内博貴 初のソロコンサートで涙の再出発



12月22日9時30分配信 デイリースポーツ


 元NEWSで元関ジャニ8の内博貴(22)が21日、横浜アリーナで約3年半ぶりの音楽活動となる自身初のソロコンサート「年末年始Rockな仲間たち大集合!」の横浜公演を締めくくり、5公演で7万5000人のファンに“ただいま”を告げた。内は飲酒問題で05年7月から芸能活動を謹慎し、07年7月に研修生として舞台で仕事復帰した。ライブでは、謹慎中に自ら作詞した楽曲を熱唱し、涙ながらに苦しい時期を支えてくれたファンへ“ありがとう”の気持ちを伝えた。
  ◇  ◇
 最後の曲を歌い終えると、内は涙をこらえきれなかった。「感極まってしまって…。謹慎中には、こんな舞台に立てるとは思っていなかったので」。まっ赤な目を隠すようにうつむき「今日は…、本当にありがとうございました」と震える声を絞り出した。退場の際には、「おかえり」と温かい声で迎えてくれた客席に向かって10秒以上も深く頭を下げた。
 ♪ここで君と誓うよ 涙なんて流さない これからの僕を見てついて来て欲しい 約束するよ この手を離さない-。
 最後の曲に選んだのは、謹慎中に地元・大阪で路上ライブをしながら自ら作詞した「虹色の空へ」だった。「どん底に落ちて、何も見えなくなっていた時期」(内)を支えてくれたファンや、事務所の仲間たちに贈る“ありがとう”の歌。そして、再出発を誓う決意の歌だ。
 1325日ぶりとなるライブには、自ら時計の針を止めてしまった3年半を取り戻すようにNEWSと関ジャニ8の楽曲を盛り込み、4曲の初披露曲を含む全25曲を熱唱した。
 「これからは突っ走っていくだけです」。原点ともいえる音楽活動を再開した内はきっぱりと言った。所属事務所のジャニー喜多川社長は以前、ライブの結果次第でソロかグループでの活動を決めると明言しており、“新生・内”の今後は来年1月2〜4日の大阪公演後にも決まりそうだ。





関ジャニ∞・横山&村上が人気覆面DJ・K太郎の結婚を生電話で“祝福”!


11月12日15時57分配信 オリコン

関ジャニ∞・横山&村上が人気覆面DJ・K太郎の結婚を生電話で“祝福”!

(左より)K太郎の妻・美佳さんの似顔絵を持つU字工事・福田薫、K太郎、U字工事・益子卓郎【11日深夜=東京・文化放送にて】

 文化放送の人気番組『レコメン』(月〜木 後10:00)の覆面パーソナリティ・K太郎が大阪出身の1歳年下の一般人女性・美佳さんと入籍したことが11日(火)、同番組の生放送中に発表された。番組には木曜レギュラーの関ジャニ∞・横山裕と村上信五が急遽、電話で生出演し祝福。また、番組終了後にはORICON STYLEの独占取材に応じ喜びを語った。

2年間同棲したK太郎の妻・美佳さんの似顔絵

 03年7月の番組スタートから数えて10代目の白マスクを被るK太郎。幸せで顔は緩みっぱなしだった。2人の出会いは2年前の1月、友人の紹介で知り合い「小顔で清楚“風”な人。髪型は長谷川京子さんのようなショートカットの似合う子です。好奇心旺盛な波長が合って、すぐに結婚を意識しました」。その10日後にはK太郎から告白し、結婚を前提に交際がスタート。「2人がいつまでも覚えておける日に」という想いから、1並びのこの日を第2人生の出発日に選んだ。すでに2年間、同棲も続けているが「関西人らしく、手料理はたこ焼きが印象深い。『やっぱり作るんだ』って、衝撃を受けましたね」と語った。

 身長160センチの小柄な妻との関係は「僕のわがままもちゃんと聞いてくれる人。でも、相手の方がやっぱりしゃべりは立ちますし(夫婦関係は)引っ張らされてる感じで、実は奥さんが私を手のひらで転がしている」と、覆面DJとして第一線で活躍するK太郎を上手くコントロールしている点には、全幅の信頼を寄せている様子。最後には「(入籍で)責任は生まれたが、結婚の実感は全く無い。奥さんは今、妊娠はしていないけど子供は1人が精一杯だと思う。でも、これでケジメをつけることはできたと思います」とホッとした表情をみせた。

 番組関係者によると、結婚発表はこの日の放送2時間前急遽決定したといい、木曜レギュラーで出演する関ジャニ∞・横山裕と村上信五に連絡を取り、電話出演にこぎつけた。スーパー銭湯で入浴中、慌てて外へ飛び出し電話対応した横山は祝福と共に「(銭湯の)代金を返還してください」と迫られたK太郎は「今回は(番組で頻繁に行う)ドッキリではありません。この先何があるか判りませんが、妻には苦労をかけずに頑張ります!」と家庭を持つ身になった責任を感じながら、力強く宣言した。

 また、番組には10代を中心としたリスナーからお祝いメールが殺到する一方、人気グループによるDJへの祝福コメントに対して「こっちの方がニュースになりそうですね」と冷静なコメントも。K太郎の携帯には、関係者をはじめ水曜レギュラーのカンニング・竹山からも「おめでとう!」と祝福コメントが寄せられた。

 なお、この日レギュラー出演していたお笑いコンビ・U字工事の福田薫は特技を活かし美佳さんの似顔絵を作成。過去に1度、自身のトークライブにも駆けつけた際に会ったといい「非常にしっかりとされた方。2人共、幸せになって欲しいですね」とコメントした。



元NEWS内博貴、初ソロライブ!


11月15日8時1分配信 サンケイスポーツ

 NEWSおよび関ジャニ∞の元メンバー、内博貴(22)が音楽活動を約3年半ぶりに再開させることが14日、分かった。12月と来年1月に横浜と大阪で初のソロコンサートを行う。自ら起こした飲酒騒動で研修生に降格。昨年夏に舞台から活動を再開したが、歌への情熱は消えず、謹慎中も秘かにストリートライブを行っていたという。“みそぎ”を経た内のパワーが爆発する。

 瞳がキラリと輝いた。「またこういう形でチャンスを与えてくれたことに感謝し、ご恩を返せるよう、懸命にやりたい」

 この日、都内で力強く抱負を述べた内。2005年5月のNEWSのコンサート以来の音楽活動に、自然と表情も引き締まる。

 同年7月に飲酒騒動を起こして謹慎処分を受け、研修生へ降格。一から出直し、昨年夏、舞台から活動を再開。今年はドラマ復帰も果たしたが、内にとって歌は“原点回帰”。事務所に入り、初仕事が2000年に行われたジャニーズJr.のコンサートだった。

 「スタートが歌だったので、またやりたい気持ちがすごいありました」。

 実は謹慎中も地元大阪の友人とストリートライブをやっていたという。「夜中とか僕は帽子をかぶって、ギターを弾きながら歌っていました。ミスター・チルドレンとかやっていました」と衝撃事実を告白。週に1回ほど街へ繰り出し「何回か気づかれましたけど」と笑った。作詞作曲した楽曲もあり、歌への情熱は消えることはなかった。この3年半を「ドン底を見た」と振り返り、「くやしい思いもありましたし、ステージに立ちたいと毎日、1日1回は思った。不安は多少ありますが、正直ブランクは感じていません。アグレッシブに出来たら」と再スタートにかける意気込みを熱く語った。

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は、「(昨年夏の舞台では)歌の技術は落ちていなかった。活動解禁から1年は経ち、ぼちぼち自分の道をいかなきゃいけない」と“みそぎ”を終えたと判断。ファンから音楽活動を望む声が多数あったこともあり、初のソロコンサートの開催を決めた。

 公演ではバックにジャニーズJr.内のバンド、Question?らがついて盛り上げる。一方、公演は来年春以降の活動の試金石でもあり、「結果次第でソロでやるかグループでやるか、どう展開するか判断する」とジャニー氏。

 自身が試される“勝負の時”に、内は「結果はあとからついてくる」。まずはやるのみだ。



内 3年ぶりライブ復帰!新ユニット結成も


11月15日7時1分配信 スポーツニッポン

 「NEWS」と「関ジャニ∞」の元メンバーで、未成年だった05年の飲酒騒動で一時謹慎していた内博貴(22)が約3年半ぶりにライブ復帰する。来月20、21日に横浜アリーナで、来年1月3、4日には大阪城ホールで初のソロ公演を行う。所属事務所のジャニー喜多川社長は「内容次第で、ソロかグループか今後の活動方向を決めたい」と話しており、内にとって“試金石”のステージとなる。

 内にとっては、05年5月5日のNEWS公演以来、1325日ぶりのライブ復帰となる。

 本格デビュー前の「関西ジャニーズJr」時代は、関ジャニ∞の前身だったバンド「5・WEST(ファイブ・ウエスト)」でボーカルを務めており、歌への思い入れは強い。「(謹慎から復帰後の)ドラマ出演もうれしかったけど、スタートが歌だったので歌をずっとやりたかった。チャンスをいただけて本当に感謝してます」と喜んでいる。

 謹慎中も歌のトレーニングは続けた。ギターを購入し、作詞、作曲を始め、週1回のペースで友人と自宅近くの駅前でストリートライブも行っていたということもあり、12月からの公演も「ブランクは感じない。不安より期待の方が大きい」と言い切る。NEWSや関ジャニ∞の作品に加え、自身の持ち歌も披露する予定だ。

 喜多川社長は「3年半謹慎したが、(内の復帰作となった少年隊主演の舞台)プレゾンでは、ボーカルの技量は全く衰えてなかった。ぼちぼち自分の道を行かせなければ」と、チャンスを与えた理由を説明。ファンからもライブを望む声が多く寄せられていたという。公演にはテストの側面もあり「ソロ公演でどこまでやれるのか。結果を見て、ソロで行くのかグループで行くのか今後の活動方向を考えたい」としている。新ユニット結成の選択肢もあるようだ。

 これについて、内は「目の前のことにぶつかるだけで、結果は後からついてくる。ファンの方と会うのは久しぶりだし、本当に幸せ」と意欲満々。「どん底だった」という3年半の思いをぶつける方針だ。

 ≪ロック好きメンバーと開催≫公演名は「内博貴 年末年始Rockな仲間たち大集合!」。ユニット「Question?」や桐山照史(19)らジャニーズJr内のロック好きメンバーとともに2会場で計5公演を開催。7万5000人を動員予定。問い合わせはコンサート事務局=(電)0180(993)700=へ。

 ◆内 博貴(うち・ひろき)本名同じ。1986年(昭61)9月10日、大阪府生まれ。99年5月にジャニーズ事務所入り。04年5月に「NEWS」、04年8月に「関ジャニ∞」としてデビュー。フジテレビ連続ドラマ「僕の生きる道」(03年)などに出演。血液型AB。



関ジャニ∞の渋谷が新ユニットで初ライブ


9月24日8時2分配信 サンケイスポーツ

 関ジャニ∞の渋谷すばる(27)が4人組バンドFiVeと組んだ新ユニット「FLAT FIVE FLOWERS」の東京公演が23日、東京・青海のジャニーズシアターで始まった。

 開演前にリハーサルを公開し、今回のために作った新曲「フラフラ」「Flower」や関ジャニ∞の「好きやねん、大阪。」などを披露。同じ事務所のFiVeとは何度か組んでいるが、ライブは初めて。渋谷の力強いボーカルとバンドの演奏が絶妙にマッチし、新鮮な魅力を見せつけた。

 22日に27歳の誕生日を迎えた渋谷。「27歳になって一発目の仕事なので気持ちいい」と笑顔。今月初旬の大阪公演で手応えをつかみ、「全国を回って色々な人に見てもらいたいし、CDも出したい。夢に向かってひとつひとつ進んでいきたい」と新たな夢も出来た。

 本番では、ファン3500人のハッピーバースデーの大合唱に「超うれしい!」と感涙した。10月6日まで同所。



関ジャニ∞大倉が翔ぶ!初ソロコンサート


10月11日8時2分配信 サンケイスポーツ

 関ジャニ∞の大倉忠義(23)が10日、東京・青海のJohnnys Theaterで、11日にスタートする初ソロコンサートの公開リハーサルを行った。

 和太鼓やドラムを雄々しく叩き、歌に踊りにパワー全開。今公演のために作詞を手がけたソロ新曲「最後の涙」などを熱唱。高さ20メートルの噴水の豪華演出も飛び出した。

 初のソロコン開催に「マイペースに頑張りたい。いままでいろんな仕事で培ってきた、経験してきたモノを出せれば」。コンサートグッズも自らプロデュース。一番こわだったのはパンフレットという。「23歳のアルバムを作りたいと思って喜怒哀楽をいろんな形で表現しています」と胸を張った(11日から21日まで全16公演で5万6000人を動員)。

 合わせて、ソロコンサートの大阪公演も発表した。こちらは11月末から約1週間、「シアターBRAVA!」で開催予定だ。

 今後も来年1月スタートのテレビ朝日系「必殺仕事人2009」(金曜後9・0)の出演など走り続ける。

 「いろいろ終わったら休みがほしいです。家の片づけをして、癒しの旅に出たい。しっぽり1人で行きますよ」

 先日は男2人で熱海に行ったそうだが「メッチャ、寂しかったですよ。彼女募集中なんで。やさしい人がいいです。手料理がうまければ」。公私にわたる“実りの秋”を願っていた。



関ジャニ大倉ソロ公演でこだわり5グッズ


10月11日9時58分配信 日刊スポーツ

 関ジャニ∞の大倉忠義(23)が10日、初のソロ公演の公開リハーサルを東京・台場のジャニーズシアターで行った。徹底的にこだわったという「大倉」のモノグラム入りオリジナルテディベア「オオクマ」など5種類のグッズをプロデュースした。中でもパンフレットがお気に入りで「写真集みたいなもの。23歳の思い出になればと思って、自分のためにも作りました」。公演は11日から21日まで。11月下旬に大阪公演が行われる。



関ジャニ∞冠番組が10月スタート!横山裕「どれだけ体を張っているか観て」


9月22日7時43分配信 オリコン

 人気グループ・関ジャニ∞が21日(日)、都内スタジオで来月4日(土)よりスタートするバラエティ番組『関ジャニ∞の地球大作戦「Can!ジャニ」彼らはそれを可能にする…』(テレビ朝日系)の初回収録を行った。収録後に行われたインタビューでは、メンバー全員が「楽しかった!」と声を揃え、横山裕は「どれだけ体を張っているか観てほしい」と自信をのぞかせた。

 番組から下される指令を、関ジャニ∞が体を張って徹底調査し解決していくという同番組。錦戸亮はロケについて「肉体的にしんどい。今までぬるま湯につかってきたんやなって思いましたね」としみじみ語るも「みんなで楽しく笑って出来たから良かった」とニッコリ。蜂を食べることに挑戦した横山は「意外と大丈夫だった。スタッフさんから『男らしいね』って言われましたよ」と照れ笑いを浮かべた。

 また、「メンバーに下してみたい指令は?」との質問には「俺の体をデッサンしてほしい」(安田章大)、「これからも僕と仲良くしてください」(渋谷すばる)など個性的な意見が飛び出し、報道陣の笑いを誘っていた。



関ジャニ村上・渋谷が大竹しのぶと親子愛



6月20日8時1分配信 サンケイスポーツ


 関ジャニ∞の渋谷すばる(26)と村上信五(26)が10月放送のフジテレビ系ドラマ「ありがとう、オカン」(仮題)に主演することが19日、分かった。

 関西テレビの開局50周年記念作。同局が昭和58年からドキュメンタリー番組などで扱ってきた里親制度が題材。里子を養育する大阪の下町家庭を舞台に、大竹しのぶ(50)ふんするオカンの華子と子供たちが、実の親子以上に愛情と絆を築いていく姿を描く。

 ダブル主演の渋谷と村上は里子役で、同局から「主演は地元のスター、関ジャニの2人に」とラブコールを受けての出演。村上は「一緒に芝居をやって、自分にプラスになる部分がある」、渋谷は「メンバーがいることでドラマも一層楽しくできます」と、それぞれリラックスして撮影に臨んでいる。

 大竹は“親子3人”でトランプをしてコミュニケーションをとっており、「芝居って人柄が出る。2人はキャラクターに合っていていい感じです」と評している。



関ジャニ村上・渋谷が大竹しのぶと親子愛



6月20日8時1分配信 サンケイスポーツ


 関ジャニ∞の渋谷すばる(26)と村上信五(26)が10月放送のフジテレビ系ドラマ「ありがとう、オカン」(仮題)に主演することが19日、分かった。

 関西テレビの開局50周年記念作。同局が昭和58年からドキュメンタリー番組などで扱ってきた里親制度が題材。里子を養育する大阪の下町家庭を舞台に、大竹しのぶ(50)ふんするオカンの華子と子供たちが、実の親子以上に愛情と絆を築いていく姿を描く。

 ダブル主演の渋谷と村上は里子役で、同局から「主演は地元のスター、関ジャニの2人に」とラブコールを受けての出演。村上は「一緒に芝居をやって、自分にプラスになる部分がある」、渋谷は「メンバーがいることでドラマも一層楽しくできます」と、それぞれリラックスして撮影に臨んでいる。

 大竹は“親子3人”でトランプをしてコミュニケーションをとっており、「芝居って人柄が出る。2人はキャラクターに合っていていい感じです」と評している。




関ジャニ渋谷&村上がドラマ主演!!



6月20日9時31分配信 デイリースポーツ


 人気グループ「関ジャニ(エイト)」の渋谷すばる(26)と村上信五(26)が、10月にフジテレビ系で放送する関西テレビ開局50周年記念スペシャルドラマ「ありがとう、オカン(仮題)」に主演することが19日、明らかになった。渋谷と村上は今年2月に2人舞台「未定『壱』」を行うなど、気心の知れた間柄。ドラマでの共演は初めてとなるが、さすがに息もピッタリに人情たっぷりの熱演を見せている。
  ◇  ◇
 舞台で共演するなど、気心も知れた村上と渋谷。だが、意外にもドラマでの共演は初めて。
 村上は「気持ち悪いですね」と笑ったが「役者としてすばるを見たことがなかったけれど、一緒にやっていてプラスになる部分がある。普段見ないすばるを見ました」と盟友の新しい顔を発見した様子。一方、渋谷も「昔から(村上は)やるやるとは聞いていたけど、やっぱりやりますね。僕より芝居の経験も多いですし、楽しいです。メンバーがいることでドラマも一層楽しくできます」と、村上が相手だからこその自然体を強調した。
 ドラマは人情の街・大阪を舞台に、里親(大竹しのぶ)と、彼女に育てられた里子たちとのきずなを描いた感動ストーリー。渋谷は昔から数々の問題を起こしてきた里子・幸也役、村上は里子たちの兄貴分で気遣い屋の虎太郎役を演じる。
 ドラマは長年にわたりドキュメンタリーなどで里親制度を追い続けてきた関西テレビ同局ならではの企画。撮影は16日にスタートしており、7月半ばまで全編を大阪で撮影する。セリフも大阪弁とあって、地元出身の2人は水を得た魚のようにイキイキと挑んでいる。
 演じるにあたり、2人はドキュメンタリーや本で里親制度も勉強したという。「気持ちの表裏を表現するのは難しいですが演じがいがあります」と体当たりの演技で撮影に挑んでいる。感動的なドラマだけに、コミカルなだけでない、2人の泣ける演技も注目を浴びそうだ。



関ジャニ渋谷&村上がドラマ主演!!



6月20日9時31分配信 デイリースポーツ


 人気グループ「関ジャニ(エイト)」の渋谷すばる(26)と村上信五(26)が、10月にフジテレビ系で放送する関西テレビ開局50周年記念スペシャルドラマ「ありがとう、オカン(仮題)」に主演することが19日、明らかになった。渋谷と村上は今年2月に2人舞台「未定『壱』」を行うなど、気心の知れた間柄。ドラマでの共演は初めてとなるが、さすがに息もピッタリに人情たっぷりの熱演を見せている。
  ◇  ◇
 舞台で共演するなど、気心も知れた村上と渋谷。だが、意外にもドラマでの共演は初めて。
 村上は「気持ち悪いですね」と笑ったが「役者としてすばるを見たことがなかったけれど、一緒にやっていてプラスになる部分がある。普段見ないすばるを見ました」と盟友の新しい顔を発見した様子。一方、渋谷も「昔から(村上は)やるやるとは聞いていたけど、やっぱりやりますね。僕より芝居の経験も多いですし、楽しいです。メンバーがいることでドラマも一層楽しくできます」と、村上が相手だからこその自然体を強調した。
 ドラマは人情の街・大阪を舞台に、里親(大竹しのぶ)と、彼女に育てられた里子たちとのきずなを描いた感動ストーリー。渋谷は昔から数々の問題を起こしてきた里子・幸也役、村上は里子たちの兄貴分で気遣い屋の虎太郎役を演じる。
 ドラマは長年にわたりドキュメンタリーなどで里親制度を追い続けてきた関西テレビ同局ならではの企画。撮影は16日にスタートしており、7月半ばまで全編を大阪で撮影する。セリフも大阪弁とあって、地元出身の2人は水を得た魚のようにイキイキと挑んでいる。
 演じるにあたり、2人はドキュメンタリーや本で里親制度も勉強したという。「気持ちの表裏を表現するのは難しいですが演じがいがあります」と体当たりの演技で撮影に挑んでいる。感動的なドラマだけに、コミカルなだけでない、2人の泣ける演技も注目を浴びそうだ。




関ジャニ渋谷&村上がドラマ主演!!



6月20日9時31分配信 デイリースポーツ


 人気グループ「関ジャニ(エイト)」の渋谷すばる(26)と村上信五(26)が、10月にフジテレビ系で放送する関西テレビ開局50周年記念スペシャルドラマ「ありがとう、オカン(仮題)」に主演することが19日、明らかになった。渋谷と村上は今年2月に2人舞台「未定『壱』」を行うなど、気心の知れた間柄。ドラマでの共演は初めてとなるが、さすがに息もピッタリに人情たっぷりの熱演を見せている。
  ◇  ◇
 舞台で共演するなど、気心も知れた村上と渋谷。だが、意外にもドラマでの共演は初めて。
 村上は「気持ち悪いですね」と笑ったが「役者としてすばるを見たことがなかったけれど、一緒にやっていてプラスになる部分がある。普段見ないすばるを見ました」と盟友の新しい顔を発見した様子。一方、渋谷も「昔から(村上は)やるやるとは聞いていたけど、やっぱりやりますね。僕より芝居の経験も多いですし、楽しいです。メンバーがいることでドラマも一層楽しくできます」と、村上が相手だからこその自然体を強調した。
 ドラマは人情の街・大阪を舞台に、里親(大竹しのぶ)と、彼女に育てられた里子たちとのきずなを描いた感動ストーリー。渋谷は昔から数々の問題を起こしてきた里子・幸也役、村上は里子たちの兄貴分で気遣い屋の虎太郎役を演じる。
 ドラマは長年にわたりドキュメンタリーなどで里親制度を追い続けてきた関西テレビ同局ならではの企画。撮影は16日にスタートしており、7月半ばまで全編を大阪で撮影する。セリフも大阪弁とあって、地元出身の2人は水を得た魚のようにイキイキと挑んでいる。
 演じるにあたり、2人はドキュメンタリーや本で里親制度も勉強したという。「気持ちの表裏を表現するのは難しいですが演じがいがあります」と体当たりの演技で撮影に挑んでいる。感動的なドラマだけに、コミカルなだけでない、2人の泣ける演技も注目を浴びそうだ。



関ジャニ渋谷&村上がドラマ主演!!



6月20日9時31分配信 デイリースポーツ


 人気グループ「関ジャニ(エイト)」の渋谷すばる(26)と村上信五(26)が、10月にフジテレビ系で放送する関西テレビ開局50周年記念スペシャルドラマ「ありがとう、オカン(仮題)」に主演することが19日、明らかになった。渋谷と村上は今年2月に2人舞台「未定『壱』」を行うなど、気心の知れた間柄。ドラマでの共演は初めてとなるが、さすがに息もピッタリに人情たっぷりの熱演を見せている。
  ◇  ◇
 舞台で共演するなど、気心も知れた村上と渋谷。だが、意外にもドラマでの共演は初めて。
 村上は「気持ち悪いですね」と笑ったが「役者としてすばるを見たことがなかったけれど、一緒にやっていてプラスになる部分がある。普段見ないすばるを見ました」と盟友の新しい顔を発見した様子。一方、渋谷も「昔から(村上は)やるやるとは聞いていたけど、やっぱりやりますね。僕より芝居の経験も多いですし、楽しいです。メンバーがいることでドラマも一層楽しくできます」と、村上が相手だからこその自然体を強調した。
 ドラマは人情の街・大阪を舞台に、里親(大竹しのぶ)と、彼女に育てられた里子たちとのきずなを描いた感動ストーリー。渋谷は昔から数々の問題を起こしてきた里子・幸也役、村上は里子たちの兄貴分で気遣い屋の虎太郎役を演じる。
 ドラマは長年にわたりドキュメンタリーなどで里親制度を追い続けてきた関西テレビ同局ならではの企画。撮影は16日にスタートしており、7月半ばまで全編を大阪で撮影する。セリフも大阪弁とあって、地元出身の2人は水を得た魚のようにイキイキと挑んでいる。
 演じるにあたり、2人はドキュメンタリーや本で里親制度も勉強したという。「気持ちの表裏を表現するのは難しいですが演じがいがあります」と体当たりの演技で撮影に挑んでいる。感動的なドラマだけに、コミカルなだけでない、2人の泣ける演技も注目を浴びそうだ。




関ジャニ村上・渋谷が大竹しのぶと親子愛



6月20日8時1分配信 サンケイスポーツ


 関ジャニ∞の渋谷すばる(26)と村上信五(26)が10月放送のフジテレビ系ドラマ「ありがとう、オカン」(仮題)に主演することが19日、分かった。

 関西テレビの開局50周年記念作。同局が昭和58年からドキュメンタリー番組などで扱ってきた里親制度が題材。里子を養育する大阪の下町家庭を舞台に、大竹しのぶ(50)ふんするオカンの華子と子供たちが、実の親子以上に愛情と絆を築いていく姿を描く。

 ダブル主演の渋谷と村上は里子役で、同局から「主演は地元のスター、関ジャニの2人に」とラブコールを受けての出演。村上は「一緒に芝居をやって、自分にプラスになる部分がある」、渋谷は「メンバーがいることでドラマも一層楽しくできます」と、それぞれリラックスして撮影に臨んでいる。

 大竹は“親子3人”でトランプをしてコミュニケーションをとっており、「芝居って人柄が出る。2人はキャラクターに合っていていい感じです」と評している。



関ジャニ村上・渋谷が大竹しのぶと親子愛



6月20日8時1分配信 サンケイスポーツ


 関ジャニ∞の渋谷すばる(26)と村上信五(26)が10月放送のフジテレビ系ドラマ「ありがとう、オカン」(仮題)に主演することが19日、分かった。

 関西テレビの開局50周年記念作。同局が昭和58年からドキュメンタリー番組などで扱ってきた里親制度が題材。里子を養育する大阪の下町家庭を舞台に、大竹しのぶ(50)ふんするオカンの華子と子供たちが、実の親子以上に愛情と絆を築いていく姿を描く。

 ダブル主演の渋谷と村上は里子役で、同局から「主演は地元のスター、関ジャニの2人に」とラブコールを受けての出演。村上は「一緒に芝居をやって、自分にプラスになる部分がある」、渋谷は「メンバーがいることでドラマも一層楽しくできます」と、それぞれリラックスして撮影に臨んでいる。

 大竹は“親子3人”でトランプをしてコミュニケーションをとっており、「芝居って人柄が出る。2人はキャラクターに合っていていい感じです」と評している。



笑いあり涙あり…関ジャニ∞横山裕、初ソロライブに大感激



12月19日8時2分配信 サンケイスポーツ


 人気グループ、関ジャニ∞の横山裕(26)が18日、初のソロ公演「横山YOUがやっちゃいますコンサート」(大阪松竹座で23日まで)を報道陣に公開した。

 コントでは、自身が出演したドラマ「有閑倶楽部」と「拝啓、父上様」の役柄でも登場。メンバーのソロ曲を歌うメドレーでは、丸山隆平(24)が飛び入りで舞台に上がり、2人で「せ〜の、パ〜ン!」とギャグを披露する場面も。

 最後は「ひとりでやって何が大変って、歌です。本当に苦手です。下手なりに一生懸命、歌います」と、自身が作詞した「オニギシ」を歌い上げ、涙…。「めちゃくちゃ楽しかったです」と感激していた



関ジャニ・横山裕が爆笑の初ソロ公演


12月19日10時24分配信 デイリースポーツ


 人気グループ「関ジャニ8」の横山裕(26)が初のソロ公演「横山YOUがヤっちゃいますコンサート」(23日まで)を18日、大阪・松竹座で行った。
 耳をつんざくような嬌声(きょうせい)に包まれ、登場した横山は「初めてのソロやし、不安や緊張があったけど、メンバーやスタッフ、そしてファンの皆さんに支えられてここにいます。ホンマに、ありがとう」と胸いっぱいの思いを絞り出すようにあいさつした。
 お笑いが持ち味のグループの中でも横山は“エース格”で、「-8」のコンサートでおなじみのコント「8レンジャー」の外伝的コント「ブラックレンジャー」など“ネタ”もたっぷり披露。歓声と爆笑が入り交じるステージを展開した。





関ジャニJr.に1万5000人熱狂


5月7日10時56分配信 デイリースポーツ


 本紙連載「もぎたて関ジュース」でおなじみのアイドル軍団、関西ジャニーズJr.が6日、大阪市中央区の大阪城ホールでコンサートを行った。単独コンサートは昨年12月に続いて2度目だが、アリーナクラスの会場では初めて。まだCDデビューをしていないメンバー120人が、ファン1万5000人を動員し、新たな歴史を刻んだ。
 BOYSの中田大智(17)は「みんなのことを愛してあげる」と客席に向けて“告白”。B.A.D.の桐山照史(17)は「最後まで付いてこいよ。盛り上がって」とファンをあおり、「夜空ノムコウ」(SMAP)や「宙船」(TOKIO)など先輩ジャニーズの名曲を次々と熱唱した。
 強力な“助っ人”も現れた。関ジャニ8(エイト)が激励生電話のサプライズ。「もしもし、今、本番中?頑張れや〜」と後輩を気遣った。
 クライマックスでは中田が「ひとつ発表があります。8月に大阪松竹座で会いましょう」と3度目の単独コンサートの決定を報告。真夏の再会を約束し、2時間半のステージを締めくくった。



関ジャニ47都道府県ツアースタート


5月4日11時2分配信 デイリースポーツ


 人気グループの「関ジャニ8」が3日、全国47都道府県を回るツアー「えっ!ホンマ!?ビックリ!!TOUR 2007」を横浜アリーナでスタートさせた。9月22日まで約5カ月間で111公演を行うハード日程にも、「ここで勢いをつけて全国を回っていきたい。そのためにもみんなからパワーをもらう」と1万2000人のファンと一体となったステージで偉業に向けた第一歩を踏み出した。
 「ヨコハマ!一発目。盛り上がって行こう!」-。遠く長くハードなツアーの初日。7人のメンバーは、自らを奮い立たせるように大声で叫ぶと、名前の「8」をイメージしたステージを縦横無尽に動き回った。
 約5カ月の長丁場。夏休みまでは土、日曜中心の公演となるが、夏休みに入ると休みもほとんどなく1日2公演をこなす。移動は、47都道府県を回るだけに言わずもがな。会場も東京ドームから1000人クラスのホールまで。会場の規模に合わせた機材、ステージ、演出を3パターンを用意しているため、運搬トラックも5台というスケールになっている。
 ジャニーズの先輩たちも達成していない初の試みとなる日本周遊ライブに、横山裕(25)は「全力で頑張りたい」と力を込め、安田章大(22)は「自分たちの足で行けるのがうれしい。地元の方々にも覚えていただけたら」と“完走”を約束した。
 ステージでは、1年3カ月ぶりとなるアルバム「KJ2 ズッコケ大脱走」(6月6日発売)のリリースも発表し、収録曲でそれぞれが手がけたソロ楽曲を含め、7人でのアコースティック曲を初披露するなど、24曲を熱唱した。秋には、ツアーの密着ドキュメント写真集を発売するという。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。