ジャニーズで15年ぶり復活!テレ朝系ドラマ「必殺仕事人2007」


2月12日8時0分配信 サンケイスポーツ


 少年隊、東山紀之(40)が主演するテレビ朝日系スペシャルドラマ「必殺仕事人2007」(放送日未定)が放送されることが11日、同局から発表された。凄腕の殺し屋を描いた人気時代劇シリーズが15年ぶりに待望の復活。仕事人には経師屋(きょうじや)にTOKIOの松岡昌宏(30)、からくり仕掛け人に関ジャニ∞の大倉忠義(21)と豪華キャストがそろった。

 ドラマシリーズ30作、スペシャルドラマ19作、劇場版映画9作を誇る人気シリーズが帰って来る。ドラマとしてはシリーズ第30弾「必殺仕事人 激突!」(平成3年10月〜4年3月)以来、実に15年ぶりの復活だ。

 撮影は2月3日に松竹京都映画撮影所でイン。南町奉行所同心・渡辺小五郎を演じる東山は「子供心に悪いことをしたら必ずバチが当たるということを、この番組で知りました」と同作から影響を受けたことを告白。「『必殺』は人間が持っている二面性がものすごく出ている気がするので自分の軽い面と重い面、陰と陽が表現できればインパクトを与えられると思います」と、気合十分に撮影に臨んでいる。

 15年ぶりの復活に本家仕事人、藤田まこと(73)も慣れ親しんだ中村主水役で登場する。“夢の共演”に東山は「藤田さんと『必殺』でご一緒できるのは幸せです」。過去15シリーズに主水役で登場している藤田も「まさか同じ役をこの年になってできるとは思いませんでした。願わくばシリーズものでやりたいですね」と感慨深げだ。

 毎回注目を集めるのが、必殺仕事人たちの殺しのシーン。過去にはノミで悪人の首筋を刺したり、鈴がついた組紐を投げて悪人の首を吊ったりと、数々の名シーンが生まれてきた。

 今回、東山は刀で悪人を切り、経師屋の涼次を演じる松岡は筆から毒を悪人の口にたらして成敗する。からくり屋の源太を演じる大倉は、ヘビの人形で相手の首を絞めるなど、からくり人形を使った殺し方を考案中という。

 松岡は「数々の先輩方がおやりになった作品を汚さないよう、かつ自分らしく演じたい」とコメント。大倉も「先輩方と共演するのは緊張します。将来は中村主水を演じられるよう頑張りたい」と意気込んでいる。

 放送時期は未定だが、イケメン仕事人たちの“仕事ぶり”が今から大きな注目を集めそうだ。



東山&松岡で15年ぶり「必殺仕事人」


2月12日8時1分配信 スポーツ報知


 テレビ朝日系の人気時代劇シリーズ「必殺仕事人」が、スペシャルドラマ(放送日未定)として15年ぶりに復活することが11日、発表された。おなじみ中村主水役の藤田まこと(73)のほか、ジャニーズ事務所の少年隊・東山紀之(40)、TOKIO・松岡昌宏(30)、関ジャニ∞・大倉忠義(21)が「新・仕事人」として新たに加わる。

 必殺シリーズは、プロの殺し屋が依頼人から金をもらい悪人を斬(き)る痛快劇。72年からスタートし、20年間の全30作で平均15・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率を記録。19本のスペシャル編、劇場映画も8本作られた。

 今回、奉行所の見回り同心を演じる東山は「『必殺』は人間の持つ二面性がすごく出ている気がするので、自分の陰と陽が表現できれば」と意気込む。からくり仕掛け人役の大倉は「僕の生まれる前からあったシリーズで、うれしくもあり不思議な感じ」。

 既に3日に京都でクランクインし、撮影は順調。「まさか同じ役を、この年になってできるとは」と話す藤田だが、絵師役の松岡は「藤田さんの一言を聞いて『わぁ、本物の中村主水だよ!』って感動した。数々の先輩方がおやりになった作品を汚さないように、かつ自分らしく演じたい」。新旧仕事人の豪華な共演が話題を呼びそうだ。



ヒガシ主役で15年ぶり「必殺仕事人」


2月12日4時36分配信 スポーツニッポン


 人気時代劇「必殺仕事人」がスペシャルドラマとして15年ぶりにテレビに登場する。21世紀の仕事人は少年隊の東山紀之(40)、TOKIO・松岡昌宏(30)、関ジャニ∞・大倉忠義(21)ら新鮮な顔ぶれ。必殺シリーズの顔、藤田まこと(73)もおなじみの「中村主水」役で登場し、往年のファンをうならせる。

 表と裏の顔を持つ凄腕の仕事人たちが人々の恨みを晴らす痛快さで人気を誇った「必殺仕事人」。ドラマは、92年3月まで放送された「必殺仕事人 激突!」以来。21世紀第1弾は、「必殺仕事人 2007」と題して、テレビ朝日系で年内放送予定。

 東山は中村主水と同じく婿養子で、うだつの上がらない南町奉行所見回り同心の渡辺小五郎役。「子供心に、悪いことをしたら必ずバチが当たるということを知った作品」と思い出を語り「軽い面と重い面、陰と陽を表現できれば」と静かに闘志を燃やしている。

 松岡は幼少時からの必殺ファンといい「撮影中に藤田さんの一言を聞いて“本物の主水だよ!”と感動した」と早くも興奮気味。「経師(きょうじ)屋の涼次」を演じ、殺しの道具は絵筆となる。

 必殺シリーズは72年9月に第1弾「必殺仕掛人」がスタート。その後、92年までの20年間に連ドラだけで30作が放送され、平均視聴率は15・6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を誇った。劇場版も97年12月公開の「必殺!主水死す」まで9本が製作されている。

 藤田主水は連ドラ30作中15作に登場し、シリーズの代名詞。今回は仕事人の元締で「願わくばシリーズものでやりたい」と早くも連ドラ化、シリーズ化を目指している。昼間は相変わらずの昼あんどんで、しゅうとめ(菅井きん)にいびられるおなじみのシーンも見られる。

 最年少の大倉は「生まれる前からあった作品に出演するのは不思議」と感想。「将来は主水をやれるよう頑張りたい」と鼻息を荒くしており、新旧仕事人の競演も見どころだ。



東山「喰いタン2」で恋愛?


1月22日9時55分配信 日刊スポーツ


 少年隊の東山紀之(40)が食いしん坊探偵にふんする日本テレビ系人気ドラマ「喰いタン」のパート2が制作されることが21日、分かった。「喰いタン2」(4月スタート、土曜午後9時)で、いつもスマートな東山が今回は様々な苦手分野に挑むのが見どころだ。
 その中の1つが「恋」。実生活では女優内山理名(25)との親密交際が発覚したが、東山は新シリーズ制作にあたり、役柄の上でも「恋でもしますか?」とコメント。前シリーズでは、探偵事務所の経理担当(市川実日子)や、横浜みなと署警部(京野ことみ)らの女性陣との恋は描かれていないがパート2では喰いタンの恋の行方も注目だ。
 喰いタンにふんする東山は素顔もストイック。ドラマに登場するカレーライス、エビフライ、ハンバーグと高カロリー食を実際に食しても「一切、太らない」(次屋尚プロデューサー)とか。収録中は10キロ走を欠かさず「チョコレートケーキの回など、食べ過ぎた時には、送りの車を途中で降りて走って帰る」(同)という。
 苦手な食事もほとんどなく、次屋プロデューサーは制作者の立場を忘れて「ヒガシを困らせたい」と頭を悩ませていた。そこへ、東山から「恋」の提案があった。どんなラブシーンが盛り込まれるのだろうか。



東山もう1杯!喰いタ“ら”ン!食いしん坊探偵が帰って来る


1月22日8時2分配信 スポーツ報知


 少年隊の東山紀之(40)が、食いしん坊探偵を演じた日テレ系ドラマ「喰いタン」(昨年1〜3月放送)の続編「喰いタン2(仮題)」(土曜・後9時)が4月から放送されることが21日、分かった。平均17・4%の高視聴率を記録した前作で、三枚目キャラを確立した東山が、今回も味覚と胃袋をフル稼働させ難事件に挑む。「食育」に通じるグルメ推理コメディーとして、家庭の食卓で話題をさらいそうだ。

 大人気キャラとなった東山演じる食いしん坊探偵が、土曜の夜に戻ってくる。前作同様、異色の大食い探偵(通称「喰いタン」)・高野聖也が、黄金のマイ箸(はし)で料理も事件も“食べ尽くす”のだ。

 東山は「また『喰いタン』というキャラクターと共に過ごせると思うとうれしいです。胃袋も鍛えてありますよ。準備OK」と意欲十分。好き嫌いがない東山は「もちろん、今回も何でも食べます」と舌なめずり。二枚目だが、おとぼけなヒーローぶりは健在だ。前回の撮影ではあまりのおいしさに「喰いタンがあると食費がかからない」と、現場からご飯を持ち帰った逸話も持っている。



Question?舞台初主演「青春デンデケ」製作発表


1月20日21時0分配信 サンケイスポーツ


 ジャニーズJr.の5人組バンドユニット、Question?が舞台初主演する「青春デンデケデケデケ」(演出・釜紹人)の製作発表が19日、東京・原宿アストロホールで行われた。

 芦原すなお氏の直木賞受賞作の舞台化。1960年代の香川県を舞台に、バンド演奏に情熱を燃やす高校生たちを描いた青春物語。平成4年には大林宣彦監督が映画化した名作だ。

 一昨年、初の単独コンサートを開くなど着実に成長するQuestion?。舞台で本格的な演技をするのは初めてで、しかも初主演。米村大滋郎(22)は「台詞覚えに自信はないですが、演技も表現。頑張っていきたい」と気を引き締める。劇中、一部香川弁も予定しており、こちらも注目だ。

 この日は劇中で演奏するベンチャーズの「パイプライン」をホットに披露。公演のエンディングにはスペシャルミニライブもあるなど見どころ満載で、石垣大祐(21)はライブ場面に「そこはQuestion?の魅力が出れば」と自信をのぞかせた。共演は寺島咲、山西惇、田島令子ら。公演は東京・ル テアトル銀座で3月5〜13日、兵庫県立芸術文化センターで3月23〜25日。



Question?初舞台初主演


1月20日10時59分配信 デイリースポーツ


 人気急上昇中のジャニーズJr.の5人組バンド「Question?」が舞台初出演で初主演する「青春デンデケデケデケ」の製作発表が19日、東京・原宿アストロホールで行われた。
 60年代の香川県を舞台に、ロックに目覚める高校生を描いた青春物語で、芦原すなお氏による原作は、1990年に文藝賞を、91年に直木賞を受賞。また、92年には大林宣彦監督により映画化もされた。
 「Question?」は、正月の武道館5日間Jr.公演でもオープニングアクトを務めるなど、今年はノッており、CDデビューも期待されている。
 出演を知らされたときは「おれたちでいいの?、とびっくりした」と淀川由浩(23)が話せば、石垣大祐(21)も「今日、ここに立って実感がわいた」と感激した様子だった。この日は、ベンチャーズの「パイプライン」を生演奏し、その腕前も披露した。
 3月5日から13日までルテアトル銀座で、3月23日から25日には兵庫県立芸術文化センターで上演される。



Question?が初主演舞台


1月20日9時50分配信 日刊スポーツ


 ジャニーズ事務所の5人組ロックバンド「Question?」の初主演舞台「青春デンデケデケデケ」(3月5〜13日、東京・銀座ル テアトル銀座)の制作発表が19日、都内で行われた。
 芦原すなお氏の直木賞作品を原作に、1960年代の香川県でバンド演奏に情熱を燃やす高校生たちを描く。主演の米村大滋郎(22)が「初めての舞台で緊張して不安」と言えば、石垣大祐(21)は「去年の11月ごろに(ジャニー喜多川)社長から『ユーたち舞台やるから、みんなに言っておいて』と電話をもらった。でも、ギャグでドッキリカメラかと思っていた」。しかし、この日、本物の50人近い報道陣に囲まれて「やる実感がわいてきました」。
 Question?は04年に結成されたジャニーズJr内のバンドユニットで、米村、石垣と淀川由浩(23)藤家和依(22)伊郷アクン(18)の5人組。普段は茶髪だが、60年代の高校生役とあって「髪は黒くします。当時のことはおやじに聞いて参考にします」と話した。共演は寺島咲、田島令子ら。



Question?舞台初主演「青春デンデケ」製作発表


1月20日8時0分配信 サンケイスポーツ


 ジャニーズJr.の5人組バンドユニット、Question?が舞台初主演する「青春デンデケデケデケ」(演出・釜紹人)の製作発表が19日、東京・原宿アストロホールで行われた。

 芦原すなお氏の直木賞受賞作の舞台化。1960年代の香川県を舞台に、バンド演奏に情熱を燃やす高校生たちを描いた青春物語。平成4年には大林宣彦監督が映画化した名作だ。

 一昨年、初の単独コンサートを開くなど着実に成長するQuestion?。舞台で本格的な演技をするのは初めてで、しかも初主演。米村大滋郎(22)は「台詞覚えに自信はないですが、演技も表現。頑張っていきたい」と気を引き締める。劇中、一部香川弁も予定しており、こちらも注目だ。

 この日は劇中で演奏するベンチャーズの「パイプライン」をホットに披露。公演のエンディングにはスペシャルミニライブもあるなど見どころ満載で、石垣大祐(21)はライブ場面に「そこはQuestion?の魅力が出れば」と自信をのぞかせた。共演は寺島咲、山西惇、田島令子ら。公演は東京・ル テアトル銀座で3月5〜13日、兵庫県立芸術文化センターで3月23〜25日。



東山紀之との交際を積極的に認めた内山理名の窮状


1月12日10時0分配信 日刊ゲンダイ


“最後の切り札”か――。
 内山理名(25)が「少年隊」の東山紀之(40)と真剣交際していることを明らかにした。2人はドラマの共演をきっかけに交際をスタート。これまでデート場面をひんぱんに目撃され、熱愛は2年に及ぶという。内山の所属事務所も「もう大人なので、本人に任せています。温かく見守ってください」とあっさり交際を認めている。
 しかし、東山の所属するジャニーズ事務所は「お答えすることはありません」とそっけない。それもそのはず。東山の熱愛を認めるわけにいかない事情があるからだ。「東山はジャニーズの人気タレントたちの兄貴分的な存在で、“ジャニーズ事務所の後継者”という声もある。ここまで独身を貫いて“王子様キャラ”を確立し、森光子のお気に入りとしても有名です。簡単に交際や結婚を認めるわけにはいきません」(芸能記者)
 一方、内山には東山との熱愛をアピールしたい理由がある。
 内山は昨年の主演ドラマ「嫌われ松子の一生」(TBS)でソープ嬢に扮し、大胆なベッドシーンにも挑戦した。「清純派から演技派」へのイメチェンを図ろうと気合を入れて取り組んだものの、平均視聴率は8%台と伸び悩んだ。
「これまでスキャンダルがない内山は明るい優等生から脱却できないでいます。初の熱愛発覚をきっかけに、なんとか苦境から抜け出したいのでしょう」(マスコミ関係者)
 東山がどこまで磨きをかけてくれるか……。



ニュー「NEWS」…6人で再始動


1月11日8時2分配信 スポーツ報知


 昨年4月以来となる活動を再開した人気グループNEWSが10日、都内で再始動の報告会見を行った。脱退した内博貴(20)、草野博紀(18)と連絡を取り合ったという山下智久(21)は「一緒にがんばっていこう」と熱いエール。錦戸亮(22)は、内と「(復帰して)最初に仕事した日に、飯食おうな」と固く誓い合ったことを明かした。みそぎを済ませた6人で、今年こそ“グッドニュース”を届ける。

 テレビカメラ十数台、約200人の報道陣を前に、NEWSの熱い友情がほとばしった。

 山下によると、メンバー全員が、飲酒騒動で脱退し研修生として出直す内と草野を心配し、電話やメールで連絡。「オレらも結果を受け止めてるし、迷惑かけてごめんな」メンバーに謝罪の気持ちを示した2人に、山下は「『また一からスタートして、頑張るから』と言っている。やっぱり仲間だし、友達だし。応援して、見守りたい。一緒にがんばっていこうという感じです」とメッセージを送った。



東山紀之、内山理名との交際認める…公式携帯サイトで初告白


1月11日8時1分配信 サンケイスポーツ


 女優、内山理名(25)との交際が伝えられる少年隊の東山紀之(40)が、公式携帯サイトで胸中を初告白していることが10日、分かった。

 東山は9日に更新した同サイトで、「今年は年明けからお騒がせしてごめんね。さぞ驚いたことでしょう。僕自身もこれをエネルギーに変えて今年1年頑張っていきます。応援よろしくね」と内山の実名こそ出していないものの、いい交際ぶりを示唆した。

 2人は一昨年に初共演したドラマをきっかけに交際に発展したもよう。内山の所属事務所では「いいお付き合いをさせていただいています」と交際を認めている。



森光子、ヒガシ熱愛であてつけ発言…フジ「拝啓、父上様」


1月10日8時2分配信 スポーツ報知


 嵐の二宮和也(23)主演のフジテレビ系新ドラマ「拝啓、父上様」(脚本・倉本聰、11日・後10時スタート)に女優の森光子(86)がゲスト出演することになり9日、都内のスタジオで収録が行われた。

 森は老舗料亭の大女将のパトロンである大物政治家(小林桂樹)の正妻役で、第3話(25日放送予定)に登場。政治家の死後、料亭を訪れ、大女将・八千草薫(76)と“正妻対2号さん”対決を演じる。八千草とは13年ぶりの共演で、大御所同士のピリピリした場面に「久しぶりに緊迫感を味わわせていただき、とても緊張しました」と振り返った。

 “ボーイフレンド”東山紀之(40)の熱愛報道があったばかりだが、あてつけなのか「10年くらい前から、二宮さんのファンなんです」。残念ながら、今作で二宮との絡みはないが「何もかも不思議」と63歳下の“新恋人”の魅力を語った。思わぬ告白を受けた二宮は「モニターで芝居を見てるだけでしたが、すごく緊張した」と、かしこまっていた。



ヒガシ携帯サイトで交際認める


1月10日6時5分配信 スポーツニッポン


 女優内山理名(25)との真剣交際が明らかになった少年隊の東山紀之(40)が9日、ジャニーズ事務所のタレントによる携帯サイト「ジャニーズ・ウェブ」内で熱愛発覚後、初めてコメントした。

 「今年は年明けからお騒がせしてごめんね。さぞ驚いたことでしょう」とファンを気遣いながら「僕自身もこれをエネルギーに変えて、今年1年頑張っていきます」と暗に交際を認めた。



マッチが稲垣吾郎の番組に出演、先輩後輩でジャニーズ話展開


1月5日8時0分配信 サンケイスポーツ


 歌手、近藤真彦(42)が、11日、18日の2週にわたりTBS系バラエティー「Goro’s Bar」(木曜後11・55)に特別ゲスト出演することになり、このほど収録を行った。

 新曲「上海慕情」(『情熱ナミダ』と両A面で24日発売)が、番組エンディングテーマ曲に決まり、11日のオンエアから放送されることを記念しての登場。初の男性単独ゲストとなった。

 メイン司会を務めるSMAPの稲垣吾郎(33)と事務所の先輩後輩で、飲むことについてや、レースの話、怒られた話など多岐にわたるトークを展開。また、「後輩にお年玉をあげたりするんですか?」など、ほかのレギュラー陣からの質問に答えて盛り上がるなど魅力を全開させる。



ジャニーズJr.新春公演スタート


1月3日10時5分配信 デイリースポーツ


 ジャニーズJr.の新春公演「2007謹賀新年 あけましておめでとう ジャニーズJr.大集合」が2日、東京・日本武道館でスタートした。デビュー前のアーティストとしては史上初めて、同所で5公演を行う。
 平均年齢14・5歳の99人が躍動感あふれるステージで1万2000人を魅了した。オープニングでは5人組バンド・Question!が、66年に同所で公演を行ったビートルズの「デイトリッパー」などを演奏。ビートルズから命名されたYa-Ya-yahは「A HARD DAY‘S NIGHT」などを熱唱した。「新年早々からこういうステージに立てて幸せ。緊張したけど楽しかった。今年もいろいろなことに挑戦したい」と声をそろえ、CDデビューに意欲も見せた。
 ABC、Kis-My-Ft2ら総登場のJr.は、各グループ自慢の技で18曲を披露した。志願して登場したKAT‐TUN・田中聖(21)は「Jr.はレベルが高い。僕も今年は立ち止まりたくない」とライバル意識を見せれば、MA・屋良朝幸(23)は「いい経験になりました」とニッコリ。岡本健一(37)の長男・岡本圭人(13)もステージに登場した。5日を除く7日までで6万人を動員予定。



ヒガシと内山理名の熱愛発覚


1月3日9時56分配信 日刊スポーツ


 少年隊の東山紀之(40)と女優の内山理名(25)が交際していることが2日、分かった。2人は一昨年1月に放送された東山の主演ドラマ「棟居刑事の捜査ファイル」で初めて共演し、収録を通じて仲良くなったという。収録後も交際は続き、一緒にレストランで食事したり、カラオケを楽しんだりするほか、内山は東山の自宅マンションにも度々訪れているという。
 東山の所属するジャニーズ事務所は「お答えすることはありません」としているが、内山の所属事務所は「もう大人なので、本人に任せています。温かく見守ってください」と交際を認めている。



Ya−Ya−yahが武道館に立つ


1月3日9時56分配信 日刊スポーツ


 ジャニーズ事務所から今年デビューが確実視されるグループYa−Ya−yahが2日、東京・日本武道館でステージに立った。この日は同事務所のレッスン生、ジャニーズJr.総勢約100人が出演する5日間連続新春公演の初日。同グループは、A.B.C.、Kis−My−Ft2、J.J.Express、Question?らデビューを目指して鍛錬する仲間たちと歌やダンスをステージで競い合った。
 Ya−Ya−yahはダンスユニットとして01年に結成。グループ名はメンバー7人の頭文字から名付けられた。KAT−TUNの弟分として人気を集め、ステージや音楽番組でバックダンサーを務めてきた。現在は藪宏太(16)八乙女光(16)鮎川太陽(15)山下翔央(18)の4人組として活動。昨年末、同事務所社長のジャニー喜多川氏が「成長著しい。デビューしてもいいタイミング」と語っていた。
 また、元男闘呼組の岡本健一の長男岡本圭人(13)が出演者の呼び掛けでステージに上がった。



鶴瓶、腸閉塞だった…昨年11月「華麗なる一族」出演日倒れる


1月3日8時1分配信 スポーツ報知


 【ホノルル(米ハワイ州1日】落語家の笑福亭鶴瓶(55)が1日、ホノルル空港に到着し、昨年末に腸閉塞(へいそく)になっていたことを明かした。

 SMAPの木村拓哉(34)が主演するTBS系日曜劇場「華麗なる一族」(1月14日スタート、日曜・後9時)に出演する鶴瓶。木村が専務役を務める特殊鋼メーカーと取引する大同銀行専務の綿貫千太郎役だが、11月中旬の制作発表後となった自身のクランクイン初日に体調を崩したという。キムタクも現場で鶴瓶を支えたそうで「1日で(病院を)出られて大丈夫だったんですけど、体調も戻りました」と毎年年始を過ごすハワイで全快宣言した。

 テレビ、ラジオなどレギュラー番組8本に出演する中、小屋「無学」を作り、昨年は93席の高座に上がるなど落語に力を注いでいる。「今年は100席出るのが目標。ハワイも好きやから、ハワイでも落語をやりたいなと思う」と新年の誓いを立てていた。



ジャニーズJr.デビュー前に武道館5公演


1月3日8時1分配信 スポーツ報知


 アイドル集団のジャニーズJr.が2日、東京・北の丸公園の日本武道館で、デビュー前歌手では史上初の同所5日間公演(2〜4、6、7日)をスタートさせた。

 平均年齢14・5歳の約100人は、初進出の聖地に「イッちゃいな〜♪」と全開。「Ya−Ya−yah」が1966年に同所で初来日公演を行ったビートルズの「A Hard Day’s Night」を披露。「A.B.C.」「Kis−My−Ft.2」らも競演し、1万2000人が沸いた。ジャニーズ勢は12月22日・関ジャニ∞(広島)から1月8日・嵐(大阪)まで年末年始“18連投”。

 昨年5月から活動を休止していたNEWSは12月31日深夜からのジャニーズ年越しライブ(東京ドーム)で約8か月ぶりに活動を再開。飲酒騒動で脱退した内博貴(20)、草野博紀(18)を除く6人は年明けに登場し、「NEWSニッポン」など3曲をメドレーで熱唱。山下智久(21)は「楽しかった。待ってくれたファンに感謝の気持ちでいっぱい」と声援に応えた。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。