香取両さん亀有署長に“昇進”



8月1日9時23分配信 デイリースポーツ

 SMAP・香取慎吾(32)が31日、警視庁亀有署の一日署長を務めた。TBS・MBS系の主演ドラマ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(8月1日スタート。土曜、後7・56)で警察官・両津勘吉を演じることにちなんでのこと。
 制服姿で真っ赤なオープンカーに乗ってパレード。交通安全イベントにも参加した香取“両さん”。沿道などで7500人から大声援を浴び「いい気分ですね。偉い人を後ろに従えてやってる感じが」と署長の座にご機嫌な笑みを浮かべた。
 ドラマを放送するTBSは、バラエティー番組「キミハ・ブレイク」で「こち亀」をPRするため、17日の深夜に葛飾区荒川河川敷で花火を打ち上げて、亀有署から厳重注意を受けたばかり。間の悪いタイミングでの一日署長となったが、同署関係者は「ご本人が打ち上げたわけじゃないですから」と香取への“おとがめ”は一切なかった。



<注目ドラマ紹介>「こち亀」香取両さん暴れる!? たけし、加山雄三など毎回豪華ゲスト



8月1日12時10分配信 毎日新聞

 33年続いている秋本治さんの国民的マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、SMAPの香取慎吾さん(32)主演でドラマ化された。映画や舞台になったことはあったが、意外にも初のドラマ化。香取両さんが暴れまくる!?

 原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で76年から連載がスタートし、「少年誌の最長連載記録」としてギネス記録を保持している。単行本は現在までに164巻発行され(165巻は8月4日に発売)、累計1億3000万部以上を売り上げた。

 東京の下町、葛飾区亀有公園前の派出所に勤務する警察官・両津勘吉(香取さん)は、豪快で型破り、やることなすことハチャメチャで、上司の大原部長(伊武雅刀さん)にカミナリを落とされてばかり。同じ派出所勤務の後輩で、パリ生まれの秋本カトリーヌ麗子(香里奈さん)や、大財閥の息子、中川圭一(速水もこみちさん)らはハラハラし通しの毎日を送る……という人情喜劇。両さんの父・銀次役でアニメと舞台で両さんを演じているラサール石井さんが出演するのも話題だ。また、原作でもおなじみの4年に一度しか目を覚まさない警察官、日暮熟睡男(ひぐらし・ねるお)役に宮藤官九郎さん、詩や俳句を愛する御所ケ原組長役に西田敏行さん、バイクに乗ると人格が変わる白バイ警察官、本田速人役で「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが出演する。

 各話で登場するゲストも豪華だ。第1話(8月1日放送)には、ビートたけしさん(62)が出演。たけしさんは原作にはないオリジナルキャラクター「謎の男キタノ」役で登場し、派出所に出没しては制服を勝手に着たり、昼ご飯を奪うなど両さん以上に暴れまくる。香取さんとたけしさんのコントシーンもあるとか。その他、第1話は両さんが借金返済のために仕掛けた「みこしレース」にかかわることになるみこし職人に國村隼さん、その他、ベッキーさん、劇団ひとりさんもゲスト出演する。

 第2話(8月8日放送)は駄菓子屋のオバちゃんのモエコ役に渡辺えりさん、モエコのあこがれる加山雄三さん役で本人が出演する。お笑いコンビ「オードリー」も警察官役で登場し、香取さんらとからむ。第3話(8月15日放送)は観月ありささんや幽霊侍役でKAT−TUNの田口淳之介さんがゲスト出演。今後、SMAPのメンバーのゲスト出演も企画されているという。

 主題歌は香取さんが「両さん」名義で歌う作品タイトルと同じ「こちら亀有公園前派出所」。放送はTBS系で毎週土曜午後7時56分から。初回は75分の拡大版。




草なぎ、クリーンなイメージ健在 洗剤でCM好感度1位



7月31日13時52分配信 産経新聞

 SMAPの草なぎ剛が、女性を対象にした洗濯洗剤CM出演者の好感度調査で1位に選ばれた。草なぎは、4月に泥酔騒動を起こして芸能活動を自粛していたが、5月末の復帰を機にCM出演も再開していた。

 ことさらクリーンなイメージが求められる洗濯洗剤のCMにあって、好感度の高いタレントを自由回答形式で訪ねたところ、34%が草なぎを支持。2位の玉山鉄二(14%)に20ポイント差の大差で1位に選出された。特に40代の支持が高く、42%が草なぎの名を挙げた。

 3位以下には、渡辺満里奈(2%)、反町隆史(2%)、藤井隆・乙葉夫妻(1%)、安田成美(同)などとなった。

 調査は、ネットエイジア社が7月6日〜8日に携帯電話によるインターネットで実施。自分で洗濯洗剤を選んで購入している、20歳〜59歳の女性800名から回答を得た。




草なぎ剛、地デジの顔として再登板 「ご迷惑をおかけし心からおわびします」



7月24日12時38分配信 産経新聞

 4月に東京・六本木の公園で泥酔し、全裸騒動を起こした人気アイドルグループSMAPの草なぎ剛さん(35)が芸能活動を再開させたのに続き、地上デジタル放送PRの顔としても再登板を果たした。24日に都内で開かれた「デジタル放送完全移行推進の集い」に出席した草なぎさんは泥酔騒動について謝罪した上で、「地デジの普及推進に皆と一緒に頑張りたい」と意欲を見せた。

 草なぎさんは「地デジ推進大使」と呼ばれるNHKと民放キー局の女子アナウンサー6人が紹介された後、黒色のスーツ姿でさっそうと登場。やや緊張した面持ちで「このたびは多大なご迷惑をおかけし、心からおわびします。本当に申し訳ありませんでした」と、会場を埋めた出席者や視聴者らに向けて深々と頭を下げた。

 その上で「きょうから地デジの普及推進に参加させていただくことを感謝しています。皆さんの協力が得られるよう、(地デジ推進大使の)皆と一緒に頑張っていこうと思います。皆さん、何とぞよろしくお願いします」と会場いっぱいに声を届かせた。

 地デジ推進大使の1人で日テレの馬場典子アナが「心強いリーダーなので、あと2年、よろしくお願いします」と声をかけると、草なぎさんはほっと表情を緩ませ、「よろしくお願いします」と応じた。

 その後、地デジ化に向けた全国各地での取り組みが報告された後、再び登壇。自らが芸能活動を自粛している間に、草なぎさんの“代役”として生まれた新しいマスコットキャラクター「地デジカ」とからむ場面もあった。

 草なぎさんは、シカをモチーフにした地デジカに向かって、「こんにちは、初めまして草なぎ剛です。ぼくがいない間に頑張っていただいてありがとうございます」とあいさつ。これに、地デジカが着ぐるみで言葉を出せずにいたことから、「シカということで、しかと(無視をするという意味)? ですか」としゃれっ気たっぷりに話しかけ、会場の笑いを誘った。

 その場で地デジカが草なぎさんに耳打ちするしぐさを見せると、草なぎさんが「え、SMAPに入りたいと。 あの〜踊れる?」と切り返す場面も。地デジカはゆったりと両手を動かして応え、会場の笑いを誘った。

 そして、地デジカの手を引き、どこかぎこちない笑顔ながらも「よし、一緒に頑張ろう!!」と右手の拳を突き上げた。

 イベントの最後にも草なぎさんは登場。司会から「草なぎさん、かっこよく決めてください」と促されると、「2年後の地デジ完全移行に向け、全力を尽くしていきます。あと730日です。深い協力をお願いします。僕たち、頑張ります」と力強く宣言した。

 「デジタル放送推進協会」(Dpa)は、地上デジタル放送への理解を深めてもらおうと、3年前に、草なぎさんに「地デジメーンキャラクター」として白羽の矢を立てた。草なぎさんは「地デジ推進大使」のリーダーとしてブラウン管などを通じ、地デジのPRに努めてきた。

 だが、今年4月、東京・六本木の公園で泥酔して全裸になり、逮捕されたことでCM出演などを一時、自粛。メーンキャラクターの座を追われた。騒動の後、起訴猶予処分となり、5月には芸能活動を再開させた。

 この日のイベント出席に先立ち、草なぎさんの所属するジャニーズ事務所は23日、「メーンキャラとしての今後の出演料は辞退する。相当額を地デジ放送の普及に役立ててほしい」とDpaに申し入れていた。




「こち亀」主題歌、“両さん”香取が歌う!



7月13日7時52分配信 サンケイスポーツ

 両さん歌うッ!! SMAPの香取慎吾(32)が、8月1日スタートのTBS系主演ドラマ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(土曜後7・56)の主題歌を、主人公・両津勘吉巡査長の愛称「両さん」名義で歌うことが12日、分かった。

 「慎吾ママ」「ハットリくん」に続くキャラクターソロ第3弾。04年の映画「NIN×NIN 忍者ハットリくんTHE MOVIE」の主題歌「HATTORI3(参上)」をハットリくん名義で歌って以来で、香取両さんは「最高の気分です! この夏はこち亀でよろしく!」とハイテンションだ。

 曲名は同じ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」で、8月5日発売も決定。作詞作曲は元ピチカート・ファイヴの小西康陽氏(50)で、香取が慎吾ママ名義で130万枚を突破した2000年の「慎吾ママのおはロック」を手がけた。今回もポップで明るく子供も楽しめる曲調といい、再びミリオン狙う!




香取「こち亀」たけしゲスト出演



7月13日8時0分配信 スポーツ報知

 SMAPの香取慎吾(32)が主演するTBS系新ドラマ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(土曜・後7時56分)の第1話(8月1日放送)に、ビートたけし(62)がゲスト出演する。

 たけしが演じるのは、原作にはない謎のキャラクター・キタノ。勝手に派出所に入り込み、香取演じる両津勘吉とドタバタの掛け合いを繰り広げる。2人は初共演だったが、たけしの「いろいろやってみよう」という提案に香取も「やってみよー!」とノリノリ。台本を無視したたけしのボケの応酬に「やっぱりパワーがすごい! 本当にめちゃくちゃです」。対するたけしも「このドラマめちゃくちゃだね。ドラマのTBSとしては画期的なんじゃないの」。

 また、第2話では加山雄三(72)が本人役で登場。さらに西田敏行、宮藤官九郎、石原さとみ、観月ありさ、KAT−TUN・田口淳之介、オードリーらがゲスト出演する。

 また香取が「両さん」名義で主題歌(8月5日発売)を歌うことが決定。「慎吾ママのおはロック」を作った小西康陽氏の曲で、レコーディングでは、掛け声や合いの手をアドリブで連発し「最高です! 最高の気分です!」と大はしゃぎだった。




香取両さん ビートたけしと共演



7月13日9時14分配信 デイリースポーツ

 SMAP・香取慎吾(32)が、TBS系の主演ドラマ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(8月1日スタート。土曜、後7・56)で、ビートたけし(62)とテレビ初共演することが12日、分かった。
 たけしは、ドラマオリジナルキャラクター「キタノ」として第1話に登場、香取と掛け合いを繰り広げる。台本は用意されていたが、リハーサルでの「なんかいろいろやってみよう!」というたけしの一声で、本番はアドリブの応酬に。
 香取は「やっと共演させていただくことができたんですが、やっぱりパワーがすごい!」と感激。たけしも「このドラマ、めちゃくちゃだね(笑)。でも今風で面白いけど。香取くんもやたらテンション高くて面白いね」とご満悦。2話以降も加山雄三(72)、西田敏行(61)ら豪華ゲストを予定、SMAPメンバーの出演も決まった。
 また、香取は「両さん」として主題歌「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(8月5日発売)を歌うことも決定。元ピチカート・ファイヴの小西康陽(50)が作詞・作曲。「慎吾ママのおはロック」を手掛けたヒットコンビで、歌でも“こち亀旋風”を巻き起こす。




草なぎ剛・新垣結衣主演映画主題歌にalanを抜擢



7月18日6時30分配信 オリコン

 9月5日より劇場公開される映画『BALLAD 名もなき恋のうた』(山崎貴監督)の主題歌を中国出身の歌手・alanが歌うことが17日、わかった。同作は、人気アニメ『クレヨンしんちゃん』の劇場版シリーズの中でも最高傑作の呼び声高い『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(2002年公開)の実写化に挑んだ作品。人気グループ・SMAPの草なぎ剛が演じる戦国時代の武将と、女優・新垣結衣が演じるお姫様のラブストーリーをalanの強くのびやかな歌声で盛り上げる。

alanの写真付きプロフ

 alanは映画『レッドクリフ』のPartI・IIの主題歌で注目されたのが記憶に新しいところだが、邦画主題歌は初めて。「時代を越える話の映画の主題歌として、時間を感じさせる壮大な感じ、と同時に切なさも感じさせる、例えば、その歌を聴いただけで昔に行けるような主題歌を求めていた」という山崎監督のオファーに、alanは「未来に生きる強い意思を持って、自分にとって心から大事な人を思う気持ちを丁寧に歌いました」と応えた。

 映画タイトルと同名の主題歌「BALLAD 名もなき恋のうた」(9月2日発売)は、ひたむきに、ただひたすらに祈りを捧げ、深く大切な人を想う気持ちを綴った曲で「“悲恋”がテーマの曲ですが、必ずしも悲しいだけではないんです」とalan。「名もなき恋のうたとは、誰もが抱いたことのある恋のうた。皆さんもきっと“ちいさな祈り”を一度は経験したことがあるのではないでしょうか?」と同曲が多くの人の心に響くものと自信をのぞかせている。




SMAP香取慎吾が「いいとも」でタモリの代役



7月13日15時26分配信 サンケイスポーツ

 SMAPの香取慎吾(32)がフジテレビ系「笑っていいとも!」(月〜金曜正午)のテレフォンショッキング司会の代行を務めた。

 司会のタレント、タモリ(63)が白内障手術などのために13〜17日の同番組を休むことを発表していた。

 香取はこの日のゲスト、デーブ・スペクター(55)と話し、無事に同コーナー司会を務めた。

 タモリが同番組を長期間休むのは、2001年11月4日にゴルフ中にボールが顔面を直撃して入院し、翌日の5日から9日までと同12〜14日の放送を休んで以来。

 タモリは17日のテレビ朝日系「ミュージックステーション」(金曜後8・0)も休む。




韓国版F4出演の<SMAP×SMAP>高視聴率をマーク



7月15日17時35分配信 WoW!Korea


韓国版『花より男子〜Boys Over Flowers』のF4ことイ・ミンホ、キム・ヒョンジュン、キム・ボム、キム・ジュンが今年4月に来日、その際収録していたフジテレビ<SMAP×SMAP>が13日に放送され15.9%という高視聴率を記録した。

花より男子〜Boys Over Flowersの紹介と写真

同番組へ出演している<SMAP>の草なぎ剛が、一時活動を自粛していたことからF4が出演した回も放送が見送られていた。しかし草なぎ剛の復帰により、収録から3か月が過ぎてようやく放送が実現された。

放送でイ・ミンホなどF4メンバーは、香取慎吾が占い師という設定で悩み相談をするというコーナーへ出演。“変顔”を披露するなど、ドラマでは見られないコミカルな姿を披露した。
また、イ・ミンホが「日本で韓国版『花男』は成功できるのか? 」という“悩み”を打ち明けると草なぎ剛が「大ヒットするだろう」と韓国語で返答。F4メンバーは安堵の表情を浮かべた。





中居正広、NHK夏の特番でナビゲーター



7月16日7時52分配信 サンケイスポーツ

 SMAPの中居正広(36)が15日、NHK夏の特集番組「証言記録 市民たちの戦争」(BShi、8月9日後6・45)、「わたしたちの戦争」(仮題、総合、8月14日後7・30)のナビゲーターを務めることが同局から発表された。出演にあたり、「日本人である以上、戦争の具体的な悲劇と教訓をゼロにしてはいけないと思う」などとコメントを寄せた。




中居 NHK8月の特集“戦争番組”ナビ



7月16日9時19分配信 デイリースポーツ

 SMAP・中居正広(36)がNHKの夏の戦争特集番組のナビゲーターを務めることが15日、同局から発表された。
 中居がナビするのは8月9日から5日連続放送の「証言記録 市民たちの戦争」(BS-Hi 9日は後6・45、10日からは後7・00)と8月14日放送の「わたしたちの戦争(仮)」(総合 7・30)の戦争証言プロジェクトの2番組。「少しでも多くの若い世代に身近に感じてもらいたい」(藤田英世プロデューサー)と、映画「私は貝になりたい」で元兵士を演じた中居に白羽の矢が立った。
 中居は「戦争を体験した話をだれも語れなくなる時代はやがて来る。見ることも聞くこともなかったら、戦争の具体的な悲劇と教訓がゼロになってしまう。日本人である以上、ゼロにしてはいけないと思う」と若い世代に戦争の悲劇を伝え続ける決意を明かした。




“香取両さん”両国に1万人を招待!



7月17日9時26分配信 デイリースポーツ

 SMAP・香取慎吾(32)が“両さん”として歌うドラマ主題歌「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のCD発売記念イベントが、8月中にファン1万人を集めて東京・両国国技館で開かれることが16日、分かった。SMAPのメンバーによる新曲イベントは、デビュー当初をのぞくと異例。両さんになりきった香取は「まさか俺が国技館に立てるなんて…みんなCD買って遊びに来てくれよな!」と来場を呼びかけている。
  ◇  ◇
 新曲と同タイトルの香取が主演するTBS・MBS系連続ドラマ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(8月1日スタート。土曜、後7・56)は、東京の下町を舞台に警察官両津勘吉が大暴れするドタバタ人情喜劇。そんな下町のヒーロー・両さんにふさわしい晴れ舞台として“下町の聖地”国技館が用意された。
 SMAPのメンバーによる新曲イベントはデビュー当初こそ開催していたが、トップアイドルとして君臨する今となっては極めて異例だ。8月5日発売のシングルCDにイベント応募券が封入される形式で、SMAP関連のCDとしては初の試みとなる。
 イベントの詳細について“香取両さん”は「まだ秘密。楽しみに待ってろ!」と思わせぶりにコメント。開催日すら明かされてないが、ドラマではおみこしを担ぐシーンも登場するくらいお祭り男の両さんだけに、真夏の1日をさらに熱くする演出が用意されそうだ。
 また、こち亀仕様のコッペパン「こっちパン」の発売も決定した。メンバーの木村拓哉(36)の主演ドラマ「華麗なる一族」と「MR.BRAIN」でも登場し、売り上げ4000万個の大ヒットを記録している“SMAPパン”。新曲イベント当日の国技館でも販売予定で、お祭りステージの盛り上げに一役買うことになる。




『ドラクエIX』公式サイトに期間限定でテレビCM・メイキング映像公開



7月1日17時47分配信 インサイド

スクウェア・エニックスは、7月11日に発売を予定している『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』公式サイトにて、SMAPが出演しているテレビCMとメイキング映像を公開しました。

このテレビCMは6月20日より放送がスタートしていて、既にご覧になった人は多いかと思いますが、『ドラクエIX』のパッケージを餌に釣れたのはなんとSMAP。公式サイトの最新ムービーから「試される友情」篇を選択すると見ることが出来ます。

今回公開されたメイキング映像では、撮影中のSMAPのメンバーがどのように撮影したかを見ることが出来ます。水の中からワイヤーで釣り上げられたりと体を張った撮影の裏側を是非見てみてください。

いよいよ発売される『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、7月11日に5980円(税込)で発売予定です。



ソフトバンクの新CMキャラクターにSMAP



6月26日8時12分配信 オリコン

 人気グループ・SMAPが、ソフトバンクの新CMキャラクターに起用されることが26日、わかった。同日に東京・原宿のソフトバンク表参道にて行われた『iPhone 3GS』発売カウントダウンセレモニーに出席した孫正義社長が“ビッグサプライズ”として明かしたもので、「強力アピールしていきます」と新CMに自信をみせた。また、同店には同社のCM「白戸(ホワイト)家」でお馴染みの女優・上戸彩も駆けつけ、セレモニーに華を添えた。

会場に花を添えた上戸彩のアップ写真や『iPhone 3GS』発売日初日にできた長蛇の列

 ソフトバンクは今後、SMAPと白戸家という強力な二枚看板を武器にプロモーションを展開する。“お父さんが犬”というユーモラスな設定で人気の高い白戸家シリーズは続行させつつ、並行してSMAPのCMを放送。SMAP起用を発表した孫社長は「すでにCMの新作の撮影が始まってます」と語り、新CMの期待感を煽った。また、中居正広とドラマ『婚カツ!』(フジテレビ系)で共演中の上戸は孫社長の発表に驚きつつも、「だからか! ドラマ現場で中居さんが『俺、ソフトバンクにするから』って言ってたんです。ご自身が(CMに)出るんですね」と納得の表情を浮かべた。

 同セレモニー会場前には『iPhone 3GS』をひと足早く手にしようと徹夜組を含む約200人以上が長蛇の列を作った。同商品はビデオの撮影や編集ができ、さらに内蔵コンパスを搭載しており、孫社長は「ビデオを撮る頻度が今までの10倍、地図を見る頻度も増えるでしょう。ライフスタイルの革命が起きるのでは?」とアピールした。




ブラピに続く“大役”起用にSMAP・中居「身の引き締まる思い」



6月26日15時1分配信 オリコン


 これまでキャメロン・ディアスやブラッド・ピットといった顔ぶれが務めているソフトバンクモバイルのブランドキャラクターに、新たに人気グループ・SMAPが起用されることが発表された。人気ハリウッドスターからバトンを引き継ぐ形となる同グループのリーダー・中居正広は「非常に嬉しく思うと同時に、メンバー一同、身の引き締まる思いです」と喜びのコメントを寄せた。

SMAPの起用が発表された『iPhone 3GS』発売イベント

 同社は「存在感を示しつつ、日本を代表するグループとしてエンターテインメントシーンを牽引し続けるその姿が、『モバイルインターネット』のリーディングカンパニーを目指す当社の姿勢と合致する」と今回の起用理由を説明。中居は「メンバーの個性とSMAPならではのチームワークを活かして、精一杯応援していきたいと思います」と意気込む。

 また、孫正義社長は「新ブランドキャラクターにSMAPを迎えることができて大変嬉しく思っています。今回のSMAPとのコミュニケーションとともに、これからあっと驚くサービスやコンテンツを次々と発信していきたいと思いますのでご期待下さい」と自信をのぞかせている。

 SMAPメンバー全員が出演する新CMは8月上旬より放送開始予定。




キャメロン、ブラピに続く!SMAP、新ブランドキャラクターに



6月26日15時35分配信 産経新聞

 SMAPがソフトバンクモバイルの新ブランドキャラクターに起用されることが26日、分かった。

 これまでソフトバンクモバイルのブランドキャラクターと言えば、キャメロン・ディアス、ブラッド・ピットとハリウッドスターを起用してきた。ソフトバンクモバイルの孫正義代表取締役社長兼CEOは今回のSMAP起用について、「日本のエンターテインメント業界をリードするSMAPを迎えることができて大変うれしい」とコメント。圧倒的な存在感を示しつつ、日本を代表するグループとして、エンターテインメントシーンを牽引し続けるSMAPの姿と、「モバイルインターネット」のリーディングカンパニーを目指すソフトバンクモバイルの姿勢が合致し、起用が決まったという。

 SMAPリーダーの中居正広は、「ソフトバンクモバイルのブランドキャラクターに、今回、SMAPが選ばれたことを非常にうれしく思うと同時に、メンバー一同、身の引き締まる思いです。これからブランドキャラクターとして、メンバーの個性とSMAPならではのチームワークを活かして、より多くの方にソフトバンク携帯を使っていただけるよう、精一杯応援していきたい」。

 SMAPメンバー全員で出演するテレビCMは、8月上旬より放映開始予定、広告や店頭ツールなどにも順次展開していく予定になっている。




コンビ再び!慎吾×三谷、ブロードウェーに殴り込み!



6月9日7時52分配信 サンケイスポーツ

 SMAPの香取慎吾(32)が、三谷幸喜氏(47)の新作ミュージカル「TALK LIKE SINGING」に主演し、11月に米ニューヨークのオフ・ブロードウェーで上演することが8日、分かった。日本のオリジナル作品がブロードウェーで上演されるのは初の快挙。ミュージカルの本場NYに、三谷氏×香取の“名コンビ”が日本演劇史に輝く第一歩を記す。

 NHK大河ドラマ「新選組!」など数多くの作品でタッグを組んだ三谷氏の新作で、香取がブロードウェーに乗り込む。

 ミュージカル「TALK−」は、三谷氏が脚本・演出・作詞。11月12〜22日に、ニューヨーク大学構内にある約850席の劇場「Skirball Center」(スカーボール・センター)で計13公演。ブロードウェーの中でも、中規模劇場を指す「オフ・ブロードウェー」に属する。

 来年予定の日本公演に先駆けて、海外で初演を敢行する。これも日本演劇界では極めて異例の画期的試みといえる。

 香取が演じる主人公・ターロウは、生まれつき普通に話すことができない代わりに頭の中にバンドが存在し、常に明るく歌い踊っているという青年。周りからは奇異の目で見られ、世界初の症例として心理学の研究対象となっていく…。

 コメディータッチで描かれるが、感動を呼ぶ作品となりそう。同作関係者によると、脚本は「日本語と英語を絶妙なバランスで配分する。字幕を使う可能性もあるが、日本語が分からない人でも物語を理解できるような構成にする」という。

 作曲と音楽監督は元ピチカート・ファイヴ(01年解散)の小西康陽氏(50)。00年に「慎吾ママのおはロック」の作詞・作曲・プロデュースを手掛け、100万枚を超える大ヒットを記録した。香取×三谷氏×小西氏は、まさにエンタメ界の“日本代表”。サッカーに続くW杯進出!?

 「三谷さん、小西さんはいろいろなことを教えてくれています。幕末のこと、音楽の素晴らしさ、有頂天なホテルのこと…」と香取。「今度はミュージカルの楽しさをニューヨークでたくさん教えてもらいたい」と2人に絶大な信頼を寄せている。

 日本オリジナル作品のブロードウェー上陸は初めて。香取が軽やかに国境と言葉の壁を越えて笑いと涙を伝える。




慎吾&三谷氏NY進出…ミュージカル「TALK LIKE SINGING」で強力タッグ



6月9日8時0分配信 スポーツ報知

 SMAP・香取慎吾(32)が、三谷幸喜氏(47)の演出・脚本・作詞によるミュージカル「TALK LIKE SINGING(トーク・ライク・シンギング)」に主演することが8日、発表された。11月に日本のオリジナル作品では初めて米ニューヨークで初演される。歌うことで気持ちを伝える青年を主人公にした、英語と日本語が半々の異色劇。来年には日本でも“凱旋上演”される。

 香取が三谷氏とのタッグでニューヨーク(NY)に進出する。「TALK−」は病気によってうまく話せない代わりに、歌うことで感情を表現する青年の悲喜こもごもを描く。初演の会場はオフ・ブロードウェーにある「NYU スカーボール・センター」。ニューヨーク大学が保有する座席数850の劇場で、11月12日〜22日まで計13公演が行われる。オリジナルの日本作品のNY初演は初めての快挙。劇場は未定ながら、来年には日本でも上演する。

 製作側によると、数年前からNY公演を夢に持っていた三谷氏は、NHK大河ドラマ「新選組!」(04年)や映画「THE 有頂天ホテル」(06年)などで仕事した香取とミュージカルでの初タッグを希望していたという。

 三谷氏は「オリジナルミュージカルをまずニューヨークで上演して、それから日本に持って来る。そんなこと、今まで誰もやらなかった。めちゃくちゃ高いハードルですが、香取さんとなら飛び越えていく自信があります。早くニューヨーカーたちを笑わせたくて、今はうずうずしています」と意欲満々だ。

 作曲と音楽監督は元ピチカート・ファイヴの小西康陽(50)。プロデュースした香取の「慎吾ママのおはロック」はミリオンヒットになった。

 香取はSMAPとしてミュージカル「聖闘士星矢」(91年)、「ドラゴンクエスト」(92年)に主演したが、単独主演は初めて。「三谷さん、小西さんは僕にいろいろなことを教えてくれます。幕末のこと、音楽の素晴らしさ、有頂天なホテルのこと…。そんなお二人に、今度はミュージカルの楽しさをニューヨークでたくさん教えてもらいたい」と意気込んでいる。共演は堀内敬子、新納慎也、川平慈英。

 ◆「TALK LIKE SINGING」 頭の中にバンドが存在し、考えや言葉を歌にするターロウ(香取)。有名人となるが、不幸なことも明るく歌うことで奇異の目で見られるようになり、心理言語学者のニモイ博士(堀内)と精神医学者ダイソン博士(川平)のもとへ。ダイソン博士の治療は頭の中のバンドメンバーを殺すこと。ターロウは歌えなくなるが、治療法を発表する学会の席で、ある奇跡を起こす。英語と日本語が半々だが字幕など翻訳はせず、言葉を超越した新たなミュージカルを目指すという。




香取慎吾 NY初ものづくしデビュー



6月9日9時21分配信 デイリースポーツ

 SMAP・香取慎吾(32)が、人気喜劇作家の三谷幸喜氏(47)が手掛ける主演ミュージカル「TALK LIKE SINGING」で、今年11月にブロードウェーデビューを飾ることが8日、分かった。SMAPは意外にも国外コンサートの経験はなく、香取にとって海外初ステージ。日本のオリジナル作品が米・ニューヨークで上演されるのも初めてで、初ものづくしの海外進出となる。
  ◇  ◇
 日本が誇るエンターテイナーが、強力タッグを組んで海を渡ることになった。乗り込む先はNYのブロードウェー。ミュージカルの本場で、三谷氏が脚本・演出を担当し、香取が主演する夢舞台の幕を開ける。
 香取は主演したNHK大河ドラマ「新選組!」をはじめ、映画「THE 有頂天ホテル」など6本の三谷作品に出演。さらに、音楽監督を務める元ピチカート・ファイブの小西康陽(50)もヒット曲「慎吾ママのおはロック」を作詞・作曲・プロデュースしており、気心の知れた間柄だ。
 香取の舞台出演は、97年「怪談・にせ・皿屋敷」以来12年ぶり。それだけに頼もしいスタッフに支えられてのブロードウェー進出に「三谷さん、小西さんは僕にいろいろなことを教えてくれています。幕末のこと、音楽の素晴らしさ、有頂天なホテルのこと…今度はミュージカルの楽しさを、ニューヨークでたくさん教えてもらいたい」とやる気満々。三谷氏も「早くニューヨーカーたちを笑わせたくて、今は、うずうずしています」と腕まくりしている。
 作品は「歌うとは何か?」をテーマにしたコメディー。主人公の青年ターロウ(香取)は、普通にしゃべることができず、いつでも明るく歌っている。不幸なことがあっても陽気に歌い、周囲から奇異な目で見られている。そんなターロウを心理言語学者ニモイ博士(堀内敬子)と精神医学者ダイソン博士(川平慈英)が治療にあたる-というストーリーだ。
 劇中のセリフや歌は日本語と英語が入り交じるが、どちらの言語しか分からなくても楽しめる作品になるという。現地時間11月12日から同22日まで、いわゆる『オフ・ブロードウェー』と呼ばれる小劇場のスカーボール・センターで上演。東京公演(来年予定)も決まっているが、まずは“メード・イン・ジャパン”の笑いでニューヨーカーのハートをつかむ。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。