J・ティンバーレイク、「SMAPはとってもいいやつら」


9月20日に待望の2ndアルバム『フューチャー・セックス/ラブ・サウンズ』をリリースしたジャスティン・ティンバーレイク。1stシングル「セクシー・バック」は米ビルボード・チャートにおいて6週連続1位を獲得し、2006年度のシングル連続1位記録に並ぶセールスを達成するなど、その勢いは止まるところを知らない。そんな彼がプロモーション来日を果たし、10月5日にTOKYO FM『EXTERMAX』に生出演を果たした。

この日は大雨だったのにも関わらず、世界屈指のスーパーセレブの登場にスタジオ前には200名のファンが殺到! いざジャスティンが登場すると失神寸前と言わんばかりの黄色い歓声が沸きあがった。そんなファンに応えるように、ジャスティンはスタジオ前方の窓に歩み寄り、窓にべったりくっつくファン・サービス。そんなハイテンションの中、番組はスタートした。


この日の出演は約20分間にわたるもので、日本滞在時のことについてや、彼が立ち上げたブランド“ウィリアム・ラスト”について、また新作についての彼の胸のうちを語るなどとても凝縮された内容を話してくれた。また、先日収録を行ったフジテレビ『SMAP×SMAP』のことについても語り、SMAPについて「彼らは非常にいいやつだったよ。シンゴだっけ? 彼はとても英語がうまくて、楽しく話してたよ。」など、他ではなかなか聞けない話もしていた。ジャスティンが出演した『SMAP×SMAP』の放送は、11月を予定している。




ジャスティン 結婚は大人になってから


 米人気歌手、ジャスティン・ティンバーレイク(25)が5日、東京・渋谷のTOKYO FMスペイン坂スタジオで行われた公開生放送に出演した。今回の来日は新アルバム「フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ」のプロモーション。フジテレビ・関西系「SMAP×SMAP」(11月放送予定)の収録も終えたジャスティンは「最高だった。みんないい人で、シンゴ(香取慎吾)とはいろいろ話したよ。英語もうまかったね」とにこやかに振り返った。
 かつて歌手ブリトニー・スピアーズ(24)と交際し、現在は女優キャメロン・ディアス(34)と熱愛中の“セクシーガイ”は結婚について「もっと大人になってからしたい」とニヤリ。集まった200人のファンを安心させていた。
(デイリースポーツ)



世界のセレブ、ジャスティン「SMAPはいいやつだよ」



20061005-00000020-oric-ent-thum-000.jpg
ジャスティン・ティンバーレイク、TOKYO FMに生出演!
 
 世界のスーパーセレブ、ジャスティン・ティンバーレイクが、全世界で大ヒット中のセカンドアルバム『フューチャー・セックス/ラブ・サウンズ』を引っさげてプロモーション来日し、10月5日(木)、TOKYO FM『EXTERMAX』に生出演した( 収録中のトークの模様はこちら )。

 今日までにシングル「セクシー・バック」が米ビルボード・チャートにおいて6週連続1位と、2006年度のシングル連続1位記録に並ぶセールスを達成し、名実共に現在最も注目されるアーティストであることは間違いないジャスティン。そんな彼を一目見ようと、当日は大雨にも関らず、200名のファンがスタジオ前に殺到した。

 ジャスティンがスタジオに登場すると第一陣のファンは黄色い声援を送る。そんなファンに応えるようにジャスティンはスタジオ前方の窓に歩み寄り、窓にべったりくっつくファンサービス。
 そんなファンにはたまらないパフォーマンスから始まった番組にジャスティンが出演した時間は約20分間。そのなかで彼は、日本滞在時のことについてだったり、彼が立ち上げたブランド『ウィリアム・ラスト』について語ったり、新作についての彼の胸のうちを述べたりと盛りだくさんの内容であった。

 また、先日収録を行った『SMAP×SMAP』については「彼らは非常にいいやつだったよ。シンゴだっけ?彼は非常に英語がうまくて、楽しく話してたよ」など他ではなかなか聞けない話も披露した。
 この後、彼は雑誌やテレビの取材をこなした後帰国する予定だ。
(オリコン)



「ブス恋」挿入歌が異例のCD化


 今年6月まで放送され、SMAP・稲垣吾郎(32)と森三中・村上知子(26)の異色カップルが話題を呼んだ関西テレビ・フジ系ドラマ「ブスの瞳に恋してる」の挿入歌「ビューティフル マインド」が10月18日にCD発売されることが26日、分かった。同曲でデビューする“謎の女性シンガー”MIYUの美声もあってオンエア後も注目は衰えず、着うたサイトで約20万ダウンロードを記録。問い合わせも殺到したことから、緊急リリースされることになった。
 視聴者の熱いハートに応えた。「ビューティフル-」は稲垣&村上の恋愛が話題を集めた“ブス恋”の挿入歌で“ド真ん中”のバラード。村上演じる太田美幸が部屋で落ち込んでいるとき、励ますようにラジオから流れてきた。原作で森三中・大島美幸(26)との新婚生活を赤裸々に明かした放送作家・鈴木おさむ氏が作詞を手がけた。女性の切ない思いは共感を呼び、驚異的なダウンロード数につながった。
 透明で力強い“覆面歌手”MIYUの歌声も人気の秘密だ。聞き覚えのある声だが、正体は不明。ドラマでは第10話(6月13日放送)でシルエットが披露され、視聴者はドレッドヘアのカツラと口元を確認できた。劇中、MIYUを見た美幸と山口おさむ(稲垣)は歌声とのギャップに爆笑していたが…。CDの売れ行き次第で音楽番組出演などMIYUの“顔出し”可能性も浮上する。
 今作のジャケット写真とプロモーションビデオには村上が登場する。「ビューティフル-」について村上は「素敵な歌詞で、初めて聴いたとき涙がこぼれた。1人で泣くシーンは曲のおかげで気持ちを高めることができた。私もCDにしてほしかった1人。いい曲はたくさんの人に聴いて欲しい」とコメント。
 異例の放送終了から約4カ月後の発売は、多数のファンの後押しがあったからこそ。挿入歌だった「ビューティフル-」が、大ヒットした主題歌「恋のつぼみ」(倖田來未)超えを狙う。
(デイリースポーツ)



続く祝賀ムードのなか、あの小学生が初登場!


 TV、新聞、雑誌という巨大メディア上で、画面や紙面・誌面をにぎわす著名人たち。そのメディア露出度から“今"を知ることができる『メディア登場数ランキング』( 9/22付ランキング表はこちらへ )。

 今週も先週に引き続き、祝賀ムード満点のランキングとなった。親王さまを出産された秋篠宮紀子さまがテレビ(11時間24分52秒)、雑誌(27面)で1位。新聞でも7位(1966行)に入られた。今週の皇室ご一家は、雑誌で上位を独占。紀子さまのほかに、3位(13面)に皇太子家、4位(11面)に天皇家、6位(9面)に秋篠宮家、10位(6面)に愛子さまと悠仁さま、19位(4面)に美智子さまと、皇室ご一家だけで76面となった。

 その他の上位は、復帰戦で4打数4安打とド派手なカムバック劇を演じたNYヤンキースの松井秀喜選手が新聞で1位(10488行)、テレビで4位(6時間21分54秒)とこちらも華々しい復帰戦に。最近すっかり上位の常連となった早稲田実業の斎藤佑樹投手はテレビ(7時間33分51秒)、新聞(5138行)でともに2位、雑誌でも5位に入るなど、相変わらずの安定ぶりだ。

 終盤戦を迎えた自民党総裁レースの各候補者も安倍晋三官房長官がすべてのメディアでベスト5入り、麻生太郎外務大臣や谷垣禎一財務大臣も上位に顔を覗かせた。

 珍しいことに、今週は芸能人の名前が上位にほとんどない。3メディア通じて、唯一のベスト10入りが雑誌8位(8面)の武田久美子。十数年前、グラビアクイーンだった彼女もアメリカ人男性と結婚し、現在は一女の母としてサンディエゴに在住。9月に著書を出版した効果が雑誌での露出につながったようだ。テレビでの芸能人の最高ランクは、SMAPの15位(49分)。新聞でも18位(878行)の堂本光一(KinKi Kids)、19位(866行)の仲間由紀恵、20位(831行)のさだまさしと、下位のみのランクインとなった。

 そんななか、注目はテレビ19位(21分11秒)のキグルミ。キユーピーのたらこパスタソースのテーマソングを歌っている小学生2人組で、オリコン・シングルチャートで初登場2位という話題も手伝って、テレビへの露出が増えたようだ。
 今週は本来、メディアに露出したいはずの芸能人の露出ランキングが下位に偏った。露出量は、時節や話題に左右されるもの。さて、来週のランキングはどうなっているだろうか。

  TV、新聞、雑誌『メディア登場数ランキング』(9/22付) は、ORICON STYLEで。

(オリコン)



大注目のナイス橋本ついにデビュー! SMAPへの楽曲提供や風味堂とのコラボでも話題!


TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』でオンエアされた楽曲が大反響を呼び注目を集めていたナイス橋本がついにデビュー! 10月4日にシングル「キミは君★」をリリースします。レーベル公式サイトで試聴が可能ですのでぜひチェックを!

また、SMAPのアルバム『Pop Up! SMAP』に楽曲提供していた彼。その他にも、風味堂のシングルではカップリング曲「パーティーナイト feat. ナイス橋本」でコラボしていたり、Leadのシングル「Summer Madness」の作詞作曲を担当していたりと、課外活動も絶好調。
発売中の『PATiPATi』10月号掲載のインタビューでは、楽曲提供をすることになった驚きのきっかけを語っています!

レーベル公式サイト

『PATiPATi』




川村結花、コラボレーション・ライヴのお相手は……


SMAPのミリオンセラー・シングル「夜空ノムコウ」の作曲者(自らもセルフ・カヴァーもしている)としても知られるシンガー・ソングライター、川村結花。9月22日(金)札幌ICFリラベル教会、9月23日(土・祝)小樽北一ガラスホールにて、『PIANO Seasons〜Vol.2』と銘打ったデュオ・ライヴを開催することが決定しているが、そのコラボレーション相手がオフィシャル・サイトにて発表された。9月22日(金)は、上田現、元ちとせ、Charaをはじめ数々のトップ・ミュージシャン、バンドとのコラボレーションで活躍するベーシスト、石川具幸。そして9月23日(土・祝)は、ソロ・ミュージシャンとして01年にデビューを果たし、その後もソロ活動のみならず、TOKU、日野賢二らとのスーパー・ユニット“TKY”への参加など、様々なミュージシャンとのコラボレーションで絶大な評価を受ける気鋭の若手ジャズ・ミュージシャン、小沼ようすけがそれぞれ参加するのでお楽しみに!



古畑vsスマップ 待望の復活


 99年に放送され、32・3%の高視聴率を獲得したフジテレビ・関西系のドラマ「古畑任三郎 VS SMAP」が、リニューアルして「ドラマレジェンド スペシャル」(10月9日、後9・00)として放送されることが18日、発表された。
 全42話の古畑シリーズの中でも「もう一度見たい」とリクエストが多かったのが「VS SMAP」。メンバー5人が“SMAP”として犯人役で登場。俳優・田村正和(63)演じる古畑警部補と対決し、話題となった。放送から7年たつが、アンコールを求める声が強く、同局では今回“特典映像”を付けたスペシャル版として放送する。過去の名場面と合わせ、古畑の人物像などを徹底分析。これまでベールに包まれていた古畑の秘密が明かされるかもしれないという。
(デイリースポーツ)



日比谷花壇のショッピングサイト「hibiyakadan.com」5周年大感謝祭9月15日より開催


日比谷花壇のショッピングサイト「hibiyakadan.com」5周年大感謝祭9月15日より開催。
 
日比谷花壇が運営する人気ショッピングサイト「hibiyakadan.com」がこの秋開設5周年を迎えます。 これを記念して9月15日(金)より10月31日(火)まで「『hibiyakadan.com』5周年大感謝祭」を開催、人気商品の限定バージョンの販売や各種プレゼントキャンペーンを行います。 発売以来大好評の、まるで本物のケーキのようなフラワーアレンジメント「フラワーパティシエ」はフランボワーズ、ガトーフレーズなど人気のカットタイプ6種類を合わせた「スペシャルホールタイプ」になって登場。 さらにSMAPの大ヒットソング「Dear WOMAN」のメロディが流れるオルゴールフラワー「ロゼキューブ」など、女性の心をくすぐるとっておきの限定商品全6種がそろいます。 そのほか、アレンジメント特別レッスンプレゼントなど日比谷花壇ならではのラグジュアリーな企画が目白押し。 この機会にぜひサイトにアクセスして。 
「hibiyakadan.com」5周年記念限定商品 フラワーパティシエ「スペシャルホールタイプ」10,500円 オルゴールフラワー「ロゼキューブ(Dear WOMAN)」5,250円 ほか全6種。 ※無くなり次第終了。 
ご注文受付 http://www.hibiyakadan.com/
問合せ0120-001187(日比谷花壇)。 
(ファッションサイト)



8月度アルバム、SMAP余裕の首位!注目はBONNIE PINK


 月内累計で41.3万枚を売り上げたSMAP『Pop Up! SMAP』がその危なげない動向により8月度月間アルバムランキング首位を獲得。また、映画やCMの大型タイアップによってV字回復をみせたBONNIE PINKのベスト作も月内売上38.3万枚を記録した。

 さらに注目は3位のコンピレーション・アルバム『Beautiful Songs』。楽曲人気と相まって発売当初から好評だった作品だが、ダニエル・パウター来日などもありこの8月に売上が上昇、ロングセールス大ヒットを記録した。昨年の『ベスト・クラシック100』に続く06年屈指のコンピ作品になりそうである。

(オリコン)



「ツヨシ〜!」韓国のファンが草なぎに黄色い声援!『日本沈没』邦画では最高のスクリーン数


 29日、ソウル・三成洞にあるシネコンCOEX MEGABOXで、映画『日本沈没』のVIP試写が行われ、樋口真嗣監督、主演の草なぎ剛が舞台あいさつを行った。予想以上の韓国メディアの多さに、「日本よりもすごいな」ともらした樋口監督は、「この映画を観て、韓国の方がどういう感想を持たれるのかとても楽しみです」とあいさつした。

 そして、韓国通タレント「チョ・ナンカン」としてだけでなく、SMAPのメンバー、そして俳優・草なぎ剛としても韓国で人気が高い草なぎは、「韓国では初めての舞台あいさつなので、とてもうれしいです。自分の主演映画が韓国で公開されるのはこの上ない光栄。

 これからも日韓の交流のために体と心を捧げます」と全て韓国語であいさつし、大きな拍手を受けた。会場からは終始、「ツヨシ〜!」「ツヨポン〜!!」、と韓国人ファンの黄色い声援が飛び交った。『日本沈没』は韓国国内で上映される日本映画の中では最高の約200スクリーンを確保し、8月31日から全国公開される。
(シネマトゥデイ)



草なぎ剛さんが来韓、「日本沈没」プロモーション


【ソウル24日聯合】映画「日本沈没」に主演したSMAPの草なぎ剛さんが、樋口真嗣監督とともに28日、プロモーションのため韓国を訪問する。広報会社のオールザッツシネマが24日に明らかにした。

 「日本沈没」は、大地震のため日本全土が海の底に沈むという大惨事を描いた作品。草なぎさんは日本列島を救う任務を負う潜水艇のパイロット、小野寺俊夫を演じた。人気アニメーション「新世紀エヴァンゲリオン」の脚本にも携わった樋口監督は、これが2本目の長編演出作品となる。2人は29日午後1時にソウル市三成洞の映画館で行われる日本沈没VIP試写会で舞台あいさつを行う予定。

 また試写会には、久保田利伸とのデュエットで主題歌の「Keep Holding U」を歌い日本デビューした韓国人歌手・SunMinと、韓国語バージョンのパートナーとなったSHINHWA(シンファ)のシン・ヘソンも参加する。
(YONHAP NEWS)



スマスマでのパフォーマンスで大反響! ファーギー、全米1位!


 今、世界で最も旬なヒップホップ・グループ、ブラック・アイド・ピーズの紅一点、ファーギー( ※アーティスト写真はこちら )が、全米ビルボードシングル・チャート1位という衝撃のソロ・デビューを果たした。ブラック・アイド・ピーズは、 グラミー賞も獲得しているアメリカの国民的なグループで、7月の来日公演も日本武道館2公演を含め大盛況だった。

 ファーギーはミュージシャンとしてはもちろん女優としても活躍。映画『ビー・クール』や『ポセイドン』など出演、また先日クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が共同制作している新作スリラー映画『Grind House』への出演を依頼されている。

 そのファーギーの、ソロ・デビュー・シングル「ロンドン・ブリッジ」は9月発売のソロ・デビュー・アルバム『プリンセス・ファーギー:THE DUTCHESS』からの先行シングルで、7月来日時、ブラック・アイド・ピーズがフジテレビ『SMAP×SMAP』に出演した際に、「パンプ・イット」とともに、メドレーでSMAPと一緒にパフォーマンスし大反響だったナンバー。

 この曲が8/19付全米ビルボードシングル・チャート1位になった背景には全米でのダウンロードによるシングル・セールスが非常に好調ということがある。日本でも9月の日本デビューに先行して、8月16日より音楽ダウンロードがスタートする。

(オリコン)



Uターンラッシュもこれで安心!? 渋滞にハマッても、聴いているとイライラしない曲ランキング!


 今日がUターンラッシュ!? でも安心。この曲を聴いてイライラ解消! 『渋滞にハマッても、聴いているとイライラしない曲ランキング』( ■ランキング表はこちら )の1位はケツメイシ「ドライブ」!

 「ゆっくりしてもいっかと思う」(神奈川県/専・大学生/女性)、「渋滞でも楽しんでドライブできる感じ」(岐阜県/20代社会人/女性)など、女性からの支持を多く集め、ケツメイシ「ドライブ」が1位を飾った。

 2位は、「渋滞のタクシーも進まなくたってイライラしない yeah!」という歌詞が、もうそのまんまで印象的な、SMAP「SHAKE」。
 「歌詞に「Oh・・・渋滞のタクシーも」ってあるしシェイクシェイクブギーな胸騒ぎですよ、なんかこっちまで楽しくなってくる曲だからです」(大阪府/専・大学生/女性)、「“渋滞のタクシーも進まなくったってイライラしない"境遇が同じでいいですね(笑)」(東京都/中高生/男性)など、やはりその歌詞に共感の声が。

 同じくSMAPの、5位にランクインの「BANG!BANG!バカンス!」には、「子供が好きな曲で、車でよく聴きます。去年の帰省の際の渋滞でも、みんなでノリノリでイライラしないで済んだ^^」(東京都/30代/女性)という体験談も届いた。

 その他、「BANG!BANG!バカンス!」と同率5位でmihimaru GT「気分上々↑↑」(「この渋滞の先にある楽しみを想像したら…イラついてなんかいられないっ!Hey!DJ!」(愛知県/中高生/男性))が、7位には手嶌葵「テルーの唄」(「その声にイライラも癒されそう」(埼玉県/30代/女性))がランクインするなど、女性ボーカルの、動と静、対照的な曲も上位にランクした。


(2006年8月3日〜8月7日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の中高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の男女各100人、計1,000人にインターネット調査したもの)
(オリコン)



稲垣吾郎 現場ナビゲーター就任


 SMAPの稲垣吾郎(32)が9月14日から開幕し、テレビ朝日で中継される「シンクロワールドカップ2006」の応援団長兼現場ナビゲーター『マーメイド・プリンス』に就任することが15日、決定した。会場の横浜で日本チームにエールを送る稲垣は「ぜひ4日間連続でメダルを獲得してほしい」とコメント。体当たりで『美』を伝える決意を明かした。
 『美』へのこだわりはSMAP随一の稲垣が、初めて1人でスポーツイベントキャラクターを務める。「マーメイド・プリンス」は、シンクロ日本代表の応援団長であるばかりでなく、現場ナビゲーターとして選手と深くかかわる。勝敗だけでなく、美しい“人魚たち”を持ち前の柔らかい感性で伝えていく。「女性の体のラインはすごくキレイ」「日本チームはりんとしてる」「彼女たちの美しい芸術を見ていただきたい」。開幕を待ちきれない?稲垣は、早くも独特の表現で大会をPRした。
 SMAPの一員として、「Dear Woman」で全女性への応援歌を歌った稲垣。「海外のチームとは違う、日本女性ならではのオリジナルな個性が出せるといい。自分たちが納得いくような演技をして、日本中に感動を与えてもらいたい」と日本代表への期待を口にした。また、選手と同じ“表現者”として「今回の仕事を通して、何かしらの影響を受けたい!自分の仕事にもプラスになれば」と自身の成長にも期待を込めた。
 大会は9月14日から17日まで横浜で行われ、テレビ朝日では毎日行われる4種目の決勝戦を放送。日本チームにはメダルの期待がかかる。
(デイリースポーツ)



KAT-TUN、SMAPなどの楽曲を手掛けるコモリタミノルが久々ライヴ


「ライオンハート」「SHAKE」「BANG!BANG!バカンス」など、SMAPの大ヒット・シングルをはじめ、KAT-TUN、小柳ゆき、V6らの楽曲提供も行なっているコモリタミノルが、久しぶりにライヴを行なう。

これは、今年5月にリリースしたアルバム『GOLDEN☆BEST』を記念して行なうもの。『GOLDEN☆BEST』は、1989〜1993年にリリースしたソロ・アルバム4作品を中心に、SMAPの「たいせつ」のセルフ・カヴァーなど、全36曲を収録している。




コモリタミノル、ベスト盤を引っさげライヴ開催


80年代からアーティストとして活動し、SMAP「らいおんハート」や「ダイナマイト」の作曲・編曲者として知られる人気シンガーソング・ライター、コモリタミノル。6月に彼のソロ・ワークスを集めたベスト・アルバム『GOLDEN☆BEST/コモリタミノル』がリリースされたが、本作を引っさげて久々にライヴを開催することが決定した。日程は9月1日(金)原宿Blue Jay Way。料金は前売3,500円(税込)・当日4,000円(税込)で、同時期に『GOLDEN☆BEST』がリリースされた大久保好子とのジョイント・ライヴとなっているのでお見逃しなく。詳細はオフィシャル・サイト( http://www.comorita.com/ )まで。



槇原敬之、ニュー・シングル発売


今年2月に通算35枚目となるシングル「ほんの少しだけ feat.KURO from HOME MADE 家族」をリリースした槇原敬之。同月にリリースしたニュー・アルバム『LIFE IN DOWNTOWN』では、アルバム総売り上げ男性ソロ1位に輝いた彼だが、この度、10月11日(水)にニュー・シングル「五つの文字」をリリースすることが決定した。本作は、フジテレビ系『めざにゅー』のテーマ・ソングとして既にオンエアされており、カップリングにはタイトル曲である「五つの文字」とSMAPに提供した大ヒット曲「世界に一つだけの花」の06ライヴ・ヴァージョンも収録されているので是非お聴き逃しなく! また、9月20日(水)には全国20ヶ所34公演を廻った全国ツアーの模様を収録したライヴDVD『槇原敬之 CONCERT TOUR 2006“LIVE IN DOWNTOWN”』もリリースされるので要チェックです。詳しくはオフィシャル・サイト( http://www.makiharanoriyuki.com/ )まで。



世界の草なぎ 全16カ国に進出


 SMAPの草なぎ剛(32)が主演した映画「日本沈没」(公開中)が、韓国で公開の日本映画としては史上最大となる約200館で上映されることが4日、分かった。31日から公開される。この日、都内で行われた日韓記者による合同会見で発表された。快挙を喜ぶ草なぎは、得意の韓国語で韓国記者の質問に次々と回答した。さらに「日本-」は8月末からアジア、欧州など全16カ国で公開。“世界の草なぎ”が真の意味で実現する。
 李スンヨプ(巨人)にも負けない人気ぶりだった!?この日集まった韓国メディアは新聞20社、テレビ7局。会見前に試写を観賞した「スポーツカーン」の記者は「ラブストーリーが描かれていて興味深かった。チョナンカン(草なぎ)は韓国ではコメディアン的に見られているが、これで本物の俳優として受け入れられるだろう」と太鼓判を押した。会見では「あなたが韓国通のために悪口を言われたことは?」といったきわどい質問も飛んだが、草なぎは「どんな仕事をしてもそういうことはある」とサラリとかわす余裕を見せた。
 これまで韓国で上映された日本映画で最高のスクリーン数は『ハウルの動く城』で237。配給の東宝は「200館は実写の邦画では最高」と話す。韓国のスクリーン数は1680と日本(2900)の約3分の2。一定日数自国作品を上映しなければいけないという「スクリーンクォーター制」など自国の映画の保護政策を敷く同国では異例の大規模公開となる。
 さらに中国でも2〜300、台湾でも50館。欧州でもドイツ、オランダなどで公開が決定した。日本でも公開20日間で約230万人を動員するなど絶好調。草なぎは会見後、都内で大ヒットお礼舞台あいさつにサプライズ登場し、ファンに感謝した。
(デイリースポーツ)



ついにトップ入れ替え!「TSUBAKI」を抑えたCMとは!?


 この春の放映スタート以降、トップの座を譲ることのなかった「TSUBAKI」が、8月度テレビCM好感度ランキング(F1F2総合)でついにその定位置を明け渡すこととなった。そのCMとは、「TSUBAKI」のイメージ・ソングを歌っているSMAPを登場させた「ホットペッパー」の新シリーズである( ランキング表 )。

 「ホットペッパー」といえば、映画風の映像(既存の映像作品ではなく、このCM用に撮影されたものとのこと)にストーリーとはまったく無関係の関西弁のセリフをあてて、オリジナル(に思える)作品の世界を180度転換させることで印象を植え付ける、という“荒技"を成功させた人気シリーズだ。これまでにサスペンス風のものや人間ドラマ風のものなどを面白おかしく吹替えて、高い支持を集めてきたが、今回は正真正銘の既存映像、それも当代きってのスーパーグループ、SMAPの映像にアテレコをしているのだからインパクト大、である。

 バージョンは大きく分けて2つ。数年前のテレビ番組からの映像と近年のコンサートの模様から抜粋したものだ。その絶妙な味わいは実際に目にしなければわからないのだが、ここでも荒唐無稽なアテレコは全開。草なぎ剛が“ギターの山田"になっているし、自分が関西弁をアテられていることに気づかない木村拓哉がいる。

 まさに、人気者と人気シリーズの豪華コラボであり、そこに、“よもやホットペッパーのCMにSMAPが"という意外性も加わったことで、より“お宝"的意味合いが強くなったと言えるだろう。「以前から印象的なCMだったが、SMAPが出演している今回が1番印象に残る。昔の彼らを使っているところに惹かれる」(茨城県/21歳)「まさかSMAPが関西弁でアフレコされて出てくるとは思わなかったので、友達との間でも今話題になってます」(群馬県/24歳)。票数を伸ばした「TSUBAKI」を抑えての堂々の1位となった。

(オリコン)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。