ジャニーズJr.森本慎太郎率いる「スノープリンス」合唱団お披露目



11月1日15時53分配信 eiga.com

 [eiga.com 映画ニュース] ジャニーズJr.の森本慎太郎が主演の映画「スノープリンス/禁じられた恋のメロディ」のチャリティイベントが11月1日、東京・六本木のオリベホールで行われ、森本とジャニーズJr.メンバー10人で構成された「スノープリンス合唱団」が映画の主題歌を披露した。

 「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司監督、「おくりびと」の脚本を手がけた小山薫堂がタッグを組んだ「スノープリンス」。昭和初期の山形県の寒村を舞台に、貧しくも幸せに暮らす少年と幼なじみの少女、1匹の犬の交流を描いたせつない初恋物語だ。

 イベントは、捨てられた動物の里親を探す活動をするNPO団体「ライフボート」の協力により行われた。子犬を抱きかかえてファンの前に登場した森本は、「犬が大好きです」と犬派を主張。そして、「撮影中はチビ(劇中で使われた犬)と空いた時間によく遊んでいたけれど、本番中に逃げ出したことがあって驚きました」と裏話を披露した。犬好きが高じたのか、撮影終了後には共演したチビを実際に飼い始めたそうで、名前は「チビじゃおかしいので、チイにしました」と明かした。

 またイベント後半には、ジャニーズ史上最年少となる平均年齢10.5歳のユニット「スノープリンス合唱団」が、野島伸司作詞の主題歌「スノープリンス」を熱唱。映画公開に合わせて2010年1月末までの期間限定ユニットだが、森本は「それぞれ磨きをかけて10年後に再会したい」と語った。

 「スノープリンス/禁じられた恋のメロディ」は松竹配給で、12月12日から全国で公開。




マッチ30周年へ「大きいことやりたい」



10月1日9時18分配信 デイリースポーツ

 歌手の近藤真彦(45)がデビュー30周年突入初日となる12月12日に新曲「MOTTO!MOTTO!」を発売することが30日、分かった。マッチは1980年12月12日に「スニーカーぶる〜す」で歌手デビュー。デビュー30周年はジャニーズ初となる。
 マッチは「今まで何千人のスタッフに助けられたか分からない。ファンの人が励みと力になった。30年のお祭りで花火を打ち上げて、後輩たちへの『君たちも頑張れ』のメッセージも込めたい」と30年を振り返り感慨深げ。「今までのイメージももちろん大事にして、新しいことにチャレンジしていきたい」「大きいことやりたい」と30周年の飛翔に意欲を見せた。
 今年12月に創業30周年を迎える旅行会社「H.I.S.」の新CMキャラクターを務めることも決定。CM撮影はトライアスロンで右肩甲骨を骨折した3日後だったが「手のアクションはちょっとだけだったから。多少の痛みはあったけど」とプロ根性を見せた。同社提供のフジテレビの新番組「Hotels」(8日スタート、木曜後10・54)では旅のナビゲーターにも初挑戦する。



城田優、インフルA型に感染もすでに回復へ



10月6日7時52分配信 サンケイスポーツ

 俳優、城田優(23)がインフルエンザA型に感染したことが5日、分かった。

 所属事務所によると、体調不良を訴えたため、4日夜に都内の病院で検査を受け、陽性と診断された。数日間は仕事をキャンセルして自宅療養するが、すでに平熱に下がり、体調も回復に向かっているという。

 レギュラーを務める5日放送のニッポン放送「城田優のオールナイトニッポン」(月曜深夜1・0)は、お笑いコンビのドランクドラゴンが代役を務めた。




【日本の検索ワード】「ジャニーズのおちこぼれ」元メンバーが麻薬所持で逮捕



9月28日15時8分配信 サーチナ

 アイドルグループ・ロックバンド「男闘呼組」(おとこぐみ)のメンバーだった成田昭次が大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されていたことが報じられ、注目が集まっている。Google「急上昇ワードランキング」に「成田昭次」「男闘呼組」が登場した。

 成田容疑者は1968年生まれの41歳、愛知県出身。1983年にジャニーズ事務所に入り、88年に同事務所の高橋一也、岡本健一、前田耕陽とともにロックバンド「男闘呼組」としてレコードデビューを果たし、リードギターを担当した。「男闘呼組」は「TIME ZONE」などのヒット曲を含む10枚のシングル、8枚のアルバムをリリースして93年に活動休止となり、解散状態となった。成田容疑者は92年に結婚して長女をもうけ、解散後はジャニーズ事務所を脱退。その後はソロでCDをリリースしたり、バンドを結成してライブ活動を行うなどして音楽活動を続けており、現在は主に「Snag」や「Sgt.」のメンバーとしてインストアイベントやライブで演奏を披露していた。

 ネット上では、「男闘呼組」時代のファンだったいうユーザーなどから驚きとショックのコメントが書き込まれている他、「他のメンバーはたまにテレビで見る事があったがこの人だけは見ることがなかった」「頑なに音楽活動を続けていたのか」とグループ解散後の同容疑者の活動を知らなかったユーザーが多く、「売れていた時期があっただけにつらくなってしまったのだろうか」と薬物に手を出した心境を察する声も見られた。また、一連芸能人の麻薬・覚せい剤事件と並べ「芋づる式に出てきそう」「まだまだ出てくるかも」といったコメントが見られるなど、多くの人が芸能界の麻薬汚染への疑問の目をさらに強めたと思われる。

 「男闘呼組」デビュー時のキャッチフレーズは、「ジャニーズ事務所のおちこぼれ」だった。(編集担当:柳川俊之)




アラフォー・錦織、初めて中間管理職的な厳しさを味わう



9月18日16時56分配信 夕刊フジ

 最近は演出家としても活躍中の「少年隊」錦織一清(44)が、2年半ぶりでドラマに登場する。テレビ朝日系の「土曜ワイド劇場特ダネ(丸秘)記者! 嘉門公平の殺人取材」(19日午後9時)で週刊誌記者を演じる。

 「原稿を書く場面で口述筆記をするんだけど、自分が台本を作るときのスタイルと同じだな、と思ったね」

 そう語る錦織。ドラマでは謎の死を遂げた先輩記者が追っていた事件に裏があることに気付き調査に乗り出すが、腕を負傷したため、口頭で原稿を読み上げ、同僚たちがパソコンで書き上げていく。

 この夏、錦織が演出家としてデビューした「PLAYZONE(プレゾン)2009〜太陽からの手紙〜」(東京・青山劇場など)の台本作りと重ね合わせた。

 「自分でパソコンを打つと小説になっちゃう。だから、自分であの子たちの動きを演じ、感じたことをしゃべって活字にしてもらったんです」

 「プレゾン」は少年隊による夏の恒例舞台だったが今年からジャニーズ事務所の10−20代の後輩75人へバトンを渡した。錦織は裏方にまわり、作・演出に専念した。

 「5月に稽古を始めたとき悩んだね、全員が何にもできないんだから。野球にたとえると、打った後に三塁へ走る、盗塁しろって言ったら『盗塁って何ですか?』みたいな。聞いてた話と違うって思ったよ(笑)」

 学業優先のジャニーズ事務所では、通学が終わってから駆けつけるメンバーも。錦織は一日中、稽古場に籠もりきり。

 「夜遅くまで、『もう1回、見て下さい』って言われる。普通は演出家の方が、今日はここまでにしようって言うもんでしょ」

 下からの突き上げと同時に事務所の上層部からは、「少年隊がやったような芝居をやるな」と二番煎じを禁じられた。

 ジャニー喜多川社長からは「YOU、何がしたい?」と聞かれ、錦織は「全員で合唱がしたい」と答えた。「直球勝負だけで行きたかったから」。ジャニーさんからは「やってみればいいじゃない」と突き放された。

 「その時に思ったのは何かあったら、全部オレの責任だ、ということ。腹くくんなきゃ、できない。こいつらを送り出すために、オレは防波堤になるってね」

 舞台後、少し痩せた。芸能界に入って初めて中間管理職的な厳しさを味わったようだ。それがアラフォー・錦織のドラマの演技にどんな影響を与えたか。

 舞台では初座長公演の「大川わたり」(10月、名古屋・中日劇場)、演出を手がけるミュージカル「シー・ラブズ・ミー」(12−1月、東京・シアタークリエ)が控え、息つく暇もない。(栗原智恵子)




NYCイメソン熱唱!女子バレーワールドGP



8月20日7時52分配信 サンケイスポーツ

 ジャニーズ事務所の期間限定7人組ユニット、NYC boysが19日、東京・千駄ヶ谷の東京体育館で行われた「女子バレーボール ワールドグランプリ2009」決勝リーグ初日に登場、大会イメージソング「NYC」を熱唱した。

 大会スペシャルサポーターを務めており、山田涼介(16)は「僕たちと一緒にアツいエールを日本に送りましょう!」と元気イッパイ。日本の初戦、ドイツ戦直前にコート内を駆け回って勢いをつけた。

 今月7〜9日の1次リーグ大阪大会では3日間すべて応援に駆け付け、その間、日本は全勝。中山優馬(15)は「チームの雰囲気が良いと思う。メダルを獲得できると信じています」と断言。知念侑李(15)も「選手にはメダルだけを見て頑張ってほしい」と応援していた。




生田斗真、息が気になる時はキスシーン



8月17日7時52分配信 サンケイスポーツ

 ジャニーズJr.の生田斗真(24)がCMキャラクターを務めるロッテのガム「ACUO」の新CM「アク男」篇が17日から全国でオンエアされることが16日、分かった。生徒役の生田が、村野武範(64)演じる先生に“いい息”を強引にごちそうする内容。どんな時に息が気になる?との質問には「(ドラマなどの)キスシーンの時」。



元ジャニーズJr.の冠は…大坂俊介が本気で魅せた!



8月5日16時57分配信 夕刊フジ

 新宿・歌舞伎町、新宿二丁目を舞台に、世の中の不条理と金の威力を描いたミステリー小説を舞台化した「新宿ミッドナイトベイビー」(新宿シアターサンモール、夕刊フジほか後援)がこのほど、連日大盛況のうちに終わった。

 この舞台で、語り部として、また探偵役として存在感を発揮したのが大坂俊介(27)だ。冒頭から登場する大坂は、観客を物語の中へ誘う大切な役。ジャケットの前後には、この舞台のスポンサーでもある探偵社「MR」の文字が光っていた。

 同舞台は映像、音、ダンサーと役者が一緒になったエンターテインメントショーであるが、大坂は要所要所で登場しては、物語の案内人として語り、途中、女優、浅野温子(48)と話をするシーン以外は一人語り。

 豊かな表情、落ち着いた言い回し、軽快な身のこなし、客席の後ろまでよく通る声など、大坂の演技はベテランの域に達している。

 今年になってからブログを開始し、バレンタインイベント、探偵白書DVD、誕生日イベント、舞台「新宿ミッドナイトベイビー」、映画「白日夢」(9月5日初日舞台挨拶予定)と、勢いのある活動を続けているが、次の映画「Re:Play−Girls 〜死にたい美少女達は生きるために戦った〜」(2010年春公開)も決まっており、8月の撮影に向けて休む暇もなく役作りを始めているという。

 舞台では「出待ち」のファンも多く、集客力も健在。大坂を語るのに、もう「元ジャニーズJr.」という冠詞は要らないかもしれない。




<諸星和己さん>「今だからこそ意味ある」 光GENJI復活願う



7月29日18時56分配信 毎日新聞
 ◇年輪重ねた表現力

 「恋愛してますかっ? オレはしてるよ。皆にさ!」。18日夜、福岡市のZepp Fukuokaで開いたコンサート。曲の合間のトークに満員の場内が沸く。キレのある動きでステージを駆け、新旧全20曲を熱唱。会場を埋めた30〜40代の女性ファンから「かーくん」コールがやまない。元アイドルは年輪を重ね、表現力豊かなアーティストに成長していた。

 活動の中心はライブ。「ホームグラウンドがあるから、いろんな所へ旅立てる」。さまざまな経験が血肉となりステージに映える。公演ではローラースケートをはき、往年の滑りも再現した。自身が「偉大なグループ」と振り返る光GENJI復活を願っている。

 「財宝は隠すよりも『開けゴマ』で。情報が多すぎて、多くの人が自分を見失っている今だからこそ復活は意味がある。ときめいていた青春時代を思い出せば、皆の気持ちも変わる」

 他人を目標とせず、常に昨日の自分と比較している。「日々新たな気分。今日を大事にベストを尽くす」

 ■人物略歴

 ◇もろほし・かずみ

 1970年、静岡県生まれ。歌手・俳優。87年、アイドルグループ・光GENJIでデビュー。95年に独立し、近年はミュージカルでも活躍中。



関ジャニJr.ドッキドキの初芝居



8月3日9時21分配信 デイリースポーツ

 関西ジャニーズJr.の初の1カ月公演「Tough Weeds 光の射すほうへ… AND SHOW TIME」(27日まで)が2日、大阪松竹座で初日を迎えた。
 初挑戦となる芝居は、とある少年刑務所で暮らす少年たちを描いた青春群像劇。原作を手掛けた「関ジャニ(エイト)」の横山裕(28)が“裏方”として応援に駆けつけ「楽屋やお弁当がない(笑)。変な緊張感」とスタッフと出演者の“格差”をポロリ。「(関ジャニJr.は)成長している。100点ですが、120、130点と重ねて欲しい」と1カ月の間でのさらなる成長に期待していた。
 「B.A.D.」の中間淳太(21)、桐山照史(19)ら出演メンバーは「初めての芝居で緊張はあるが楽しみたい」(桐山)と1000人の観客を前にショーでは23曲を熱唱、芝居では笑いと感動を誘った。



関西ジャニーズJr.が大阪松竹座初日迎える



8月3日11時59分配信 サンケイスポーツ

 関西ジャニーズJr.が出演する大阪松竹座夏特別公演「Tough Weeds 光の射すほうへ… AND SHOW TIME」が2日、初日を迎えた。

 少年刑務所を舞台に、「B・A・D」「BOYS」「Veteran」ら関西ジャニーズJr.が本格的な芝居に初挑戦。「Veteran」の室龍規(21)は「『PLAYZONE』(同時期に大阪公演が行われるジャニーズJr.の舞台)に負けない舞台にしたい」と力強く話した。

 原作を担当した先輩の「関ジャニ∞」の横山裕(28)も駆けつけ、「一生懸命、楽しんでやってほしい」とエールを送っていた。



NYC boys、女子バレー応援します!



6月8日7時54分配信 サンケイスポーツ

 ジャニーズJr.が7日、東京国際フォーラムでコンサートを行い、関西ジャニーズJr.の中山優馬(15)とHey!Say!JUMPの山田涼介(16)、知念侑李(15)ら7人で結成する期間限定ユニット「NYC boys」を発表した。彼らは今夏放送のフジテレビ系「女子バレーボール ワールドグランプリ2009」のイメージソング「NYC」(7月15日発売)を歌い、ニッポンを熱く応援する!!

 優馬の快走が止まらない。今月3日に5人組「中山優馬w/B.I.Shadow」としてメジャーデビューすることを発表したばかり。続けざまに“先輩格”「−JUMP」の人気者との期間限定ユニット結成が発表された。

 この日、東京・丸の内の東京国際フォーラムでジャニーズJr.のコンサートが開かれた。午前10時から午後8時までに90分のライブを計4公演こなす驚異的なスケジュール。1日4公演は同会場の新記録で、若い女性ばかり2万人を集客した。

 大阪拠点の優馬にとっては、初の東京公演。まさに、記念すべき“全国進出”を祝うように、新グループ「中山優馬w/−」のデビュー曲「悪魔な恋」(7月15日発売)をライブ初披露した。

 さらに優馬は「重大発表があります!!」と切り出し、新グループ5人に「−JUMP」の山田、知念が合流する形で「NYC boys」をお披露目。ユニット名は3人の頭文字を取って、所属事務所のジャニー喜多川社長が命名した。

 「ビックリした。JUMPと一緒にユニットを組むのはスゴイこと」と感激ムードの優馬。同年代だが、CDデビューは先輩の山田と知念に敬意を表した。一方の山田は「JUMPでは先輩に引っ張ってもらう立場。ここでは引っ張っていく責任感を感じる」とキッパリ言い切り、7人で新曲「NYC」を軽やかに熱唱した。

 フジテレビでは、7月31日から8月23日まで3カ国で開催される「女子バレー」を完全中継。日本の2会場(東京、大阪)には、7人が応援に駆け付ける予定。勢いのある若き新ユニットが、大会をさらに盛り上げそうだ。




中山優馬 またまた新ユニット結成!



6月8日9時20分配信 デイリースポーツ

 中山優馬(15)が率いる5人組新グループ「中山優馬 w/ B.I.Shadow」が7日、東京国際フォーラムで行われたジャニーズJr.のコンサートで、ファンの前に初登場。7月15日発売のデビュー曲「悪魔な恋」を熱唱した。
 今月3日に結成が発表されたばかりの同グループだが、この日は新たに「Hey!Say!JUMP」の山田涼介(16)と知念侑李(15)を加え、期間限定7人組ユニット「NYC boys(エヌワイシー ボーイズ)」を結成することを発表。7人で「女子バレーボール ワールドグランプリ2009」(7月31日開幕)のフジテレビ系中継のスペシャルサポーターを務める。
 中山は「JUMPの方々とグループを組み、すごいことが起きたので、頑張らないと」と気合を入れ、さらなる進化を約束。ステージでは、同大会のイメージソングで「悪魔な恋」の両A面シングル「NYC」を披露し、満員の客席から黄色い声援を浴びた。



ジャニーズ初!中山優馬の冠ユニット誕生



6月4日8時19分配信 サンケイスポーツ

 関西ジャニーズJr.の中山優馬(15)が、ジャニーズ事務所の新5人組グループ「中山優馬with B.I.Shadow」としてメジャーデビューを果たすことが3日、分かった。7月15日発売の新曲「悪魔な恋」で、優馬主演で7月7日スタートのフジテレビ系連続ドラマの主題歌にも決定。45年以上の歴史を誇るアイドル軍団で、メジャーデビューするグループに個人名が冠されるのは初めてだ。

 新アイドルグループの電撃的誕生だ。同事務所からのメジャーデビューは、07年11月のHey!Say!JUMP以来。5人の平均年齢は14.4歳で、デビュー時としてはJUMPの15歳を下回り、史上最年少グループともなった。

 中心となる中山優馬。06年10月に事務所に入り、08年4〜6月のNHK連ドラ「バッテリー」でいきなり主役に抜てき。7月7日スタートのフジ系「恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ」(火曜後10・0)にも主演が決まっている。

 グループ名に個人のフルネームが入るのは、1964年結成の4人組「ジャニーズ」から始まる同事務所の“アイドル史”でも初めてのこと。15歳の若さで民放連ドラ主演&主題歌を担当するのも、極めて異例。異例ずくめのデビューに優馬に対する期待の大きさがうかがえる。

 優馬は関西ジャニーズJr.内で7人組ユニット「中山優馬w/7WEST」としても活動してきたが、メジャーデビューにあたってはジャニーズJr.内の4人組ユニット「B.I.Shadow」と“合体”する。

 「B.I.−」は中島健人(15)▽高地優吾(15)▽菊池風磨(14)▽松村北斗(13)の4人。昨秋に結成されていた。

 新曲「悪魔の恋」発売(ジャニーズ・エンタテイメント)の7月15日が正式デビュー日となる。同曲は「恋して悪魔」の主題歌となるが、さわやかな印象のミディアムバラード。優馬は「楽曲を初めて聴いたときは『すごく良い曲!』と思いました。歌詞もとても気に入っているので注目して聴いてください」と自信満々にコメントする。

 同事務所のジャニー喜多川社長(77)は「夏にはツアーもしたい。時代を象徴するような曲、親子でも歌えるヤングらしい曲をヒットさせたい」と大々的に売り込む方針。夏には“優馬旋風”が巻き起こる!



中山優馬“最年少”CDデビュー



6月4日9時25分配信 デイリースポーツ

 ジャニーズの新グループが最年少CDデビュー-。関西ジャニーズJr.として活躍中の中山優馬(15)が率いる5人組「中山優馬 with B.I.Shadow(ビー.アイ.シャドー)」が、7月15日にシングル「悪魔な恋」を発売、CDデビューすることが3日、明らかになった。ジャニーズのCDデビューは、07年11月のHey!Say!JUMP以来、1年8カ月ぶりとなる。
  ◇  ◇
 歴代ジャニーズで最年少のデビュー。中山は15歳、「B.I.Shadow」のメンバーは、松村北斗(13)、中島健人(15)、菊池風磨(14)、高地優吾(15)。5人の平均年齢は14・4歳と、Hey!Say!JUMPのデビュー年齢・15歳を下回る記録。デビューしたジャニーズのグループ名に個人のフルネームが入るのは史上初の快挙だ。
 中山優馬は06年12月にジャニーズ入り。当初からその美少年ぶりで注目の存在だった。08年3月にNHK連続ドラマ「バッテリー」に主演し全国区に。その後、関西ジャニーズJr.の中心として活躍、今夏の関西・フジテレビ系ドラマ「恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ」(7月7日スタート。火曜、後10・00)に主演が決まるなどデビューが待たれていた。
 あどけなさが残る高校1年生。中山は「今回、出演するドラマの主題歌を歌うことになり、CDを発売すると聞いて、実感がわかなかったです」と初々しく喜びをかみしめ「楽曲を初めて聴いたときは、『すごくいい曲!』と思いました。歌詞もとても気に入っているので、こちらも注目して聴いてください」と瞳をキラキラ。今後も出身の大阪を生活拠点とするという。ジャニー喜多川社長は「ヤングの曲があるようでない。曲が愛されてヒットして、時代を作ってほしい」と期待。
 5日にテレビ朝日系「ミュージックステーション」でデビュー曲を初披露、7日に東京国際フォーラムで行われるジャニーズJr.のコンサートがファンへのお披露目となる。




東山紀之、サイダー6リットルガブ飲み



5月26日7時53分配信 サンケイスポーツ

 少年隊の東山紀之(42)が新商品「三ツ矢サイダー オールゼロ」(アサヒ飲料)のCMキャラクターに起用されることになり25日、都内で発表された。

 26日発売の「オールゼロ」は、カロリー・糖質・保存料が含まれない健康志向の“ゼロ系”飲料。三ツ矢サイダーは1884(明治17)年以来の歴史があり、東山は「126年の伝統と『ゼロ』という進化が融合する過程に参加できて、大変光栄です」とあいさつした。

 「体脂肪率9%を維持するなど健康的なイメージ」(同社)が起用理由のひとつで、東山は「これからも『−オールゼロ』と頑張っていきたい」。CM撮影中に6リットルも飲んだそうで、「ガブガブ飲んでました。さわやかで飲みやすい」とPR。体脂肪率も気にせず飲めそうだ。

 同社から東山に「オールゼロ」1年分のプレゼントも。500ミリリットルのペットボトル365本がズラリ並んだ光景に、「すごいね〜。リビングに飾りたい」と爽やかな笑顔を浮かべていた。

 新テレビCM「126年目の新発売篇」「おいしいパッケージ篇」は、26日から全国一斉オンエアされる。




「新型インフル」芸能界にも影響 ファンへの感染を懸念



5月20日9時38分配信 産経新聞


拡大写真
大阪では観光名所の通天閣にも消毒液が登場。「気になる方は、ビリケンさんの足をなでる前後に使ってください」と説明している=18日、大阪市浪速区 (飯田英男撮影)(写真:産経新聞)
 ■公開収録に制限も/タレントの予防徹底

 新型インフルエンザの感染拡大で、多くのタレントを抱える芸能事務所やテレビ局なども“予防”に動き始めている。ジャニーズ事務所が関西での公演を延期することにしたほか、一部の在阪局では不測の事態を懸念して公開収録を非公開で行う。「必要以上に不安をあおってはいけない」と慎重な姿勢を取るところもあるが、芸能人からファンに感染した場合は「社会的影響力が大きい」として、注意の徹底を呼びかけている。

 ◆芸能事務所

 ジャニーズ事務所が延期を決めた公演は、大阪市北区で23、24日に予定されていた「関西ジャニーズJr. Umeコン2009」。大阪府の学校が24日まで臨時休校となるためだが、事務所では「25日以降のコンサートなども、今後の状況によっては変更されることもある」などとしている。

 ホリプロでは、所属タレントやスタッフに対し、個人レベルでの予防を徹底させている。堀井一孝総務部長は「タレントがインフルエンザにかかり、他人にうつすとなれば社会的なリスクが大きい。念入りな手洗いとマスク着用を呼びかけるのに合わせ、冷静な対応をするようタレントにも徹底させている」と話す。

 ただ、今後の感染状況が読めないだけに、所属タレントが万一、新型インフルエンザにかかったときの対応には苦慮している。堀井さんは「舞台を降板させて代役を立てたり、収録の日付を変更したりといったことも選択肢にある」と危機感を募らせる。

 オスカープロモーションでは、タレントがホテルへの移動の際、寄り道をしない▽食事は外食を控え、ホテルで▽うがいの励行やマスク所持の徹底−などの対策を各担当マネジャーに伝えた。活動自粛については、「今のところ、芸能人はスケジュールに穴を開けることの迷惑の方が大きい。もちろん体調が優れない場合は出演を控えて迷惑がかからないようにしたい」と話す。

 ◆テレビ局

 在阪キー局は、一般の番組観覧を中止するなど対応に動き始めた。一方で「不安をあおってはいけない」と、公開収録の変更に踏み込まない局もある。

 関西テレビは今週いっぱい、「冒険チュートリアル」や「たかじん胸いっぱい」など5本の一般観覧の中止を決定。出演者のみで収録を行う。

 朝日放送は公開収録を中止していないが、収録会場の出入り口には消毒液を常備し、一般客に手洗いやマスク着用の徹底を求める。また、22日収録予定の「探偵!ナイトスクープ」の観覧当選者には、体調が優れない場合は来場を控えるよう求めたはがきを送付。「収録を中止する場合もある」(広報部)とも通知している。

 毎日放送は「感染ルートがはっきりしないため、不安をあおるようなことになってもいけない。事態の推移を見守っている」という。

 一方、NHKでは、大阪放送局で「不要不急の収録をなるべく控えるよう、局内で呼びかけた」という。局内の「BKホール」で行われる公開収録は予定に変更はないものの、今後、来場者のために消毒液を用意するなどの対応を検討するという。

 在京の各局は、まだ特段の対応をしていないところが多いが、TBSでは本社の入り口を限定し、出演者や社員、見学者などすべての来館者に向けて「発熱やせきのある方はお知らせください」と書いた看板を掲げ、注意を喚起。その場で検温できるようにしているという。また見学者に対して、マスクを用意して着用を勧めている。

 ◆映画

 大勢の役者やスタッフが集まる映画製作の現場も、予防に努めている。

 6月1日クランクインの映画「ノルウェイの森」の場合、製作のアスミック・エースエンタテインメントによると、来週に開かれる全スタッフのミーティングで、うがいや手洗いの励行など注意を呼びかけるという。

 ロケ場所には関西地方もあり、すでに準備で出かけたスタッフには注意した。「映画は集団作業なので、(感染すれば)周りが迷惑を被ることになる」と担当者は説明する。




元ジャニーズJr.大坂俊介が探偵社の事件に密着!!



5月22日16時57分配信 夕刊フジ

 嘘、不倫、密会、ストーカー、家出、失踪、裏切り…。目を疑いたくなる人間の生態を収録した“本物の事件調査”のDVD「探偵白書」が22日、全国ローソン店頭で販売が開始され、リアルな内容と999円という価格設定で早くも話題になっている。

 このDVDは、質の高い調査能力をモットーとする総合探偵社「MRグループ」の全面バックアップにより、タレント大坂俊介が本物の調査に完全密着するというもので、夫婦問題カウンセラーの岡野あつこ氏が監修を務めている。

 元ジャニーズJr.の大坂俊介のDVDが全国一斉発売されたのは初めてだという。

 結婚を誓った男の許されざる密会や准教授が犯した禁断の恋愛劇、裏切りのプラトニック不倫など、次々に登場する事件ファイルの信じられない展開に息を呑む、怒涛の40分間だ。

 実話は小説よりも奇なりというが、DVDを見ればドラマよりもリアルな人間の欲望や修羅場を目の当たりにできる。さらに、特典映像として、総合探偵社「MRグループ」が運営する「MR探偵学校」で学ぶことができる探偵の裏テクニックも紹介されているという。新型インフルエンザ感染防止のためにも、今宵はビールと探偵白書DVDを買って家に直行してみては?




生田斗真「人間失格」…太宰代表作で映画初主演



5月13日8時0分配信 スポーツ報知

 今年生誕100周年を迎える作家・太宰治の人気小説「人間失格」が、ジャニーズ事務所の俳優・生田斗真(24)の主演で映画化される。累計1000万部を超えるベストセラーだが、映画化はこれが初めて。生田も映画初出演となる。03年に話題となった「赤目四十八瀧心中未遂」の荒戸源次郎監督(62)がメガホンを執り、7月クランクイン、来年初春の公開を目指す。

 生田が演じるのは、鋭敏な自意識から他人になじめず、酒や女におぼれ、破滅の道をたどっていく主人公の大庭葉蔵。映画初主演にして大役に挑むが「太宰治の世界、人間失格の世界に染まりたいと思います。最後には廃人同然になってしまう主人公を繊細に丁寧に破滅的に演じたいと思っています」と意気込んでいる。

 太宰が自殺する直前の48年に完成した「人間失格」は、主人公・葉蔵の手記という形式でつづられた長編小説。日本近代文学を代表する作品として長く読み継がれ、出版累計は1000万部を超える国民的ベストセラーとなっている。猪瀬直樹氏の著書を原作とした映画「ピカレスク 人間失格」(主演・河村隆一)が02年に公開されたが、「人間失格」自体の映画化は今回が初めて。

 96年にジャニーズ入りした生田は、昨年のドラマ「魔王」で嵐の大野智(28)とダブル主演。現在放送中のフジテレビ系ドラマ「魔女裁判」で単独初主演している。映画は未経験だが、生田の抜てきについて、角川映画の井上文雄プロデューサーは「端正な風貌(ふうぼう)と品格、ナイーブさを持ちえた主人公のイメージを意識してのキャスティングです。実力、人気を兼ね備えた生田さんに期待しています」と話している。

 撮影は7月にクランクインし、8月に終了予定。公開は来年の春に予定しているという。




兄も大絶賛!森本慎太郎“極貧少年”を熱演



5月11日7時12分配信 スポーツニッポン



映画「スノープリンス」の制作発表に出席した(左から)マイコ、香川照之、桑島真里乃
 ジャニーズJrの森本慎太郎(11)が映画「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」(12月公開、監督松岡錠司)で主演することになり10日、都内で製作発表を行った。

 映画初出演での初主演。兄の森本龍太郎(14)は「Hey!Say!JUMP」のメンバーで「お兄ちゃんからは“おまえ良かったな”と言われてうれしかった」と照れ笑いを浮かべた。

 第81回米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」の脚本を務めた小山薫堂氏(44)のオリジナル。山形・庄内での撮影や松竹の配給など重なる部分も多く、公開前から米、仏、独など世界17カ国からオファーが届いている。いきなりの世界デビューに「緊張して、ビクビクしています」と話した。

 昭和初期の寒村を舞台に、貧しい生活を送る少年と、裕福な少女(桑島真里乃=11)が心を通わす姿を描く。ほかに香川照之(43)、檀れい(37)、マイコ(24)が出演。会見に出席予定だった中村嘉葎雄(71)は足の調子が悪く欠席した。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。