最近、感動を忘れていませんか?〜自分の価値観を変えた本


 秋の夜長は読書にふけりたいもの。でも、小学生じゃないから「課題図書」もないし、世の中にはベストセラーが多すぎて、一体どんな本を読んだらいいか、わからない人も多いのでは? ORICON STYLEでは、「自分の価値観を変えた本」をリサーチしてみた。
 総合1位の【東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン】は、各年代で幅広く支持を集めている。リリー・フランキー初の長編小説で、「en-taxi」連載中から話題を呼び、昨年6月に単行本化されている。11月にはフジテレビでのドラマ放映も予定されている。「母と子」「父と子」「友情」など、古典的なテーマを扱っていながら、涙なしには読めないところが読者の心をつかんだのだろうか。

 総合2位は乙武洋匡の【五体不満足】で、特に10代と30代の人気が高い。1998年に刊行されて以来、すでに420万部以上も売れている国民的ベストセラーである。先天性四肢切断という障害を持って生まれながら、「障害を持っていても、ボクは毎日が楽しい」と言い切る自己肯定感覚に感動を覚えた人は少なくないだろう。

 総合3位には堂本剛の【ぼくの靴音】が入った。ドラマや音楽で活躍しているKinKi Kidsの堂本剛が『Myojo』誌上に6年間連載したエッセイを単行本化したもの。モノクロ・フォトも織り交ぜた、19〜25歳の彼の本音の集大成が人気を呼んでいる。著者に近い年代で人気があるのはもちろんだが、意外にも40代でも2位を占めている。

 総合4位以下は、年代によってバラエティーに富んだ結果となった。モンゴメリーの【赤毛のアン】や、サン・テグジュペリの【星の王子さま】などの古典もランク入りしている。一方で、30代では西原理恵子の【毎日かあさん】、40代では手塚治虫の【火の鳥】というコミックも支持を集めている。本の好みは人さまざま、また、同じ本を何度か読み返しても、そのたびに違う感慨を覚えるもの。話題の本に限らず、あれこれ読みあさってみてもいいのでは

(オリコン)



浅田信一、限定CDの試聴開始!


自身の誕生日である8月27日にSHIBUYA-AXで行なったライヴ会場限定で、2曲入りシングル「カゼノネ」をリリースした浅田信一。予想を上回る反響で完売となったため、急遽、彼のオフィシャル・サイトでの通信販売で入手できることになった。

Kinki Kidsや堂本光一をはじめ、他アーティストへの詞曲提供でもその才能を高く評価されている浅田信一の最新作。要チェックだ。


♪「カゼノネ」試聴
http://www.barks.jp/listen/?id=1000016038

<浅田信一 Live Tour 2006 “37special+”>
11/11(土)東京 SHIBUYA-AX[問]ディスクガレージ 03-5436-9600
11/18(土)大阪 KNAVE[問]夢番地大阪 06-6341-3525
11/19(日)浜松 FORCE[問]ジェイルハウス 052-936-6041


■オフィシャル・サイト
http://www.sma-pioneers.com/asada/
http://www.asashin.net/



▼ 浅田信一
http://www.barks.jp/artist/?id=52006763

▼ 堂本光一
http://www.barks.jp/artist/?id=2000041566



GLAY、10年連続、通算20作目のシングル首位獲得!


 GLAYのニューシングル「夏音/変な夢〜THOUSAND DREAMS〜」が10.1万枚を売上げ、ウィークリーシングルランキング初登場で首位を獲得。通算20作目のシングル首位を獲得した。

 今回で、GLAYのシングルの連続首位年数は、1997年5月発売の「口唇」で初めて獲得して以来、10年連続。通算の首位獲得数は20作目に到達で、グループ(※デュオも含む)としては2005/1/3付のKinKi Kids以来、史上4組目の快挙となった。

切なくて儚い夏特有の恋心を歌った新曲に迫る!初の試みをしたPVも必見!
(オリコン)



光一ハッスル!花道から落ちちゃった


 KinKi Kidsの堂本光一(27)のソロツアー「mirror」が13、14の両日、名古屋レインボーホールで行われた。2年前のソロツアーでは訪れなかった名古屋からのスタート。「名古屋の皆さんお待たせしました」とソロとして初上陸した光一は、初日にステージから落下しヒヤリとさせる一幕もあったが、アクティブで温かなステージを展開。2万人のファンがソロアーティスト・堂本光一を堪能した。
 「名古屋からスタートしたい」-光一の思いが実現した。04年の初ソロツアーではスケジュールの都合で名古屋に行けなかったことがずっと気になっていた。ソロ初上陸。「ホントに久しぶりです。名古屋の皆さんお待たせしました!2年前来られず、本当に申し訳ないことをしました」とまず、ファンに謝罪。その思いをぶつけるかのように熱いステージを繰り広げた。
 13日に発売された初のソロアルバム「mirror」の曲を中心に「Deep in your heart」など19曲、構成演出はすべて自分が手がけ、歌った曲もほぼすべて自身の作曲。2年前の劇あり、マジックありの幕の内弁当的ステージに比べ、今回はダンスと歌を見せ全体的にシンプル。「自分に何ができるのか、という原点に戻った」と語る光一は「見て、聞いて、体で感じて」とファンに訴え、応援うちわ自粛も要請した。
 初日の後半では高さ3メートルの花道から会場に転落するアクシデント。幸いけがはなく、本人も「落ちちゃった。何も見えなくなっちゃって。耐えるより落ちちゃった方がいいかなと思って。しょっちゅうですから。またいいネタが一つ増えました」と苦笑。トークではファンと丁々発止の会話で温かい雰囲気。MAに促され、照れ屋の光一がめったに口にしない「愛してるよ」という言葉も飛び出した。
 念願の名古屋でスタート。10月30日まで8会場27公演で32万9千人を動員する。10月2日には4年ぶりとなるドラマ「世にも奇妙な物語秋の特別編」(フジ系)へ初出演する。
(デイリースポーツ)



堂本光一、シングルに続いて初ソロアルバムでもトップへ!?


 初のソロシングル「Deep in your heart/+MILLION but-LOVE」(7月12日発売)が、チャート初登場で1位を獲得していた堂本光一。これまで、KinKi Kidsとしてリリースしたシングル22作はすべて首位を獲得。ソロ名義でもその無敗記録を更新し、自身のシングルにおける連続首位記録を23作としていた彼だが、9月13日には待望のファーストソロアルバム『mirror』をリリースする。同作は現在、発売を目前にして 注目のアルバムランキング で圧倒的な強さをみせ1位にランクインしている。

 発売2週間調査の作品への興味関心では女性39.3%、男性16.7%と女性の方が高く、購入意向でも同じ傾向がみられる。しかし、シングル時の同じ発売2週間の興味関心と比べてみると、男性の興味関心が高くなっていることがわかる。特に20代男性ではシングル時9.3%から20.4%と大きく上昇しており、シングル発売時の露出と、その楽曲のよさから、同世代からの支持を得てきていることが考えられる。
 KinKi Kidsとして通算9回のアルバム首位(アイドル部門歴代1位)を獲得している彼だけに、今回のソロアルバムにも大きな期待がかかっている。

(オリコン)



織田哲郎、13年振りにソロ・アルバムをリリース!


相川七瀬、Kinki Kids、ZARDなど、多くのアーティストに楽曲を提供し、J-POP界に一大ムーブメントを巻き起こした織田哲郎。近年では、上戸彩や中森明菜などにも楽曲提供をするなど、その活躍ぶりは衰えることを知らない。倖田來未のアルバム『COLOR OF SOUL』に収録されている「It's too late」も、織田が作曲を手掛けた楽曲だ。

いまやJ-POP界になくてはならない存在となった彼が、なんと13年振りにソロ・アルバムをリリースすることが決定! タイトルは「MELODIES」で、9月20日にリリースされる。今作は、様々なアーティストへ提供した楽曲を自身でカヴァーしたセルフ・カヴァー集で、「負けないで」(ZARD)や、「ボクの背中には羽根がある」(Kinki Kids)、「世界中の誰よりきっと」(中山美穂&WANDS)など、オリコンチャートでベスト5内にランクインした楽曲ばかりが全12曲収録されている。

カヴァー集と言えど、オリジナルの90年代サウンドとは一線を画すアコースティックなサウンドとなっており、ボサノヴァやフォルクローレ、フラメンコなどの要素を取り入れた、大人なサウンドが楽しめる作品。織田の質のいい落ち着きのある歌声が、楽曲を上品に彩っている。誰もが一度は耳にしたことのある名曲たちが、また新たな魅力を放ちだす、極上のPOPSアルバムが完成した。

これからさらに話題を呼びそうなこの作品。聴かなきゃ絶対損をするぞ。ぜひチェックを!




堂本光一、ソロ・アルバム発売決定! 秋のコンサートツアーも!


7月12日に発売したソロ・デビュー・シングル「Deep in your heart /+MILLION but−LOVE」を発売した堂本光一。7月26日発売のKinKi Kidsのニュー・シングル「夏模様」も好調な彼が、9月13日にオリジナル・ソロ・アルバム『mirror』を発売することが決定!

前述のソロ・シングルでも彼本人が作曲を担当したことが話題となりましたが、このアルバムでも全曲の作曲を担当しているとのことです。初回限定盤は12曲入りで、20Pジャケット、それぞれの楽曲をイメージして撮り下ろしたという72Pアートフォトブック封入、三方背ケース入りと超豪華な仕様。通常盤は、初回盤には収録されない楽曲をプラスした全13曲を収録。

今秋のツアー“堂本光一 CONCERT TOUR 2006”に参加するにあたり絶対に聞き逃せない作品です! 詳細はJohnny's Entertainmentまで。



堂本剛“エンドリ-”は不滅です


 KinKi Kids・堂本剛(27)が2日、ソロプロジェクト「ENDLICHERI☆ENDLICHERI(エンドリケリー・エンドリケリー)」の“生涯不滅”を宣言した。神奈川・横浜市の開発地区「みなとみらい21」特設会場で追加公演を行い、「これは一生やるものと考えている。決して短命なものじゃなく延命なもの」と今後も継続することを明らかにした。
 「エンドリ-」は、堂本剛のソロ・ワーク・プロジェクトとして05年12月に活動をスタート。アーティスト兼プロデューサーとして、今年3月19日から5月21日までの46公演で12万4000人を動員した。2700人が来場したこの日のステージでは、タップダンスを交えるなど往年のディスコをほうふつとさせる構成で14曲を熱唱した。20日に全30回の追加公演の最終日を迎える。
(デイリースポーツ)



KinKi Kids、ギネス記録更新! 23作連続シングル首位獲得!!


 KinKi Kidsの昨年12月の「SNOW!SNOW!SNOW!」以来、7ヵ月ぶり、通算23枚目のシングル「夏模様」が今週、23.9万枚を売上げ、初登場で首位を獲得した。

 これでKinKi Kidsのシングル首位獲得は、1997年7月のデビュー曲「硝子の少年」から23作連続。自身の持つギネス記録である、デビューからの連続首位記録を更新 【表参照】 。通算のシングル首位獲得数では現在5位となっている。
(オリコン)



KinKi Kids、歴代記録またまた更新へ!


 昨年12月発売の「SNOW!SNOW!SNOW!」以来、約7ヵ月ぶりのKinKi Kidsのニューシングル「夏模様」が好調、 デイリーシングルランキング で1位を獲得した。

 1997年のデビューシングル「硝子の少年」で初登場1位を獲得して以来9年を経過したが、その勢いは留まることを知らない。現在もデビュー作からの連続初登場首位獲得数歴代記録を更新中で、今作でその数が23作目に達することも時間の問題のようだ。

(オリコン)



KinKi Kidsの新作、懐かしさが男性層もつかむ!


 昨年12月リリースの「SNOW!SNOW!SNOW!」(最高1位、累積売上31.7万枚)に続くKinKi Kidsのニューシングル「夏模様」(7月26日発売)が、 注目のシングル作品ランキング でダントツの高ポイントを獲得してトップに立った。本作は、初回限定盤と通常盤では、3曲目の収録曲が異なる仕様になっているおり、2パターンともに訴求しそうな勢いだ。

 発売2週間前の調査によるアーティスト認知度は、全体で95.8%。女性の方がやや高いが、ほとんど差はなく男性にも高い認知度だった。一方、作品への興味関心になるとやや男女差が出る( グラフ参照 )。“興味関心がある"と答えた人は女性が46.7%、男性が26.3%。しかし20代男性を見ると、“どちらかといえば興味関心がある"と答えた人が28.6%と多めで、“購入を迷っている"と答えた人も全世代中最も多く、10代女性と同程度の割合だった。

 今作は、子供の頃に見た風景を思い出させるような世界観で、男性の心もつかむことができそうな作品。今後のプロモーションによって、迷っている層を購入へ導くことも可能であろう。

(オリコン)



堂本光一、初のソロシングルが1位!!


 堂本光一の初ソロシングル「Deep in your heart/+MILLION but-LOVE」が今週、22.1万枚を売上げ、オリコンウィークリー・シングルチャートで初登場首位を獲得。今年1月発売の1stソロ・アルバム『KOICHI DOMOTO Endless SHOCK Original Sound Track』に続いてシングルでも首位を獲得した。

 堂本光一は、1997年7月にKinKi Kids「硝子の少年」でデビューして以来、リリースしたシングル22作すべてで首位を獲得。ソロ名義でのリリースとなった本作でもその無敗記録を更新、自身のシングルにおける連続首位記録はこれで「23作」となった。

 本作の「Deep in your heart」は声優初挑戦となったフジテレビ系アニメ『獣王星』主題歌。「+MILLION but-Love」は、日本テレビ系『音楽戦士』7月度オープニングテーマ/8月度パワープレイに起用されている。

(オリコン)



KinKi Kids 新曲先行配信スタート!!


 超高音質着うた(R)専門サイト「★いろメロミックスDX(TM)」、超高音質総合着信メロディサイト「★いろメロミックス(R)」の両サイトで、7月26日に発売されるKinKi Kidsのニューマキシシングル『夏模様』の各曲着うた(R)が、CD発売に先駆けて7月12日より配信が開始しました!これに合わせて、『夏模様』のPVを使用した「★いろメロミックスDX」のテレビCMも放送決定。7月20日より放送開始されます。





KinKi Kids、久々のニュー・シングル「夏模様」リリース決定!


KinKi Kidsのニュー・シングル「夏模様」が7月26日に発売! 最近は堂本光一が自身作曲のソロ・シングルをリリースしたり、堂本 剛がENDLICHERI☆ENDLICHERIとして大活躍していたりと個々の活動が目立っていましたが、ついにKinKi Kidsとしての待望のニュー・シングルが発売されます。

2005年12月の「SNOW! SNOW! SNOW!」以来約7ヶ月ぶりとなる今作は、沖縄楽器とストリングスが入ったミディアム・ナンバー。子供の頃に見た風景を思い出してしまうような詞の世界観から、ふたりの新たな一面を感じ取れるはず。
M2にはブラス・アレンジが効いた「星のロマンティカ」を収録。M3は仕様により収録曲が異なり、初回盤には「NOASIS〜愛の旅人〜」、通常盤には「いつでもどこへでも」が収録されます。ジャケットや外面仕様などもそれぞれ異なりますので、詳細はJohnny's Entertainmentでチェックしてくださいね。




森高千里の名曲が2冠達成!〜「雨」が付く好きな曲ランキング


 夏本番を前に、雨の降る日が圧倒的に多くなり、気分もじめじめしてしまいがちなこの季節。そこで『雨が付く好きな曲ランキング』として、ORICON STYLEでは10〜40代の男女1000人にリサーチ。雨が付くタイトル曲が支持された理由とは!?

 しっとりとした曲調で、 『雨の日に聴きたい曲ランキング』 でも1位に輝いた森高千里の「雨」が2冠を達成。「昔、冷たい雨なのに濡れていたいという風な歌詞をよく口づさんで、泣いた覚えがあるから」(三重県/30代/女性)や「この歌を聴くと、前を向いて頑張ろうという気になれるから」(大阪府/専・大学生/男性)など、思い出と共に雨を前向きに捉えている曲に好感を持って選んだという声が多数寄せられた。

 2位には、その切ないメロディーが印象的なKinKi Kidsの「雨のMelody」がランクイン。「哀愁の漂う感じがとても好き」(岐阜県/40代/女性)や「雨に濡れながら歩いている自分に哀愁を感じて、思わず歌いたくなる」(広島県/20代社会人/女性)など、じめじめとした雨のイメージを彷彿させない名曲だという意見が多かった。

 3位には、倖田來未の「RAIN」がランクイン。「彼との別れは、雨のように悲しいという雰囲気を感じるから」(兵庫県/20代社会人/男性)や「憂鬱な気分の時も、この曲を聴くと泣けて、その後スッキリとした気分になれるから」(大阪府/中・高校生/女性)とリアルな失恋ソングとして、また彼女がそれを素直に表現していることに感動しているといった声が届いた。

 そのほか、「失恋の曲なのに、雰囲気がきれい」(埼玉県/20代社会人/女性)という理由で徳永英明の「Rainy Blue」が、そして「ため息まじりで、ノスタルジックな気分になれるので大好き」(長野県/30代/男性)といった意見で小林麻美の「雨音はショパンの調べ」が10位にランクインした。

■ORICON STYLE  『タイトルに“雨"や“Rain"が付く好きな曲ランキング』  

(2006年6月1日〜6月5日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】の中高校生、専・大学生、20代社会人、30代、40代の男女各100人、計1000人にインターネット調査したもの)
(オリコン)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。