東山紀之&内山理名 真剣交際2年


1月3日8時1分配信 スポーツ報知


 「少年隊」の東山紀之(40)と女優・内山理名(25)が2年前から真剣交際していることが2日までに分かった。2人は2005年1月に放送されたテレビ朝日系土曜ワイド劇場「棟居刑事の捜査ファイル ガラスの恋人 刑事が殺された!疑惑の花嫁が小樽に残した点と線」で共演したのをきっかけに交際をスタートした。内山の所属事務所は「本人から報告も受けてます。大人ですので、本人に任せています」と温かく見守る方針。結婚については「今すぐということはないと思います」としている。

 一方、東山が所属するジャニーズ事務所では「特にお話しすることはない」としている。



07年熱狂初め!ジャニーズJr.の武道館5DAYSが開幕!


1月3日8時0分配信 サンケイスポーツ


 Ya−Ya−yah、Kis−My−FtIIら総勢約100人のジャニーズJr.が2日、東京・北の丸公演の日本武道館でコンサートをスタートさせた。武道館公演はこの日を皮切りに、3、4、6、7日の5日間開催。CDデビュー前のアーティストで武道館5日間開催は史上初めて。

 平均年齢14.5歳の約100人のジャニーズJr.が、昭和41年にビートルズが初来日公演を行って以来、“ロックの聖地”と言われる武道館で若さあふれるステージを展開した。

 5人組バンドのQuestion?がオープニングアクトでビートルズの「デイ・トリッパー」を披露すれば、Ya−Ya−yahはビートルズの「ア ハード デイズ ナイト」を歌唱。また、「宙船」「青春アミーゴ」など先輩グループらのヒット曲をメドレーで熱唱するなど、多角的な魅力で1万2000人のファンを熱狂させた。

 終演後、Ya−Ya−yahの八乙女光(16)は「ビートルズと同じ場所でビートルズの曲を歌えてうれしかった」と充実の表情。「今年はいろんなことに挑戦して、突っ走っていきたい」と抱負を述べた。

 この日はサプライズゲストとしてKAT−TUNの田中聖(21)、MAの屋良朝幸(23)が応援に駆けつけた。



東山紀之&内山理名の交際が発覚!初共演ドラマがきっかけ


1月3日8時0分配信 サンケイスポーツ


 少年隊の東山紀之(40)と女優、内山理名(25)が交際していることが2日、分かった。

 2人は、平成17年1月に放送されたテレビ朝日系土曜ワイド劇場特別企画「棟居刑事の捜査ファイル〜ガラスの恋人〜」で初共演し演技を通じて接近。交際に発展したもよう。

 内山の所属事務所は「いいお付き合いをさせていただいています。大人なので本人に任せております」と見守る姿勢。結婚については「いまは考えていないと思います」。一方、東山が所属するジャニーズ事務所は「対応はしません」とした。



ヒガシ 内山理名と15歳差熱愛!


1月1日6時5分配信 スポーツニッポン


 「少年隊」の東山紀之(40)と女優の内山理名(25)が真剣交際していることが31日、明らかになった。05年1月に放送された東山の主演ドラマでの共演がきっかけで、熱愛は2年に及ぶ。都内の飲食店でデートする姿がたびたび目撃されるなど、自然体の交際。さわやかな15歳差カップルだ。

 出会いは05年1月に放送された東山の主演ドラマ「棟居(むねすえ)刑事の捜査ファイル〜ガラスの恋人〜」(テレビ朝日)。東山にとって、数々の俳優が演じてきた棟居刑事役を引き継いだ大切な作品。内山は新人キャリア警部補を演じ、初共演ながら息の合ったやりとりを見せていた。

 関係者によると、2人はドラマの収録を通じて急接近し、交際に発展。都内にある東山の自宅マンション近くにあるレストランで食事をしたり、カラオケを楽しむなどのデートを重ねている。

 手をつないでの散歩や、内山が東山の自宅近くを歩く姿が目撃されるなど、過度に隠すことのない堂々とした交際。東山の自宅でゆっくりと過ごすことも多いようだ。

 所属するジャニーズ事務所内で近藤真彦(42)に次ぐ兄貴分的な存在で、後輩からの尊敬も集める東山。“永遠の王子様”キャラを貫いており、芸能界でも東山にあこがれる若手女性タレントは多い。内山は、85年のデビュー時から変わらないスリムな体形を維持するなどストイックに仕事に打ち込む東山の姿勢にひかれたようだ。仕事上のアドバイスを求めることも多いという。

 内山は、売れっ子女優ながら素朴で親しみやすい性格。料理も得意と家庭的な一面もあり、多忙な東山を癒やす女性のようだ。

 東山は、昨年1月クールに放送された日テレ「喰いタン」の探偵役で見せたコミカルな演技がはまり、続編を臨む声が高い。内山もTBS「嫌われ松子の一生」で落ちていく女性を演じて新境地を開くなど、互いに仕事は順調。15歳差交際が刺激となり、芸能活動にいい影響を与えている。

 ◆東山 紀之(ひがしやま・のりゆき)1966年(昭41)9月30日、神奈川県生まれの40歳。82年、錦織一清、植草克秀と少年隊を結成、85年「仮面舞踏会」でデビュー。93年、NHK大河「琉球の風」で主演。少年隊ミュージカル「PLAYZONE」は06年で21回目。6、7日2夜連続放送のテレビ朝日「白虎隊」(後9・00)に会津藩主松平容保役で出演。1メートル78。血液型A。

 ◆内山 理名(うちやま・りな) 1981年(昭56)11月7日、神奈川県生まれの25歳。高校在学中にスカウトされ、98年ドラマ「美少女H」(フジテレビ)で女優デビュー。出演作にNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」ドラマ「「GOOD LUCK!!」「元カレ」(TBS)映画「卒業」「深紅」など。特技は料理と書道。身長1メートル57。血液型O。



親子たちに「生涯マッチ」誓った


12月28日10時41分配信 デイリースポーツ


 近藤真彦(42)が初めて挑戦する親子ディナーショー「マッチとおやつ☆☆☆…」が27日、東京・帝国ホテルで行われた。会場は母・娘・孫の3世代親子など150組の子供づれでぎっしり。近藤は3歳から15歳の子供たちと触れ合いを楽しみながらヒット曲を披露し「この子たちが大きくなるまで僕もがんばっていく」と“マッチ”であり続けること、歌い続けることを宣言した。
 会場に登場したマッチを、おなじみの黄色い声援と小さな子供たちの歓声が迎えた。
 ステージでは初披露の新曲「上海慕情」、「情熱ナミダ」など11曲を熱唱。すべての曲の合間にトークが入り、子供たちにも分かるよう、ゆっくりと自分の中学生のころのエピソード、ジャニーズ事務所に入ったきっかけなどを語りかけ、優しいお兄さんの顔をのぞかせた。
 2004年8月4日に和歌山の海で救助した男児を例に、現在の暗い世相も切った。「今暗いニュースが多いけれど、あの時助けた小さな子の生きようとする力を考えると、こんな簡単に自ら(命を絶つなんて)と思う。なんとかそういうことが減ってくれればいいなと思う。これを機会に強くなって」とメッセージも送った。
 サプライズ満載のショーには黒柳徹子も登場。さらに子供たちだけにシリアルナンバー入りの限定特製ストラップをプレゼント。最後は会場全員で手をつなぎ「世界に一つだけの花」を合唱。全家族と記念写真を撮るサービスもした。
 子供たちは2時間半にわたるマッチとの触れ合いに大はしゃぎ。近藤は「緊張した。精神的に3倍疲れた。トーク内容もすごく悩んだ。子供たちに自分たちのお母さんが元気になる瞬間を見てほしかったんだ」とショーの成功に感動の面持ち。来年以降の継続、恒例化も示唆した。
 夜の部では86年11月に事故で母が死去し、87年にレコード大賞を獲得するまでの思いを初めて告白。「山あり谷ありでした。僕の姿で少しでもみんなを勇気づけられたら」という。森光子、KAT-TUNの亀梨らがゲストで来場。3月11日の武道館追加公演では「飛びます」とフライングへの挑戦も宣言した。



マッチが武道館で「飛びます」


12月28日6時5分配信 スポーツニッポン


 歌手の近藤真彦(42)が子供(3〜15歳)連れ客限定の“お昼のディナーショー”を27日、東京・内幸町の帝国ホテルで開いた。ファンの大半が母親になっているため企画。「マッチとおやつ☆☆☆…」と題し、ドレスアップした親子150組300人が集まった。子供は平均8歳。ラストはSMAPの「世界に一つだけの花」を客全員で手をつないで歌った。

 04年8月に和歌山県白良浜沖で男児=当時(8)=を救助した際の状況も報告し「必死に生きようとしたあの子は偉かった」と子供たちに命の大切さを語りかける場面もあった。終演後は全150組と写真撮影した。「この子たちが大きくなるまで歌いたい」と恒例化を約束。また、2月14日に行う日本武道館公演の追加公演が3月11日に決まり「武道館では飛びますよ!」と人生初のフライング挑戦を宣言した。



ジャニーズの新ユニット、テゴマスの「ミソスープ」が初登場1位!!


12月26日6時30分配信 オリコン


 手越祐也と増田貴久によるボーカルユニット、テゴマスのデビューシングル「ミソスープ」が8.8万枚を売上げ、初登場で首位を獲得した。

 彼らは、ジャニーズ初の欧州デビュー・ユニットとして話題の2人組ボーカルユニット。12/20の日本デビューに先駆け、先月15日に、スウェーデンで英語詞の「ミソスープ」でデビュー。音楽配信を含む同国のヒットランキングにおいて、CD限定ながら16位に入る快挙を果たしていた。

 NEWSとしても活躍するふたりにとって、首位獲得はシングルは6作連続、アルバムを含めると7作連続。リリースしたCD作品はすべて1位で、今回もデビュー以来の連勝記録を更新した。

■関連記事
12/20発売の注目シングルは、NEWSのスペシャルユニット!



ジャニーズ好調! 06年約半分の26週で週間1位を獲得!


12月21日15時6分配信 オリコン


 06年の「年間シングルランキング」をみると、昨年の「男性優位」「TVドラマ・映画タイアップ」といったヒット要素を受け継いだマーケット推移となった( ランキングはこちら )。

 年間シングルランキングの上位20作をみても、男性アーティスト、もしくは男性中心のグループの作品は18作を占め(アルバムでは12作)ており、「男性アーティスト優位」の様相は、いっそう色濃いものとなった。

 その大きな要因として考えられるのが、ジャニーズ事務所所属のアーティストたちの驚異的な活躍である。今年のランキング対象週55週分のうち、約半分の26週(ジャニーズ史上最多)でジャニーズ・アーティストが首位を獲得し、年間ランキングもシングルは上位5作中4作を、上位20作でも内9作を占めるなど、06年のミュージックシーンはジャニーズ一色の年になったといっても過言ではない。

 また、久しくミリオン作品が出なかったシングル市場売上だが、3月にリリースしたKAT-TUNのデビューシングル「Real Face」が、年度内としては、SMAP「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」以来、3年ぶりとなるミリオンを達成、また前年度からの足掛け2年で修二と彰もミリオン達成と、ジャニーズ事務所所属のアーティストから2作のミリオン作品が誕生した。

★2006年 年間ヒットチャート大発表!★



ジャニーズ“年男ユニット”結成


大みそかに東京ドームで開かれる恒例のジャニーズ年越しイベント「Johnnys‘ Countdown 2006-2007」の概要が20日、都内で発表された。来年の干支(えと)いのしし年生まれのタレントがグループの枠を超え“年男ユニット”を結成、1日限りのパフォーマンスを繰り広げるのが目玉企画だ。
 ユニットは07年にちなみ7人編成。V6・坂本昌行(35)、嵐・二宮和也(23)&松本潤(23)、KAT-TUN・中丸雄一(23)&上田竜也(23)、関ジャニ8・丸山隆平(23)、MA・屋良朝幸(23)が羽織袴(はかま)姿で「今年は俺たちの年だ!」と、パフォーマンスの限りを尽くす。リーダーは最年長の坂本が務めるものとみられる。
 イベントは31日午後11時からスタート。紅白司会でNHKを抜けられないSMAPとJr.を除き、近藤真彦(42)からMAまでおよそ100人が登場する。今年ヒットチャート1位を獲得したジャニーズの楽曲20曲以上を全曲生熱唱する企画などがめじろ押し。デビュー10周年を迎えるKinKi Kidsの「スーパーメドレー」も予定されている。
 イベントは、午後11時45分からはフジテレビ系で生中継される。



今年も!ジャニーズと東京ドームでカウントダウン…フジ系で生中継


12月21日8時1分配信 サンケイスポーツ


 ジャニーズ事務所に所属するアイドルが大挙出演し、大みそかに東京ドームで開催される恒例のカウントダウン公演の概要が20日、発表された。

 東京ドームでは9年連続9回目で、今年のタイトルは「Johnny’s Countdown 2006−2007」。午後11時に開演(午前零時30分終演予定)し、近藤真彦(42)を筆頭にTOKIO、KinKi Kids、V6ら昨年と同規模の約100人が出演する。

 今回はグループの枠を超えた“スペシャルコラボ”をはじめ、来年デビュー10周年を迎えるKinKi Kidsのスーパーメドレーのコーナーや、来年年男となるV6の坂本昌行(35)、嵐の二宮和也(23)、同・松本潤(23)、関ジャニ∞の丸山隆平(23)、KAT−TUNの中丸雄一(23)、同・上田竜也(23)、MAの屋良朝幸(23)による“年男ユニット”の企画も浮上。また、ジャニーズ出身のOBがサプライズゲストとして出演を予定するなど、見どころが満載だ。

 この日の模様は、フジテレビ系で31日午後11時45分から生中継される。



ジャニカンで亥年7人ユニット


12月21日6時3分配信 スポーツニッポン


 大みそか恒例の「ジャニーズ・カウントダウン(ジャニカン)」の概要が20日、発表された。東京ドームで9回目の開催となる今年は午後11時開演。近藤真彦(42)や少年隊ら昨年と同規模の約100人が出演。NHK紅白歌合戦が終了する同45分からフジテレビが生中継し、06年のヒット曲満載の“ジャニーズ版歌合戦”になる。

 07年幕開けと同時にV6の坂本昌行(35)ら亥(い)年の年男7人によるスペシャルユニットが登場し“猪突(ちょとつ)猛進”パフォーマンス。デビュー10周年のKinKi Kidsメドレーに突入する。ジャニカンでしか見られないTOKIOとKAT―TUNなど、グループ同士のコラボレーションも実現。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は「サプライズゲストも登場させます」と総力戦を予告した。



ジャニーズJr.5人組バンド「Question?」舞台初主演


12月18日8時0分配信 サンケイスポーツ


 ジャニーズJr.の5人組バンドユニット、Question?が、来年3月に東京、兵庫で上演される舞台「青春デンデケデケデケ」で初主演することが17日、分かった。作家、芦原すなおさんの直木賞受賞作の舞台化で、ロックバンドに情熱を燃やす高校生を描いた青春物語。過去に映画化もされた名作で初の大役を務めるメンバー5人は、早くもやる気満々だ。

 先輩グループの嵐やNEWS、KAT−TUNのバックバンドを務めてきたジャニーズJr.生まれのQuestion?が、満を持して舞台初主演を飾る。

 「青春−」は、1960年代の香川県を舞台にベンチャーズにあこがれ、バンド演奏に情熱を燃やす高校生たちを描いた青春物語。平成3年の芦原すなおさんの直木賞受賞作が原作で、翌4年には大林宣彦監督が映画化した名作だ。

 舞台関係者は「ノスタルジックでありながら、青春のカタルシスがある作品。いまの若い人たちにも楽しんでみてもらえる」と説明。今夏に行われたジャニーズJr.のイベントに登場したQuestion?と、作品で描かれる夢を追う高校生たちの姿が重なったことが起用のきっかけだといい「未完成で荒削りな部分もあるが息吹を感じた。楽器もできるし、彼らの多面的な魅力がみれる」と期待を寄せている。

 昨年初の単独コンサートを開き、今年の滝沢秀明座長公演「One!」に出演するなど、着実にステップアップしてきたQuestion?。舞台で本格的な演技をするのは初めてだが、バンドに青春をかける役柄に全力投球する考えだ。

 5人は初主演に「びっくりした」とそろって驚きの声をあげつつ、気合満々。米村大滋郎(22)が「自分が変われる気がした。いまは楽しみでいっぱい」といえば、藤家和依(22)も「自分の役も相当熱い奴ですが、おれも熱いです」。石垣大祐(21)が「5人で素晴らしいものをつくっていければ」と力を込めれば、淀川由浩(23)も「不安もあるが体当たりで頑張りたい」。そして、伊郷アクン(18)は「どうQuestion?色を出すかが課題。自分としては役の心境をうまく出せれば」と熱く語った。

 Question?の高鳴る“ハートビート”がこの春、ファンの心をわしづかみにする。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。