詳細は未定だが、フライングに極めて近い状態で森の夢が実現しそうだ。

 森とタッキーの62歳差の共演という“革命”と、89歳のフライングという“革命”。2010年、演劇界はダブルの革命で幕を開ける。




89歳・森光子が飛ぶ!?10年ぶりタッキーと共演



9月9日8時0分配信 スポーツ報知

 女優の森光子(89)が、来年正月の主演舞台「新春 人生革命」(1月8〜28日、東京・帝国劇場)で「タッキー&翼」滝沢秀明(27)と共演することになり8日、都内で製作発表に出席。史上最年長と思われるフライング挑戦を宣言した。

 舞台「放浪記」で単独主演2000回を達成した国民栄誉賞女優が、芸道75周年を迎える節目に初めて宙を舞う。森はジェットコースターなど「高い所が好きなんです」。客席上部を飛行するジャニーズの公演を「いつも見ているので。それをマスターして、千秋楽にもできればね。2人で飛ぶ? いいですね」と声を弾ませた。

 関係者は「宙乗りは放浪記で封印した、でんぐり返しより体への負担が大きい」と表情を曇らせるが、作・構成・演出のジャニー喜多川氏は「森さんがおっしゃるなら、お願いします」。95年の初対面から森を母と慕うタッキーも「最後まで止めたいが、覚悟を決めて全力でやりたい」と決死のサポートを約束した。

 2人の共演は映画「川の流れのように」以来、10年ぶり。滝沢は当時のように森の差し入れ弁当をお願いしながら、主演舞台「新春 滝沢革命」(1月1〜27日、同所)と昼夜2公演で「VS(バーサス)が入るくらい、森さんに挑む気持ちでやりたい」。森は「ばあさんって言った?」と役者魂をくすぶらせていた。




89歳・森光子タッキーと飛ぶ!?



9月9日9時24分配信 デイリースポーツ


 舞台の制作発表に登場した森光子=都内のホテル
 女優・森光子(89)とタッキー&翼の滝沢秀明(27)が8日、都内で初共演舞台「新春 人生革命」(東京・帝国劇場=来年1月8〜28日)の製作発表を行った。滝沢との舞台初共演となる森は、大胆なプランを予告した。滝沢の舞台での“名物”フライングに挑戦するというのだ。「大いに興味があります。滝沢さんとご一緒にやらせていただきたい」と、自らも天を舞うことを宣言をした。
 フライングの危険性を、身をもって知る滝沢は「森さんにやらすのは失礼なので止めたい」と消極的だったが、国民栄誉賞女優は、お構いなし。「高所恐怖症という言葉がありますけど、私は高所から下を見るのが大好き」と89歳での初チャレンジにやる気満々。
 演出を手掛けるジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長から「前向きに考えます」とGOサインをもらい「(滝沢が飛ぶときの)手の使い方を毎日見てマスターして、千秋楽にでもできたら」と“初フライト”へ胸躍らせていた。
 滝沢の主演舞台「新春 滝沢革命」との2部興行。




大地真央、今井翼と26歳差ラブシーン!



5月8日7時52分配信 サンケイスポーツ

 女優、大地真央(53)とタッキー&翼の今井翼(27)が7日、初共演する舞台「ガブリエル・シャネル」(演出・宮田慶子)の製作発表を都内で行った。「シャネル」の創始者ガブリエル・シャネルの激動の人生を描いた物語。2人のラブシーンもあり、大地は「年の差は全然気にならない。十分愛せます」。7月3〜27日、東京・新橋演舞場で上演。



タッキー脱いだ!ソロ第2弾セクシージャケット



4月11日8時0分配信 スポーツ報知


 「タッキー&翼」の滝沢秀明(27)が、ソロ第2弾シングル「シャ・ラ・ラ/無限の羽」(5月6日発売)のジャケットで、セクシーな上半身ヌードを披露している。彫刻のように鍛え抜いた肉体にキスマークのボディーペインティングを施し、大人の男を演出。カップリングには「YOUやっちゃいなよ!!」という衝撃曲も収録している。

 今回のボディーペインティングは、タッキー自身が「ソロ2作目だし、インパクトのあることをやりたい」と発案。「シャ・ラ・ラ」が、「酒場での男と女の恋の駆け引き」をテーマにした曲であることから、女性のキスマークをイメージしたペインティングを施した。

 専門家の手で約2時間かけて描き上げられた自身の肉体を見たタッキーは「アナタのクチビルがボクのカラダにもう刻まれています(笑い)」。さらに芸術的に見せるために金の額縁を抱えるようにして撮影。「額縁を突き破って実世界に飛び出す、というのが今作のテーマです」古代ギリシャやローマ時代の彫刻のような「タッキー像」の誕生だ。

 普段は筋トレなどはしていないが、空中フライングや殺陣などハードな演出が満載の舞台で自然に体が鍛えられているという。CDは初回限定のDVDを付けた「シャ・ラ・ラ」盤、「無限の羽」盤と通常盤の3種類あり、それぞれに違う「タッキー像」がジャケットになっている。

 今回は曲の方でも、インパクトの大きいものを制作した。通常盤だけに収録される「YOUやっちゃいなよ!!」だ。「YOU○○しなよ」は、所属事務所のジャニー喜多川社長の口癖として有名で、タレントたちもしばしば使用するフレーズ。KAT−TUNが司会を務めた日本テレビ系バラエティーで「YOUたち!」というタイトルの番組があったが、曲のタイトルになったのは今回が初めてだ。注目の歌詞は、タッキーが忙しく働き回る様子がコミカルに書かれている。

 ◆本人出演のCMソング ○…「シャ・ラ・ラ」は、滝沢本人が出演している宝酒造「タカラCANチューハイ『直搾り』」のCMソングに使用されている。また滝沢が作詞作曲した「無限の羽」は、現在上演中の新橋演舞場公演「滝沢演舞城’09 タッキー&Lucky LOVE」のテーマソングとして劇中で歌われている。





タッキー「監督やりたい」殺陣や新曲披露



4月2日7時52分配信 サンケイスポーツ


 タッキー&翼の滝沢秀明(27)主演で3月29日に東京・新橋演舞場で開幕した舞台「滝沢演舞城’09」が1日、報道陣に公開された。

 4年連続の上演。舞台上での白塗りメーク公開、源義経にふんしての激しい殺陣シーン、自身作詞作曲の新曲「無限の羽」(5月6日発売)披露など見どころが満載。自身が監督し出演もした約4分のホラー映像も上映。近藤真彦(44)が語り部として出演し、幽霊出現シーンでは女性客の悲鳴が響いた。

 「悲鳴が聞こえて『してやったり』と思った。80から90点です」と滝沢はニンマリ。「お話があれば映画監督もやってみたい。アクション映画が撮りたい」と、新たな夢に意欲的だった。

 同作には先月27日に亡くなった日本舞踊紫派藤間流家元で女優、故藤間紫さん(享年85)の孫にあたるジャニーズJr.の藤間貴彦(17)が出演。紫さんも4日に観劇する予定でチケットを取ってあったという。





タッキー オバケよりマッチが怖かった…



4月2日7時2分配信 スポーツニッポン


 滝沢秀明(27)の主演舞台「滝沢演舞城09」が1日、東京・新橋演舞場で取材陣に公開された。

 4年目の今年は、自ら監督・出演などを務めた約4分間の短編映像を上演。内容はホラーで、音と映像を駆使し恐怖感をあおった。客席からは大きな悲鳴が上がり「キャーッていう声が聞こえて、してやったりという感じ。出来は80〜90点」と満足げ。ストーリーテラー役で出演しているジャニーズ事務所の先輩・近藤真彦(44)からは「もっと怖くしろ」などと注文も付けられたそうで、滝沢は「(映像に出てくる)お化けよりも怖かった」と笑わせた。

 今年も源義経の物語や、おとぎ話を軸にしたショーが中心で、アクションも盛りだくさん。第2弾シングル「シャ・ラ・ラ/無限の羽」も披露。25日まで。



フジテレビ入社式に草なぎ剛らが登場!



4月2日7時52分配信 サンケイスポーツ


 フジテレビは1日、東京・台場の同局で入社式を行い、懇親会で同局系音楽番組「僕らの音楽」(金曜後11・30)でナレーションを務めるSMAPの草なぎ剛(34)がサプライズ登場した。

 またフォークデュオのゆずが「夏色」「栄光の架橋」を熱唱。歌手の青山テルマ(21)はアコーディオン奏者のcobaと組んで「そばにいるね」を披露。ロックバンドのレミオロメンは「3月9日」などを歌い、45人の新入社員は大盛り上がりだった。





タッキー自作短編に「90点」



4月2日8時0分配信 スポーツ報知


 歌手の滝沢秀明(27)主演の新橋演舞場公演「滝沢演舞城’09 タッキー&Lucky LOVE」が1日、報道陣に公開された。

 4年目の今年は劇中で使用する約4分間の短編ビデオの演出に挑戦。滝沢と共演の藤ケ谷太輔(21)らがドライブ中に、お化けに遭遇するというショッキングな映像で約1400人の観客からも悲鳴が上がっていた。「お客さんの反応を見てると80から90点はつくかな」大先輩の近藤真彦(44)がストーリーテラー役で出演しているが「どっちが監督だっていうくらいビクビクしながらやりました。お化けより怖い」と苦笑いした。

 1部では「滝沢歌舞伎」と題して白塗りで歌舞伎の演目を披露したほか、「滝の白糸」の水芸や忠臣蔵の殺陣に挑戦。第2部では昨年同様、源義経の物語を披露したが「来年はまたがらっと変わったものをやりたいなと思ってます」と早くも次回作へ意欲を見せていた。

 また先月27日に死去した藤間紫さんの孫でジャニーズJr.の藤間貴彦(17)も初日から出演しているが、「舞台を優先しなさい」という紫さんの教えを守り、通夜、告別式を欠席して舞台に立ったという。






1人6役!タッキー“映画初監督”



4月2日9時26分配信 デイリースポーツ


 タッキー&翼の滝沢秀明(27)が1日、東京・新橋演舞場で主演舞台「滝沢演舞城’09 タッキー&Lucky LOVE」(〜25日)を報道陣に公開した。
 4年目を迎えた今作の見どころは、滝沢が監督・脚本・演出・撮影・編集・出演と、1人6役をこなした約4分間の短編映像。第1幕の中盤、「滝沢組」と書かれたチェアに腰を下ろしたタッキーが客席に「今回、映画監督に挑戦してみました」と語りかけ、“初監督作”の上映が始まった。
 作品は、トンネルで滝沢らが幽霊に遭遇するホラーで、近藤真彦(44)もストーリーテラーで出演。幽霊が大写しになるシーンでは、客席から悲鳴があがり、顔を伏せるファンも続出した。
 滝沢は会見で「どう反応がくるか楽しみでしたが、みんなの声が聞こえて、『よし!!してやったり』と思いました」とニヤリ。「1時間ぐらいで、アクションを撮ってみたい」と本格映画挑戦の夢も明かした。
 同作には3月27日に死去した藤間紫さん(享年85)の孫で、ジャニーズJr.の藤間貴彦(17)も出演している。





翼がシャネルの恋人、新橋演舞場に初出演



3月25日9時57分配信 日刊スポーツ


 タッキー&翼の今井翼(27)が東京・新橋演舞場の7月公演「ガブリエル・シャネル」(7月3〜27日)に出演することが24日、発表された。滝沢秀明(26)は同所で29日開幕の主演舞台「滝沢演舞城」を06年から4年連続で開催。タッキーに続き、翼は新橋演舞場に初出演となる。
 本作は世界的ブランド、シャネルの創始者、ガブリエル・シャネル(通称ココ・シャネル)の激動の生涯を描く。翼はシャネルの恋人で、彼女の人生に大きな影響を与えた英国人青年実業家のアーサー・カペルを演じる。主演のシャネル役は大地真央(53)。今井は「あらたな今井翼を見ていただけるよう全身全霊で挑みます」と意気込む。今井の“26歳年上の恋人”大地は「当時の女性として破天荒すぎるくらい情熱的な人。お客さまがそれぞれイメージを抱いている方だけに、大きな責任感も感じています」と話している。



「滝沢演舞城’09」さらに進化



3月27日7時57分配信 産経新聞


 タッキーこと滝沢秀明が主演する舞台「滝沢演舞城’09」が29日、東京・東銀座の新橋演舞場で幕を開ける。平成18年から4年連続の座長公演は毎年、進化を遂げ、今年はタッキーが監督、脚本、主演などを務める短編映像を上演する。

 「初演のときは、本当に続くものだとは思っていなかった。やり続けたいもののひとつなので(4年目を迎えて)とてもうれしい」

 NHKの大河ドラマ「義経」で主演して、和の世界に目覚めた。その翌年から始まったこの公演でも、日本人の永遠のアイドル、源義経を等身大で演じている。パワーとスピードだけではない、落ちついた魅力、味わいのエンターテインメントの世界を紡ぎ出した。

 「(出演する)みんなが向かっていたものも、最初はバラバラだったが、方向性が一つになった。今は安心して一緒にできる」

 歌舞伎、日本舞踊、祭礼、時代劇、おとぎ話の世界にタッキーが先頭になって飛び込み、若い仲間たちのお手本になってきた。企画、構成、総合演出を手掛けるジャニー喜多川のプランにタッキーが新しいアイデアを加えていった。

 そうしたものの一つが今回の短編映像の制作。「清姫の伝説にお化けの話をつけていきたい。おそらく3、4分になるでしょう」

 歌舞伎の女形、日本舞踊への挑戦で話題を呼んだが、元から時代劇の映像にも関心があった。今回は映像を加え、義経と頼朝の物語や、おとぎ話を軸にしたステージに、さらに磨きをかけたいという。

 4月25日まで。(生田誠)





タッキー 1人6役の大ハッスル



2月7日10時2分配信 デイリースポーツ


 タッキーこと滝沢秀明(26)が6日、都内で4年目を迎える主演舞台「滝沢演舞城’09」(3月29日〜4月25日、東京・新橋演舞場)の記者発表を行い、同公演で、監督・出演・脚本など1人6役を務める映像作品を上映することを明かした。作品には近藤真彦(44)らジャニーズ事務所の先輩後輩が集結するほかタッキー自身も出演し、舞台上のタッキーと“共演”を果たす。
  ◇  ◇
 1月27日に座長公演「滝沢革命」を終えてから、わずか2カ月。超異例の短期間で新たな公演を迎えるタッキーが、“滝沢監督”となって新橋演舞場に帰ってくる。
 4年目となる公演は、今年も第1部で歌舞伎を現代風にアレンジしたショーを、第2部で源義経を主人公にした演目を行う。歌舞伎の女形への挑戦なども踏襲しながらさらなるパワーアップに挑む。その目玉となるのが“滝沢監督”の映像作品の上映だ。
 滝沢が映像作品を監督するのは、昨年末にNEWSのライブでオープニング映像を製作して以来、2度目となるが、今回は監督以外にも、出演・脚本・編集・撮影・演出と、6役を1人でこなす。
 映像にはマッチこと近藤真彦やHey!Say!JUMP、KAT-TUNらジャニーズ事務所の豪華助っ人陣が友情出演。さらに舞台上の滝沢と映像の中の滝沢が掛け合いするなど、自身との“共演”も果たす。まだ構想段階ながら、楽屋にいる滝沢の元に幽霊が現れ…、というミステリアスな作品になるという。
 滝沢は、10代のころから個人的に映像作品を撮りはじめ、友人と30分ほどの短編映画を撮ったこともある。また、自宅にはモニターなどの本格的な機材もあるという。
 それだけにタッキーは「いつかは映画監督もしてみたい。特技になればいいし、やりますよ!!」と気合十分。27歳の誕生日となる3月29日に公演をスタートさせ、ライフワークである演舞城を盛り上げていく。





タッキー ソロ第2弾“酔歌”CD発売



2月28日10時1分配信 デイリースポーツ


 タッキーこと滝沢秀明(26)が27日、都内で主演舞台「滝沢演舞城’09 タッキー&Lucky LOVE」(3月29日〜4月25日=東京・新橋演舞場)の製作発表を行った。4年目を迎えた座長公演に向け、「桜の美しい時期が今から楽しみ」と気合十分。舞台の新テーマソング(タイトル未定)を、ソロ第2弾としてCD発売することも明らかにした。
  ◇  ◇
 今年1月にソロデビュー曲「愛・革命」をリリースしたタッキーだが、ソロ第2弾として、自身の“代名詞”ともいえる舞台のテーマソングをCD化することが決定した。
 新曲について、ジャニー喜多川社長は「ちょっと酔っぱらった歌。お酒のコマーシャルソングのようなイメージで」と明かし、歌謡曲テイストの“酔歌”になるという。ユニット「タッキー&翼」として披露していたポップチューンやダンスナンバーとは異なり新たな一面をのぞかせることになる。曲は「タッキー&翼」が所属するエイベックスが作曲中。タッキーが作詞を手掛けるかは、未定となっている。
 また、新テーマソングとともに、4年目を迎えた「滝沢演舞城」の“目玉”となるのが、タッキーが監督・出演・脚本・編集・撮影・演出の6役をこなす、約5分間の映像作品の上映。
 近藤真彦、KAT-TUNらジャニーズの豪華メンバーが出演する。ストーリーは幽霊が登場するミステリーだが、タッキーは「マッチさんにお願いすると『何でもやるよ』と。さすがに、お化けはさせられないですよ」と苦笑い。
 舞台初日の3月29日は27歳の誕生日で、「お客さんと過ごせるのはいいこと。ステキな1日にしたい」と抱負。歌って、見せて、演じて-、桜の季節にタッキーワールドが満開になる。





4回目の「滝沢演舞城」で、座長タッキーが短編映像にも挑戦!



3月2日17時22分配信 @ぴあ


滝沢秀明が座長を務める舞台「滝沢演舞城'09」の製作発表が2月27日、都内で行われた。2006年の初演から数えて今回で4回目となる恒例の舞台。滝沢は、「舞台が始まる頃は桜の降る季節。日本の美しい季節に『滝沢演舞城』ができるのは楽しみ。去年に負けない舞台をお見せしたい」と語った。今年は27歳の誕生日(3月29日)を初日に、42回の公演を行う予定。

公演は2部構成で、1部では日本の歴史や物語、伝統芸能を滝沢流にアレンジして、フライング、イリュージョン、アクションなどで見せる予定。2部では恒例となっている『源義経』の生涯や伝説を、滝沢なりに新たな視点を加えて描き出すという。また、昨年も演じて好評を得た“滝沢歌舞伎”もより進化させ、台詞入りの芝居を入れた女形に挑戦する予定だ。さらに滝沢は、監督・脚本・演出・撮影・編集・出演の1人6役を務める短編映像の制作にも挑戦する。映像は劇中に流れる予定で、自らオファーし、快諾を得たという近藤真彦らも登場する予定。映像については、「今、家で脚本を書いたり、ロケハンに行ったりしています。内容的には、日本の“お化け”が出てくるような怖い作品を考えています」と語っていたが、映像にこだわりを持つ滝沢だけに、どんな作品になるのか楽しみだ。

また、もはや「滝沢演舞城」名物となったお弁当についても「今年も考案中」とのこと。ちなみに、ぴあ限定の『一階桟敷席+お弁当セット(16000円)』も販売するが、「新橋演舞場のロビーも食事もすべてを使って1ヵ月、楽しみたい」という滝沢だけに、どんな演出でタッキーワールドを見せてくれるか、ファンならずとも興味深いところだ。公演に向け滝沢は、「皆様のお陰で今年も帰って来られて、僕も楽しみにしています。1か月間、楽しんで欲しいと思います」と会見を締めくくった。

滝沢秀明の魅力がふんだんにつまった「滝沢演舞城」。タッキーワールドがどんな進化を遂げるか、今年も話題を呼びそうだ。公演は、3月29日(日)から4月25日(土)まで、東京・新橋演舞場にて行われる。チケットは3月8日(日)に一般発売開始。





タッキー爽やかにノリノリ!タカラ新CM



3月19日7時52分配信 サンケイスポーツ


 タレント、滝沢秀明(26)が大手酒造メーカー、宝酒造(本社・京都市)の人気商品、タカラCANチューハイ「直搾(じかしぼ)り」の新CMに出演。20日からオンエアされる。

 タッキーの自然体でさわやかなイメージが、「果汁本来のスッキリとしたおいしさを追求する」同商品の特長とピッタリ重なる、として起用された。

 アルコール飲料のCM出演は初めてのタッキー。撮影では、自身の新曲「シャ・ラ・ラ」をBGMに“レモンを真剣に直搾る男”というコンセプトそのままに熱演。ナチュラルで爽快(そうかい)感あふれる内容となっている。タッキーは「今年のお花見では『直搾り』を飲みながら『シャ・ラ・ラ』で盛り上がってください」とノリノリだ。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。