キムタクやオダギリジョーをもトリコにするジョニー・デップの魅力とは?


 『ユーザーが選んだ2005年 ベストムービー ランキング(主演男優編)』1位に輝き( ※ランキング表 )、現在公開中の『パイレーツ・オブ・カリビアン〜デッドマンズ・チェスト』も絶好調のジョニー・デップ。その彼の魅力とは?

 ディズニーランドの人気アトラクション“カリブの海賊"を壮大なスケールで映画化し、全世界で700億円を越えるメガヒットを記録した『パイレーツ・オブ・カリビアン〜呪われた海賊たち』。その続編『〜デッドマンズ・チェスト』は、全米で初日興収歴代1位、第1週興収入歴代1位、史上最速興収入1億ドルを達成。去る7/22に日本で公開され、初日2日間の興行収入で『マトリックスリローデッド』を抜き歴代1位を記録した。

 その驚異的な人気の秘密は、何と言ってもジョニー・デップ演じる“型破り"な海賊ジャック・スパロウ。いつも酔っているかのように体をユラユラ、フラフラ、黒く隈取りした目をカッと見開き、冗談とも本気とも付かないことを口にする姿はユーモラスかつ大胆不敵。製作当初、ジョニーのこの演技を見たスタジオの重役たちは「こんなヒーローなんて有り得ない!」と大激怒、「アイツを降ろせ!」という騒ぎにまでなったというが、観客にはこのトボケたキャラクターが大ウケ。「海賊モノは売れない」という映画業界の定説を覆し大ヒットを記録した。

 その後、アメリカの雑誌『ピープル』で『この世で最もセクシーな男性』に選ばれ、日本でもオダギリジョーが“憧れの俳優"としてその名を挙げたり、キムタクが『SMAP×SMAP』でジャック船長のパロディを演じたりと、世界的な人気者になったジョニー・デップだが、ここへ来るまでには長い道のりがあった。

 ジョニー・デップはネイティブ・アメリカンの血を引く家庭の4人兄弟の末っ子として生まれ、11歳でドラッグを覚え、16歳で高校をドロップアウト。ミュージシャンを目指して移り住んだL.A.で俳優になったが、注目されるのは恋愛遍歴やスキャンダルばかり。出演作も風変わりなものが多く“ハリウッドの異端児"とあだ名された。

 というのも、ジョニーはギャラや名声には全くこだわらず、どんなに大金を積まれても“自分が納得出来る作品"にしか出演しないからだ。『エドウッド』、『シザーハンズ』、『リバティーン』、『チャーリーとチョコレート工場』など、どれも“真実"と“ファンタジー"、“哀しみ"と“おかしさ"、そしてある種の毒が混在する作品や役柄で、他の俳優では成立しなかったであろう難しい題材ばかりだ。ジョニーはその端正な顔立ちにも関わらず、役のためなら、女装、コスプレ、性病患者、どんな事でもするし、予想ははるかに上回る人物像を作り上げる。

 撮影打ち切りになった映画のドキュメンタリー『ロスト・イン・ラ・マンチャ』を見ると、奇才テリー・ギリアム監督のおかしな要求に何の疑いも抱かず、何度も何度も繰り返し演技をするジョニーの姿が写っている。彼は自分をスターだとは思っていないのだ。

 素顔の彼はハリウッドの馬鹿げた派手さを嫌い、1998年に知り合ったヴァネッサ・パラディと二人の子供を愛する誠実な男だ。ハンサムな顔、個性と演技力、ファッション・センス、生き方、どれをとってもカッコイイのに、ピュアで不器用。現代では貴重となりつつある人間的魅力。人々はスクリーンを通してにじみ出るジョニーのこの“純粋さ"に惹かれるのかもしれない(内山磨魅)


(オリコン)



ジダン、テレビと新聞でダントツの露出! 今週のメディア登場数


TV、新聞、雑誌という巨大メディア上で、画面や紙面・誌面をにぎわす著名人たち。そんな彼らのメディアへの露出度をトータルで振り返る『メディア登場数ランキング』。

 今週、新聞(7506行)、テレビ(11時間59分26秒)と2位にダブルスコア以上の差をつけてW首位となったのは、サッカーW杯決勝でイタリアの選手に頭突きをかまし、退場処分となったフランス代表主将のジダン。「家族を侮辱されたから」というジダンの言い分に対し、相手選手も侮辱発言は認めたものの、具体的な内容は明らかになっていない。事態はサッカーのフィールドを超え、移民差別、人種差別問題にまで飛び火しつつある( ランキング表 )。

 また、先週「腫瘍の手術で休養」というショッキングな会見で新聞2位、テレビ3位となった福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督は、今週も引き続き雑誌3位(8.6)。さらに、ロック歌手の忌野清志郎が、喉頭がんのため入院治療を受けることを公表し、新聞で4位(2112行)、テレビで6位(1時間4分23秒)にランクイン。「何事も人生経験と考え、この新しいブルースを楽しむような気持ちで治療に専念できればと思います」などとする自筆のコメントをホームページに掲載し、音楽活動を休止することを報告した。ひょうひょうとしたコメントが、キヨシローの器のデカさを感じさせる。

 一方、暗いニュースが続くなか、明るい話題でメディアの注目を集めたのが、SMAPの草なぎ剛。15日に公開された主演映画『日本沈没』(樋口真嗣監督)が、興業収入85億円を記録した『世界の中心で、愛を叫ぶ』(04年)に迫る勢いの大盛況となり、テレビで14位(30分45秒)。この映画の原作は大地震により日本が壊滅状態になるという、小松左京のベストセラー小説。5月にはカンヌ国際映画祭のマーケット部門に出品され、現在、アジア主要20か国ほか世界各国から公開オファーが殺到しているという。

 そして、世論調査でトップを走る安部晋三官房長官も新聞で9位(1404行)、雑誌で11位(5面)と上位に食い込んでいる。“事実上のマニフェスト"と言われている著書『美しい日本へ』を出版。さらに、月内から事業に失敗した経営者の再挑戦支援で全国を回るなど、精力的に活動。一方、出馬の可能性があるとして注目されている福田氏はいまだ、沈黙を守ったまま。2か月後に迫る自民党総裁選。強力なライバルが出現するなど、ポスト小泉の行方を巡る動きが激化すれば、政治家のランクインが増えることも予想される。

(オリコン)



草なぎ感激「僕が沈没寸前」


 SMAPの草なぎ剛(31)が15日、都内で行われた主演映画「日本沈没」の公開初日舞台あいさつに共演の柴咲コウ(24)、豊川悦司(44)、大地真央(50)らとともに参加した。
 草なぎは会場を埋め尽くすファンに舞い上がったのか「気持ちが高まりすぎて、僕のフォッサマグナが裂け始めて沈没寸前です」と意味不明なコメントで感激を表現した。役のためにマスターした民謡「会津磐梯山」もアカペラで披露。故郷を思い出して歌うという、本編ではカットされた“幻のシーン”を再現して大拍手を受けた。柴咲は「あまりよくない未来を描いているが、これからの日本を良くしていく参考にしてほしい」とコメントした。
 配給の東宝が「興行収入70億円が狙える」と意気込む話題作。アジア約20カ国からも公開のオファーを受けているという。
(デイリースポーツ)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。